表面テクスチャリングガイド」カテゴリーアーカイブ

WPC処理による製品の強度アップ | ジュンツウネット21

WPC処理による製品の強度アップ  WPC処理では,材料表面の局所領域に多方向・多段・非同期の強加工が導入されることにより,表面層への圧縮残留応力の付与や金属組織の微細化やナノ結晶化がなされる。その結果,疲労強度の大幅な向上や表面の高硬度化による耐摩耗性が向上する。また,表面に微小なディンプルが形成され,油ダマリの効果などにより摩擦摩耗特性が向上する。

表面テクスチャリングガイド | ジュンツウネット21

表面テクスチャリングガイド 表面テクスチャリングは,古くよりしゅう動表面の潤滑状態改善に有効であることが知られているが,最近,新しい加工プロセスを取り入れた研究開発が再び注目を集めている。当コンテンツでは,テクスチャリングとは何か,また加工技術やその評価方法と製品への適用などについてご紹介する。