潤滑油作動油の清浄化対策」カテゴリーアーカイブ

スタビンガー粘度計SVM3000 G2によるバイオディーゼル測定 | ジュンツウネット21

スタビンガー粘度計SVM3000 G2によるバイオディーゼル測定 バイオディーゼルは,ディーゼルエンジン車での使用に適した燃料であり,100%の濃度で使用(B100),または石油ディーゼルへの混合燃料として使用(EU規制に基づくB2.5~B5など)が可能である。また,石油ディーゼルと比較して排ガスをほぼ削減でき,生分解性が高く,更に引火点が高いという特長がある。基本原料(供給原料)に応じて,たとえばRME(Rapeseed Methyl Ester:菜種油メチルエステル)やSME(Soybean Methyl Ester:大豆油メチルエステル)など,さまざまな植物油を原料としたメチルエステルに分類することができ更に,TME(Tallow Methyl Ester:動物性油メチルエステル)などの動物性油や食用廃油もバイオディーゼルの原料となる。

潤滑油・作動油の清浄化対策 油剤清浄機器 | ジュンツウネット21

潤滑油・作動油の清浄化対策 油剤清浄機器 の一覧です。静電方式,遠心分離方式,フィルタ方式など様々なものが市販され,実用化されているが,使用用途に応じた適切なものを選ぶことであり,有効に活用する事により,機械故障や油圧トラブルの撲滅,電力・廃油コストの削減など,省エネ対策の実現が可能になります。

潤滑油・作動油の清浄化対策 潤滑油測定機器 | ジュンツウネット21

潤滑油・作動油の清浄化対策 潤滑油測定機器 の一覧です。質量法や光遮へい方式の自動粒子計数器による計数法,パッチテスト法などによるオフラインでの測定が主流だが,自動粒子計数器やフィルター差圧検知方式のモニターを設備に直接接続しオンラインで測定する機器も普及してきています。

ユキエンジニアリングの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 | ジュンツウネット21

ユキエンジニアリング

ユキエンジニアリングの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 一覧表です。油剤清浄機器のインライン式ろ過式浄油器 CAN-DOオイルクリーナーCFシリーズ,オフライン方式ろ過式浄油器 CAN-DOオイルクリーナーCMシリーズなどをラインナップしています。

ヤマシンフィルタの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 | ジュンツウネット21

ヤマシンフィルタ

ヤマシンフィルタの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 一覧表です。油剤清浄機器のオイルタンク内蔵用サクションフィルタ SFAシリーズ,一般作動油用リターンフィルタ RAシリーズ,一般作動油用ラインフィルタ DTシリーズなどをラインナップしています。

プラントサービスの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 | ジュンツウネット21

プラントサービス

プラントサービスの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 一覧表です。潤滑油測定機器の油中分析装置 RULER View(ルーラービュー),油剤清浄機器のリン酸エステル作動油浄油装置 ECR Combo(ECRコンボ)などをラインナップしています。

テクノサポートの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 | ジュンツウネット21

テクノサポート

テクノサポートの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 一覧表です。潤滑油測定機器のEZオイルクリーン度チェッカー オンライン測定用セット,EZオイルクリーン度チェッカー オフライン測定用セット, 油剤清浄機器のスピンクリーン遠心分離機などをラインナップしています。

インテクノス・ジャパンの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 | ジュンツウネット21

インテクノス・ジャパン

インテクノス・ジャパンの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 一覧表です。潤滑油測定機器のicount LCM20.S(アイカウントLCM20.S),icount ACM20.S(アイカウントACM20.S), icount PD Z2(アイカウント PD Z2)などをラインナップしています。

アントンパール・ジャパンの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 | ジュンツウネット21

アントンパール・ジャパン

アントンパール・ジャパンの潤滑油作動油の清浄化対策関連製品 一覧表です。潤滑油測定機器の振動式密度・比重・濃度計DMA4100M,DMA4500M,DMA5000M,携帯用密度・比重・濃度計DMA35,密度・比重・濃度計DMA500などをラインナップしています。

潤滑油・作動油の清浄化対策 | ジュンツウネット21

潤滑油・作動油の清浄化対策 コンタミとは,コンタミネーション(汚染)とコンタミナント(汚染要因物)の意で,油中の固形微粒子や水分,空気など(潤滑管理面では主に金属粉,酸化変質物,スラッジ,外部から侵入する粉塵,砂塵,クーラント水等を汚染物と呼称している)が使用油を汚染させて,生産機械や油圧システムのトラブル原因となるもの,またはそれらの影響で使用している油剤が汚染された状態を指す。上記のトラブル原因を様々な方法・対策によって回避し,油を清浄な状態に管理することを「コンタミネーションコントロール」と呼ぶ。コンタミネーションコントロールをしっかり行うことで,オイルの寿命延長,設備機器のトラブル回避,廃油削減等,コストダウンにも繋がる。