ジュンツウネット21
松村石油
4月 192017
 

FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展 2017年6月13日(火)~16日(金)までの4日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展」(主催:日本食品機械工業会)の事前登録の受付が開始した。
 同展は,“食の未来への羅針盤。”をテーマに,食品機械の最先端テクノロジーや製品,サービスなどを通して「食の技術が拓く,豊かな未来」を提案する,アジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー。1978年の初開催から40回目を迎える今回は,新設の東7~8ホールを加えて会場面積が1.3倍に拡大,過去最大となる775社(新規出展84社)が出展する。
 食品製造プロセスの自動化や効率化,省力化,高品質化を図る最新鋭の製品や最先端技術,ロボット技術やビッグデータを活用した品質管理,IoT活用の効率的な生産システム等が多数展示される。国際化への取り組みも積極的に推進し,中国,台湾,デンマークの3ヵ国がパビリオンを出展するほか,海外バイヤーを招いて「JETRO商談会」を実施する。
 「農林水産省FOOMA特別講演会」では,松本 修一 氏(農林水産省)が「自社の魅力をJAS規格でアピール!~新たなJAS規格の活用方法~」のテーマで,ビジネスシーンにおけるJAS規格の活用アイデアや,ビジネスニーズに応じて事業者からJAS規格を提案できる手続きについて紹介する。
 なお,現在,同展の公式サイトより入場料が無料になる事前登録を受付中で,事前登録して来場した方の中から抽選で毎日500名に公式ガイドブックがプレゼントされる。同展の開催概要は以下の通り。

  • 名称:FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
  • 日時:2017年6月13日(火)~16日(金) 10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト 東展示棟(1~8ホール)
  • テーマ:食の未来への羅針盤。
  • 主催:日本食品機械工業会
  • 出展規模:775社/4,565単位 34,237m2(予定)
  • 来場者:94,497人(2016年実績)
  • 公式サイト:http://www.foomajapan.jp  (’17 4/19)