ジュンツウネット21
松村石油

jn21news

「第14回境界潤滑研究会」開催される

 官公庁・研究機関・協会など, 潤滑管理  「第14回境界潤滑研究会」開催される はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

 日本トライボロジー学会の第3種研究会「境界潤滑研究会」(主査:青木 才子 氏,東京工業大学)は2017年4月21日(金),東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区)で第14回研究会を開催した。
 同研究会は,境界潤滑にかかわる研究者・技術者が一同に会し,それぞれの立場から見る境界潤滑像を持ち寄って自由に討論できる場を提供する目的で開催されている。当日は,トライボロジー研究会最前線の話題提供として以下3件の発表が行われた。
 平山 朋子 氏(同志社大学)による「MoDTCと無灰FM剤の併用系における固液界面構造とナノトライボロジー特性」と題した発表では,無灰摩擦低減剤の金属表面への吸着形態の分析およびモリブデン系摩擦低減剤を併用した場合の摩擦特性の変化を評価した実験結果が報告された。
 伊藤 伸太郎 氏(名古屋大学)による「ナノすきまで摺動される潤滑剤の粘弾性計測」では,ポリαオレフィン系潤滑剤の粘弾性を計測するファイバーウォブリング法(FWM)が,表面力測定装置や原子間力顕微鏡(AFM)と比較しながら紹介された。
 成田 恵一 氏(出光興産)による「歯車・軸受の疲労寿命と潤滑剤の関わり」では,ギヤ油や自動変速機油の低粘度化と,歯車・軸受の疲労寿命との関わりについて発表が行われた。(’17 5/10)

IHI,CCSプラントの開発に着手

 エネルギー, 機械業界  IHI,CCSプラントの開発に着手 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

CO2回収・貯留実証プラント-IHI IHIは,大量に二酸化炭素(CO2)を発生する石炭火力発電所の環境負荷低減を後押しする,CO2回収・貯留(CCS)プラントの事業化調査および基本設計に着手した。
 同社は,吸収液を使い燃焼後の排ガスから化学的にCO2を回収する「化学吸収技術」を用いたCCSのプラント実証を進めている。吸収液に用いられるアミンと排ガスを吸収塔で接触させて,アミンにCO2を溶け込ませ,放散塔で加熱することで99.9%以上の高濃度CO2を回収できる仕組みで,今後吸収液や反応システムなどの開発を進め,CO2の分離に必要なエネルギーを従来技術比で半減させる。
 同社相生工場や豪州で実証実験を行っており,豪州の実証プラント(写真)では,約1年で計画運転時間の5000時間に到達した。2017年度はさらに5000時間の運転を実施し,商用機を開発する。豪州,北米,日本などで初号機の建設を目指す。
 なお,同社は,化学吸収技術のほかに,酸素燃焼プロセスによるCO2液化回収装置の実証実験も行っている。(’17 5/10)

ノリタケカンパニーリミテド,超硬丸鋸切断機を発売

 機械業界  ノリタケカンパニーリミテド,超硬丸鋸切断機を発売 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

アルミ湯口切断用超硬丸鋸切断機「シンカットマスター」-ノリタケカンパニーリミテド ノリタケカンパニーリミテドは,自動車部品などで使用されるアルミニウム鋳造品の湯口を丸鋸で切断する,超硬丸鋸切断機「シンカットマスター」の発売を開始した。
 同製品は,超硬の丸鋸を高速回転することで,切断にかかる時間を従来の1/6(4時間から30分)へと大幅に短縮した。また,ワークの設置や切断すき間へのクサビ投入,切粉の回収をNC制御により自動化したことで無人運転が可能となった。鋸駆動を独立制御することで自在な鋸送り駆動を可能とし,あらゆる大きさや形状のワークに対応できる。
 アルミニウムの鋳造品は,大型かつ複雑な形状なものが多く,特に湯口部分の切断には専用の装置や工具が必要となるため,コストが高く,装置入替を頻繁に行うことができず生産効率の向上に課題があった。(’17 5/10)

小野測器,トルク演算表示器「TQ-5300」を開発

 測定・検査・分析, 電機業界  小野測器,トルク演算表示器「TQ-5300」を開発 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

トルク演算表示器「TQ-5300」-小野測器 小野測器は,フランジ型の高剛性トルク検出器用トルク演算表示器「TQ-5300」を開発し,2017年5月25日(木)より受注を開始する。
 同製品は,同社のフランジ型高剛性トルク検出器「TQ-1000シリーズ」および「TQ-2000シリーズ」に対応。トルク検出器から検出したトルク量に相当する信号出力周波数を1周期ごとに演算し,高速応答でアナログ出力する。従来機種「TQ-5200」に搭載されているデジタルインターフェースRS-232Cのほかに,新たにEtherCAT,PROFIBUS,CANを搭載し,より高速でのデジタル通信が可能となったほか,トルク検出器本来の高精度なトルク計測値をそのまま出力することができるようになった。さらにこれまではトルクのみアナログ出力が可能だったが,回転速度のアナログ出力も可能となった。オプションの使用により,トルク2chの出力が可能となり,制御用と記録用の出力を分離する等の用途に応じた使用が可能となる。(’17 5/10)

2017年1月末の自動車保有車両数

 官公庁・研究機関・協会など, 自動車ほか輸送機器業界  2017年1月末の自動車保有車両数 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

 国土交通省が集計した2017年1月末の自動車保有車両数によると,総保有台数は前年同月比0.42%増の8,166万245台だった。うち登録車は同0.21%増の4,741万5,276台,軽自動車は同0.70%増の3,257万4,366台,総保有台数に占める軽自動車比率は39.89%。(’17 5/10)

2017年2月の潤滑油販売実績

 官公庁・研究機関・協会など, 潤滑油剤, 潤滑油業界  2017年2月の潤滑油販売実績 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

 経済産業省が発表した2017年2月の潤滑油販売量は,前年同月比3.8%減の19万127kLだった。用途別に見ると,車両用が同2.3%減の6万9,519kL,うちガソリンエンジン油が同1.2%減の3万1,667kL,ディーゼルエンジン油が同11.5%減の1万7,726kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同5.4%増の2万126kLだった。船舶用エンジン油は同0.2%増の1万1,611kL。工業用は同5.1%減の10万8,997kL,うち機械油が同12.7%減の2万5,150kL,金属加工油が同3.1%減の1万880kL,電気絶縁油が同3.4%減の4,308kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同0.5%減の4万8,921kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同6.7%減の1万9,738kLだった。(’17 5/10)

2017年3月のエチレン国内生産量

 官公庁・研究機関・協会など, 石油・化学業界  2017年3月のエチレン国内生産量 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

 石油化学工業協会が発表した2017年3月のエチレン国内生産量は,前年同月比7.7%増の56万7,100tだった。エチレン生産プラントの実質稼働率は,96.1%。また,2016年度の生産量は,前年度比7.3%減の628万6,600tだった。(’17 5/10)

JMA創立75周年経営革新提言発表会「KAIKA経営の実践に向けて」開催される

 その他, 官公庁・研究機関・協会など  JMA創立75周年経営革新提言発表会「KAIKA経営の実践に向けて」開催される はコメントを受け付けていません。
4月 262017
 

JMA創立75周年経営革新提言発表会「KAIKA経営の実践に向けて」 日本能率協会(JMA)は,2017年4月17日(月),日経ホール(東京都千代田区)で,JMA創立75周年経営革新提言発表会「KAIKA経営の実践に向けて」を開催した。同協会では,「個の成長・組織の活性化・組織の社会性(広がり)」を同時に実現していくことを「KAIKA」と定義し,その取り組みを促進・支援している。
 当日は,安倍 晋三 内閣総理大臣による75周年の祝電ビデオメッセージのあと,中村 正己 日本能率協会会長が「提言発表KAIKA経営の実践」と題した講演で,75周年を迎えた協会の歴史とこれまでの提言内容を振り返り,KAIKA経営が求められる背景について説明した。また,KAIKA Awards受賞組織の事例について映像を交えて紹介し,経営者・組織のリーダー・組織の一人ひとり向けたKAIKA経営実践のための提言を発表した。
 発表会の後半に実施されたパネルディスカッションでは,山口 範雄 氏(味の素特別顧問),飯塚 まり 氏(同志社大学大学院ビジネス研究科教授),大久保 和孝 氏(新日本有限責任監査法人経営専務理事)らKAIKA Awardsの審査委員も務めているパネリストによる,KAIKAがもたらす価値についての活発な議論が行われた。
 最後に,KAIKAの推進に向けた協会の活動が紹介された。「社会とのつながり」,「価値を生み出す挑戦をし続けている経営」,「組織・人づくりを行っている取組み」を称えて紹介するための表彰制度「KAIKA Awards」のほか,次世代組織づくりや未開拓領域の開花のための研究と発信を行うコミュニティ活動である「KAIKA Lab.」,KAIKAの考え方とアプローチ方法を使った各組織による課題解決を日本能率協会が支援する「Action支援」,KAIKA Lab.の成果などを中心とした注目テーマごとの調査・研究内容などKAIKAに関する情報を,マガジン発刊・事例紹介・カンファレンス・シンポジウムを通して発信していく「レポート・情報発信」といった活動について紹介した。
 現在,同協会は「KAIKA」の意義を認め実践している組織を対象に「KAIKA Awards 2017」の募集を開始している。賞の種類は,KAIKA大賞・KAIKA賞・特別賞の3つで,募集期間は2017年5月31日(水)までとなっている。応募についての詳細は以下のURLより。
http://kaika-management.com/awards/awards/2017entry  (’17 4/26)

JST,名古屋大学ほか,カーボンナノベルトの合成に成功,単一構造のカーボンナノチューブの実現に道

 その他, 官公庁・研究機関・協会など  JST,名古屋大学ほか,カーボンナノベルトの合成に成功,単一構造のカーボンナノチューブの実現に道 はコメントを受け付けていません。
4月 262017
 

 科学技術振興機構(JST)と名古屋大学は2017年4月14日(金),JST戦略的創造研究推進事業において,ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト 研究総括の伊丹 健一郎 氏(名古屋大学),同 化学合成グループリーダー/研究総括補佐の瀬川 泰知 氏(名古屋大学),Guillaume Povie(ポビー ギョム) 博士研究員らが,カーボンナノチューブの部分構造を持つ筒状炭素分子「カーボンナノベルト」の世界初の合成に成功したと発表した。
 「カーボンナノベルト」は,約60年前に提唱された筒状炭素分子で,以来,様々な構造が提唱され,世界中の化学者が合成に挑戦してきたが,筒状構造は大きなひずみを持つため合成が困難で,これまで合成例がなかった。
 同研究グループは,ひずみのない環状分子を筒状構造に変換する方法で,安価な石油成分であるパラキシレンを炭素原料に用い,11段階で「カーボンナノベルト」の合成に成功した。さらに,各種分光学的分析を行い,合成された「カーボンナノベルト」がカーボンナノチューブと非常に近い構造や性質を持つことも確認した。今後,単一構造のカーボンナノチューブ合成などナノカーボン科学への応用が期待される。
 同研究成果は,2017年4月13日(米国東部時間)に米国科学誌「Science」のオンライン速報版(http://www.sciencemag.org/)で公開された。(’17 4/26)

出光興産とイエローハットのジョイント店舗「アポロハット」が200店舗突破

 石油・化学業界, 自動車ほか輸送機器業界  出光興産とイエローハットのジョイント店舗「アポロハット」が200店舗突破 はコメントを受け付けていません。
4月 262017
 

出光興産とイエローハットのジョイント店舗「アポロハット」が200店舗突破 出光興産とイエローハットが展開するジョイント店舗「アポロハット」が200店舗を突破した。
 両社は2012年に業務・資本提携をスタートし,出光興産100%子会社のアポロリテイリングを通じて,ユーザーにリーズナブルな価格でカー用品を提供できるように共同仕入れを実施し,イエローハットが持つ卸売の機能・ノウハウの活用により出光SSへの商品直送体制を構築した。また,最寄りの出光SSで気軽にカー用品を購入できるように,2013年よりジョイント店舗「アポロハット」を展開してきた。
 同店は,既存の出光SS施設を活用し,売れ筋のカー用品を展示・販売することを志向しており,イエローハットの取り扱い商品から各地域に適した商品を厳選し,豊富なラインナップと,カーショップ並みの価格を実現している。(’17 4/26)

「FOOMA JAPAN 2017」事前登録受付開始

 官公庁・研究機関・協会など, 機械業界  「FOOMA JAPAN 2017」事前登録受付開始 はコメントを受け付けていません。
4月 192017
 

FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展 2017年6月13日(火)~16日(金)までの4日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展」(主催:日本食品機械工業会)の事前登録の受付が開始した。
 同展は,“食の未来への羅針盤。”をテーマに,食品機械の最先端テクノロジーや製品,サービスなどを通して「食の技術が拓く,豊かな未来」を提案する,アジア最大級の「食の技術」の総合トレードショー。1978年の初開催から40回目を迎える今回は,新設の東7~8ホールを加えて会場面積が1.3倍に拡大,過去最大となる775社(新規出展84社)が出展する。
 食品製造プロセスの自動化や効率化,省力化,高品質化を図る最新鋭の製品や最先端技術,ロボット技術やビッグデータを活用した品質管理,IoT活用の効率的な生産システム等が多数展示される。国際化への取り組みも積極的に推進し,中国,台湾,デンマークの3ヵ国がパビリオンを出展するほか,海外バイヤーを招いて「JETRO商談会」を実施する。
 「農林水産省FOOMA特別講演会」では,松本 修一 氏(農林水産省)が「自社の魅力をJAS規格でアピール!~新たなJAS規格の活用方法~」のテーマで,ビジネスシーンにおけるJAS規格の活用アイデアや,ビジネスニーズに応じて事業者からJAS規格を提案できる手続きについて紹介する。
 なお,現在,同展の公式サイトより入場料が無料になる事前登録を受付中で,事前登録して来場した方の中から抽選で毎日500名に公式ガイドブックがプレゼントされる。同展の開催概要は以下の通り。

  • 名称:FOOMA JAPAN 2017 国際食品工業展
  • 日時:2017年6月13日(火)~16日(金) 10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト 東展示棟(1~8ホール)
  • テーマ:食の未来への羅針盤。
  • 主催:日本食品機械工業会
  • 出展規模:775社/4,565単位 34,237m2(予定)
  • 来場者:94,497人(2016年実績)
  • 公式サイト:http://www.foomajapan.jp  (’17 4/19)

NOK,回転用低トルクシールリングを開発

 自動車ほか輸送機器業界  NOK,回転用低トルクシールリングを開発 はコメントを受け付けていません。
4月 192017
 

 NOKは,自動車用自動変速機(AT/CVT)に使用される回転用低トルクシールリング,「TS-Ring(写真1)」「CT-Ring(写真2)」の2種類を開発した。
 「TS-Ring」は,しゅう動面にテクスチャーを付与,世界初となる動圧作用による大幅な摩擦係数の低減により,従来品比で最大80%の低トルク化を実現した。
 「CT-Ring」は,世界初となる外周面しゅう動のシールリングで,受圧面積の低減により押し付け荷重を低減,従来品比で最大70%の低トルク化を実現した。
 自動車の燃費向上のため,回転用シールリングに対する低トルク化のニーズが高まるなか,両製品の受注拡大を目指す。(’17 4/19)

TS-Ring(左),CT-Ring(右)-NOK