ジュンツウネット21
松村石油

IHI,CCSプラントの開発に着手

 エネルギー, 機械業界  IHI,CCSプラントの開発に着手 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

CO2回収・貯留実証プラント-IHI IHIは,大量に二酸化炭素(CO2)を発生する石炭火力発電所の環境負荷低減を後押しする,CO2回収・貯留(CCS)プラントの事業化調査および基本設計に着手した。
 同社は,吸収液を使い燃焼後の排ガスから化学的にCO2を回収する「化学吸収技術」を用いたCCSのプラント実証を進めている。吸収液に用いられるアミンと排ガスを吸収塔で接触させて,アミンにCO2を溶け込ませ,放散塔で加熱することで99.9%以上の高濃度CO2を回収できる仕組みで,今後吸収液や反応システムなどの開発を進め,CO2の分離に必要なエネルギーを従来技術比で半減させる。
 同社相生工場や豪州で実証実験を行っており,豪州の実証プラント(写真)では,約1年で計画運転時間の5000時間に到達した。2017年度はさらに5000時間の運転を実施し,商用機を開発する。豪州,北米,日本などで初号機の建設を目指す。
 なお,同社は,化学吸収技術のほかに,酸素燃焼プロセスによるCO2液化回収装置の実証実験も行っている。(’17 5/10)

「スマートエネルギーWeek 2017」開催される

 エネルギー  「スマートエネルギーWeek 2017」開催される はコメントを受け付けていません。
3月 222017
 

スマートエネルギーWeek 2017 2017年3月1日(水)~3日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,水素・燃料電池,太陽光発電,風力発電やバイオマス発電などの再生可能エネルギー,電力を蓄電する二次電池,電力の需給バランスを制御するスマートグリッドや,太陽光発電システム施工,さらに電力自由化EXPOと初回となる次世代火力発電を加えた合計9つの新エネルギーの展示会からなる国際見本市「スマートエネルギーWeek 2017」が開催された。
 太陽光に次ぐ新エネルギーとして注目が集まっている風力発電は今回5回目の開催となり,洋上風力発電に関連する最新製品や技術の紹介や,軸受や減速機,風力発電用のギヤ油やグリースなどの潤滑剤,さらに運転保守の効率化を計る設備監視・診断や点検補修などの保守関連の技術が展示された。また潤滑管理や設備保全に加え,自然環境条件へ対応する技術的課題として,風況解析や,過酷な環境下でのメンテナンス技術なども紹介された。
 また,今回から次世代火力発電展が開催され,発電機などで使用されるタービン油や難燃性作動液とその使用油分析や,潤滑管理やメンテナンスに関連する企業からの出展が目立った。
 9つの展示会全体の3日間延べ人数で,62,395名の来場があった。(’17 3/22)

SIP革新的燃焼技術の研究レポート誌「Research Report 2017.1」を発行

 エネルギー, 官公庁・研究機関・協会など  SIP革新的燃焼技術の研究レポート誌「Research Report 2017.1」を発行 はコメントを受け付けていません。
2月 152017
 

 科学技術振興機構(JST)は2017年1月20日(金),SIP革新的燃焼技術の研究レポート誌「Research Report 2017.1」を発行した。
 同レポートでは,SIP革新的燃焼技術のプロジェクト成果のうち,論文・学会発表された一部を紹介。2015SIP燃焼アワード受賞のガソリン燃焼チームや2016SIP燃焼アワード受賞のディーゼル燃焼チーム,制御チームの他,損失低減チームの最新研究成果を掲載している。同レポート(PDF)の閲覧やダウンロードは以下のURLより。
http://www.jst.go.jp/sip/k01.html  (’17 2/15)

「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」開催される

 エネルギー  「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」開催される はコメントを受け付けていません。
11月 222016
 

 2016年11月8日(火),東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」(主催:「新時代のエネルギーを考えるシンポジウム」実行委員会)が開催された。
 第21回目の開催となる今回のテーマは,“自由化時代のエネルギー~電力・ガス市場の今後~”。冒頭に同シンポジウム実行委員長の杉森 務 氏(JXエネルギー 代表取締役社長,写真左)が主催者の挨拶を行った。パネルディスカッションでは,コーディネーターに関口 博之 氏(NHK解説委員),パネリストに,沢田 聡 氏(東京ガス 常務執行役員),原 享 氏(JXエネルギー 取締役 常務執行役員 リソーシズ&パワーカンパニー・プレジデント),村瀬 佳史 氏(経済産業省 資源エネルギー庁 電力・ガス事業部長),山内 弘隆 氏(一橋大学大学院 商学研究科教授),和田 由貴 氏(消費生活アドバイザー)を迎え,2016年4月からスタートした電力小売全面自由化を振り返り,見えてきた課題の整理とともに,ガス市場の小売全面自由化を含めたエネルギー市場の変化が消費者や社会へ与える影響などについてディスカッションが行われた。(’16 11/22)

2016年新時代のエネルギーを考えるシンポジウム

「ハノーバーメッセ2017」独ハノーバーで開催

 エネルギー, 機械業界, 設備管理, 電機業界  「ハノーバーメッセ2017」独ハノーバーで開催 はコメントを受け付けていません。
11月 162016
 

マルクジーマリング氏 日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は2016年10月25日(火),東京都内で「ハノーバーメッセ・プレスカンファレンス」を開催,2017年4月24日(月)~28日(金)の5日間,ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される世界最大のB to B専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(主催:ドイツメッセ)の概要を発表した。
 2016年4月のハノーバーメッセでは,世界75ヵ国・地域から5,200社が出展し,19万1,000人が来場,会期中の商談件数は560万件にも及んだ。日本からは58社が出展している。2017年は70ヵ国・地域から6,500社が出展し,80ヵ国・地域から20万人以上の来場を見込む。
 2017年のテーマは「Integrated Industry-Creating Value(産業システムの統合化・価値の創造)」。世界中の製造業でIoTやAIといった最新技術を駆使したデジタル化が進み,設備や機器の高度化のみならず,新たな事業分野が生まれ生産性と従業員満足度の向上といった価値創造が実現することで,事業化による新価値創造がインダストリー4.0の次のステップであるとの期待が込められている。
 2016年にはパートナーカントリーのアメリカ合衆国・オバマ大統領がドイツ・メルケル首相と共に開会式に出席したことでも注目の高さがうかがえるが,世界中からの政界や産業界のリーダーが毎年会合を持つ場としても知られている。
 会期中には,1,000以上の技術カンファレンスとフォーラムが開催され,インダストリー4.0,産業用インターネット,デジタルトランスフォーメーション,サイバーセキュリティ,スマートグリッド,分散型電源といった幅広いトピックスが取り上げられ,スタートアップの拠点として起業家を支援するプログラムも用意している。
 毎年,世界を牽引する工業国が選ばれるパートナーカントリーにはEUで6番目の経済規模をもつポーランドが決定した。2014年はオランダ,2015年はインド,2016年は米国がパートナーカントリーとして数多くの出展者や来場者を動員している。
 ドイツメッセ ハノーバーメッセ担当上級副社長のマルクジーマリング 氏(写真)は,「産業の統合化は21世紀のものづくりを特徴づけるトレンド。効率化と柔軟性と生産性の向上に向け,デジタル技術を取り入れない製造業は,競争力の維持に苦労することになる。前回2016年ではインダストリー4.0の実用アプリケーションについて400以上の出展があった。次回2017年は,コボット(協働ロボット),デジタルツイン,エネルギー効率,予測保守,スマートマテリアル,スマートコーティングなどのトレンドが重点的に取り上げられる。デジタル化により中堅中小企業などリソースが限られている企業であっても,産業の統合化による利益をどう得るかが体験できるので日本からも多くの参加があるよう期待する」と述べた。

<2017年ハノーバーメッセ>

  • 会期:2017年4月24日(月)~28日(金) 各日9:00~18:00
  • 会場:ドイツ・ハノーバー国際見本市会場
  • 出展料金:2,653ユーロ/9m2
  • 入場料金:
     1日券(Day Ticket):前売り28ユーロ,当日窓口35ユーロ
     通し券(Season Ticket):前売り64ユーロ,当日窓口76ユーロ
      ※日本円での1日券・通し券は,2017年1/18~4/4まで,ドイツメッセ日本代表部入場券購入ページ(http://www.jma.or.jp/dms/ticket_form/)にて販売予定
  • 2016年来場者数:約191,000名
  • 2016年出展者:約5,200社(約75ヵ国・地域)
  • 主催・運営:ドイツメッセ株式会社
  • パートナーカントリー:ポーランド
  • 展示プログラム
     【Industrial Automation】
     ◇ファクトリーオートメーション ◇プロセスオートメーション ◇インダストリアル・ビルディングオートメーション ◇産業用ロボット・モバイルロボット
     【Energy】
     ◇発電・送電 ◇再生エネルギー ◇送電・配電 ◇モビリティ ◇コンベンショナル・エネルギー ◇車両・機械構造のキーテクノロジー ◇風力発電技術(施設,設備,コンポーネント,産業利用)
     【Industrial Supply】
     ◇産業用部品 ◇電気コンポーネント ◇表面処理技術
     【Motion, Drive & Automation※】
     ◇パワートランスミッション,パワーコントロールシステム ◇電気・機械式電動力,制御システム,油圧技術 ◇ローラーベアリング,歯車,ポンプ,モーター ◇変速装置,駆動システム装置,クラッチ・ブレーキシステム
     【Research & Technology】
     ◇ベーシック・リサーチ ◇アプライド・リサーチ ◇フューチャー・オリエンティド・テクノロジー ◇研究開発・テクノロジー向けサービス
     【Digital Factory】
     ◇産業用IT向けオペレーション・システム ◇拡張/マネジメントプログラム ◇産業用IT向けデータマネジメント・ソフトウェア ◇産業用ITアプリケーション開発ソフトウェア・開発ツール
     【ComVac※】
     ◇圧縮空気 ◇真空技術 ◇真空ポンプ ◇圧縮空気生成,分配プロセス,装置システム ◇真空包装,真空バルブ,真空フィッティング
      ※奇数年のみ開催
  • 公式HP:http://www.hannovermesse.de/home
  • ハノーバーメッセ2017出展に関する問い合わせ先
     日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
     〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階
     TEL:03-3434-6447  FAX:03-3434-8076
     E-Mail:DMS@jma.or.jp
     詳細情報:http://www.hannovermesse.co.jp/repraesentauten/hannover.html  (’16 11/16)

コスモエネルギーホールディングス,「コスモエネルギーグループ30年史」を発刊

 エネルギー, 石油・化学業界  コスモエネルギーホールディングス,「コスモエネルギーグループ30年史」を発刊 はコメントを受け付けていません。
11月 162016
 

一歩ずつ,明日へ ―コスモエネルギーグループ30年の歩み― -コスモエネルギーホールディングス コスモエネルギーホールディングスは,2016年4月1日に創立30周年を迎えたことを記念し,コスモエネルギーグループ30年史「一歩ずつ,明日へ ―コスモエネルギーグループ30年の歩み―」を,同社の創立記念日である2016年10月25日(火)に発刊した。
 同史では,1986年4月1日に大協石油と丸善石油が合併し,創業したコスモ石油(現コスモエネルギーホールディングス)が,めまぐるしく変化する石油業界の中でどのように歩んできたのかについて,沿革部分を第1部「創立20年までの歩み」と第2部「近10年の歩み」の2部構成で編纂。第3部「トップメッセージ」では,創業からの30年を振り返るとともに,”グローバルな垂直型一貫総合エネルギー企業”をめざす同社グループの未来ビジョンについて触れている。
 また,同史は,過去に発刊した10年史「創業ふたたび」と20年史「飛躍へのかけ橋」をデジタル版として添付しており,同社グループ30年の歴史を総括する社史となっている。
 仕様はB5版並製本の160ページで,発行部数は10,000部。同社役員・社員,OB,特約店,関係取引先などへの配布を予定している。(’16 11/16)

出光興産など3社,CO2排出削減に寄与する石炭ボイラ制御高度化システムを共同開発・販売

 エネルギー, 機械業界  出光興産など3社,CO2排出削減に寄与する石炭ボイラ制御高度化システムを共同開発・販売 はコメントを受け付けていません。
11月 162016
 

石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY」-出光興産,郵船商事,日本郵船 出光興産,郵船商事,日本郵船の3社は,郵船商事が所有する石炭ボイラ制御最適化システム「ULTY(アルティ)」の共同販売,および出光興産が保有する石炭高効率燃焼技術を取り入れた新型ULTYの共同開発に合意した。
 発電所や工場で使用されているボイラは,様々な要因により運転状態が変化し,投入する燃料の一時的な過不足により,ボイラ制御が不安定となる。ULTYはボイラ燃焼制御の最適化をはかり,安定したプラント運転で燃料消費とCO2排出の削減を実現するシステムで,これまでは郵船商事が日本国内を主体に販売を行っていたが,アジア諸国で石炭火力発電所の新設計画が相次いでいることから,海外を含めた石炭販売網や石炭高効率燃焼技術を有する出光興産を加え,郵船商事,日本郵船の3社で共同販売を行うこととなった。また,3社はボイラの更なる効率運転のため,現行のULTYに石炭高効率燃焼技術,IoT技術を導入した新型ULTYの共同開発も決定した。ULTYの概要は以下のとおり。

  • ボイラ燃焼制御最適化システム(ボイラマスタと負荷要求量の2点から補正を算出するシステム)
  • 対象設備:ドラム型ボイラ,循環流動層ボイラ
  • 対象燃料:石炭専焼,石炭/バイオマス混焼,石炭/副生燃料混焼,重油/副生燃料混焼
  • 導入実績:主に国内向けに約50台(2016年11月7日時点)
  • 燃料削減率:約1.0%(2016年11月7日時点)  (’16 11/16)

「スマートエンジニアリングTOKYO 2016」10/26より東京ビッグサイトで開催

 エネルギー, 官公庁・研究機関・協会など, 環境関連  「スマートエンジニアリングTOKYO 2016」10/26より東京ビッグサイトで開催 はコメントを受け付けていません。
9月 212016
 

スマートエンジニアリングTOKYO 2016ロゴ 2016年10月26日(水)~28日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で「スマートエンジニアリングTOKYO 2016」(主催:化学工学会,日本能率協会)が開催される。
 同展は,工場・プラントや社会インフラの環境対策,省エネ,水処理技術,IT化に関するソリューションを提案するエンジニアリングの専門展示会。前回まで「グリーン・イノベーションEXPO」として開催されていたが,今年から全面リニューアルし,「省エネ・プラントショー(旧称:ECO-MAnufacture)」,「水イノベーション」,「水素エネルギーテクノフェア(旧称:水素エネルギー技術展)」,特別展示「プロセス産業とIoT」の構成展により装い新たに開催される。
 同展では,市場トレンドや最新事例を紹介する特別講演会が開催され,昨今特に注目を集めているIoT技術に関する講演として,茂木 正 氏(経済産業省)による「プロセス産業とIoT」や,村田 聡一郎 氏(SAPジャパン)による「IoTを自社ビジネスでどのように活用するか~グローバルIoT事例にみるスジのよいIoT活用」をはじめ,各種講演,セミナー等も多数開催される。同展の概要など詳細は以下のとおり。

「スマートエンジニアリングTOKYO 2016」

2015年度コージェネレーション導入実績

 エネルギー, 官公庁・研究機関・協会など  2015年度コージェネレーション導入実績 はコメントを受け付けていません。
8月 102016
 

 コージェネレーション・エネルギー高度利用センター(コージェネ財団)は,会員企業全社を対象とした調査をもとにまとめた,2015年度のコージェネレーション導入実績を発表した。
 同発表によると,2015年度の民生用・産業用のコージェネレーション(全燃料,家庭用を除く)の新設導入状況は,設置容量が23万9,000kW,設置台数は811台だった。
 2015年度末での累計設置容量(撤去・削減分を差し引いた値)は前年度比で16万7,000kWの増加となる1,033万8,000kW,累計設置台数(撤去・削減分を差し引いた値)は同743台の増加となる1万6,424台。また,燃料別の累計設置容量・台数は,天然ガスが574万kW・1万832台,石油が309万1,000kW・4,109台,LPGが43万kW・727台,オフガス・その他が107万8,000kW・756台。原動機別では,ガスエンジンが295万9,000kW・1万1,080台,ガスタービンが431万6,000kW・1,273台,ディーゼルエンジンが272万5,000kW・3,938台,その他が33万8,000kW・133台だった。(’16 8/10)

「スマートコミュニティJapan 2016」,「スマートファクトリーJapan 2016」開催される

 エネルギー  「スマートコミュニティJapan 2016」,「スマートファクトリーJapan 2016」開催される はコメントを受け付けていません。
6月 292016
 

スマートコミュニティJapan 2016(トヨタ自動車 新型プリウスPHV) 2016年6月15日(水)~17日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で「スマートコミュニティJapan 2016」,「スマートファクトリーJapan 2016」(主催:日刊工業新聞社)が開催,3日間合計で39,920名が来場した。
 「スマートコミュニティJapan 2016」は,“次世代エネルギーと新しいまちづくり”をテーマに,トヨタ自動車の「新型プリウスPHV」や岩谷産業の「燃料電池車用高圧水素ガスディスペンサー」をはじめ,次世代自動車や水素エネルギー,バイオマス産業,植物工場・次世代型農業,木材活用,クラウド利用に関する最新製品・技術が一堂に展示された。
 また,今回が初開催となった「スマートファクトリーJapan 2016」では,老朽化に伴う建物や設備の更新,IoTの登場により効率化と持続可能性を両立した「先進工場」の普及に関する,次世代の生産・搬送設備,防災技術が一堂に展示された。
 また,17日には会議棟で「IVI法人化記念シンポジウム」が開催された。同シンポジウムは,2015年6月に任意団体として設立された「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)」の一般社団法人化を記念して開催。IVIの西岡 靖之 理事長が「IVIプラットフォームによるユーザー起点のエコシステム」のテーマで,関連する業務が相互につながる仕組みであるプラットフォームについて,その構成や予知保全プラットフォーム・設備管理プラットフォームといった具体例,プラットフォーム事業の進め方等について講演した。(’16 6/29)

福島地熱プロジェクトチーム,磐梯地域での地熱開発掘削調査を開始

 エネルギー, 官公庁・研究機関・協会など  福島地熱プロジェクトチーム,磐梯地域での地熱開発掘削調査を開始 はコメントを受け付けていません。
6月 292016
 

 出光興産,国際石油開発帝石,住友商事,石油資源開発,地熱技術開発,日本重化学工業,三井石油開発,三菱ガス化学,三菱商事,三菱商事パワー,三菱マテリアルの11社が参加する「福島地熱プロジェクトチーム」は,福島県磐梯地域における地熱開発掘削調査(3次調査)を開始した。
 同プロジェクトチームは,石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の助成を受け,磐梯朝日国立公園内の磐梯山周辺地域で地熱開発に向けた資源調査を2013年度から実施している。今回,3年間の地表調査が終了し,開発有望地点が確認できたことから,掘削調査が開始された。
 今回の調査では,調査地の地下の温度,地質構造および貯留層の有無などを確認することを目的として調査井(傾斜井)2坑を掘削する。調査期間は2016~2017年度の予定。(’16 6/29)

「スマートコミュニティJapan2016」,6/15より東京ビッグサイトで開幕

 その他, エネルギー  「スマートコミュニティJapan2016」,6/15より東京ビッグサイトで開幕 はコメントを受け付けていません。
6月 152016
 

ロゴ:スマートコミュニティJapan2016(上),スマートファクトリーJapan2016(下) 本日2016年6月15日(水)より東京ビッグサイト(東京都江東区)で「スマートコミュニティJapan2016」(主催:日刊工業新聞社)が開幕する。
 同展では,“次世代エネルギーと新しいまちづくり”をテーマに,トヨタ自動車の「新型プリウス PHV」や,岩谷産業の「燃料電池車用高圧水素ガスディスペンサー」などをはじめ,最新のエネルギーマネジメントシステム(EMS),次世代自動車,水素エネルギー,バイオマス産業,植物工場・次世代型農業,木材活用,クラウド利用に関わる296社・団体が参加し,最新の製品・技術が一堂に展示される。
 また,今回初開催となる構成展「スマートファクトリーJapan2016」では,老朽化に伴う建物や設備の更新,IoT(モノのインターネット)の登場により効率化と持続可能性を両立した「先進工場」の普及が進む中,次世代の生産・搬送設備,防災技術が一堂に展示される。
 入場料は無料(登録制)。詳細は以下の公式サイトより。

「スマートコミュニティJapan2016」公式サイト:http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart/
「スマートファクトリーJapan2016」公式サイト:http://biz.nikkan.co.jp/eve/smart-factory/  (’16 6/14)

スマートコミュニティJapan2016