ジュンツウネット21
松村石油

小野測器,トルク演算表示器「TQ-5300」を開発

 測定・検査・分析, 電機業界  小野測器,トルク演算表示器「TQ-5300」を開発 はコメントを受け付けていません。
5月 102017
 

トルク演算表示器「TQ-5300」-小野測器 小野測器は,フランジ型の高剛性トルク検出器用トルク演算表示器「TQ-5300」を開発し,2017年5月25日(木)より受注を開始する。
 同製品は,同社のフランジ型高剛性トルク検出器「TQ-1000シリーズ」および「TQ-2000シリーズ」に対応。トルク検出器から検出したトルク量に相当する信号出力周波数を1周期ごとに演算し,高速応答でアナログ出力する。従来機種「TQ-5200」に搭載されているデジタルインターフェースRS-232Cのほかに,新たにEtherCAT,PROFIBUS,CANを搭載し,より高速でのデジタル通信が可能となったほか,トルク検出器本来の高精度なトルク計測値をそのまま出力することができるようになった。さらにこれまではトルクのみアナログ出力が可能だったが,回転速度のアナログ出力も可能となった。オプションの使用により,トルク2chの出力が可能となり,制御用と記録用の出力を分離する等の用途に応じた使用が可能となる。(’17 5/10)

日本アビオニクス,冷却型サーモカメラ「インフレックH9000」を発売

 測定・検査・分析, 電機業界  日本アビオニクス,冷却型サーモカメラ「インフレックH9000」を発売 はコメントを受け付けていません。
2月 222017
 

 日本アビオニクスは,民生用赤外線機器領域で欧州大手の独InfraTec社と提携し,高性能な冷却型サーモカメラのハイエンドモデル「インフレックH9000」を発売した。
 同製品は,高感度で応答速度の優れた赤外線検出素子である「InSb(インジウムアンチモン)」を搭載し,フルフレーム(640×512画素)で200Hz(オプション装着時は355Hz),ウィンドウイングモードで最速5000Hzと,クラス最高レベルの超高速撮影が可能。タイヤやブレーキディスクなどの回転体の温度変化や,エアバッグ爆発の瞬間などの高速現象を捉えられるほか,パルス過加熱等による熱の移動を捉えることで素材内部の欠陥を検出する,などの非破壊検査を行える。6種類のオプションレンズを用意し,基板実装部品やMEMSデバイスなどの微小物の計測から,構造物や路面診断など広範囲の計測,ロケット燃焼試験のような遠距離の計測まで,様々なシーンに対応している。(’17 2/22)

冷却型サーモカメラ「インフレックH9000」-日本アビオニクス

三井物産エレクトロニクス,IoTによりフォークリフトの安全と稼働監視を提供するクラウドサービスを発表

 設備管理, 電機業界  三井物産エレクトロニクス,IoTによりフォークリフトの安全と稼働監視を提供するクラウドサービスを発表 はコメントを受け付けていません。
2月 082017
 

 三井物産エレクトロニクスは,IoT技術によりフォークリフトの安全と稼働監視を提供するクラウドサービス「フォーカーズ(Forkers)」を発表した。
 同サービスは,フォークリフトの安全と自動監視・管理を提供するサービス。運転者の危険運転の記録を動画付きでクラウド上で確認することができ,これまで不可能だった運転状況の確認「安全運転指導」が可能になった。車両の稼動管理と保守部品交換時期を見える化することで,フォークリフト資産の有効活用とダウンタイムの軽減を,管理人件費をかけずに効率的に行うことができる。すべてのメーカー車型で使用でき,クラウドを使用するため,スマートフォン・PCなど様々な端末での使用が可能。2017年3月から一部ユーザーへの試験販売を開始し,2年間で1万台の普及を目指す。(’17 1/25)

フォーカーズ(Forkers)-三井物産エレクトロニクス

富士通,工場の設備や機器などの保守業務を包括的に管理できる設備保全管理システムを発売

 設備管理, 電機業界  富士通,工場の設備や機器などの保守業務を包括的に管理できる設備保全管理システムを発売 はコメントを受け付けていません。
2月 012017
 

 富士通は,同社グループ会社の富士通エンジニアリングテクノロジーズが開発した設備保全管理システム「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA(プランティア)」を2017年1月11日(水)より発売開始した。
 同システムは,工場の設備,ユーティリティなどあらゆる現場機器の保全業務を包括的に管理することができるソリューションで,「機器台帳管理」「保全周期管理」「保全計画管理」「保全履歴管理」「修理案件管理」「在庫管理」「日常点検管理」の7つのサブシステムから構成され,現場のノウハウを最大限に活かしたアプリケーションにより,保全業務の遂行をサポートする。ユーザーのグローバル展開に向け,日本語のほか英語にも対応している。現場写真や図面,仕様書などのドキュメント類を機器に紐付けてデータベースへ登録することができるほか,日々の点検データをグラフ表示することで,リアルタイムに状況を把握でき,To Do画面へ警告表示をして精密点検を促すといった仕組みも装備している。EXCELを介して,過去の点検データや個人管理されていた点検データなどを一括登録できる機能を持ち,データ資産を有効に活用することができる。(’17 1/25)

FUJITSU Enterprise Application PLANTIA(プランティア)-富士通

富士通,JX金属グループにIoT活用パッケージを提供

 電機業界  富士通,JX金属グループにIoT活用パッケージを提供 はコメントを受け付けていません。
2月 012017
 

 富士通は,JX金属に,作業者の転倒時の位置や状態などを遠隔で把握し,作業時の安全性向上を図る実証実験に「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(フジツウ アイオーティー ソリューション ユビキタスウェア)」の検証用セット「パイロットパック」を提供した。
 実証実験は,2016年9月にJX金属のグループ企業でめっき加工を手がけるJX金属プレシジョンテクノロジーの館林工場で実施,効果検証を行った。実証実験では,人の転倒や転倒時の位置情報などを把握する「ロケーションバッジ」と,熱ストレスレベルなど人の状態を推定し把握する「バイタルセンシングバンド」を作業者が装着し,各所に配置したビーコンにより位置情報を推定。管理者は,作業者の状態や転倒事故発生をアラームで確認でき,作業者の安全を重視した見守りを行うことができた。
 JX金属グループではIoT社会をけん引する高機能金属素材を製造しており,安全管理でもかねてからIoTの活用を模索していた。また,JX金属プレシジョンテクノロジーの館林工場では,作業者の安全衛生管理体制の一環として,急病など非常事態の発生時に早急な対応がとれるシステムづくりを検討していた。(’17 2/1)

富士通,JX金属グループにIoT活用パッケージを提供

NICT,工場IoT化に向け無線通信を安定化させるソフトウェアを構築

 電機業界  NICT,工場IoT化に向け無線通信を安定化させるソフトウェアを構築 はコメントを受け付けていません。
1月 252017
 

 情報通信研究機構(NICT)は,8社と共同で,工場にIoT技術を導入する際に無線通信を安定化するためのソフトウェア構成を発表した。
 工場内での無線利用では,無線システム間の干渉による通信の不安定化や設備稼働への影響といった懸念があるが,複数の無線システムが共存する製造現場において,無線通信の課題解決に向けた試みはこれまで行われてこなかった。NICT,オムロン,国際電気通信基礎技術研究所(ATR),NEC,NEC通信システム,富士通,富士通関西中部ネットワーク,サンリツオートメイション,村田機械は,製造現場でIoT化を推進するため,業界の垣根を越えて,2015年6月から「Flexible Factory Project」を立ち上げ,複数の稼働中の工場で,無線通信技術の基礎評価及び検証を行ってきた。
 ユーザーとなる工場にも協力関係を広げ,音,振動,温度,湿度,電流波形などを取得する多様なセンサーからの情報を無線で送信する評価実験に取り組んできた。また,これら評価結果の検証とユーザーとなる工場へのヒアリング等の調査を通し,工場で用いられる無線通信の要件を用途別に整理した。明確化された用途別の通信要件や洗い出された課題を反映させ,複数の無線システムを協調制御して安定化するための無線通信のソフトウェア構成の提案を行った。
 今後,この結果を踏まえて,工場で想定される設備ごとに独立した無線システムのシミュレーションを通じた不安定化のリスク評価や,安定した通信のための無線通信ソフトウェア構成の定義を行い,システムの構築及び実証実験を通して有用性の検証を進めることで,工場内のIoT化に向けた活動を更に推進する。(’17 1/25)

無線通信を安定化するためのソフトウェア構成-情報通信研究機構ほか8社

「環境と新冷媒 国際シンポジウム2016」開催される

 官公庁・研究機関・協会など, 潤滑油剤, 電機業界  「環境と新冷媒 国際シンポジウム2016」開催される はコメントを受け付けていません。
12月 282016
 

 地球温暖化防止の観点から空調・冷凍分野での新冷媒や省エネルギー製品開発の検討が行われている中,2016年12月1日(木)~2日(金)の2日間,神戸国際会議場メインホール(神戸市中央区)で「環境と新冷媒 国際シンポジウム2016~冷凍空調機器の環境・新冷媒・省エネに対応し21世紀をリードする最新テクノロジー~」(主催:日本冷凍空調工業会(JRAIA))が開催された。
 同シンポジウムは,最新の環境対応技術の発表と意見交換の場として1994年にスタートし,国内外の空調冷凍機器・部品メーカーや冷凍機油・フロンメーカー,輸送・設備サービス・建設・電力・ガス空調衛生などの業界や団体が参加しており,今回で12回目の開催となる。
 低環境負荷冷媒や省エネルギーに関する発表を中心に,環境,新冷媒,微燃性冷媒,圧縮機と潤滑油,省エネルギーの5つのテーマをテクニカルセッションに分けて発表した。
初日の「圧縮機・潤滑油」のテクニカルセッションでは,山口 健太郎 氏(JXエネルギー)が「HFO冷媒用POE系冷凍機油の開発」,斉藤 玲 氏(日本サン石油)が「様々な用途の冷凍空調機器に検討される低GWP冷媒と冷凍機油」,中島 聡 氏(出光興産)が「HFC冷媒用空調機油の消費電力評価」,Joseph Karnaz氏(Shreve Chemical Products)が「Lubricants and New Refrigerants : System Performance Needs」と題し,新冷媒に対応した冷凍機油の開発や性能評価などを発表した。
 またポスターの特別展示として日冷工で検討した微燃性冷媒を使用した製品別のリスク評価結果も展示された。(’16 12/28)

環境と新冷媒 国際シンポジウム2016

「SEMICON Japan 2016」開催される

 電機業界  「SEMICON Japan 2016」開催される はコメントを受け付けていません。
12月 282016
 

SEMICON Japan 2016 エレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2016」が2016年12月14日(水)~16日(金),東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。第40回となる今回は「CONNECT」がテーマで,業界の垣根を超えた製品,技術や人材,知識などがCONNECT(繋がること)によって新たなイノベーションが生まれ,多様な産業や社会への波及を予想する展示会となった。WORLD OF IOTでは半導体の需要創出が期待されるIoTアプリケーションと関連技術・製品が紹介され,インダストリアルIoT,自動車/パワー分野,モバイル/ネットワーク分野,センサー/MEMS分野などの様々な適応分野での製品や技術が展示された。
 また,セミナーは3日間で合計9つのフォーラムが開催され,Industrial IoTフォーラムでは,IoTやデジタル化によって製造業を取り巻く環境が大きく変化し,モノづくりのイノベーションが加速するなか,日独米の代表的基幹企業から,デジタル化する製造業の成長戦略が説明された。また,このデジタル化の波とともに,製造現場においてもサイバーセキュリティの問題がクローズアップされている。ITフォーラムでは日米のIT企業のエグゼクティブから製造業におけるサイバーセキュリティの現状と課題が語られた。
 今回開催は757社・団体の出展があり,3日間で延べ64,163名の来場があった。(’16 12/28)

新川電機,「回転機械の状態監視と解析診断セミナー」を12/9に東京本社で開催

 測定・検査・分析, 設備管理, 電機業界  新川電機,「回転機械の状態監視と解析診断セミナー」を12/9に東京本社で開催 はコメントを受け付けていません。
12月 072016
 

新川電機ロゴ 新川電機は,2016年12月9日(金)に東京本社(東京都千代田区)にて,「回転機械の状態監視と解析診断セミナー」を開催する。同セミナーは,振動の基礎と状態監視システムに興味のある新人~初級エンジニアから,さらに解析診断の知識を深めたい方までを対象に2部構成で開催する。第1部は振動の基礎と状態監視システムについて,第2部は振動解析診断システムを解析事例のデモンストレーションを交えてわかりやすく説明する。第1部または第2部のみの受講も可能。また,セミナー終了後に懇親会を予定している。同セミナーの概要や申し込みなど問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2016年12月9日(金) 10:00~16:15(懇親会 16:30~)
  • 会場:新川電機 東京本社(東京都千代田区麹町)
  • 定員:20名
  • 参加費:無料
  • プログラム:
     第1部(10:00~12:00)
     <振動の基礎と状態監視システム>
     1.振動の基礎
     2.振動センサの原理と取扱い
     3.状態監視モニタの種類と基本機能
     4.回転機械の状態監視関連規格

     第2部(13:15~16:15)
     <振動解析診断システムと振動解析実演>
     1.代表的な振動解析手法
     2.解析グラフの種類と見方
     3.振動解析診断システムの紹介
     4.すべり軸受ロータキットによる振動解析実演

     ※2部構成。第1部のみ,第2部のみの受講も可能。

  • 申し込み・問い合わせ:新川電機 センサテクノロジ営業統括本部
     TEL 03-3263-4411  FAX 03-3262-2171
     URL https://www.shinkawaelectric.com/seminar/detail.php?id=26  (’16 12/7)

特別展「WORLD OF IOT」,SEMICON Japanで開催

 電機業界  特別展「WORLD OF IOT」,SEMICON Japanで開催 はコメントを受け付けていません。
11月 302016
 

SEMICON Japan 2016ロゴ 2016年12月14日(水)~16日(金),東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「SEMICON Japan 2016」内の特別展として「WORLD OF IOT」が開催される。「WORLD OF IOT」は,IoTを実現するための技術や,IoTによるソリューション,システム,アプリケーションなど,多岐に渡るIoTの世界を俯瞰するIoT総合イベント。3回目となる今回のテーマは「CONNECT(繋がること)」で,昨年の122小間から約140小間へ規模を拡大する。半導体の要創出が期待されるIoTのアプリケーションと関連技術・製品を展示し,オープンイノベーションによるエレクトロニクス業界全体の成長促進を目指す。また,IoT関連セミナーも充実している。入場は原則として事前登録制。入場登録・セミナー・イベント参加の申し込みは,下記の公式サイトより。

  • 名称:WORLD OF IOT(SEMICON Japan 2016 特別展)
  • 会期:2016年12月14日(水)~16日(金) 10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト東展示棟,会議棟
  • 入場料:展示会は無料,原則として事前登録制。セミナー・レセプションの料金は公式サイトより
  • 主催:SEMI
  • 問い合わせ先:SEMIジャパン カスタマー・サービス
     TEL 03-3222-5988
     E-mail jcustomer@semi.org

「ハノーバーメッセ2017」独ハノーバーで開催

 エネルギー, 機械業界, 設備管理, 電機業界  「ハノーバーメッセ2017」独ハノーバーで開催 はコメントを受け付けていません。
11月 162016
 

マルクジーマリング氏 日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は2016年10月25日(火),東京都内で「ハノーバーメッセ・プレスカンファレンス」を開催,2017年4月24日(月)~28日(金)の5日間,ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される世界最大のB to B専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(主催:ドイツメッセ)の概要を発表した。
 2016年4月のハノーバーメッセでは,世界75ヵ国・地域から5,200社が出展し,19万1,000人が来場,会期中の商談件数は560万件にも及んだ。日本からは58社が出展している。2017年は70ヵ国・地域から6,500社が出展し,80ヵ国・地域から20万人以上の来場を見込む。
 2017年のテーマは「Integrated Industry-Creating Value(産業システムの統合化・価値の創造)」。世界中の製造業でIoTやAIといった最新技術を駆使したデジタル化が進み,設備や機器の高度化のみならず,新たな事業分野が生まれ生産性と従業員満足度の向上といった価値創造が実現することで,事業化による新価値創造がインダストリー4.0の次のステップであるとの期待が込められている。
 2016年にはパートナーカントリーのアメリカ合衆国・オバマ大統領がドイツ・メルケル首相と共に開会式に出席したことでも注目の高さがうかがえるが,世界中からの政界や産業界のリーダーが毎年会合を持つ場としても知られている。
 会期中には,1,000以上の技術カンファレンスとフォーラムが開催され,インダストリー4.0,産業用インターネット,デジタルトランスフォーメーション,サイバーセキュリティ,スマートグリッド,分散型電源といった幅広いトピックスが取り上げられ,スタートアップの拠点として起業家を支援するプログラムも用意している。
 毎年,世界を牽引する工業国が選ばれるパートナーカントリーにはEUで6番目の経済規模をもつポーランドが決定した。2014年はオランダ,2015年はインド,2016年は米国がパートナーカントリーとして数多くの出展者や来場者を動員している。
 ドイツメッセ ハノーバーメッセ担当上級副社長のマルクジーマリング 氏(写真)は,「産業の統合化は21世紀のものづくりを特徴づけるトレンド。効率化と柔軟性と生産性の向上に向け,デジタル技術を取り入れない製造業は,競争力の維持に苦労することになる。前回2016年ではインダストリー4.0の実用アプリケーションについて400以上の出展があった。次回2017年は,コボット(協働ロボット),デジタルツイン,エネルギー効率,予測保守,スマートマテリアル,スマートコーティングなどのトレンドが重点的に取り上げられる。デジタル化により中堅中小企業などリソースが限られている企業であっても,産業の統合化による利益をどう得るかが体験できるので日本からも多くの参加があるよう期待する」と述べた。

<2017年ハノーバーメッセ>

  • 会期:2017年4月24日(月)~28日(金) 各日9:00~18:00
  • 会場:ドイツ・ハノーバー国際見本市会場
  • 出展料金:2,653ユーロ/9m2
  • 入場料金:
     1日券(Day Ticket):前売り28ユーロ,当日窓口35ユーロ
     通し券(Season Ticket):前売り64ユーロ,当日窓口76ユーロ
      ※日本円での1日券・通し券は,2017年1/18~4/4まで,ドイツメッセ日本代表部入場券購入ページ(http://www.jma.or.jp/dms/ticket_form/)にて販売予定
  • 2016年来場者数:約191,000名
  • 2016年出展者:約5,200社(約75ヵ国・地域)
  • 主催・運営:ドイツメッセ株式会社
  • パートナーカントリー:ポーランド
  • 展示プログラム
     【Industrial Automation】
     ◇ファクトリーオートメーション ◇プロセスオートメーション ◇インダストリアル・ビルディングオートメーション ◇産業用ロボット・モバイルロボット
     【Energy】
     ◇発電・送電 ◇再生エネルギー ◇送電・配電 ◇モビリティ ◇コンベンショナル・エネルギー ◇車両・機械構造のキーテクノロジー ◇風力発電技術(施設,設備,コンポーネント,産業利用)
     【Industrial Supply】
     ◇産業用部品 ◇電気コンポーネント ◇表面処理技術
     【Motion, Drive & Automation※】
     ◇パワートランスミッション,パワーコントロールシステム ◇電気・機械式電動力,制御システム,油圧技術 ◇ローラーベアリング,歯車,ポンプ,モーター ◇変速装置,駆動システム装置,クラッチ・ブレーキシステム
     【Research & Technology】
     ◇ベーシック・リサーチ ◇アプライド・リサーチ ◇フューチャー・オリエンティド・テクノロジー ◇研究開発・テクノロジー向けサービス
     【Digital Factory】
     ◇産業用IT向けオペレーション・システム ◇拡張/マネジメントプログラム ◇産業用IT向けデータマネジメント・ソフトウェア ◇産業用ITアプリケーション開発ソフトウェア・開発ツール
     【ComVac※】
     ◇圧縮空気 ◇真空技術 ◇真空ポンプ ◇圧縮空気生成,分配プロセス,装置システム ◇真空包装,真空バルブ,真空フィッティング
      ※奇数年のみ開催
  • 公式HP:http://www.hannovermesse.de/home
  • ハノーバーメッセ2017出展に関する問い合わせ先
     日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
     〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階
     TEL:03-3434-6447  FAX:03-3434-8076
     E-Mail:DMS@jma.or.jp
     詳細情報:http://www.hannovermesse.co.jp/repraesentauten/hannover.html  (’16 11/16)

世界最大のB to B IT関連専門展示会「CeBIT 2017」を独ハノーバーで開催

 官公庁・研究機関・協会など, 電機業界  世界最大のB to B IT関連専門展示会「CeBIT 2017」を独ハノーバーで開催 はコメントを受け付けていません。
11月 092016
 

 日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は2016年10月20日(木),東京都内で「CeBITキックオフプレスカンファレンス」を開催,2017年3月20日(月)~24日(金)の5日間,ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される世界最大のB to B IT関連専門展示会「CeBIT 2017(国際情報通信技術見本市)」(主催:ドイツメッセ)の概要を発表した。
CeBITは,IoT,ビッグデータ,AI,ロボット,クラウド,セキュリティ等の先端技術を活用したB to Bソリューションの世界最大の展示会として毎年開催している。世界約70ヵ国・地域から3,300社の企業が出展,約20万人が来場する。
 CeBIT 2017のトップテーマは「d!conomy-no limits」。「d!conomy(ディコノミー)」は,デジタル化とエコノミーをつなげた造語で2015年にCeBITで提唱され,デジタル化の新たなコラボレーションにより社会や人々の生活に新たな可能性が広がるという意味が込められている。
 2017年のパートナーカントリーは日本に決定。2016年4月に日本・経済産業省とドイツ・経済エネルギー省間のIoT/インダストリー4.0への協力に係る共同声明を発表,同年5月の日独首脳会談では両国の緊密な協力による「第四次産業革命」の実現や中小企業連携等を確認した。先端技術の紹介としてジャパン・パビリオンを設け,大手企業から中小・スタートアップの企業を含めて100社以上の出展を目指し,国内外の期待を集めている。
 ドイツメッセ出資者のニーダーザクセン州政府首相のシュテファン・ヴァイル 氏は,「日独両国は多くの共通点を持っておりドイツの意思決定者は日本から何を学べるか見極めて欲しい。ハノーバーでの日本の出展,さらには政界・経済界からの責任者と交わされる多くの対話は,ハノーバー,ニーダーザクセン州,そしてドイツ全体が日本と長らく培ってきた良好かつ緊密な関係を深めるだろう」と語った。
 またドイツメッセ理事のオリバー・フレーゼ 氏は,「デジタル化の点で世界トップレベルの日本をパートナーカントリーとして迎えられることを誇りに思う。日独間の親交の強化への期待」などを語った。

<CeBIT 2017>

  • 会期:2017年3月20日(月)~24日(金) 各日9:00~18:00
  • 会場:ハノーバー国際見本市会場(Messegelände, 30521 Hannover, Germany)
  • 2016年来場者数:約200,000名
  • 2016年出展者:約3,300社・団体(70ヵ国・地域)
  • 主催:ドイツメッセ株式会社(Deutsche Messe AG)
      所在地 Messegelände, 30521 Hannover, Germany
      E-mail info@messe.de
      Tel +49(0)5 11/89-0
  • パートナーカントリー:日本
  • 公式HP:http://www.cebit.de/home
  • お問い合わせ:日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
     〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-2-2 住友商事竹橋ビル14階
     TEL 03-3434-6447  FAX 03-3434-8076
     E-Mail DMS@jma.or.jp  (’16 11/9)