ジュンツウネット21
松村石油

JST,名古屋大学ほか,カーボンナノベルトの合成に成功,単一構造のカーボンナノチューブの実現に道

 その他, 官公庁・研究機関・協会など  JST,名古屋大学ほか,カーボンナノベルトの合成に成功,単一構造のカーボンナノチューブの実現に道 はコメントを受け付けていません。
4月 262017
 

 科学技術振興機構(JST)と名古屋大学は2017年4月14日(金),JST戦略的創造研究推進事業において,ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト 研究総括の伊丹 健一郎 氏(名古屋大学),同 化学合成グループリーダー/研究総括補佐の瀬川 泰知 氏(名古屋大学),Guillaume Povie(ポビー ギョム) 博士研究員らが,カーボンナノチューブの部分構造を持つ筒状炭素分子「カーボンナノベルト」の世界初の合成に成功したと発表した。
 「カーボンナノベルト」は,約60年前に提唱された筒状炭素分子で,以来,様々な構造が提唱され,世界中の化学者が合成に挑戦してきたが,筒状構造は大きなひずみを持つため合成が困難で,これまで合成例がなかった。
 同研究グループは,ひずみのない環状分子を筒状構造に変換する方法で,安価な石油成分であるパラキシレンを炭素原料に用い,11段階で「カーボンナノベルト」の合成に成功した。さらに,各種分光学的分析を行い,合成された「カーボンナノベルト」がカーボンナノチューブと非常に近い構造や性質を持つことも確認した。今後,単一構造のカーボンナノチューブ合成などナノカーボン科学への応用が期待される。
 同研究成果は,2017年4月13日(米国東部時間)に米国科学誌「Science」のオンライン速報版(http://www.sciencemag.org/)で公開された。(’17 4/26)

SIP革新的燃焼技術の研究レポート誌「Research Report 2017.1」を発行

 エネルギー, 官公庁・研究機関・協会など  SIP革新的燃焼技術の研究レポート誌「Research Report 2017.1」を発行 はコメントを受け付けていません。
2月 152017
 

 科学技術振興機構(JST)は2017年1月20日(金),SIP革新的燃焼技術の研究レポート誌「Research Report 2017.1」を発行した。
 同レポートでは,SIP革新的燃焼技術のプロジェクト成果のうち,論文・学会発表された一部を紹介。2015SIP燃焼アワード受賞のガソリン燃焼チームや2016SIP燃焼アワード受賞のディーゼル燃焼チーム,制御チームの他,損失低減チームの最新研究成果を掲載している。同レポート(PDF)の閲覧やダウンロードは以下のURLより。
http://www.jst.go.jp/sip/k01.html  (’17 2/15)

科学技術振興機構,「科学の甲子園ジュニア全国大会」を創設

 その他, 官公庁・研究機関・協会など  科学技術振興機構,「科学の甲子園ジュニア全国大会」を創設 はコメントを受け付けていません。
6月 052013
 

 科学技術振興機構は,中学生が都道府県対抗で科学の知識・技能を競う「科学の甲子園ジュニア全国大会」を創設した。中学生の理科離れを減らすことが狙いで,47の代表チームが理科・数学など複数分野の筆記・実技競技に取り組む。筆記競技では,知識に加え,提示された情報を統合する能力を評価,実技競技では課題解決に向け,モノづくりとコミュニケーション能力を問う内容を予定している。第1回全国大会は2013年12月21日~22日に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で開催される。(’13 6/5)

オイルを浄化できる超高性能ろ過フィルターを開発―NIMS

 官公庁・研究機関・協会など, 石油・化学業界  オイルを浄化できる超高性能ろ過フィルターを開発―NIMS はコメントを受け付けていません。
2月 082012
 

 物質・材料研究機構(NIMS)と科学技術振興機構(JST)は, NIMS先端的共通技術部門 高分子材料ユニット(ユニット長:一ノ瀬 泉 氏)の分離機能材料グループの研究者らが,中核機能部門電子顕微鏡ステーションとの共同で,オイルを浄化するための超高性能ろ過フィルターを開発したと発表した。同フィルターは,有機溶媒に耐性のある直径約1ナノメートルの細孔をもつ極薄の多孔性カーボン膜で,従来のろ過フィルターと比較して不純物の除去速度を約3桁向上させることに成功した。耐有機溶媒性のろ過フィルターは,超低硫黄ディーゼル油の製造,オイルサンド開発における排水処理プロセス,化学工業での溶媒の再利用などでの実用化が期待されているが,酸・アルカリ,加熱などにより劣化しやすく,細孔径1ナノメートル程度のフィルターでは水以外の溶媒を透過させるのが困難だった。同研究により高強度のカーボン膜を形成することで,約35ナノメートルの薄さでも優れた強度を有するろ過フィルターの作製に成功。カーボン膜の内部は直径1ナノメートルの流路が無数に形成され,有機溶媒を超高速で透過できる。オイルの1成分であるヘキサンの透過速度は,230 L/h·m2·bar超で,不純物のモデル物質として用いたアゾベンゼン(分子量:182.2)の阻止率は90%以上。この処理速度は,同等の性能を有する市販のフィルターと比較して,約3桁大きいという。なお,同研究の成果は,2012年1月27日発行のScience誌(AAAS,アメリカ)に掲載されている。

物質・材料研究機構ホームページ:http://www.nims.go.jp  (’12 2/8)

2009年度国際共同研究の研究機関と課題が決定

 官公庁・研究機関・協会など  2009年度国際共同研究の研究機関と課題が決定 はコメントを受け付けていません。
5月 202009
 

 科学技術振興機構(JST)と国際協力機構(JICA)が公募していたJSTの資金と政府開発援助(ODA)を活用する国際共同研究について,2009年度の研究機関と課題が決定した。今回は応募147件のうち,環境・エネルギー,防災,感染症の3分野で計21件を採択した。研究期間は3~5年。共同研究は,地球規模課題の解決と科学技術水準の向上につながる新たな知見を獲得するのが狙い。(’09 5/20)