SVM(TM)3001 | 密度と粘度から動粘度を計算 | アントンパール・ジャパン

SVM(TM)3001 | 密度と粘度から動粘度を計算 | アントンパール・ジャパン

SVM(TM)3001は,アントンパール・ジャパンの動粘度計です。

ログインするとお問い合わせやカタログなどの各種情報収集が楽です。

密度と粘度から動粘度を計算

密度と粘度を同時に測定し動粘度を計算する。恒温槽を使用せず,ペルチェで自在に温調できる。1台で40℃,100℃の測定可能。従来法と同等以上の精度。大幅に時間とコストを削減

用途

密度,絶対粘度,動粘度の測定

特長

  1. 1台で40℃と100℃の動粘度を測定
  2. 1本の測定セルで全ての粘度領域をカバー
  3. 素早く簡単に洗浄ができる
  4. 設置スペースを取らない
  5. 1回の測定で洗浄用溶剤も10mL程度

仕様

  • 測定範囲:動粘度 0.2~30,000mm2/S,粘度 0.2~30,000mPa・s,密度 0.65~3g/cm3
  • 温度範囲:+15℃~+135℃(冷却なし),-60℃~+135℃(冷却あり)
  • サンプル量:約2.0mL
  • サイズ・重量:L510×W330×H231mm,17.6kg

icon-building会社名 株式会社アントンパール・ジャパン 
icon-hand-o-right会社紹介はこちら
icon-phoneお問合せ電話:03-6718-4466
FAX:03-3740-4006
icon-homeホームページhttp://www.anton-paar.co.jp/
icon-inboxメールjp@anton-paar.com


まとめてお問い合わせ
資料請求かごに入れて,複数のお問い合わせを一括して請求することもできます。

お問い合わせ(会員登録しなくても下記からお問い合わせできます。) 製品の用途や仕様,購入方法など詳しい情報は製品提供元がお答えします。下記の入力フォームからお問い合わせください。

icon-file-textお問合せ内容 チェックしてください

お問合せ内容 チェックしてください
製品の詳細を知りたい営業に合いたい価格表が欲しい見積もりが欲しいカタログが欲しい
その他のお問合せ入力
連絡先を入力してください
お名前※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
貴社名※必須
所属部署
郵便番号
郵便番号を入力すると途中まで住所が自動入力されます

都道府県※必須

住所1 市区町村番地※必須

住所2 建物名など


こちらもどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です