投稿者「sazae」のアーカイブ

月刊潤滑経済 | メンテナンス・トライボロジーの雑誌 | 潤滑通信社

潤滑経済 2020年2月号(No. 659)

月刊潤滑経済 は,機械設備の保守・保全とメンテナンストライボロジーに力点を置いた,生産現場の月刊誌として唯一の総合雑誌です。特集や解説などにより,潤滑管理の最新の技術動向を押さえることが出来ます。また統計資料やニュースなどの情報も掲載しています。

最終更新日:2020年2月5日

ガソリンエンジン油を探す | ジュンツウネット21

ガソリンエンジン油を探す 省燃費性能、オイル耐久性などより高度な環境対応型オイル求められるガソリンエンジン油のメーカー別製品一覧です。ガソリンエンジン油は、ガソリンエンジンに使用される潤滑油です。ガソリンエンジンとは、空気とガソリンの混合気を圧縮し、電気火花で点火して燃焼の熱エネルギーを得る内燃機関です。自動車メーカーでは燃費の向上が最優先課題となっており,潤滑油にも省燃費性能の強化が求められています。低エミッション対策、長寿命対策、省燃費対策などがエンジン油に要求性能が求められています。省燃費対策として拡販抵抗の提言や摩擦の低減などが重要です。

最終更新日:2020年2月5日

キグナス石油のガソリンエンジン油を探す | ジュンツウネット21

キグナス石油のガソリンエンジン油を探す 省燃費性能、オイル耐久性などより高度な環境対応型オイル求められるガソリンエンジン油のメーカー別製品一覧です。ガソリンエンジン油は、ガソリンエンジンに使用される潤滑油です。ガソリンエンジンとは、空気とガソリンの混合気を圧縮し、電気火花で点火して燃焼の熱エネルギーを得る内燃機関です。自動車メーカーでは燃費の向上が最優先課題となっており,潤滑油にも省燃費性能の強化が求められています。低エミッション対策、長寿命対策、省燃費対策などがエンジン油に要求性能が求められています。省燃費対策として拡販抵抗の提言や摩擦の低減などが重要です。

最終更新日:2020年2月5日

シェル ルブリカンツ ジャパンのガソリンエンジン油を探す | ジュンツウネット21

シェル ルブリカンツ ジャパンのガソリンエンジン油を探す 省燃費性能、オイル耐久性などより高度な環境対応型オイル求められるガソリンエンジン油のメーカー別製品一覧です。ガソリンエンジン油は、ガソリンエンジンに使用される潤滑油です。ガソリンエンジンとは、空気とガソリンの混合気を圧縮し、電気火花で点火して燃焼の熱エネルギーを得る内燃機関です。自動車メーカーでは燃費の向上が最優先課題となっており,潤滑油にも省燃費性能の強化が求められています。低エミッション対策、長寿命対策、省燃費対策などがエンジン油に要求性能が求められています。省燃費対策として拡販抵抗の提言や摩擦の低減などが重要です。

最終更新日:2020年2月5日

DLCコーティングの実用事例 | ジュンツウネット21

DLCコーティングの実用事例 Diamond-Like Carbon(DLC)コーティングは,低摩擦,低摩耗,高硬度,平滑性および化学的安定性などの優れた特性を有することから,基礎研究から応用・実用化にいたるまで多くの検討がなされている。本稿では,DLCコーティングの特性について概観し,実用化動向について紹介する。

最終更新日:2017年11月10日

シェル ルブリカンツ ジャパンの車両用潤滑油を探す | ジュンツウネット21

シェル ルブリカンツ ジャパンの車両用潤滑油を探す シェル ルブリカンツ ジャパンのガソリンエンジン油,ディーゼルエンジン油,バストラック用エンジン油,農機用エンジン油,建機用エンジン油の製品一覧を掲載しています。一覧表の各製品のリンクをクリックすると詳細情報を表示させることができ,各種のお問い合わせもできます。

最終更新日:2020年2月17日

潤滑管理基本コース | JIPM主催

潤滑管理基本コース 潤滑管理の正しい知識、原理・原則や特性を知り、実務に応用する力を身に着け、自職場の日常管理業務に活かす。

最終更新日:2017年11月10日

表面テクスチャリングガイド | ジュンツウネット21

表面テクスチャリングガイド 表面テクスチャリングは,古くよりしゅう動表面の潤滑状態改善に有効であることが知られているが,最近,新しい加工プロセスを取り入れた研究開発が再び注目を集めている。当コンテンツでは,テクスチャリングとは何か,また加工技術やその評価方法と製品への適用などについてご紹介する。

最終更新日:2019年12月13日

CVDコーティング装置 | 表面改質ガイド | ジュンツウネット21

CVDコーティング装置 製造・販売 の一覧です。CVDとは化学蒸着法。金属塩の蒸気をガス流に乗せて,加熱された基材上に供給し,その化学分解,ガス成分とその反応によって膜として析出する方法。工具金属などに,TiC,TiN,などをコーティング。

最終更新日:2019年8月20日

給油給脂の方法と装置の選定 | 給油給脂装置ガイド | ジュンツウネット21

給油給脂の方法と装置の選定 では,給油・給脂の方法と,機械システムの運転条件における給油・給脂装置の選定基準について述べる。給油・給脂の管理はメンテナンスの重要な項目の1つとして考えられており,潤滑個所に適量を適切な間隔で給油することが非常に重要である。

最終更新日:2019年8月23日

給油給脂装置ガイド | ジュンツウネット21

給油給脂装置ガイド 設備機械のトラブルには潤滑不良に起因するものが多く、給油・給脂がメンテナンスの重要な項目です。当コンテンツでは,給油・給脂装置を各タイプ別にそれぞれの種類・特徴,装置一覧を紹介します。

最終更新日:2019年8月23日

潤滑油・作動油の清浄化対策 | ジュンツウネット21

潤滑油・作動油の清浄化対策 コンタミとは,コンタミネーション(汚染)とコンタミナント(汚染要因物)の意で,油中の固形微粒子や水分,空気などが使用油を汚染させて,生産機械や油圧システムのトラブル原因となるもの,またはそれらの影響で使用している油剤が汚染された状態を指す。

最終更新日:2019年10月11日

水溶性油剤の廃油廃液減量化対策 | ジュンツウネット21

水溶性油剤の廃油廃液減量化対策 水溶性切削油剤は,使用条件(状況)によって異なるが,永久に使用できるものではなく,劣化により性能が低下する。結果,クーラント液を新しいものに交換(更液)することとなる。
ここで『廃液』が発生し,処理コストがかかることはもちろん循環型社会と言われている昨今の流れと相反する状況が起こってしまう。
ほかにも機械・加工物の防錆,加工液腐敗や悪臭なども生産現場での大きな問題となっている。『廃液(廃棄物)』の量を低減させるためには,有効な汚染管理を行い,クーラント液寿命の延長をすることが望ましい。

最終更新日:2019年8月19日

防錆ガイド | ジュンツウネット21

防錆ガイド さびは,金属製品の外観を損ねるだけでなく,製品機能の低下ももたらします。昨今の製造業では,金属の腐食やさびに起因する事故やトラブルの発生なども少なくないことから,さびを防ぐことは非常に重要です。当コンテンツは,防錆剤の各製品の種類や用途を紹介します。また防錆方法別に最近の防錆技術を解説します。

最終更新日:2019年6月13日

防錆油 | 防錆ガイド | ジュンツウネット21

防錆ガイド 防錆油 の一覧です。防錆剤の種類や用途,また防錆方法別に最近の防錆技術をご紹介します。さび止め油(防錆油)の規格はJIS K2246に指紋除去形,溶剤希釈形,ペトロラタム形,潤滑油形,気化性さび止め油の5形・15種類が規定されています。その他,JIS規格にすべて合致しないが,性能的には規格品に相当する湿潤試験性能を有するさび止め油があります。

最終更新日:2019年11月26日

触診式表面形状粗さ測定機 | 表面試験測定分析BOX | ジュンツウネット21

触診式表面形状粗さ測定機 の製品一覧です。各メーカー別に製品を紹介します。触針式表面形状・粗さ測定機は,サファイアなどの針を極めて軽い荷重で接触させる,または光の微小スポットを当てることで,針先または焦点位置の垂直変位を検出して表面形状・粗さを測定する装置です。

最終更新日:2017年12月13日