トライボロジー関連のニューストピックス | ジュンツウネット21

今週のジュンツネット21ニュース

  • オスカ化学,「創立50周年記念式典」開催される

     オスカ化学は2017年9月2日(土),静岡県御殿場市内で創立50周年記念式典を開催,関係者を含め23名が参加した。
     同社は,潤滑油添加剤ナフテネートの製造・販売会社として1967年に静岡市清水区にて創業,同社製品の特長である油溶性カルシウム(Oil Soluble Calcium)の頭文字をとって製品名および社名を「OSCA(オスカ)」とした。1970年にナフテネート系添加剤工場を御殿場に建設し,清水より移転(本社:東京都中央区),1987年にサリシレートの生産・販売を開始し,1994年に超高塩基価サリシレートの開発・供給を開始(翌年ナフテネート系添加剤の生産を終了),2002年に本社を御殿場に統合し本社工場とした。
     記念式典では,代表取締役挨拶にて清 正光 社長が「30年続く会社は全体の0.02%しかないと言われている。50年となるともっと少ないだろう。そのような中,オスカ化学が50周年を迎えられたことをとてもうれしく思う。人生を航海に例えることがあるように,オスカ化学のこれまでの歩みを航海になぞらえると,荒波が何回も訪れた。50年前,当時の清水市で出航した『オスカ丸』は今22名の精鋭を乗せて航海をしている。まずはこれから先の10年,どのように航海していくのかを考えるのが自分の役割だと思っている。乗組員の力がなければ航海を続けることはできない。それぞれの役割を果たして,オスカ丸の推進力となってほしい」と述べた。
     また,前代表取締役社長の田畑 有吾 氏による来賓祝辞や,鈴木 昭登 取締役による50年のあゆみについての紹介,創立50周年記念品の贈呈や記念写真撮影が行われた。(’17 9/20)

    オスカ化学,「創立50周年記念式典」開催される

    詳細

  • 出光SS,北海道の過疎地域において営業を開始

     出光興産系列の北海石油は,北海道伊達市から指定管理者の認定を受け,2017年9月8日(金)に大滝SSの営業を開始した。
     人口の減少が進む過疎地域において,民間事業者によるSSは後継者不在や収支の悪化などにより,全国で閉鎖が相次いでいる。近隣にSSがない地域では,自家用車への給油や移動手段を持たない高齢者への灯油配送などに支障を来しており,このような「SS過疎地問題」は地域住民の生活環境維持の観点から,全国的な課題となっている。
     北海道伊達市大滝区も同様の状況にあり,地域住民への石油製品の安定供給を図るため,2017年3月に廃止されたSS跡地に,同SSを整備し,オープンした。同SSの施設は伊達市の所有となるが,SSの運営は指定管理者の認定を受けた北海石油が担い,出光興産が北海道製油所より石油製品をSSに供給する。
     オープンセレモニーには,所有者を代表として菊谷 伊達市長など関係者約40名が出席した。伊達市,北海石油,出光興産は今後も連携を図りながら,大滝地区への石油製品の安定供給に努めていく。(’17 9/20)

    北海石油(出光興産系列),大滝SSの営業を開始

    詳細

  • ビクトレックス社,新CEOを迎え成長戦略を推進

    ヤコブ・シグルドソン氏(ビクトレックス社新CEO) 超高性能PEEKポリマーを製造・販売するビクトレックス社は,次期CEOに任命されたヤコブ・シグルドソン 氏が2017年9月4日(月)付けで入社したことを発表した。同氏は24年間の功績を後に退任するデビッド・ハメル現CEOの後任として2017年10月1日(日)付けでCEOに就任予定となっている。
     同社は,得意としている超高性能ポリマーの開発に加えて,それをベースにした多様な形状の加工品や厳選された部品の製造など,より総合的なポリマーソリューションへの展開を成長戦略の軸に据えており,シグルドソン 氏はこの戦略の推進を担う。
     同社は新規ポリマーからフィルム,パイプ,UDテープなどの加工品およびギアや歯科インプラント用ディスクなどの特殊部品にいたるまでポリアリルエーテルケトン(PAEK(2))ポリマーベースの材料および技術を幅広く提供している。(’17 9/20)

    詳細

  • 出光興産愛知製油所,テレビ愛知にて紹介

    出光興産愛知製油所,テレビ愛知にて紹介 出光興産の愛知製油所での取り組みが,テレビ愛知「工場へ行こう PART II AMAZING FACTORY」にて紹介される。
     同番組は,東海地区の製造業の「工場」にカメラが潜入し,「ものづくり」に秘められたエピソードや,なぞ解きを織り交ぜながら,ものづくりの世界を紹介する番組となっている。
     今回放送される内容は,石油製品のサプライチェーンを解説付きで紹介したり,普段目にすることのできない巨大タンカー,精製装置,タンクローリーの映像などで,当時国内最新鋭であった重油流動接触分解装置の建設に関わった技術者のミニドラマも紹介される。
     同製油所は,1975年に操業を開始し,石油製品の需要構造の変化を先読みして,国内で初めて重油流動接触分解装置を導入し,重油から付加価値の高いガソリン・軽油の生産を可能にした。現在では,愛知県内で消費される石油製品の5割の供給を担っている。
     放送日時は以下の通り。

    テレビ愛知「工場へ行こう PART II AMAZING FACTORY」

    • 放映日:2017年9月23日(土) 14:30~15:30
       ※愛知県全体および静岡・岐阜・三重県の一部エリアで視聴できる
    • 放映1週間後(2017年9月30日),テレビ愛知公式ウェブサイト(http://tv-aichi.co.jp/koujou2/)にて無料で視聴できる  (’17 9/20)

    詳細

  • 2017年8月の工作機械受注実績(速報値)

     日本工作機械工業会が発表した2017年8月の工作機械受注実績(速報値)は,前年同月比36.3%増の1,336億4,200万円だった。うち,内需は同20.2%増の518億2,300万円,外需は同48.9%増の818億1,900万円。(’17 9/20)

    詳細

  • 2017年7月の産業機械受注実績

     日本産業機械工業会が発表した2017年7月の産業機械受注実績は,前年同月比21.3%増の3,462億7,700万円となった。うち,内需は同17.2%増の2,432億5,200万円,外需は同32.4%増の1,030億2,500万円。(’17 9/20)

    詳細

  • 2017年8月の新車販売台数

     日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2017年8月の新車販売台数は,前年同月比5.5%増の35万5,307台となった。登録車は同4.7%増の23万3,810台,うち乗用車は同2.8%増の19万6,169台,貨物車は同14.3%増の3万5,863台,バスは同56.4%増の1,778台だった。軽自動車は,同7.2%増の12万1,497台,うち軽乗用車は同6.8%増の9万4,653台,軽貨物車は同8.4%増の2万6,844台。(’17 9/20)

    詳細