2015年8月自動車生産・輸出実績

 日本自動車工業会がまとめた2015年8月の自動車生産・輸出実績によると,4輪車の国内生産台数は前年同月比4.7%減の60万4,974台で,14ヵ月連続のマイナスとなった。
 乗用車は同4.6%減の50万9,505台で,うち普通車が同0.2%増の31万1,069台,小型4輪車が同0.9%の増の10万9,593台,軽4輪車が同22.8%減の8万8,843台だった。トラックは同5.4%減の8万6,225台で4ヵ月連続マイナス。バスは同5.2%減の9,244台だった。2輪車の生産台数は同3.9%減の36,598台で,10ヵ月連続のマイナスとなった。
 また,4輪車の輸出台数は同0.1%減の32万2,494台で3ヵ月ぶりにマイナス,2輪車の輸出台数は同2.4%減の2万9,117台で3ヵ月連続のマイナスとなった。(’15 10/14)