「第44回東京モーターショー2015」開催される

第44回東京モーターショー2015 2015年10月29日(木)~11月8日(日)までの11日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「第44回東京モーターショー2015」(主催:日本自動車工業会)が開催された。
 今回は,「きっと、あなたのココロが走り出す。」(“Your heart will race.”)のテーマのもと,世界11ヵ国から合計160社が出展し,来場者数は累計で812,500人だった。
 今回で3回目となる主催者テーマ事業の“SMART MOBILITY CITY 2015”では,「もっと自由に・・・クルマが変わる、くらしが変わる、社会が変わる。」をテーマに,次世代のクルマやくらしや社会がリアルに体験できる,未来の街をイメージした駅や研究所などの展示スペースが並んだ。また,“SMART MOBILITY CITY 2015”の国際シンポジウムでは,池 史彦 自工会会長(本田技研工業 代表取締役会長)より,自工会としての「自動運転ビジョン」が発表された。
 毎回好評の「プロの運転による乗用車同乗体験試乗会」「二輪試乗会」「東京モーターショーシンポジウム」「自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー」など来場者参加体験型の企画もこれまで以上に充実した内容となった。
 なお,次回の「第45回東京モーターショー」は,2017年秋に東京ビッグサイトで開催される予定。(’15 11/25)