経済産業省・国土交通省,「空飛ぶクルマ」実現に向けロードマップ作成

 経済産業省と国土交通省は,「空飛ぶクルマ」実現に向けて官民の関係者が一堂に会する,第4回「空の移動革命に向けた官民協議会」を開催,ロードマップを作成した。いわゆる「空飛ぶクルマ」は,電動・垂直離着陸型・無操縦者航空機などによる身近で手軽な空の移動手段で,都市の渋滞を避けた通勤,通学や通園,離島や山間部での新しい移動手段,災害時の救急搬送や迅速な物資輸送などの用途を想定してる。
 ロードマップは,試験飛行・実証実験を2019年,事業スタートを2023年に設定,2030年代には実用化が拡大していることを目標としている。事業スタートまでに,技能証明や機体の安全性の基準整備などを国際的な議論を踏まえて策定・審査,離着陸場所・空域・電波の調整・整備など,制度や体制を整備する。また,自動飛行の運行管理技術や安全性・静粛性の確保など,機体や技術の開発を進め,空の交通ルールの検討を行う。(’19 1/9)