2019年変速機のトライボロジーとシールの合同研究会

「変速機のトライボロジーとシールの合同研究会」開催される

 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「変速機のトライボロジー研究会」(主査:村上 靖宏 氏,アフトンケミカル・ジャパン)と「シール研究会」(主査:杉村 丈一 氏,九州大学)は2019年6月18日(火),JTEKT東日本支社(東京都中央区)でそれぞれ第27回,第121回となる研究会を合同で開催した。

合同研究会で挨拶する杉村丈一氏

合同研究会で挨拶する杉村丈一氏

村上靖宏主査

村上靖宏主査

 当日はシール研究会から「静的シールにおける粗面の接触と密封性に関する研究」を桃園 聡 氏(東京工業大学)が,「Eモータドライブシャフトシールの開発動向」をイーグル工業の井上 裕貴 氏,香取 一光 氏が講演した。また変速機のトライボロジー研究会からは「電磁比例弁内のスプールに作用するクーロン摩擦力に起因した不安定振動の解析と安定化させるための設計法」を山藤 勝彦 氏(日産自動車)が,「トロイダルCVT開発秘話(2001年NHK)の裏話」を竹内 徹 氏(竹内PT研究所)が話題提供し,活発な意見交換が行われた。('19 7/10)