イグス,ケーブルやホースを巻き取るスプリング式システム「eスプール」の新製品を開発

イグス,ケーブルやホースを巻き取るスプリング式システム「eスプール」の新製品を開発

 イグスは,様々な用途環境で動力,媒体,光ファイバーケーブルなどをまとめてガイドできるスリップリング不要スプリング式システム「eスプール」の新しい標準製品を開発した。新型は収納力と積載量を高め,最長21mのケーブルやホースを巻き取る。

 同製品は,電力だけでなく,データや圧縮空気,液体等あらゆる媒体を1つにまとめて伝送できる。狭い場所で様々なケーブルを1つのシステムにまとめて途切れなく接続可能にするだけでなく,ケーブル交換や追加も随時可能。また,ケーブルの絡まりを防ぐため,2種類のシステムを1つにまとめており,スリップリングが不要となる。ガイドローラーを装備した標準型エナジーチェーンが,内蔵された巻戻しスプリングで長さや引張力を常に最適に調整し,ツイスターバンドが回転動作を確保。特殊構造により,あらゆる方向への動作が可能。('19 7/17)