オムロンとシーメンス,現場データ活用サービスでパートナー契約

オムロンとシーメンス,現場データ活用サービスでパートナー契約

オムロンと独シーメンス(Siemens)の日本法人は2019年11月27日,オムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」とシーメンスのクラウドベースのIoT基盤「MindSphere」に関してパートナー協力し,共同で実証実験を開始すると発表した。「i-BELT」から複数拠点の現場データを収集して「MindSphere」と連携し,複数拠点を横断する大量のデータを分析する。この工場間のデータ活用で多様化する製造現場の課題を解決する。

また,オムロンの草津工場と熊本県内にあるグループ会社の工場との間でデータをやりとりし,金属加工機を最適制御する実証実験を行う。海外拠点とのデータ連係などについてもグループ内で試し,2021年度のサービス開始を目指す。

なお,同日から開催されている「IIFS 2019」のオムロンブースでは,人と機械が協調する生産ライン,AIによる品質予兆管理,5Gによる未来の製造現場など製造業が直面する現場の課題を解決するソリューション事例を体感できる展示を行った。('19 12/4)