出光興産,「2020年合同戦略ミーティング」開催される

出光興産は,2020年3月17日(火),全国の販売店・特約店を対象に「2020年合同戦略ミーティング」を開催した。今年度は,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,全国約40ヵ所で同時に分散開催された。

上席執行役員 森下 健一 販売本部長は,冒頭の挨拶で「統合新社『出光昭和シェル』が誕生し早いもので1年が経過しました。この間,皆様には各エリアにおける出光会,昭和シェル会をはじめ,オイルキャンペーンや店頭キャンペーンなどの様々な取り組みを一緒に行いワンカンパニーに向けてご協力を頂戴いたしました。重ねて感謝申し上げます」と,販売店に感謝の意を表した。

2019年秋に統合新社初となる中期経営計画を発表したことに触れ,国内の燃料油事業戦略については,「当社が掲げる国内燃料油事業の方針は,『全国の販売店・特約店の皆様,そして全国のSSネットワークを維持,強化していく』ことです。近年,我が国においても,従来の想定を超えるような大規模自然災害が発生しています。SSは,こうした災害緊急時は言うまでもなく,平時においても,地域住民のライフラインや,地域コミュニティの核となる機能・役割を担う拠点として,その重要性は改めて認識されつつあります。また,日頃のカーケアメンテナンスから車検・車販・リースなど,安全・安心なカーライフをサポートする場所として,そのニーズは高まっております。この地域においてなくてはならない拠点である我々のSSを1ヵ所でも減らさないために,当社が担う使命をしっかり果たしてまいります」と述べた。

また,同社が果たすべき使命の一つとして,他社との差別化を実現するリテール施策の提供を強調し,「今まで出光,昭和シェル両社で培ってきた強みを活かし,SS経営の黒字化が継続できるサポートを行ってまいります」と述べた。

今後の新たなビジネス戦略については,「今後,需要が旺盛になっていく分野,社会的課題解決が必要な分野を的確に捉え,当社の強みを生かした新規ビジネス領域の開拓を積極的に進めてまいります。持続可能なモビリティ社会の実現に貢献する,新たなビジネスモデルを構築し,結果として,販売店・特約店の皆様にとっての新たな収益源の提供を目指します」と述べた。('20 3/25)