農林水産省と環境省,連携強化に合意

農林水産省と環境省は,農林水産業における2050年CO2ゼロエミッション達成などについて,両大臣間で連携を強化していくことで合意した。農山漁村における再生可能エネルギーの導入促進を含む食とエネルギーの地産地消,バイオマスエネルギーの利用促進,農地土壌への炭素貯留の促進などを連携して行う。

また,木材利用の促進,食品ロスの削減,プラスチック資源循環,国立公園(環境省所管)と国有林(農林水産省林野庁所管)が重なる地域の自然保護,湿地等の再生や森林整備・保全などの生態系を活用した防災・減災などにも取り組む。(’20 11/18)