測定・検査・分析」カテゴリーアーカイブ

島津製作所,精密万能試験機「オートグラフAGX-Vシリーズ」を発売

オートグラフAGX-Vシリーズ-島津製作所 島津製作所は,強度試験機を製造しているが,業界トップクラスの測定能力を実現し,操作性や安全性を大幅に向上させた,引張,圧縮,せん断をはじめとする様々な試験方法に対応する精密万能試験機「オートグラフAGX-Vシリーズ」を2019年4月15日に発売した。同シリーズは,100年以上にわたって試験機を製造してきた同社が開発したハイエンドモデル。
サンプリング速度が従来製品の2倍となる10kHZに向上したことで,1秒間に10,000回の試験力を採取可能。ISO6892で規定されるひずみ制御方式での試験については,制御周期を10倍に高め,応答性を向上。また,測定精度保証範囲を1/1000からさらに広げ,1/2000まで保証する機種をラインナップしている。オプションのアナログ入力ユニットを増設すれば,最大20チャンネルのアナログ信号の取り込みが可能となるなど,高い拡張性を備えている。
タッチパネル液晶画面の新しいコントローラを導入し,様々な試験の設定が容易になった。装置が動作する際には,操作音でオペレーターに装置の状況が伝えられる。試験容量20kN以上のモデルには,つかみ具などの試験治具の接続にマルチジョイントを導入したことで,重量のあるジョイントの交換が不要になり,安全性と作業性を高めている。さらに装置の状態をチェックする自己診断機能を新たに導入し,使用時間や操作ログを装置が自動で記録するとともに,部品交換が必要な時期を自動で通知。また,誤操作による治具同士の衝突を防止する機能など,様々な機能が標準搭載されている。(’19 4/24)

ONYX InSight社,テクニカルシンポジウムを5月に東京で開催

 ONYX InSight社(旧社名:Romax Insight) は,2019年5月24日(金),グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)でテクニカルシンポジウムを開催する。
同社は,回転機械に注力した革新的な予知保全と高度なコンサルティングによる信頼性の高いエンジニアリングソリューションを提供している。世界30ヵ国以上の国で事業展開を行い,特に風力発電市場では長年にわたって5,000基以上の風力タービンで実績を有する。
同シンポジウムは昨年に引き続いての開催で,今回は,世界的な潤滑剤メーカーであるカストロールとともに,最新技術に基づく,軸受の理論と潤滑,コンディションベースメンテナンス(CBM,状態基準保全),マシンラーニングによるデータ分析,軸受の潤滑技術に関して紹介する。同シンポジウムの概要や申し込み・問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2019年5月24日(金) 10:00~17:00(受付9:30~)
  • 場所:グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)
  • 主題:「軸受とデータ分析」
  • 内容:
    • 軸受の理論と潤滑
    • コンディションベースメンテナンス(CBM,状態基準保全)
    • マシンラーニングによるデータ分析
    • 軸受の潤滑技術
  • 定員:先着50名
  • 費用:無料 ※事前登録制。当日は昼食,お茶を用意
  • 申し込み・問い合わせ先
    BPジャパン カストロールインダストリアル事業本部(ONYX InSight社提携パートナー)
    担当:針生(ハリウ)
    TEL:03-5719-7200
    E-mail:industrial_japan@se1.bp.com  (’19 3/27)

島津製作所,超高速液体クロマトグラフ「Nexeraシリーズ」を刷新

超高速液体クロマトグラフ「Nexeraシリーズ」-島津製作所 島津製作所は,超高速液体クロマトグラフ「Nexera(ネクセラ)シリーズ」の新モデルを発表した。高性能ハードウェアに加えて,IoTや各種センシング技術が取り入れられている。
キャリーオーバーを従来比1/5に低減。また多波長を一度に分析できるフォトダイオードアレイ(PDA)検出器では,独自の光学系温度調整機能により,温度変化の影響を受けにくい安定したベースラインを実現した。さらに同検出器は迷光などのノイズを1/3以下に低減して,吸光度のダイナミックレンジを従来から25%拡大したことにより,従来では複数回に分けて行っていた高濃度主成分と微量不純物の定量分析が1度に行えるようになった。
また,大型タッチパネルを搭載したコントローラにより,PCを置かないラボでも装置の前で操作ができ,スマートデバイスによる遠隔モニタリングも可能。準備作業時にカラム温度に連動して移動相の流量を自動で変化させることにより,カラムへの負荷を軽減する。移動相残量モニタは移動相の残量を常時測定し,必要量に満たない際は作業者にメールで警告したり,スマートデバイスに残量を表示したりすることで,移動相不足による作業中断を回避できる。
さらに設置面積を40%まで減らしつつ,標準的な構成で検体搭載数を従来比1.5倍に増やし,最大3台まで増設可能なプレートチェンジャと組み合わせることで,「超高速&超多検体」分析を実現した。従来2台のLCで実行していた分析を1台のシステムに集約した「デュアルインジェクション機能」は,異なる条件での分析データを1度に取得し,トータルの分析時間を削減可能となった。
同製品は,国内外で企業や研究機関,大学向けに提案する。(’19 3/27)

高田工業所,クラウド型回転機械診断サービス「TM-CLOUD」を販売開始

 高田工業所は,回転機械の診断において電流情報量診断システム(T-MCMA)を利用したクラウド型回転機械診断サービス「TM-CLOUD」を販売する。
同サービスは,以前より同社で販売している「電流情報診断システム(T-MCMA)」を利用して収集・解析した回転機械の状態データをクラウド上で蓄積し,いつでも・どこでも回転機器の状態監視・診断を可能にしたサービス。遠隔地にある複数のプラントのデータもクラウド上にて収集・蓄積できるため,一元管理が可能となるほか,クラウド内のデータは複数名で共有でき,ユーザーの希望に応じて同社スタッフによる精密診断などの遠隔サポートが可能。
近年,設備メンテナンスは,壊れてからメンテナンスする「BDM(事後保全)」や設備状態に関係なく定期的にメンテナンスを行う「TBM(時間基準保全)」から壊れる前にメンテナンスを行う「CBM(状態基準保全)」へ移行しており,同サービスはメンテナンスコストの削減と安定稼働への貢献が期待されている。(’19 2/6)

高田工業所,クラウド型回転機械診断サービス「TM-CLOUD」を販売開始

NTN,風力発電用状態監視システムの普及拡大を加速

Wind Doctor-NTN NTNは,大型風力発電装置の異常兆候を早期検出する状態監視システム(Condition Monitoring System=CMS)「Wind Doctor(R)」の普及拡大を加速している。
風力発電装置は,約80mのタワーとその上に設置されたナセル,回転ブレード,ブレード根元の連結ハブで構成されており,ナセル内には,主軸,増速機,発電機および制御ユニットなどの駆動装置がある。同システムは,この駆動系の軸受と歯車周辺のハウジングに取り付けたセンサからデータを収集,蓄積,解析して異常兆候を把握し,不具合部位を特定する。収集したデータはクラウドサーバで管理されており,同社が無償提供する遠隔監視分析ソフトウェア:モニタリングクライアントを利用し,同社だけでなく発電事業者側でも情報共有が可能となっている。
なお,同社は創業100周年を記念して,現在「Wind Doctor(R)」の「1+1導入キャンペーン」を実施しており,1台購入すると,もう1台を無償提供している。期限の2019年3月までに予約すれば,導入計画が2019年3月以降の場合でもキャンペーンの適用が可能。(’19 1/30)

JFEアドバンテック,「振動法による設備診断技術セミナー」を1~2月に川崎,蔵前,横浜で開催

 JFEアドバンテックは,無料セミナー「振動法による設備診断技術セミナー」を追加開催する。追加するのは,2019年1月22日(火)に川崎会場(サンピアンかわさき,川崎市川崎区),2月1日(金)に蔵前会場(同社東京本社,東京都台東区),2月21日(木)に横浜会場(日本丸メモリアルパーク,横浜市西区)の3会場。
同セミナーは,予備知識不要で,設備診断が初めての方にも習得が可能な内容となっている。また,回転モデル機を使用しての測定実演も充実している。参加費・テキスト共に無料で,テキストはセミナー後にも有効活用が可能。定員は,川崎会場が90名,蔵前会場が25名,横浜会場が40名。同セミナーの申し込み,問い合わせ先は以下のとおり。

アジレント・テクノロジー,薬剤,生物医学,アカデミアラボ向けにUV-Vis分光光度計を発表

分光光度計「Cary 3500 UV-Vis システム」-アジレント・テクノロジー アジレント・テクノロジーは,分光光度計「Cary 3500 UV-Vis システム」を発表した。同製品はライフサイエンス,医薬品およびバイオ医薬品の研究において,分析を簡素化しラボの生産性を最適化できるように設計されており,新しい治療薬の迅速な市場投入に貢献する。
全世界的なバイオ医薬品開発の拡大に伴い,多くの新規生体物質(NBE)が開発されていく中,これらの物質を治療薬として利用するには,あらゆる新しい生成物質を正確に解析し,開発プロセス全体にわたり継続的に品質をモニタリングする必要がある。同製品は,これらの作業をより迅速かつ正確に実施するための重要なツールが備わっており,高速で堅牢性が高く,所有コストが低い。また,複数の実験を同時に実施できるため,ラボの効率性が大幅に向上する。(’18 12/5)

リオンの生物粒子計数機,深紫外線照射法により測定精度を高め実用性を向上

生物粒子計数器-リオン リオンは,独自の深紫外線照射法により開発した「生物粒子計数器」の測定精度を高め実用性を向上し,需要開拓を図るなど,今後の事業展開を発表した。生物粒子計数器を含むライフサイエンスの分野において,5年後には5億円の売上高を見込む。
生物粒子計数器は,生物細胞中に存在する特定の波長の光を当てると蛍光を発する「自家蛍光物質」に対して,UVレーザから発する特定の波長の光を微粒子に照射し,散乱光検出器により微粒子の有無や大きさを検出すると同時に,蛍光検出器により,その微粒子が生物粒子か,非生物粒子かを瞬時に見分けることができる。製薬業界,飲料業界,人工透析業界での受注拡大に加え,電子デバイス製造業界,医療機器業界,食品製造業界など,使用する水の高度でリアルタイムのスクリーニングが必要となる現場での開拓を図っていく。
食品,飲料水,医療用水などを扱う現場において,細菌などの混入確認は,最重要工程と位置付けられており,衛生管理や清浄度管理は非常に重要となっている。現状では,「培養法」などの測定方法が広く用いられているが,細菌の存在確認に3日から5日程度の時間を必要とする。そのため,万一細菌などが確認されたとしてもタイムラグにより対応が後手に回るため,細菌などの生物粒子の有無 を瞬時に確認する方法が求められていた。同製品は,管理すべき水を通過させるだけで,細菌,カビ,酵母などの存在を瞬時に確認でき,24時間・リアルタイムで監視することが可能となる。微生物汚染リスクの上昇を認めた時のみ,培養法などの詳細分析を行うことが可能となり,測定現場において,手間・コストの大幅な削減につながる。(’18 11/14)

赤外線サーモグラフィ試験の資格制度がJISに移行―日本赤外線サーモグラフィ協会

 日本赤外線サーモグラフィ協会は,日本非破壊検査協会規格であるNDIS 0604:2009「赤外線サーモグラフィ試験―技術者の資格及び認証」制度に基づき,赤外線サーモグラフィ試験(TT)技術者の資格認証を2012年春期より行ってきたが,2019年春期試験よりJIS規格 JIS Z 2305:2013「非破壊試験技術者の資格及び認証」制度による認証を行う。
これに伴い,同協会はJIS Z 2305資格制度に対応した「レベル1 赤外線サーモグラフィトレーニング講習会」を2019年1月7日~1月11日に東京で開催する。資格制度および講習会の詳細は,以下のURLより。
http://www.thermography.or.jp/ (’18 11/14)

JFEアドバンテック,「振動法による設備診断技術セミナー」を11/14に大宮で無料開催

 JFEアドバンテックは2018年11月14日(水),宇宙劇場(さいたま市大宮区)で無料セミナー「振動法による設備診断技術セミナー」を開催する。
同セミナーは,予備知識不要で,設備診断が初めての方にも習得が可能な内容となっている。また,回転モデル機を使用しての測定実演も充実しており,設備のメンテナンス手法や実際の事例を知ることができる。無料で配布されるテキストは,セミナー後にも有効活用が可能。定員は40名。同セミナーの申し込み等,問い合わせ先は以下のとおり。

バルカー,舶用機器異常振動検知システムを開発

舶用機器の異常振動検知システム-バルカー バルカーは,商船三井テクノトレードと共同で「舶用機器の異常振動検知システム」を開発した。
回転機器などの予防保全や異常診断には,振動計測技術が用いられており,船舶の安全運航には欠かせないが,近年ではベテラン技能者の減少により機器の異常振動を察知できる人員が不足している。
同システムは,診断対象となる機器が外部振動の影響を受けている場合でも,機器固有の異常振動だけを正しく検知(外乱キャンセリング)でき,測定環境や作業者の技能に関係なく安定した測定が可能となる。また,既存設備に後付けで任意に貼り付け・設置することが可能なほか,センサー取付け時の改造工事などが不要で,船舶に搭載されている様々な設備機器の振動測定が可能となる。(’18 10/17)

分析機器・科学機器の総合展示会「JASIS 2018」開催される

 2018年9月5日(水)~7日(金)の3日間,分析機器・科学機器の総合展示会「JASIS 2018」が幕張メッセ国際展示場(千葉市美浜区)で開催され,494社・団体,1,462小間が出展,3日間で23,697名が来場した。
JASIS(Japan Analytical & Scientific Instruments Show)は,2012年に第50回分析展(日本分析機器工業会)と第35回科学機器展(日本科学機器協会)が合同展示会として開催された際に統一名称として使用されたもので,「日本発‐From Japanにより,世界の科学技術の発展に貢献する」という思いがある。またキャッチフレーズは「未来発見。」(Discover the Future.)でこの分野のアジア最大級の展示会として,イノベーションを生み出し,将来のビジネス発展につながる発見がある場」という期待が込められている。新素材や材料,表面改質などの評価・分析を行う装置や機器などが多数出展され,会期中には同施設のほか隣接するホテルも含め,出展社などによる企業説明やコンファレンス,新技術説明会などが数多く行われた。
JASISは,2019年2月5日(火)~7(木)に「JASIS関西」をグランキューブ大阪(大阪市北区)で開催,次回「JASIS 2019」は2019年9月4日(水)~6日(金)に幕張メッセ国際展示場で開催する予定。(’18 10/3)

JASIS 2018