潤滑油剤」カテゴリーアーカイブ

2020年5月の潤滑油販売実績

統計情報

経済産業省が発表した2020年5月の潤滑油販売量は,前年同月比29.7%減の13万3,388kLだった。用途別に見ると,車両用が同25.9%減の4万9,268kL,うちガソリンエンジン油が同21.8%減の2万3,644kL,ディーゼルエンジン油が同11.7%減の1万5,192kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同45.3%減の1万432kLだった。船舶用エンジン油は同11.7%減の1万164kL。工業用は同33.8%減の7万3,956kL,うち機械油が同20.7%減の1万9,437kL,金属加工油が同34.6%減の7,791kL,電気絶縁油が同6.4%減の4,690kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同38.9%減の2万8,441kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同42.8%減の1万3,597kLだった。('20 8/5)

2020年5月の石油統計速報

統計情報

経済産業省が発表した2020年5月の石油統計速報によると,アスファルトの販売量は前年同月比1.1%増の14万2,146t,生産量は同22.6%減の16万6,814t,輸入は同50.9%減の1,010tだった。潤滑油の販売量は同27.1%減の9万8,100kL,生産量は同16.2%減の14万5,083kL,輸出は同30.8%減の5万1,535kL,輸入は同34.9%減の1万5,242kL。パラフィンの販売量は同7.5%減の3,015t,生産量は同65.1%減の2,501t,輸出は同73.0%減の1,540t,輸入は同3,042.6%増の1,477t。LPGの販売量は同13.0%減の80万5,538t,生産量は同34.0%減の21万3,545t,輸出は同9.3%減の1万1,822t,輸入は同7.6%増の105万4,797t。LNGの販売量は同21.6%減の426万409t,輸入は同21.8%減の422万4,784tだった。('20 7/22)

2020年4月の潤滑油販売実績

統計情報

経済産業省が発表した2020年4月の潤滑油販売量は,前年同月比13.9%減の17万5,902kLだった。用途別に見ると,車両用が同14.8%減の6万1,076kL,うちガソリンエンジン油が同10.2%減の2万9,226kL,ディーゼルエンジン油が同8.3%減の1万7,392kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同28.5%減の1万4,458kLだった。船舶用エンジン油は同13.0%増の1万2,492kL。工業用は同15.7%減の10万2,334kL,うち機械油が同14.2%減の2万3,791kL,金属加工油が同14.0%減の1万1,572kL,電気絶縁油が同17.6%減の4,876kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同17.9%減の4万1,263kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同13.6%減の2万832kLだった。('20 7/8)

ENEOS,電気自動車・ハイブリッド車向け専用フルードを開発

ENEOSは,電気自動車・ハイブリッド車の各駆動システムの特性に合わせた専用フルード「ENEOS EV FLUID(エネオスEVフルード)」を開発したと発表した。今後さらに普及が見込まれている電気自動車やハイブリッド車のシステムには,高い絶縁性能や冷却性能,ギヤ保護性能などを備えた専用フルードが求められている。同社は様々な使用環境においてベストなパフォーマンスを発揮することができるよう,同シリーズを全6種類のラインナップで提供する。

まず,日本国内および中国を中心に,電気自動車メーカー,ハイブリッド車メーカーおよびその関連部品メーカー向けに商品提案することを予定しており,その後,各国・地域の需要やニーズに応じて対象を全世界へ拡げることを目指す。また,将来的には一般消費者向け商品としての展開も検討する。('20 7/1)

中国興業,API:SP規格のガソリンエンジンオイルを発売

SEAHORSE グラウドWORKS 0W-16 SP/GF-6B-中国興業

中国興業は,最新のガソリンエンジンオイル規格であるAPI:SP規格のガソリンエンジンオイルを発売した。また,ディーゼルエンジンオイルも一新した。

「SEAHORSE グラウドWORKS」シリーズと「DAYTONA エボルブR」シリーズは,全合成ベースオイルを使用したガソリンエンジンオイル。API:SP規格に求められるロバスト性(強靭性)、省燃費性能およびその持続性、シールゴム適合性能を持つ。また,ILSAC:GF-6規格適合品もラインナップしている。

「SEAHORSE ハイパーWORKS」シリーズと「DAYTONA トップDIESEL」シリーズは,DPF(微粒子除去フィルター)を装着したディーゼル車用のエンジンオイル。低灰分油を求めるDPFの性能を損なうことなく、高い清浄性と優れた耐熱性を実現し、強固な油膜によりエンジンを保護する。('20 6/17)

2020年3月の石油統計速報および2019年度累計

統計情報

経済産業省が発表した2020年3月の石油統計速報によると,アスファルトの販売量は前年同月比14.6%減の17万6,431t,生産量は同15.7%減の24万9,451t,輸入は同1.8%減の1,010tだった。潤滑油の販売量は同12.4%減の12万4,808kL,生産量は同9.3%減の19万4,788kL,輸出は同10.3%減の5万6,324kL,輸入は同21.2%増の1万9,108kL。パラフィンの販売量は同10.0%増の3,866t,生産量は同1.9%増の6,116t,輸出は同7.7%減の2,171t,輸入は同23.7%減の903t。LPGの販売量は同9.1%減の98万154t,生産量は同18.2%減の27万491t,輸出は同49.4%減の7,714t,輸入は同59.1%増の102万7,695t。LNGの販売量は同3.2%減の640万9,773t,輸入は同3.4%減の635万1,871tだった。

また,2019年度のアスファルトの販売量は前年度比11.8%減の181万582t,生産量は同3.8%減の274万3,973t,輸出は同37.8%減の5万3,950kL,輸入は同63.2%減の2万2,274tだった。潤滑油の販売量は同2.6%減の154万7,761kL,生産量は同7.7%減の225万9,619kL,輸出は同9.7%減の84万3,884kL,輸入は同4.5%増の23万8,904kL。パラフィンの販売量は同6.0%増の4万5,181t,生産量は同1.7%増の7万994t,輸出は同7.5%減の3万4,932t,輸入は同27.2%減の1万622t。LPGの販売量は同12.1%減の1,037万6,103t,生産量は同8.8%減の363万1,290t,輸出は同33.1%減の17万1,786t,輸入は同0.1%減の1,078万5,634t。LNGの販売量は同6.4%減の7,156万6,032t,輸入は同6.3%減の7,112万8,706tだった。('20 5/20)

JXTGエネルギー,2020年7月にENEOSのSSオイルを一新

ENEOS X PRIME-JXTGエネルギー

JXTGエネルギーは,全国のサービスステーションで販売するガソリンエンジンオイル(ENEOSオイル)を,最新の国際規格に適合するラインアップに切り替える。10年ぶりに更新される最新の国際規格(API / SP,ILSAC / GF-6)は,従来規格比1%以上の省燃費性能の向上やエンジンの異常燃焼対策・摩耗対策の強化などが要求される。

また,最新規格の認証取得とともに,商品ブランドを一新し,「ENEOS X(エネオス エックス)シリーズ」を展開する。最上位となる100%化学合成油グレードである「ENEOS X PRIME(エネオス エックス プライム)」は,昨今の自動車市場のトレンドを踏まえ,ハイブリッド車やダウンサイジングターボ車への対応を特に重視。また,日本市場のあらゆる車種に対応する粘度グレードを設定し,最新のエコカーにも対応する。部分合成油グレードである「ENEOS X」は,部分合成油を使用することで,高い性能とコストパフォーマンスの両立を達成する。2020年7月より順次,全国のサービスステーション店頭で販売を開始する予定。('20 4/15)

EMGルブリカンツ,API SP,ILSAC GF-6適合品を発売

Mobil 1-EMGルブリカンツ

EMGルブリカンツは,最新のエンジンオイル規格API SP,ILSAC GF-6に適合するMobil 1(TM)(モービル1),Mobil Super(TM)(モービル スーパー)シリーズを2020年7月1日より発売する。

Mobil 1(TM)は,省燃費性能をより向上かつ継続し,エンジン保護性能(LSPI)対策,チェーン摩耗やバルブ摩耗対策が強化される最新規格であるAPI SP,ILSAC GF-6を満たしつつ,世界中の自動車メーカーの基準に合格し,通常時はもちろん極限状況下においてもエンジン摩耗に対数優れた保護性能を提供する。同規格適合品を発売するにあたり,各製品の特長,推奨車種が一目でわかるパッケージデザインへと変更した。

Mobil Super(TM)シリーズは,合成油,部分合成油,鉱物油など顧客のニーズに合わせた製品を取りそろえたエンジンオイルシリーズ。独自の開発によりAPI SP,ILSAC GF-6を満たす処方を確立した。シリーズとしての一体感を演出するパッケージデザインへとリニューアルした。('20 4/15)

2020年1月の潤滑油販売実績

統計情報

経済産業省が発表した2020年1月の潤滑油販売量は,前年同月比3.5%減の17万6,600kLだった。用途別に見ると,車両用が同1.9%減の6万3,378kL,うちガソリンエンジン油が同0.1%減の2万9,070kL,ディーゼルエンジン油が同1.6%減の1万6,405kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同4.8%減の1万7,903kLだった。船舶用エンジン油は同3.8%増の1万1,460kL。工業用は同5.3%減の10万1,762kL,うち機械油が同0.3%減の2万3,200kL,金属加工油が同10.2%減の1万1,157kL,電気絶縁油が同6.3%減の3,931kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同10.0%減の4万831kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同1.9%増の2万2,643kLだった。('20 3/18)

2019年12月の潤滑油販売実績

統計情報

経済産業省が発表した2019年12月の潤滑油販売量は,前年同月比6.1%減の19万625kLだった。用途別に見ると,車両用が同3.3%減の6万9,111kL,うちガソリンエンジン油が同4.5%減の3万2,195kL,ディーゼルエンジン油が同0.7%増の1万8,609kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同5.1%減の1万8,307kLだった。船舶用エンジン油は同22.6%増の1万3,534kL。工業用は同10.4%減の10万7,980kL,うち機械油が同4.1%減の2万6,063kL,金属加工油が同7.9%減の1万2,871kL,電気絶縁油が同4.8%増の4,554kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同14.5%減の4万3,895kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同13.1%減の2万597kLだった。('20 3/18)

研削加工の専門展示会「Grinding Technology Japan 2021」,2021年3月に幕張メッセで開催

Grinding Technology Japan 2021ロゴ

研削加工の専門展示会「Grinding Technology Japan 2021―研削加工技術と工具製造技術展―」(主催:日本工業出版,フジサンケイビジネスアイ)が,2021年3月2日(火)~4日(木)の3日間,幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される。

同展は,ドイツの研削加工の専門技術展「Grind Tec」を参考に,日本初の研削加工に特化した専門展示会として2019年に初開催。2回目の開催となる今回は,展示スペースを2倍に拡大して開催される。研削・研磨盤,砥石,計測機器,周辺機器等の関連メーカーが出展を予定しており,研削加工技術者や研削加工業者,学生の来場を見込んでいる。モノづくりにおいて欠かすことのできない「研削加工」に特化した技術・製品の展示紹介のほか,基礎講演やセミナー,実演などが行われる。また,砥粒加工学会関連事業の一環として,ポスター展や先進テクノフェアも開催される予定。同展の概要や出展申込み等の問合せ先は以下のとおり。

  • 日時:2021年3月2日(火)~4日(木) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ(千葉市美浜区) 4・5ホール
  • 主催:日本工業出版,フジサンケイビジネスアイ
  • 入場料:2,000円(招待券持参者・インターネットからの事前登録者は無料)
  • 出展対象:研削盤,研磨盤,砥石,ツルーイング装置,計測機器,周辺機器,工具研削盤,切削工具,切削工具加工技術,切削工具活用技術,切削油,切削油供給装置,切削油ろ過装置,他
  • 来場対象:研削加工技術者・研究者,工具製造者,切削加工業者,学生,その他
  • 同時開催(一部予定含む):砥粒加工学会 先進テクノフェア(ATF2021),砥粒加工技術ポスター展,実演,研削コンシェルジュ,製品・技術説明会
  • 出展に関する問合せ先
     フジサンケイ ビジネスアイ(日本工業新聞社)営業・事業本部
     〒100-8125 東京都千代田区大手町1-7-2
     TEL:03-3273-6180  FAX:03-3241-4999
     URL http://grind-tech.jp/2021/jp/  ('20 3/4)

トヨタ自動車,超低粘度エンジンオイルを開発

トヨタ純正モーターオイル GLV-1 0W-8-トヨタ自動車

トヨタ自動車は,新エンジンオイル「トヨタ純正モーターオイル GLV-1 0W-8」を開発し,全トヨタ販売店や自動車用品店などを通じて2020年2月10日に発売した。同製品は,現在,最も低粘度のSAE粘度分類「0W-8」にも適合したエンジンオイルで,世界で初めて設定された低粘度のオイル品質規格「JASO GLV-1」の認定を取得した。従来の「トヨタ純正モーターオイル SN 0W-16」に対し,約25%の低粘度化を図り,燃費性能を約0.7%向上させた。

同製品は,2020年2月10日発売の新型ヤリス ハイブリッド車用の工場充填オイルから採用を開始し,対象車種を順次拡大していく予定。('20 2/26)