潤滑油剤」カテゴリーアーカイブ

キグナス石油,「オイルマンクラブキックオフ会議」が開催される

2019年キグナスオイルマンクラブキックオフ会議

 キグナス石油は,オイルマン資格認定者を中心とした「キグナス オイルマンクラブキックオフ会議」を2019年6月19日(水)に横浜市内のホテルで開催した。

 2018年度よりスタートした「キグナス オイルマンクラブ」はオイルマン資格認定者がステージの枠を超えて会議や研修会を実施し,成長・競争・情報交換できる場として展開しており,オイルマン研修で磨き上げた個人力をSSスタッフへいかに落とし込んで波及させるか,店舗全体のレベルをいかに上げるかを重視し,利用者との信頼関係をベースにSS競争力強化を図ることを目的としている。

 同研修会では,夏商戦でのカーケア収益拡大を図るため,改めて基本商材であるオイル・洗車の販売強化ポイントを抑えるとともにエアコンフィルター,LLCといった季節商材の販売強化による客単価の向上策について議論した。

 今後は,希望各地区でオイルマン資格認定者を中心に会議が開催され,オイルマンクラブのテーマである成長・競争・情報交換を通じたSS競争力強化を推進していくとしている。('19 7/10)

出光興産,フィリピンに潤滑油販売会社を設立

 出光興産は,フィリピン・マニラ市に潤滑油販売会社「出光ルブリカンツ フィリピン(Idemitsu Lubricants Philippines Inc.)」を設立,営業活動を開始した。新会社は,フィリピン国内の日系自動車や車関連部品メーカーへの潤滑油供給並びに同社ブランドオイルの拡販を推進する。('19 7/10)

JXTGエネルギー,「2018年度全国潤滑油優秀特約店・セールス表彰式」開催される

2018年度全国潤滑油優秀特約店・セールス表彰式-JXTGエネルギー

 JXTGエネルギーは,2019年6月11日(火)に都内ホテルにて,「2018年度全国潤滑油優秀特約店・セールス表彰式」を開催した。当日は,潤滑油販売で優秀な成績を挙げた特約店の代表者およびセールス,合計56名を招待し,表彰盾を贈呈した。

 優秀特約店の部では,前年の潤滑油販売量を基に4クラスに分けられ,外販潤滑油および環境配慮型商品の増販量をクラスごとに競う「総合部門」,自動車用,工業用,船舶用,グリースそれぞれの販売量を競う「商品別部門」および各支店選定の「エリア最優秀重点特約店部門」の3部門にて,全国36店が表彰された。優秀セールスの部では,実車・実機テストの実施件数や顧客への納入件数等を競い,20名が表彰された。

 また,2019年度に新たにルブマイスターに認定された特約店セールス23名の認定式を併せて行い,認定盾が贈呈された。ルブマイスター認定制度は,特約店セールスの販売力強化支援を目的に2009年度より導入。潤滑油販売に必要な最高水準の知識・ノウハウに関する認定試験を年1回実施し,合格者をルブマイスターとして認定している。現在までの認定者数は全国で合計180名となる。

 また,表彰式・認定式終了後,特別講演会として,シドニー五輪競泳銅メダリストでスポーツコメンテーターの田中 雅美 氏を招き,「競技人生でつかんだもの」のテーマで,モチベーションの維持や目標の持ち方などについて自らの体験をもとに講演を行った。

 2019年度ルブマイスター認定者は以下のとおり(敬称略)。

堀口 雅之(岩崎産業),鈴木 達也(遠州日石),佐々木 仁(カメイ),吉田 佑士(カメイ),佐藤 孝太郎(喜多村石油),阿部 正仁(栗林石油),加藤 建作(光南工業),宮永 昴典(ジョブラン・ミヤナガ),増田 裕太郎(鈴与商事),加藤 基恵(谷口石油),谷口 充(谷口石油),山本 慎也(谷口石油),三橋 亮仁(千葉日石),佐々木 享(東真産業),尾角 祟(トキワ),吉住 将紀(浪田石油),佐藤 俊輔(ナラサキ産業),小野 道広(日米礦油),北本 敦詞(日米礦油),太田 真生(日新商事),筧 光則(山文商事),石田 和也(横田石油),大谷 智宣(ENEOSサンエナジー)  ('19 7/3)

2019年4月の潤滑油販売実績

統計情報

 経済産業省が発表した2019年4月の潤滑油販売量は,前年同月比0.9%減の20万3,879kLだった。用途別に見ると,車両用が同0.1%減の7万1,718kL,うちガソリンエンジン油が同1.1%減の3万2,530kL,ディーゼルエンジン油が同1.5%増の1万8,966kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は横ばいの2万222kLだった。船舶用エンジン油は同12.1%減の1万1,059kL。工業用は同0.2%減の12万1,102kL,うち機械油が同1.8%減の2万7,732kL,金属加工油が同3.8%増の1万3,454L,電気絶縁油が同22.5%増の5,916kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同2.4%減の5万236kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同0.2%減の2万3,764kLだった。('19 7/3)

出光興産,「2018年度全国優秀店の集い」開催される,社長表彰受賞店を表彰

2018年度全国優秀店の集い-出光興産

 出光興産は2019年6月10日(月),都内ホテルで「2018年度全国優秀店の集い」を開催,合計14部門で71店,74SSの社長表彰受賞店の表彰式を行った。

 社長表彰の受賞店は販売店部門が15店,SS部門が26SS,セルフ部門が4SS,カーケアセルフ部門が4SS,営業委託セルフ部門が2SS,トラックステーション部門が3SS,オートフラット部門が3SS,出光オイル部門が5SS,出光オイルセルフ部門が2SS,出光カード部門が3SS,アポロセルアウト部門が20店,アポロハット部門が2SS,外販店の燃料油部門が10店,潤滑油部門が10店,I MAX2018特別表彰が20SS,それぞれ選出され,表彰された(写真).燃料油部門・潤滑油部門にて表彰された外販店は以下の通り。

  • 外販店燃料油部門
    なかせき商事,山二,出光リテール販売 ファインオイル東日本カンパニー,サンワ,丸井商會,出光リテール販売 ファインオイル西日本カンパニー 東海支店,鳥井油業 外販営業所,角藤田,出光リテール販売 九州カンパニー,エスアイエナジー 中国四国支店
  • 外販店潤滑油部門
    なかせき商事,東和興産 北関東支社,カナセキユニオン,赤尾商事,石川興産,本多商事,出光リテール販売 ファインオイル西日本カンパニー,三平石油販売,出光リテール販売 中国カンパニー,出光リテール販売 九州カンパニー

<表彰基準の概要>

  1. 販売店部門・SS部門
     集客力,収益力,経営力の3項目を中心に評価し,顕著な成果のあった販売店・SSを表彰
  2. オートフラット部門
     オートフラットの販売において顕著な実績のあったSSを表彰
  3. 出光オイル部門
     セルイン,セルアウトとも顕著な販売成果のあったSSを表彰
  4. 出光カード部門
     出光カードの新規発券において顕著な実績のあったSSを表彰
  5. アポロセルアウト部門
     タイヤ・バッテリー・A商品5品目の合計販売実績に顕著な成果のあった販売店を表彰
  6. アポロハット部門
     アポロハット導入店の基本商材販売に顕著な実績のあったSSを表彰
  7. 外販店(燃料油・潤滑油)部門
     両部門とも,販売実績,販売活動内容などに顕著な成果のあった販売店を表彰
  8. I MAX2018特別表彰
     黒字経営確立のために,基本活動の徹底,競争力強化を図ったSSを表彰  ('19 6/26)

石油連盟と日本自動車工業会,ガソリンエンジンオイルの新品質規格「GLV-1」を設定

GLV-1の種類表示

GLV-1の種類表示 石油連盟と日本自動車工業会は,低粘度省燃費のガソリンエンジンオイルの品質規格「GLV-1」を新たに設定する。同規格は粘度分類規格(SAE J300)0W-8,0W-12を対象とし,低粘度で省燃費性に優れ,かつ摩耗防止性,高温酸化安定性,低温スラッジ防止性等はILSAC GF-5 / API SN規格と同等以上の性能を有する規格として,自動車技術会(自技会)より「JASO M 364:2019 自動車用ガソリン機関潤滑油」として発行された。

 同規格制定にともない,JASOエンジン油規格普及促進協議会は,同規格の運用マニュアル「自動車用ガソリン機関潤滑油規格(JASO M 364:2019)の運用マニュアル」を制定した。エンジンオイル販売元は協議会に届け出ることによって,性能分類表示に関する自己認証制度を利用できるようになり,オイル缶等に「GLV-1」の種類表示をすることができる。運用マニュアル本文は,潤滑油協会のホームページ(http://www.jalos.or.jp)に掲載する。同規格に適合するエンジンオイルは,2019年10月からの市場導入を予定している。('19 6/26)

全国オイルリサイクル協同組合,第24回通常総会が開催される

全国オイルリサイクル協同組合,2019年(第24回)通常総会 全国オイルリサイクル協同組合は,2019年5月22日(水)に東京都内で第24回通常総会を開き,2018年度の事業報告と決算報告および2019年度の事業計画案などの議案を審議し,全会一致で了承した。任期満了による役員改選では長谷川 徹 理事長(環境開発工業会長)が再任し6期目となる。総会後の懇談会で,長谷川 理事長は,「この10年を振り返ると,原油の暴落など苦しい時期もあったが,廃油リサイクルが社会に必要とされているから多少の波はあったものの事業を続けてくることができた。令和の新しい時代もこの努力を絶やしてはならない。」と述べ,原油価格の変動や,鉱工業の生産量の減少による国内需要の停滞など,燃料供給に携わる業界を取り巻く世の中の変化はあるが,廃油再生は社会から必要とされている重要な事業と述べた。

 懇談会には,資源エネルギー庁 燃料部 石油精製備蓄課 稲垣 勝地 課長補佐をはじめ,全国石油工業協同組合 石川 理事長らが出席し,業界を取り巻く環境が厳しいなか潤滑関連団体の連携の重要性を述べた。('18 6/12)

2019年3月の潤滑油販売実績

 経済産業省が発表した2019年3月の潤滑油販売量は,前年同月比8.1%減の20万7,696kLだった。用途別に見ると,車両用が同6.7%減の8万932kL,うちガソリンエンジン油が同10.3%減の3万5,740kL,ディーゼルエンジン油が同4.8%減の2万2,847kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同2.4%減の2万2,345kLだった。船舶用エンジン油は同6.4%減の1万2,299kL。工業用は同9.2%減の11万4,465kL,うち機械油が同0.2%増の2万9,844kL,金属加工油が同4.1%減の1万2,777L,電気絶縁油が同14.3%増の6,039kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同14.9%減の4万5,851kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同16.1%減の1万9,954kLだった。('19 5/22)

キグナス石油,「キグナスセールスプロモーション」を発表

2019年度キグナスセールスプロモーション キグナス石油は,2019年3月20日(木)の「2019年度全国キックオフ」において,2019年度のキグナスセールスプロモーションを発表した。
 2019年度のセールスプロモーションは,「HUMAN FOCUS 2019『人にフォーカス!継続的な関係づくり』」をテーマと発表した。
 低燃費車の普及により,ガソリン需要は減少傾向にある中,顧客との1回ごとの接点を重要と捉え,集客力と固定化効果を発揮する「キグナス楽天ポイントカード」,「キグナスジャックスカード」,顧客ごとにアプローチを可能にする顧客管理システム「KMS(キグナス・メンバーズ・システム)」の3大ツールを推進していく。
 また,「個客」理解に基づき一人ひとりに最適な提案をするため,「キグナス接客サービスコンテスト」の活用や,従来の「QHCモニターチェック」に加え,今年度新たに「QHCレベルアップ研修」を新設し,SS店舗での店舗力・サービス力のレベルアップを図る。(’19 4/17)

研削加工の専門展「Grinding Technology Japan 2019」開催される

 2019年3月18日(月)~20日(水)の3日間,国内初となる研削加工に特化した展示会「Grinding Technology Japan 2019(グラインディングテクノロジージャパン)」(主催:日本工業出版,フジサンケイビジネスアイ・日本工業新聞社)を幕張メッセ国際展示場(千葉市美浜区)で開催し,137社・団体・研究室,302小間が出展,3日間で4,988名が来場した。
 研削盤,砥石,周辺機器,ソフトウエアといった研削加工に関連する機器や技術を始め,工具研削や切削工具,研削コンシェルジュによる技術相談コーナーなど専門展としての特色を出す催しが多く見られた。
 切削・研削油ではブラザー・スイスルーブ・ジャパンが「ブラソグラインドGTC7」を,京滋興産がドイツ・oelheldd社の「Grinding Fluids」や「リクレアン」濾過システムを,AGCがフッ素系溶剤の「AMOLEA」や「アサヒクリーン」を,またトランザーフィルター日本,三鷹工業所,CNKがろ過システムを,またブンリが研削盤用クーラント装置などを展示した。出展者からは「工作機械見本市のJIMTOFと違い研削加工に特化した展示会のため,研削加工でお困りの方などの来場者が多く問題解決型の展示会として今後も期待したい」といった声が聞かれた。(’19 4/10)

Grinding Technology Japan 2019

三和化成工業の代理店会「SAMIC会」開催される

2019年SAMIC会-三和化成工業 三和化成工業(武藤 英輔 社長)は,2019年3月8日(金)にホテル横浜ガーデン(横浜市中区)で同社の工業用潤滑油販売代理店会「SAMIC会」を開催,防錆油や切削油,塑性加工油など工業用製品を販売する全国の代理店29社40名が参加した。
 SAMICは同社の工業用潤滑油のブランドとして,エンジン油の「Verity」と共に長年親しまれている。
 冒頭の挨拶で武藤 社長は,「最近ではIoTという物と物とがインターネットに繋がることで価値を高める動きになっています。弊社では潤滑剤に対してユーザーニーズを如何に掴み製品開発に生かしていくかということに取り組むため製品戦略室を開設しました。代理店の皆様にはユーザーの細かなニーズなどの面で今後も助けて頂き新規顧客開拓などに励んで頂きたいと思います」と更なる代理店との連携の強化など期待と抱負を述べた。
 2018年の業種別市況や,販売状況として海外への輸出が好調なことやベースオイル販売が増えていることなどを説明,SAMIC製品の販売方針の説明ではマグネシウム合金対応の水溶性加工油剤の開発商品や油膜形洗浄兼さび止め油「サミックラストエースMG-831」などの工業用潤滑油のほか,航空機や商業施設の内装に新たな展開を進めている軽量・不燃材「サニール」などの重点商品を紹介した。また今期新たに発足した「製品戦略室」によるユーザーに直結した情報収集を元にした商品開発のコンセプトなどを発表した。
 その後,外部講師として海洋研究開発機構の川村 善久 氏による「海底資源開発の歴史と戦略的イノベーション創造プログラム 海洋課題における取組」の講演や懇親会が行われ参加者相互の親睦を深める一時となった。(’19 4/3)

2019年1月の潤滑油販売実績

 経済産業省が発表した2019年1月の潤滑油販売量は,前年同月比100.0%の横ばいで18万3,084kLだった。用途別に見ると,車両用が同0.3%増の6万4,575kL,うちガソリンエンジン油が同0.3%増の2万9,096kL,ディーゼルエンジン油が同3.2%減の1万6,666kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同3.4%増の1万8,813kLだった。船舶用エンジン油は同1.3%減の1万1,045kL。工業用は同0.1%減の10万7,464kL,うち機械油が同4.6%減の2万3,269kL,金属加工油が同5.4%増の1万2,424kL,電気絶縁油が同12.8%増の4,197kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同0.8%増の4万5,363kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同1.7%減の2万2,211kLだった。(’19 4/3)