潤滑管理」カテゴリーアーカイブ

「第17回評価・診断に関するシンポジウム」が開催される

 日本機械学会機素潤滑設計部門は,「第17回評価・診断に関するシンポジウム」(組織委員長:川合 忠雄 氏 大阪市立大学,実行委員長:間野 大樹 氏 産業技術総合研究所)を2018年12月6日(木)~7日(金)の2日間,文部科学省研究交流センター(茨城県つくば市)で開催し約90名が参加した。
 同シンポジウムは日本機械学会の「診断・メンテナンス技術に関する研究会」(主査:川合 忠雄 氏,大阪市立大学),日本トライボロジー学会の「メンテナンス・トライボロジー研究会」(主査:本田 知己 氏,福井大学),日本設備管理学会の「最新設備診断技術の実用性に関する研究会」(主査:陳山 鵬 氏,三重大学)がメンテナンスに関するシンポジウムと合同研究会を,設備診断や設備管理,メンテナンス・トライボロジーといったメンテナンス分野の共通テーマを研究母体とした3つの研究会が持ち回りでホスト役を行い開催するもの。
 現在2年毎夏に開催するメンテナンス分野合同研究会は,決められたテーマにもとづき依頼講演をするのに対し,同シンポジウムは毎年冬の開催で機器診断,状態監視,健全性評価,メンテナンス等に関する技術者・研究者の交流の場として研究者が講演テーマを独自に応募・講演出来ることや,講演会場を一つにし機械や設備,トライボロジーのテーマがごちゃまぜになることで参加者は専門以外の講演も聞け,参加者同士の技術や学術交流が深められる。また研究会以外のメンバーが参加しているのも特長の一つ。最近はIoTなどの通信機器メーカーなど開発した通信機器をどのように診断に活かせるかという角度から参加する企業も増えているという。
 一般講演における質疑・討論をポスターセッション形式で行うことで4件程度の講演を一つのセッションとしている。講演を聞いた後にポスターセッションで質問が出来るのでより詳しくわいわいがやがやと情報交流が出来るのが魅力という参加者の声も多い。
 今回は「弾性波」「センシング・IoT」「転がり軸受」「潤滑・しゅう動」「非破壊検査・ロボット」「構造・モデリング」「保全」の7セッションで構成され31の講演と日立オートモーティブシステムズ 藤田 貴也 氏による「自動車業界におけるパワートレイン電動化動向について」の特別講演が行われた。
 なお次回2019年は大阪での開催を予定している。(’18 12/26)

第17回評価・診断に関するシンポジウム

キグナス石油,「第4回オイルマン研修会」が開催される

2018年キグナス 第4回オイルマン研修会 キグナス石油は,オイルマン資格認定者を対象とした「キグナス 第4回オイルマン研修会」を2018年11月22日(木)に横浜市内のホテルで開催した。
 2018年度よりスタートした「キグナス オイルマンクラブ」は資格認定者がステージの枠を超えて会議や研修会を実施し,成長・競争・情報交換できる場として展開しており,磨き上げた個人力をSSスタッフへいかに落とし込んで波及させるか,店舗全体のレベルをいかに上げるかを重視し,顧客との信頼関係をベースにSS競争力強化を図っていく内容。
 同研修会では,参加SSが12月商戦に向け自SSのギネス記録への挑戦の決意表明と具体的取り組みについて発表し,講師や参加者からアドバイスを受けるなど活発な意見交換が行われた。また,通常洗車と併せて下回り洗浄後の2次販売商品としてマフラーコートやアンダーコートの推奨,オイル交換後の2次販売商品として,1サイクルでのATF / CVT販売等で具体的な客単価の向上策について学んだ。(’18 12/12)

2018年度「第24回全国技術研修会」が開催される―全国工作油剤工業組合

2018年度全国技術研修会-全国工作油剤工業組合 全国工作油剤工業組合(全工油)は,2018年11月28日(水)~29日(木)の2日間,KKRホテル名古屋(名古屋市中区)で,2018年度「第24回全国技術研修会」を開催した。
 同研修会は,「中小企業活路開拓調査・実現化事業―連合会(全国組合)等研修事業」の一環として,若手,組合員技術者及び賛助会員を対象に毎年開催している。
 今回の同研修会では,テーマ毎に講演が行われ,2日目の講演聴講後にオークマ本社の最新鋭工場DS2工場の見学と最新加工技術のプレゼンテーションを実施,71名が参加した。
 同研修会の講演内容は以下のとおり。

  • 1日目
    • 「加工現象のモニタリングと診断手法について」 新堂 正俊 氏(山本金属製作所)
    • 「最新の研削加工技術について~加工液に着目した研究紹介~」 二ノ宮 進一 氏(日本工業大学)
    • 「精密加工技術の開発と展望 温故知新と逆転の発想について」 坂本 治久 氏(グローバル・テクノ・フュージョン)
  • 2日目
    • 「ポリエーテル系潤滑油基剤とその周辺技術について」 勝川 吉隆 氏(三洋化成工業)
    • 「東南アジア法規制動向とChem SHERPAについて」 坂下 実 氏(日本ケミカルデータベース)  (’18 12/5)

「トライボロジー会議2018 秋 伊勢」開催される

 日本トライボロジー学会は2018年11月7日(水)~9日(金)の3日間,伊勢市観光文化会館(三重県伊勢市)で「トライボロジー会議2018 秋 伊勢」(実行委員長:梅原 徳次 氏,名古屋大学)を開催,3日間で約200件の各種トライボロジーに関する講演・発表が行われた。
 会議のスローガンは「古の 時を感じて トライボの 未来がミエる この伊勢で」と題し世界的にも有名な「伊勢神宮」のお膝元に約700名が参加した。
 2008年秋に名古屋で開催されて以来10年ぶりに東海地区での開催となった今回は,「固体潤滑~故きを温めて新しきを知る~」,「潤滑油の超低粘度化を実現する添加剤・基油・配合技術」,「シールにおけるトライボロジー技術」,「エロ―ジョンとその応用及びその周辺技術」の4件のシンポジウムに加え,初日のイブニングフォーラムでは開催地伊勢の名産品である真珠の養殖技術とその事業展開や元祖ふれあい水族館として有名な伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイスに関わる地域経済活性化について講演を行った。

 初日の「潤滑油の超低粘度化を実現する添加剤・基油・配合技術」シンポジウムでは,トヨタ自動車 山守 一雄 氏による「ガソリンエンジン油の低粘度化の現状と課題」,アフトンケミカルジャパン 村上 靖宏 氏による「駆動系油剤の低粘度化に関する話題」の基調講演のほか,潤滑油全般を対象に低粘度化へ対応する添加剤・基油技術,それらを用いた配合技術の検討,さらに摩擦・摩耗低減メカニズムの解析事例などを発表し,低粘度化実現のための課題や解決の方向性などを議論した。
 2日目の午後からは特別講演が行われ,昨今の急速な技術革新によって我々の生活を変えると期待されている人工知能について「コンピューターが小説を書く日」と題し名古屋大学大学院教授の佐藤 理史 氏が,約2000年前の我が国の文化が今に伝えられる「伊勢神宮~森と祭りの2000年」を皇學館大学大学院特別教授の櫻井 治男 氏が紹介した。その後は伊勢夫婦岩ふれあい水族館(伊勢シーパラダイス)に会場を移し懇親会を行った。

 会期中は「企業展示コーナー」が併設され,機器や技術資料などが数多く展示された。昼食時には島津製作所,ジェイテクト,堀場製作所,ダイセル,ビックケミー・ジャパン,ケン・オートメーションの6社によるランチョンセミナーも開催し,連日賑わった。
 2019年は「トライボロジー会議2019 春 東京」を2019年5月20日(月)~22日(水)まで,「ITC Sendai 2019」を2019年9月17日(水)~21日(金)までの開催を予定している。(’18 11/28)

トライボロジー会議2018 秋 伊勢

「高機能トライボ表面プロセス部会,第11回例会」開催される

高機能トライボ表面プロセス部会,第11回例会 表面技術協会の高機能トライボ表面プロセス部会(代表幹事:梅原 徳次 氏,名古屋大学)は,2018年11月6日(火),岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜県岐阜市)にて第11回例会を開催した。
 同部会は自動車の低燃費化・高性能化において,高機能トライボ表面の寄与がますます大きくなっていることから,自動車関連やコーティングなどの産業界,大学や研究機関などが参加し,分野横断的な議論を通して低摩擦(高摩擦),耐摩耗性などに優れた高機能トライボ表面のためのプロセス革新に向けた検討を行う場として2014年に設立している。
 第11回例会となる今回は,フラウンホーファーIWS(ドイツ)よりta-C膜のレーザーアーク蒸着技術を開発したグループからVolker Weihnacht 氏,Stefan Makowski 氏がトライボロジー会議2018秋 伊勢に参加することから来日し講演を行った。
 講演テーマは次の通り。

  • 「Deposition and industrial application of superhard carbon coatings (ta-C)」 Dr. Volker Weihnacht
  • 「Properties and quality control of ta-C coatings」 Stefan Makowski 氏
  • 問い合わせ先:「高機能トライボ表面プロセス部会」事務局
     E-mail tribo.process@gmail.com
     Fax 058-293-2511  (’18 11/28)

出光興産,「第40回切削油研究会」開催される

第40回切削油研究会-出光興産 出光興産は,2018年9月12日(水)に東京,翌13日(木)に大阪で「第40回切削油研究会」を開催し,東京は104名,大阪は52名が参加した。
 同研究会は,切削技術の最新情報提供と意見交換を通して課題解決の場として,1975年から開催されておりこれまで述べ5,500人が参加している。
 今回は生産性の向上や現場の改善事例,最新の工具動向に加え,センシング・IoT技術をテーマに掲げ,神田 孝 氏(住友電気工業)が「新素材工具と切削加工の機能拡大」と題し,被削材部品の難削化や加工条件の高能率化に対する超硬コーティング膜,CBNダイヤモンド新素材など最新工具の開発動向や加工例などを紹介した。西川 静雄 氏(DMG森精機)は「工作機械におけるセンシング・IoT技術~DMG森精機株式会社の取組み~」と題し,NCから取得するデータ,センサから取得するデータを組み合わせて,機械の状態・加工状態を判断し異常検知,予知保全,プロセス監視,熱変位補正,最適加工条件の提案やAIを活用したAIアラーム解析・AI熱変位補正,AI主軸診断など工作機械におけるセンシングやIoTへの取組みを紹介した。財津 匡克 氏(川崎重工業)は「航空機構造部品における難削材加工の現状と取組み事例」と題し,民間航空機の市場拡大が進む中,チタン合金や複合材などの難削材が多く用いられ形状も一体化してきている,難削材の切削加工の現状や同社が取り組んできた切削油による工具寿命改善やダイヤコート刃具開発等の事例を紹介した。最後に服部 秀章 氏(出光興産)は「クリーンファクトリー実現に向けた切削油の提案と有効活用」と題し,クリーンな工場環境がより一層求められる昨今,加工性能だけではなく,加工中の油煙やベタツキ,臭気など作業環境を改善できる不水溶性・水溶性高機能切削油の提案やその管理方法・注意点などを解説した。
 講演の合間には技術交流会も催され,講演企業によるポスターセッションや技術相談,名刺交換など活発な意見交換が行われた。(’18 10/3)

新人保全員のための「潤滑管理入門コース」セミナー,12月に名古屋で開催―JIPM

2018年新人保全員のための「潤滑管理入門コース」セミナー 日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2018年12月5日(水),名古屋大同生命ビル(名古屋市中村区)で新人保全員のための「潤滑管理入門コース」セミナーを開催する。
 同セミナーは,保全部門1年目の新人~3年目程度の方を対象に,潤滑管理の必要性を理解し,潤滑剤の種類と選定,安全に配慮した使い方,簡単なトラブル対策ができるようになることを目標とした入門編。事例演習と簡単な質問テストで理解を深められる内容となっている。同セミナーの概要やプログラム,申し込み等の問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日程:2018年12月5日(水)
  • 場所:名古屋大同生命ビル2階 会議室(名古屋市中村区)
  • 定員:最大30名程度(最小催行人数:7名)
  • 講師:RMFジャパン 久藤 樹 氏(元 出光興産 TMMS担当マネージャー)
  • 参加料:
     <一般>37,800円/1名(税込)
     <日本プラントメンテナンス協会 会員(正会員,事業所会員)/日本能率協会 法人会員>29,160円/1名(税込)
     ※参加料には,テキスト(資料)代,昼食代が含まれる
  • プログラム:
    1. 機械と潤滑油
      (1)機械保全と潤滑管理
    2. 潤滑油の選定
      (1)摩擦を減らす潤滑油,(2)潤滑油の粘度(粘度温度線図の使い方),(3)潤滑剤の種類と選定(工作機械・油圧装置と潤滑油の選定/油圧作動油を減速機に入れたらどうなるの?/グリースを1種類に統一可能か?)
    3. 潤滑油の管理
      (1)潤滑油は何故交換するのか,(2)現場の潤滑管理の実態,(3)潤滑トラブルとその対策
    4. 潤滑油の正しい使い方
      (1)正しい潤滑油の保管方法,(2)目で見る管理による潤滑箇所の点検,(3)正しいグリースアップ方法,(4)潤滑管理推進のポイント
  • 問い合わせ先:日本プラントメンテナンス協会 中部事務所
     TEL 052-561-5634  E-mail jipmchuubu@jipm.or.jp
  • 申し込みについての問合せ先:(株)アイ・イーシー 通信教育・セミナー受付センター
     TEL 048-470-3710  E-mail seminar@iecj.com
  • セミナー情報 https://www.jipm.or.jp/offer/2018.html
  • カタログダウンロード(PDF) https://www.juntsu.co.jp/wpinteg/download/120049/  (’18 9/26)

潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を名古屋,東京で開催―JIPM

2018年潤滑管理 基本コース-日本プラントメンテナンス協会 日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2018年11月15日(木)に名古屋で,2019年2月15日(金)に東京で,潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を開催する。
 同セミナーは,設計・生産技術の若手技術者,潤滑管理・設備保全の実務担当者を対象に,潤滑管理を実践するために必要なことを基礎から学ぶことができ,理論だけでなく,実例を基にした内容のため,すぐに現場で活用できる内容となっている。同セミナーの概要やプログラム,申し込み等の問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時・場所:
     <名古屋>
     日時:2018年11月15日(木)9:30~17:00
     場所:名古屋大同生命ビル2階 会議室(名古屋市中村区)
     <東京>
     日時:2019年2月15日(金)9:30~17:00
     場所:日本プラントメンテナンス協会 研修室(東京都千代田区)
  • 定員:最大25名
  • 講師:RMFジャパン 久藤 樹 氏(元 出光興産 TMMS担当マネージャー)
  • 参加料:
     <一般>37,800円/1名(税込)
     <日本プラントメンテナンス協会 会員(正会員,事業所会員)/日本能率協会 法人会員>29,160円/1名(税込)
     ※参加料には,テキスト(資料)代,昼食代が含まれる
  • プログラム:
    1. 保全と潤滑管理
      (1)潤滑管理の目的
    2. 潤滑の3要素(どこにどんな油をどのように供給するのか)
      (1)摩擦と潤滑,(2)潤滑剤の種類と選定,(3)潤滑油の劣化と使用限界,(4)油の性状と分析結果の見方
    3. 潤滑システム・油圧システムと潤滑の選定
      (1)工作機械の潤滑油の選定,(2)油圧装置と作動油の選定(油圧トラブルを低減する作動油の清浄度管理の進め方/消費電力を低減する省エネ作動油とは),(3)歯車潤滑システムと油の選定
    4. 潤滑油の正しい使い方
      (1)正しい潤滑剤の保管方法,(2)現場の実態と目で見る管理,(3)モータ軸受への正しいグリースアップとは
    5. 事例紹介
  • 問い合わせ先:日本プラントメンテナンス協会 普及推進部
     TEL 0120-451-466(またはTEL 03-5288-5001)
  • 申し込みについての問合せ先:(株)アイ・イーシー 通信教育・セミナー受付センター
     TEL 048-470-3710
     E-mail seminar@iecj.com
  • セミナー情報 https://www.jipm.or.jp/offer/2018.html
  • カタログダウンロード(PDF) https://www.juntsu.co.jp/wpinteg/download/118883/ (’18 8/29)

2018年度第1回「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

テクスチャリング表面のトライボロジー研究会(2018年度第1回) 日本トライボロジー学会会員提案研究会(旧第3種研究会)の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学教授)は第25回(2018年度第1回)研究会を2018年7月24日(火),東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)で開催した。
 同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開拓などを研究する場として2009年に発足している。
 当日は,Prof. Robert W. Carpick (University of Pennsylvania)から「Nanoscale tribology」,東京都市大学の伊東 明美 氏 から「エンジンにおけるテクスチャリング表面の活用と課題」,東京理科大学の伊藤 翔太 氏から「表面テクスチャリングによる摩擦異方性の発現」の3件の話題提供が行われた。
 なお,3件の話題提供に先立ち,東京理科大学の佐々木研究室およびトライボロジーセンターで金属3Dプリンターやトライボロジー関連の評価・分析装置などの見学を行った。(’18 8/8)

太陽石油,「第1回オイルセールス基礎研修」が開催される

 太陽石油は,2018年6月に全国6会場で,系列SS向けの潤滑油販売プログラム「TOP(太陽オイルプログラム)」の一環として「第1回オイルセールス基礎研修」を開催した。同研修は若手従業員が対象で,これまでオイル交換に自信を持てずにいた受講生が,研修を通じてオイル交換の提案・実践ができるようになることを目的としている。研修カリキュラムは「エンジンオイルの基礎」,「軽自動車とディーゼル車のエンジンオイル」に関する知識を座学で学んだ上で,ロールプレイングによるオイル販売手法を実技で習得する内容となっている。また新たな試みとして,受講生から事前に収集したオイルに関する疑問点や悩みを解決する「事前アンケート回答」の時間を設け,受講者から寄せられたオイルに関するさまざまな疑問や悩みに対し,講師が動画等を用いてわかりやすく回答を行った。
 同社は,2018年9月に駆動系オイルについて学ぶ「第2回オイルセールス基礎研修」を実施する予定。(’18 7/18)

コスモ石油ルブリカンツ,「ECO PRO 2017 特約店部門表彰式」「2018年度優秀潤滑士研修会」開催される

 コスモ石油ルブリカンツは,2018年7月5日(木),東京プリンスホテル(東京都港区)で「ECO PRO 2017 特約店部門表彰式」「2018年度 優秀潤滑士研修会」を開催し,表彰を受ける特約店をはじめ潤滑油販売をけん引する全国のエリア代表各社から約140名が参加した。
 「ECO PRO」は,過去2年間の販売数量を元にした基準数量の達成を前提とし,さらに販売数量をポイント換算した結果,獲得ポイント上位店を表彰する制度。基準数量により6つのクラス(プラチナクラス,ゴールドクラス,シルバークラス,ブロンズクラス,ブロンズチャレンジクラス,特別賞)に分かれており,今年からブロンズチャレンジクラスが新設された。
 砂野 義充 社長は冒頭の挨拶で,2018年度からの第六次中計について説明し,「スローガンとして“オイル&ニュー”を掲げている。“オイル”としては,世界的に脱化石燃料が叫ばれている中,燃やさない石油商材を強化していく。その中では,石油化学事業,我々の潤滑油事業を第六次中計では強化していく。“ニュー”の柱は,再生可能エネルギーで,とくに風力発電を強化していく。一方で,アブダビ,東南アジアを含めた,世界に向けた商材に取り組む」と述べた。同社の今後の方向性については,「国内石油販売強化と海外販売の連携,新商品の開発を進めていきたい」と述べた。
 表彰式では,プラチナクラスのキタセキ,コスモ石油販売 環境・エネルギーカンパニー 関東支社をはじめ,全国から選ばれた優秀特約店計22社に砂野社長より表彰盾が贈られた。また,表彰式後には,2018年度優秀潤滑士6名による事例発表会が行われた。
「ECO PRO 2017」各クラスの表彰特約店と2018年度優秀潤滑士は以下のとおり。

<ECO PRO 2017 表彰特約店>

  • プラチナクラス:キタセキ,コスモ石油販売 環境・エネルギーカンパニー 関東支社
  • ゴールドクラス:酒直,新出光 東京支店,総合エネルギー
  • シルバークラス:長岡石油,新出光 名古屋支店,鈴定燃料
  • ブロンズクラス:朝日石油,下妻液化ガス,白井石油,協和石油,東罐商事
  • ブロンズチャレンジクラス:ゼロシステム,ツチヤコーポレーション,松村石油 名古屋支店,太陽石油,ニッペコ 名古屋営業所
  • 特別賞:コスモ石油販売 環境・エネルギーカンパニー 中部支社,新出光 広島支店,堀場石油,相光石油

<2018年度優秀潤滑士>

  • 正木 靖人 氏(上原成商事 産業エネルギー部 潤滑油グループ)
  • 今井 健二 氏(コスモ石油販売 環境・エネルギーカンパニー 中部支社 岐阜支店)
  • 河合 寿和 氏(太陽石油 直売部)
  • 堀池 広高 氏(新出光 東京支店 新潟オフィス 産業エネルギー課)
  • 高木 知洋 氏(コスモ石油販売 環境・エネルギーカンパニー 関東支社)
  • 高村 宏美 氏(北日本石油 盛岡販売支店 直売グループ)  (’18 7/11)

コスモ石油ルブリカンツ,「ECO PRO 2017 特約店部門表彰式」「2018年度優秀潤滑士研修会」開催される

キグナス石油,「キグナス オイルマンクラブ第2回研修会」開催される

2018年キグナス オイルマンクラブ第2回研修会 キグナス石油は,オイルマン資格認定者を対象とした「キグナス オイルマンクラブ第2回研修会」を2018年6月20日に横浜市内のホテルで開催した。2018年度よりスタートした「キグナス オイルマンクラブ」は,資格認定者がステージの枠を超えて会議や研修会を実施し,成長・競争・情報交換できる場として展開しており,磨き上げた個人力をSSスタッフへいかに落とし込んで波及させるか,店舗全体のレベルをいかに上げるかを重視し,顧客との信頼関係をベースにSS競争力強化を図っていく内容となっている。
 今回は,エアコン商材の勉強会や,2018年7月にリリースしたキグナスジャックスカード獲得について研修を行った。(’18 7/4)