最新」カテゴリーアーカイブ

JXTG,2020年6月に「ENEOS」に社名変更

ENEOSロゴ

JXTGホールディングス(代表取締役社長:杉森 務 氏)は2019年11月28日(木),同社グループの運営を,JXTGエネルギー(代表取締役社長:大田 勝幸 氏)を中心に据えた体制に変更し,併せて両社の商号について,JXTGホールディングスを「ENEOSホールディングス」に,JXTGエネルギーを「ENEOS」に変更することを発表した。2020年6月に開催予定の定時株主総会日付で変更する。

両社は,それぞれ法人格は残すものの,役員を極力兼任させ,意思決定機関を集約し,実質的に一つの事業持株会社として運営する方針。サービスステーションや「ENEOSでんき」等を通じて全国的に広く認知されている「ENEOS」の知名度を生かして事業を推進したい考え。

なお,JX石油開発(代表取締役社長:細井 裕嗣 氏)とJX金属(代表取締役社長:村山 誠一 氏)は,商号変更しない。('19 12/4)

オムロンとシーメンス,現場データ活用サービスでパートナー契約

オムロンとシーメンス,現場データ活用サービスでパートナー契約

オムロンと独シーメンス(Siemens)の日本法人は2019年11月27日,オムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」とシーメンスのクラウドベースのIoT基盤「MindSphere」に関してパートナー協力し,共同で実証実験を開始すると発表した。「i-BELT」から複数拠点の現場データを収集して「MindSphere」と連携し,複数拠点を横断する大量のデータを分析する。この工場間のデータ活用で多様化する製造現場の課題を解決する。

また,オムロンの草津工場と熊本県内にあるグループ会社の工場との間でデータをやりとりし,金属加工機を最適制御する実証実験を行う。海外拠点とのデータ連係などについてもグループ内で試し,2021年度のサービス開始を目指す。

なお,同日から開催されている「IIFS 2019」のオムロンブースでは,人と機械が協調する生産ライン,AIによる品質予兆管理,5Gによる未来の製造現場など製造業が直面する現場の課題を解決するソリューション事例を体感できる展示を行った。('19 12/4)

出光興産と東レ,新開発の有機EL素子が最高レベルの発光効率を達成

出光興産と東レは,熱活性化遅延蛍光(TADF)材料と赤色蛍光材料を用いた有機EL素子を開発,実用化領域に近い,かつ世界最高レベルの発光効率46cd/Aを達成した。出光が開発した,発光効率と寿命を両立させることができるTADF材料と,東レが開発した,従来に比べて発光スペクトル幅の狭い高色純度の赤色蛍光材料を活用した。

従来の有機ELディスプレイの赤色発光素子には,主にリン光発光材料が使用されている。リン光発光材料は,電力を光に100%変換することができ,発光効率を向上させることができるが,素材にレアメタルを使用しているため高コストであり,また,発光スペクトル幅が広く色純度が低いことが課題となっている。TADF材料を活用した技術は,電力を光に100%変換できることに加え,発光スペクトル幅の狭い蛍光材料を組み合わせることで高色純度を達成する特長を有し,また,素材にレアメタルを使用しないため,材料コスト削減を図ることができる。

同技術は有機ELディスプレイの低コスト化や省電力化,および広色域化に寄与する。今後はモバイルやテレビ用途などへの採用を目指し,開発を推進する。('19 12/4)

イグス,高速スライド走行を行うエネルギー供給システム向けの樹脂製スライドレールを開発

イグス,高速スライド走行を行うエネルギー供給システム向けの樹脂製スライドレールを開発

イグスは,機械やプラントで高速スライド走行を行うエネルギー供給システム向けに,従来比5倍の耐久性を確保した高性能樹脂製スライドレールを新たに開発した。5m/秒を超える高速用の耐摩耗性に優れた高性能樹脂を開発,採用している。

また,スライドレールの状態を常時監視するため,EC.Tセンサーも開発した。同センサーは,高速用スライドレールに直接埋め込まれており,状態に関する信号を無線でコミュニケーションモジュールicomに送信,状態を監視して次回メンテナンスまでの日数を通知する。('19 12/4)

2019年10月の工作機械受注実績(確報値)

統計情報

日本工作機械工業会が発表した2019年10月の工作機械受注実績(確報値)は,前年同月比37.4%減の874億5,300万円だった。うち,内需は同42.0%減の334億2,300万円,外需は同34.1%減の540億300万円。('19 12/4)