官公庁・研究機関・協会など」カテゴリーアーカイブ

潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を11月に名古屋で開催―JIPM

2020年潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」-JIPM

日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2020年11月5日(木),名古屋大同生命ビル(名古屋市中村区)で,潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を開催する。

同セミナーは,潤滑管理・設備保全の実務担当者を対象に,潤滑管理の正しい知識,原理・原則や特性を知り,実務に応用する力を身につけること,自職場の日常管理業務に活かすことを目標にした基本編。潤滑管理を実践するために必要なことを基礎から学ぶことができ,理論だけでなく実例を基にした内容ですぐに現場で活用できる実践的な内容となっている。同セミナーの概要やプログラム,申し込み等の問合せ先は以下のとおり。

  • 開催日時:2020年11月5日(木)9:30~17:00
  • 開催場所:名古屋大同生命ビル2階 会議室(名古屋市中村区)
  • 講師:RMFジャパン 久藤 樹 氏(元 出光興産)
  • 参加料:
     <一般>39,600円/1名(税込)
     <日本プラントメンテナンス協会 会員(正会員,事業所会員)/日本能率協会 法人会員>30,800円/1名(税込)
     ※参加料には,テキスト(資料)代が含まれる
  • プログラム:
    1. 保全と潤滑管理
      (1)生産停止ロスを低減する潤滑管理
    2. 潤滑の3要素(潤滑選定の基本)
      (1)摩擦を減らす潤滑油,(2)潤滑剤の種類と選定方法,(3)潤滑油は劣化したら使用できないのか,(4)潤滑の劣化と分析結果の見方
    3. 潤滑システム……油圧システムと潤滑の選定,油種統一
      (1)工作機械,油圧,歯車の潤滑油の選定,(2)省エネ作動油によるCO2削減とは,(3)モータ軸受への正しいグリースアップとは,(4)使用油種を削減する油種統一の方法
    4. 潤滑油の正しい使い方
      (1)潤滑管理の進め方,(2)目で見る管理による潤滑点検,(3)現場での潤滑診断と油漏れ診断について,(4)故障原因を事前に除去するプロアクティブ保全
    5. 潤滑トラブルの事例紹介
  • 問合せ先:日本プラントメンテナンス協会 中部事務所
     TEL 052-561-5634  E-mail jipmchuubu@jipm.or.jp
  • 申込みについての問合せ先:(株)アイ・イーシー 通信教育・セミナー受付センター
     TEL 049-257-5409  E-mail seminar@iecj.com
  • セミナーのパンフレットのダウンロードはコチラから
     https://www.jipm.or.jp/offer/up_img/1593673897-077250.pdf  ('20 7/8)

2020年4月の潤滑油販売実績

統計情報

経済産業省が発表した2020年4月の潤滑油販売量は,前年同月比13.9%減の17万5,902kLだった。用途別に見ると,車両用が同14.8%減の6万1,076kL,うちガソリンエンジン油が同10.2%減の2万9,226kL,ディーゼルエンジン油が同8.3%減の1万7,392kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同28.5%減の1万4,458kLだった。船舶用エンジン油は同13.0%増の1万2,492kL。工業用は同15.7%減の10万2,334kL,うち機械油が同14.2%減の2万3,791kL,金属加工油が同14.0%減の1万1,572kL,電気絶縁油が同17.6%減の4,876kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同17.9%減の4万1,263kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同13.6%減の2万832kLだった。('20 7/8)

2020年5月の工作機械受注実績(確報値)

統計情報

日本工作機械工業会が発表した2020年5月の工作機械受注実績(確報値)は,前年同月比52.8%減の512億3,900万円だった。うち,内需は同57.4%減の181億9,200万円,外需は同49.8%減の330億円4,700万円。('20 7/8)

2020年5月の工作機械受注実績(速報値)

統計情報

日本工作機械工業会が発表した2020年5月の工作機械受注実績(速報値)は,前年同月比52.8%減の512億6,000万円だった。うち,内需は同57.4%減の182億500万円,外需は同49.8%減の330億円5,500万円。('20 7/1)

「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」,7/29~31にインデックス大阪で開催

「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」,7/29~31にインデックス大阪で開催

2020年7月29日(水)~31日(金)の3日間,インテックス大阪(大阪市住之江区)で「メンテナンス・レジリエンスOSAKA2020」が開催される。同展は,製造業・建設業の生産性向上,持続可能な社会資本整備,レジリエンス向上を目指した専門展示会と特別企画で構成され,生産設備から社会インフラ,各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品・技術・サービスが紹介される。従来まで首都圏での開催であったが,2020年は大阪で初開催となる。

同展は,新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドラインに則った対策の下,実施される。

プラントメンテナンスショー

プラントメンテナンスショーは,今回で第44回を迎える工場設備の維持管理・保全技術を対象にした国内唯一の専門展示会。設備の安全・安定稼働や高経年設備への対応,製造現場の省人化・省エネ化,さらにはIoT活用/ビッグデータ解析による生産設備の高度化が求められている昨今の状況を踏まえ,予防保全・設備管理,モニタリング・診断,メンテナンスサービス,補修・補強材料,保全要員の支援・育成,保全業務の支援システム,省エネルギー・環境対策,工場のセキュリティ,工場内の通信ネットワーク関連など,工場・プラント現場の課題解決に資する製品・技術・サービスなどが一堂に展示される。

ものづくり特別講演会

7月30日(木)・31日(金)の両日に実施されるものづくり特別講演会では,設備保全やスマートメンテナンス,ものづくり改革,遠隔作業支援システムなどをテーマとした6講演が予定されている。

  • 会場:インテックス大阪6号館内特設ステージ
  • 参加料:無料(公式サイトからの完全事前登録制)
  • 定員:150名(予定),各セッション完全入れ替え制

ものづくり特別講演会のプログラムの詳細や聴講登録はコチラ
https://www.jma.or.jp/mente/seminar/special.html

出展者セミナー

プラントメンテナンスショー関連の出展者セミナーでは,SPM Instrument Japanが「SPM極低速軸受診断法及び最先端振動法の紹介」,マッキースリーエムが「予防保全のためのベアリング潤滑の超音波解析」,オリンパスが「メンテナンス業務を効率化する非破壊検査ソリューションのご紹介」と題した講演を行う他,会期中の3日間で多数のセミナーが予定されている。

  • 会場:インテックス大阪5号館内特設ステージ
  • 参加料:無料(公式サイトからの完全事前登録制)
  • 定員:70名(予定),各セッション完全入れ替え制

出展者セミナーのプログラムの詳細や聴講登録はコチラ
https://www.jma.or.jp/mente/seminar/index.html

特別企画 工作機械の予知保全・メンテナンス特集

工作機械の予知保全・異常検知,既存設備機械のネットワーク対応,定期的な工作機械の保守・点検・メンテナンス,メンテナンス性に優れた工作機械・産業機械,潤滑管理に関連する製品・技術,経年劣化に伴う工作機械の改造・修理サービスに関する製品などのサービスが展示される。

  • 会場:インテックス大阪5号館

メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020 開催概要

  • 会期:2020年7月29日(水)~31日(金) 10:00~17:00
  • 会場:インテックス大阪(2・3・4・5号館) (大阪市住之江区)
  • 予定展示規模:273社504小間(2020年6月4日現在)
  • 入場:来場事前登録制(登録無料・公式サイトにて受付)
     ※講演会,セミナーも完全事前登録制
     ※会期期間中は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため,ガイドラインに則って収容人数を適正に管理しながら運用
  • 構成展示会:第44回プラントメンテナンスショー/第12回インフラ検査・維持管理展/第5回建設資材展/第7回事前防災・減災対策推進展/第7回労働安全衛生展/第4回 i-Construction推進展/第6回無電柱化推進展/第2回再資源化・産業廃棄物処理・解体技術展/<特別企画>工作機械の予知保全・メンテナンス特集,土木・建設業向けAI / IoT / 5G/システム/ツール特集
  • 同時開催展:関西ホテル・レストラン・ショー/生産システム見える化展/自動化・省人化ロボット展/気象・気候対策ビジネスWEEK 2020(夏)―大阪―/プラントショーOSAKA2020(プラントショー,防爆・防災リスク対策展,機能性材料展(イノベーションプロダクツ),産業向け 水処理対策展(水イノベーション),製造業向け 環境・エネルギー対策展(ECO-MAnufacture))/国際ドローン展

<来場に関する問い合わせ先>
日本能率協会 展示会ヘルプデスク((株)ケイ・スリー・クリエーション)
 受付時間:9:30〜18:00(土・日・祝日を除く)
 TEL:03-6809-2707
 E-mail:helpdesk@k3c.co.jp

メンテナンス・レジリエンスOSAKA2020公式サイト
https://www.jma.or.jp/mente/  ('20 6/24)

日本能率協会,「TECHNO-FRONTIER」をオンラインで開催

日本能率協会,「TECHNO-FRONTIER」をオンラインで開催

日本能率協会(JMA)はメカトロニクス,エレクトロニクスに焦点を当てた専門技術展「TECHNO‐FRONTIER(テクノフロンティア)」を同展では初となるオンライン上で開催することを発表した。

2020年4月に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催が予定されていた「TECHNO‐FRONTIER 2020」は新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い残念ながら中止となってしまったが,これまで,要素技術をはじめ,製品設計に関する幅広い製品・技術の展示と最新技術動向が学べるシンポジウムが同時開催されるショー&カンファレンスとして,研究者や設計に関わるエンジニアから多くの支持と高い評価を得てきた。オンライン版「TECHNO‐FRONTIER」を開催することで,メーカーと開発・設計者間での商談機会の創出や,エンジニア同士の技術開発と市場創造の場を生み出す。

オンラインセミナー「ウェビナー」や「バーチャル」展示会を新たに企画し,「ウェビナー」は2020年6月18日(木)(終了),6月25日(木)(受付終了),7月9日(木)の3日間が講演予定日となっている。「バーチャル展示会」は9月8日(火)~18日(金)の期間にて開催が予定されている。なお,参加(視聴)するには公式サイトより事前登録が必要。各々の公式サイトを参照のこと。

ウェビナー公式サイト:https://jma-tf.com/webinar/
バーチャル展示会公式サイト:https://jma-tf.com/virtual/  ('20 6/24)

産業技術展示会のデジタル版「ハノーバーメッセ Digital Days」,7月14~15日に開催

世界最大級の産業見本市「ハノーバーメッセ」の主催者であるドイツメッセは,2020年7月14日(火)と15日(水)の2日間,初のデジタルイベント「ハノーバーメッセDigital Days」を開催すると発表した。

「ハノーバーメッセDigital Days」は,ビジネス,科学そして政治の観点での基調講演やパネルディスカッション,ライブチャット,ネットワーキング,イノベーションのプレゼンテーションなどで構成され,「インダストリー4.0」,「人口知能(AI)」,「スマートエネルギー」,「ロジスティックス4.0」について議論される。さらに,どうすれば「インダストリアル トランスフォーメーション」が成功するのか,コロナ禍から産業がどう回復していくのかなどの議論も展開され,工業,エネルギー,そしてロジスティックス業界がアフターコロナの時代も含め,今後どう展開していくのかを示すイベントになる。また,デジタルでは初めて行われる「ヘルメスアワード(Hermes Award)」も見所の一つ。

参加(視聴)は無料(公式サイトでの登録が必要)。
公式サイト:https://www.hannovermesse.de/en/news/digital-days/hannover-messe-digital-days

2021年の「ハノーバーメッセ」の概要も発表され,ハノーバー国際見本市会場で2021年4月12日(月)~16日(金)の5日間開催される予定。('20 6/24)

「IVIつながるものづくりアワード2020」決定

インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(以下,IVI)は,2020年5月14日のスタートアップセミナーで「IVIつながるものづくりアワード2020」の審査結果を発表した。2019年度に活動した18の業務シナリオWGの中から「人・モノの実績可視化/分析と最適化―II(次世代IEの追求):マツダ」の受賞が決定した。

2019年度の業務シナリオは,先進的な手法や技術にトライする実証実験の場を持つ「PoC型」,従来の業務シナリオと同等にTO-BEシナリオに対する実現可能性の評価を,高度でなくてもよいが実際的で安価に実装できるツールを試す「堅実実装型」,CIOF(製造業のデータ流通のためのフレームワーク,Connected IndustriesOpen Framework)により企業を超えたデータ流通をプラグインで実装ができるか試す「CIOF連携」の3つの分類で進めてきた。

受賞者は以下のとおり。

<最優秀賞>

  • 「人・モノの実績可視化/分析と最適化―II(次世代IEの追求)」
     実施企業:マツダ 他

<優秀賞>

  • PoC型
    • 「素材製造ラインにおける品質向上/シリンダヘッド(鋳造)編」
       実施企業:三菱電機 他
    • 「素材製造ラインにおける品質向上/シリンダヘッド(鋳造)編」
       実施企業:三菱電機 他
  • 堅実実装型
    • 「設備機の保守に関する情報を,見える化する」
       実施企業:CKD 他

<敢闘賞>

  • PoC型
    • 「設計・製造間の連携効率化」
       実施企業:ニコン 他  ('20 6/24)

2020年4月の鉄鋼生産

統計情報

日本鉄鋼連盟は,2020年4月の鉄鋼生産を発表した。それによると銑鉄生産は,前年同月比24.0%減の490万2,000tで,2ヵ月連続の減少となった。粗鋼生産は,同23.5%減の661万7,000tで2ヵ月連続の減少。

炉別生産では,転炉鋼が同25.4%減の484万4,000tで2ヵ月連続の減少,電炉鋼が同17.9%減の177万2,000tで14ヵ月連続の減少となった。

鋼種別生産では,普通鋼が同21.1%減の520.0万tで2ヵ月連続の減少,特殊鋼が同31.0%減の141万6,000tで17ヵ月連続の減少となった。

熱間圧延鋼材の生産は同22.1%減の586.0万tで,22ヵ月連続の減少となった。うち,普通鋼熱間圧延鋼材は同19.9%減の472万7,000tで2ヵ月連続の減少,特殊鋼熱間圧延鋼材は同30.1%減の113万3,000tで16ヵ月連続の減少。('20 6/17)

「新人保全員のための潤滑管理」セミナー,10月に名古屋で開催―JIPM

新人保全員のための「潤滑管理入門コース」セミナー-JIPM

日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2020年10月15日(木),名古屋大同生命ビル(名古屋市中村区)で潤滑管理に関するセミナー「新人保全員のための潤滑管理」を開催する。

同セミナーは,保全部門1~3年目程度の新人保全員を対象に,潤滑管理の必要性を理解し,潤滑剤の種類と選定,安全に配慮した使い方,簡単なトラブル対策ができるようになることを目標にした,潤滑管理の入門編。潤滑管理を実践するために必要なことを基礎から学ぶことができ,理論だけでなく実例を基にすぐに現場で活用できる実践的な内容となっている。同セミナーの概要やプログラム,申込み等の問合せ先は以下のとおり。

  • 開催日時:2020年10月15日(木) 9:30~17:00
  • 開催場所:名古屋大同生命ビル2階 会議室(名古屋市中村区)
  • 講師:RMFジャパン 久藤 樹 氏(元 出光興産)
  • 参加料:
     <一般>39,600円/1名(税込)
     <日本プラントメンテナンス協会 会員(正会員,事業所会員)/日本能率協会 法人会員>30,800円/1名(税込)
     ※参加料には,テキスト(資料)代が含まれる
  • プログラム:
    1. 機械と潤滑油
      (1)機械保全と潤滑管理
    2. 潤滑油の選定
      (1)摩擦を減らす潤滑油,(2)潤滑油の粘度(粘度温度線図の使い方),(3)潤滑剤の種類と選定(工作機械・油圧装置と潤滑油の選定/油圧作動油を減速機に入れたらどうなるの?/グリースを1種類に統一可能か?)
    3. 潤滑油の管理
      (1)潤滑油は何故交換するのか,(2)現場の潤滑管理の実態,(3)潤滑トラブルとその対策
    4. 潤滑油の正しい使い方
      (1)正しい潤滑油の保管方法,(2)目で見る管理による潤滑箇所の点検,(3)正しいグリースアップ方法,(4)潤滑管理推進のポイント
  • 問合せ先:日本プラントメンテナンス協会 中部事務所
     TEL 052-561-5634  E-mail jipmchuubu@jipm.or.jp
  • 申込みについての問合せ先:(株)アイ・イーシー 通信教育・セミナー受付センター
     TEL 049-257-5409  E-mail seminar@iecj.com
  • セミナーのパンフレットのダウンロードはコチラから
    https://www.jipm.or.jp/offer/up_img/1593673815-534180.pdf  ('20 6/17)

石油連盟,新会長に杉森 務 氏が就任

石油連盟は,2020年度総会と理事会にて役員を改選,杉森 務 氏(JXTGホールディングス 代表取締役社長)が会長に就任した。また,副会長には田中 俊一 氏(コスモ石油 代表取締役社長)と木藤 俊一 氏(出光興産 代表取締役社長)が就任した。専務理事は,奥田 真弥 氏,常務理事は,吉村 宇一郎 氏,押尾 信明 氏。('20 6/17)

2020年3月の産業機械受注実績および2019年度累計

統計情報

日本産業機械工業会が発表した2020年3月の産業機械受注実績は,前年同月比10.1%増の9,342億9,300万円となった。うち,内需は同12.9%増の5,816億7,900万円,外需は同5.6%増の3,526億1,400万円。

また,2019年度(4~3月)累計の産業機械受注実績は,前年度比8.4%減の4兆7,879億4,600万円となった。うち,内需は同1.9%増の3兆3,562億5,900万円,外需は同25.9%減の1兆4,316億8,700万円だった。('20 6/17)