官公庁・研究機関・協会など」カテゴリーアーカイブ

DLC工業会,2019年度「産業標準化事業表彰」で産業標準化功労者表彰を受賞

DLC工業会,2019年度「産業標準化事業表彰」で産業標準化功労者表彰を受賞

 DLC工業会は,経済産業省が産業の標準化推進活動に優れた功績を有する人や組織を表彰する2019年度「産業標準化事業表彰」において,産業標準化功労者表彰 産業技術環境局長表彰を受賞した。

 産業標準化事業表彰は,国際標準化機構(ISO)や国際電気標準会議(IEC)における国際標準策定や国内規格(JIS)策定など,標準化活動に優れた功績を挙げた組織を表彰するもので,同工業会が受賞した産業技術環境局長表彰は,標準の策定や適合性評価活動に貢献し,今後とも継続的な活動が期待できる個人や団体を表彰するもの。毎年「産業標準化推進月間」である10月に表彰式を開催し,功績に応じて,内閣総理大臣表彰,経済産業大臣表彰および産業技術環境局長表彰を行っている。また,この表彰を通じて高度な標準策定能力を有し,標準化を企業戦略に生かせる人材の育成も目指している。

 DLC工業会は,DLC(ダイヤモンドライクカーボン,ダイヤモンド状炭素)の国際標準化推進のために設立された,ISO / TC107(金属および無機コーティング)において,産業化と標準化について熾烈な競争状態にあるDLC膜の国際規格化を実現(1件)。また,第29回ISO / TC107国際会議の日本開催の協賛,DLC国際標準化に関連する講演会や研修会の実施,DLC国際標準化の功績に関する表彰制度も設立し,その普及活動に顕著な貢献を果たしたことなどが評価されての受賞となった。

 2019年10月8日(火)に都市センターホテル3階コスモスホール(東京都千代田区)で行われた表彰式(写真1)には,同工業会を代表して中森 秀樹 会長(ナノテック)が出席し,表彰状とトロフィー(写真2)を授受した。

表彰を受ける中森会長

写真1 表彰を受ける中森会長

授与されたトロフィーと表彰状

写真2 授与されたトロフィーと表彰状

 なお,2019年度の表彰は,内閣総理大臣表彰受賞者が個人1名,経済産業大臣表彰受賞者が個人21名と4組織,産業技術環境局長表彰受賞者が貢献者表彰17名,奨励者表彰4名,功労者表彰7名と4組織だった。('19 11/20)

資源エネルギー庁,台風19号被災SSに支援策

 経済産業省資源エネルギー庁は,2019年台風19号で被災したサービスステーション(SS)の復旧のため,2019年度予備費予算の3億円を「石油製品販売業早期復旧支援事業」に投入する。被災地域におけるSSは,被災者の生活再建や被災地域の復旧等に必要不可欠な燃料を供給する役割を担っている。同事業は,被災したSSの早期復旧により,被災者の生活再建や被災地域の復旧等を下支えすることを目指しており,浸水や土砂流入により損壊した計量機などの設備の補修・入替工事に係る費用を3/4補助する。災害救助法が適用された14都県(岩手,宮城,福島,茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,新潟,山梨,長野,静岡)のSSが対象。('19 11/20)

NAPAC,第3期総会開催,ASEA,JAWA両事業部の活動・予算計画を承認

2019年第3期総会記念懇親会で挨拶する高瀬嶺生新会長

 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC,会長:高瀬 嶺生 氏)は,2019年10月24日(木),都内で第3期総会を開催した。

 役員改選では全理事と監事の重任が承認され,舘 信秀 会長の退任に伴い,新会長には高瀬 嶺生 氏が,また長瀬 努 理事が新副会長に就任,中嶋 敬一郎 副会長と深澤 広司 専務理事の重任がそれぞれ承認された。第2期の事業報告/決算報告および,第3期の事業/予算計画は,全会一致で承認された.

 総会記念懇親会で高瀬 会長は,「NAPACの優位性を今以上に打ち出しユーザーや販売店に安心安全を提供していくためより確かな品質の製品を提供したい。そのためには製品基準への取り組みを,より多くの会員に今以上にご理解頂き,ユーザーや販売店に『NAPAC会員の製品なら安心安全』と思って頂きたい。製品にはその証であるASEA基準証,JAWA品質認定証を今以上に熱意を持って掲げて頂く必要がある。またスーパー耐久レース富士24時間レースへのスポンサードを通じてNAPACをPRしていく。NAPACが誰でもわかる団体にしたい。“ONE NAPAC”“チームNAPAC”を積極的に推進して行きたい」と抱負を述べた。('19 11/13)

「第44回プラントメンテナンスショー」,大阪で初開催

「第44回プラントメンテナンスショー」,大阪で初開催

 2020年7月29日(水)~31日(金)の3日間,インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される「メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020」で,工場設備の維持管理・保全技術を対象にした国内唯一の専門展示会「第44回プラントメンテナンスショー」が開催される。大阪での開催は初となる。また,プラントメンテナンスショー特別ゾーンとして,「保全データ収集 特別ゾーン」を新設する。予知保全の要である保全データ収集に関する製品・技術・サービスを集めたゾーンとなる。

 同展では現在,出展者を募集している。概要は以下のとおり。

第44回プラントメンテナンスショー

  • 会期:2020年7月29日(水)~31日(金) 10:00~17:00
  • 会場:インテックス大阪(大阪市住之江区)
  • 主催:日本プラントメンテナンス協会,日本能率協会
  • 出展対象:予防保全・設備管理,モニタリング・診断,生産・メンテナンスサービス,補修・交換材料,安全・防災,エネルギー・環境,メンテナンスに関する製品やサービス など
  • 出展申し込み期限:2020年2月14日(金)
  • 詳細・お問い合わせ:https://www.jma.or.jp/mente/outline/plant.html

 

メンテナンス・レジリエンスOSAKA 2020

  • 会期:2020年7月29日(水)~31日(金) 10:00~17:00
  • 会場:インテックス大阪(大阪市住之江区)
  • 構成展示会
    • プラントメンテナンスショー
    • インフラ検査・維持管理展
    • 建設資材展
    • 事前防災・減災対策推進展
    • 労働安全衛生展
    • i-Construction推進展
    • 無電柱化推進展
    • 再資源化・産業廃棄物処理・解体技術展」
    • <特別企画>工作機械の予知保全・メンテナンス特集
    • <特別企画>土木・建設業向け AI/IoT/5G/システム/ツール特集
  • 同時開催
    • 生産システム見える化展
    • 自動化・省人化ロボット展
  • 詳細・お問い合わせ:https://www.jma.or.jp/mente/  ('19 11/13)

2019年秋の勲章受章者を発表

 政府は,2019年秋の勲章受章者を発表した。石油業界では,天坊 昭彦 氏(元 出光興産社長)が産業振興功労により旭日重光章を受賞した。また,鈴木 裕司 氏(静岡県石油商業組合理事長)と内海 二郎 氏(元 日本エルピーガス供給機器工業会会長)が産業振興功労により旭日小綬章を受賞した。('19 11/13)

潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を11/19名古屋で開催―JIPM

潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を11/19名古屋で開催―JIPM

 日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2019年11月19日(火)に名古屋大同生命ビル(名古屋市中村区)で,潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を開催する。

 同セミナーは,潤滑管理・設備保全の実務担当者を対象に,潤滑管理の正しい知識,原理・原則や特性を知り,実務に応用する力を身につけること,自職場の日常管理業務に活かすことを目標にした基本編。潤滑管理を実践するために必要なことを基礎から学ぶことができ,理論だけでなく実例を基にした内容ですぐに現場で活用できる実践的な内容となっている。同セミナーの概要やプログラム,申し込み等の問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2019年11月19日(火) 9:30~17:00
  • 場所:名古屋大同生命ビル2階 会議室(名古屋市中村区)
  • 定員:最大25名(空き若干名)
  • メイン受講対象:<職種>保全部門 <経験年数イメージ>3~10年目
  • 講師:RMFジャパン 久藤 樹 氏(元 出光興産 TMMS担当マネージャー)
  • 参加料:
     <一般>38,500円/1名(税込)
     <日本プラントメンテナンス協会 会員(正会員,事業所会員)/日本能率協会 法人会員>29,700円/1名(税込)
     ※参加料には,テキスト(資料)代,昼食代が含まれる
  • プログラム
    1. 保全と潤滑管理
      (1)生産停止ロスを低減する潤滑管理
    2. 潤滑の3要素(潤滑選定の基本)
      (1)摩擦を減らす潤滑油
      (2)潤滑剤の種類と選定方法
      (3)潤滑油は劣化したら使用出来ないのか
      (4)潤滑の劣化と分析結果の見方
    3. 潤滑システム・油圧システムと潤滑の選定,油種統一
      (1)工作機械,油圧,歯車の潤滑油の選定
      (2)省エネ作動油によるCO2削減とは
      (3)モータ軸受への正しいグリースアップとは
      (4)使用油種を削減する油種統一の方法
    4. 潤滑油の正しい使い方
      (1)潤滑管理の進め方
      (2)目で見る管理による潤滑点検
      (3)現場での潤滑診断と油漏れ診断について
      (4)故障原因を事前に除去するプロアクティブ保全
    5. 潤滑トラブルの事例紹介
  • 問合せ先:日本プラントメンテナンス協会 中部事務所
     TEL 052-561-5634
     E-mail jipmchuubu@jipm.or.jp
  • 申し込みについての問合せ先:(株)アイ・イーシー 通信教育・セミナー受付センター
     TEL 048-470-3710
     E-mail seminar@iecj.com
     URL https://www.jipm.or.jp/offer/2019.html  ('19 11/6)

「2019年度GOOD FACTORY賞」の表彰式と受賞企業講演会が開催される―日本能率協会

2019年度(第9回)GOOD FACTORY賞

 日本能率協会は,日本およびアジア地域に進出している製造業の生産性や品質の向上,改善活動に成果をあげた工場を表彰する「2019年度(第9回)GOOD FACTORY賞」の表彰式と受賞企業による講演会を2019年10月16~17日に都内で開催した。

 受賞企業は,オムロン 欧姆犮(中国・上海),オリンパス 白河オリンパス(日本・福島),花王 上海花王 上海工場(中国・上海),コニカミノルタ 柯尼卡美能达商用科技(夵莞)(中国・広東省東莞市),ダイキン工業 堺・滋賀・淀川・鹿島製作所(4製作所の共同応募),デンソー PT.DENSO INDONESIA(インドネシア・西ジャワ州ブカシ県),東レ 東麗酒伊織染(南通)(中国・江蘇省南通市)の3ヵ国・7工場。

 同賞の応募資格はアジア地域に進出している日系現地企業・工場ならびに日本国内工場。日本およびアジア地域で,工場の生産性向上,品質向上をはじめさまざまな体質革新活動への貢献,そのプロセスや成功要因,現場の知恵,働く方々の意識改革,社会的貢献などの内容を幅広く取り上げ,その成果を日本製造業の範として顕彰することを目的として2011年に創設された。

 第9回となる今回は,東京工業大学 伊藤 謙治 教授を委員長とする審査委員会が,改善・改革活動の「しくみ」「運営」「効果性」「マネジメントの基盤」の4つの視点全てを満たしているか,または特定の項目に優れているかを審査した。

 17日には受賞した7工場が改善や改革活動などを紹介する受賞企業講演会が開催された。ダイキン工業 空調生産本部堺製造部役員待遇製造部長の澤 静治 氏は「世界No.1を目指すモノづくり力を支える人材育成~技能伝承制度の確立~」と題し,国内4製作所のメンバーが主体となり技能伝承の仕組みを構築し運営を実施,グローバルで活躍できる人材育成,IoTなど先端技術を活用した熟練者ノウハウの伝承などの取り組みを紹介した。

 また,デンソー PT.DENSO INDONESIA Production Center Director の久保 崇 氏は「競争力のある複合工場(ミニデンソー)のグローバルモデルの実現」と題し,現地メンバーによる活力あるマネジメントや改善活動の推進,人材教育センターによる高度な生産人材の育成,IoTや自動化の推進,複数の製品を生産する複合工場としてシナジー効果を発揮するなど現地メンバーが中心となって将来の目指す姿の作成から推進までを行う取り組みを紹介した。

 なお,次回(第10回)は,2019年11月から応募を開始し,2020年8月に受賞企業を発表する予定。('19 11/6)

「第14回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第14回工作機械のトライボロジー研究会

 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2019年10月23(水),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第14回研究会を開催した。

 本年度2回目となる今回は野口 主査の挨拶の後,「油剤メーカー各社の最新技術動向」と題し潤滑剤や切削油メーカー4社による下記研究テーマが発表され,活発な意見交換が行われた。

  1. 「潤滑剤から観たCAE活用上の課題」 宍倉 昭弘 氏,坂倉 圭 氏(出光興産)
  2. 「摩擦調整剤の吸着性解析による摩擦低減メカニズム研究」 小野寺 康 氏(EMGルブリカンツ)
  3. 「機械汚れの少ない油剤およびCFRP用切削油剤の開発」 滝口 聖人 氏(ユシロ化学工業)
  4. 「工作機械関連油種における高引火点化への取り組み」 田村 健太郎 氏(JXTGエネルギー)

 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。現在の会員数は97名。次回は2020年1月22日(水)に大学を中心に「アカデミー特集」を東京で開催する予定。('19 11/6)

2019年9月の工作機械受注実績(確報値)

統計情報

 日本工作機械工業会が発表した2019年9月の工作機械受注実績(確報値)は,前年同月比35.5%減の989億7,300万円だった。うち,内需は同28.5%減の460億6,500万円,外需は同40.6%減の529億800万円。('19 11/6)

2019年8月の潤滑油販売実績

統計情報

 経済産業省が発表した2019年8月の潤滑油販売量は,前年同月比8.6%減の17万701kLだった。用途別に見ると,車両用が同5.7%減の6万1,384kL,うちガソリンエンジン油が同6.4%減の2万8,515kL,ディーゼルエンジン油が同0.4%減の1万6,181kL,ギア油やATF(自動変速機専用オイル),LPG車用エンジン油などその他車両用は同9.2%減の1万6,688kLだった。船舶用エンジン油は同12.8%減の9,558kL。工業用は同9.9%減の9万9,759kL,うち機械油が同2.8%減の2万5,100kL,金属加工油が同2.5%減の1万2,566L,電気絶縁油が同10.6%減の3,640kL,シリンダー油や離型油などその他特定用途向けが同20.0%減の3万5,927kL,マシン油やスピンドル油などその他の潤滑油が同2.1%減の2万2,526kLだった。('19 11/6)

日本能率協会,産業プラント・工場に関する専門展示会を開催

日本能率協会,産業プラント・工場に関する専門展示会を開催

 日本能率協会は,2019年11月20日(水)~22日(金)の3日間,幕張メッセ(千葉市美浜区)で,「INCHEM TOKYO2019化学とプロセス産業Week」,「産業安全Week2019」,「菌・異物対策Week2019」を開催する。同展は,産業プラント・工場の操業上の課題をトータルで考え,プラントおよびエンジニアリング業界の情報,技術,製品を一堂に提案する場になっている。

 今回は「INCHEM TOKYO2019」において,SDGs(持続可能な開発目標)を背景とする環境エネルギー問題への関心の高まりから「第1回省エネ・創エネ・蓄エネ資源循環展」,AI / IoT技術の進展を受け,産業プラントでのデジタル技術の応用を提案する「プラントAI & IoTシステム特集」を実施する。また,「産業安全Week2019」では防爆対応製品が幅広く展示される「防爆・防災リスク対策展」を,「菌・異物対策Week 2019」では,「菌・異物・ウイルス対策展」を開催する。

 同展の開催概要は以下のとおり。現在,各展示会の公式ホームページにて,入場料3,000円が無料になる来場事前登録を受付中。

  • 開催期間:2019年11月20日(水)~22日(金) 10:00~17:00
  • 会場:幕張メッセ 3~5ホール(千葉市美浜区)
  • 入場料:3,000円(税込)(招待状参加者・事前登録者は無料)
  • URL:https://www.jma.or.jp/INCHEM/  ('19 10/30)

2019年7~9月期の産業用ロボット出荷実績

統計情報

 日本ロボット工業会が発表した2019年7~9月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比10.6%減の4万6,161台で,5四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同5.5%減の1,759億円で,3四4半期連続のマイナス。国内出荷台数は同1.5%減の1万1,328台で,2四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同12.7%増の541億円で,4四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同10.8%減の2,785台,出荷額は同2.8%増の145億円,自動車産業向けの出荷台数が同4.2%増の4,147台,出荷額は同14.2%増の183億円だった。輸出台数は同13.2%減の3万4,833台で,5四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同11.8%減の1,218億円で,5四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同14.6%減の3,075台,輸出額は同12.3%減の504億円,溶接用が同13.3%減の7,412台,輸出額は同24.5%減の164億円だった。('19 8/7)