官公庁・研究機関・協会など」カテゴリーアーカイブ

「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」が本日(7/24)より開幕

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019

 「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」が本日2019年7月24日(水),東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開幕した。

 同展は,製造業・建設業の生産性向上,持続可能な社会資本整備,国土強靭化(ナショナル・レジリエンス),事前防災・減災,安全衛生などに関する企画展示で構成され,現場の課題解決に直結する最新の製品・技術・サービスが一堂に展示される。また,セミナーや講演会も開催される。

 「第43回プラントメンテナンスショー」は,工場設備の維持管理・保全技術を対象にした国内唯一の専門展示会。工場・プラント現場の課題解決に資する製品・技術・サービスなどが一堂に展示される。同展内の集中展示「状態監視技術プラザ」では,生産設備を支える重要技術である状態監視技術にフォーカスをあて,潤滑油分析機器をはじめトライボロジー,潤滑管理に関する製品や技術が展示される。

 ものづくり特別講演会では,「状態監視技術プラザ連動セッション」として,トクヤマ 森 圭史 氏による「トクヤマにおける設備診断技術の活用」,日本製鉄 藤井 彰 氏による「設備保全の高度化へ向けた取り組み」のテーマで,プラントの設備診断,設備保全について講演するほか,多数の講演会が予定されている(https://www.jma.or.jp/mente/visit/special.html)。

 来場事前登録やセミナーなどイベントの詳細は以下のURLより。

  • 会期:2019年7月24日(水)~26日(金) 10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト 西1~4ホール/南1,2ホール
  • 入場登録料:3,000円(税込) ※招待状持参者,事前登録者,官庁・地方公共団体,学生は登録無料
  • 公式サイト:https://www.jma.or.jp/mente/  ('19 7/24)

トライボコーティング技術研究会,2019年度「第1回研究会及び総会」が開催される

トライボコーティング技術研究会,2019年度第1回研究会及び総会

 トライボコーティング技術研究会は,2019年5月31日(金),理化学研究所 和光本所(埼玉県和光市)で,2019年度の第1回研究会と総会を開催した。総会では2018年度の活動報告ならびに会計報告および2019年度の活動計画などが発表され,出席者によって了承された。なお,2020年2月28日(金),板橋区立グリーンホールで開催予定の第5回研究会は,砥粒加工学会が主催する「先進テクノフェア(ATF)」との同時開催となる。当日はシンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」の特別講演,岩木賞記念講演などが予定されている。

 今年度の第1回研究会では,平塚 傑工 氏(ナノテック)が「DLC膜の国際標準化動向と最新成膜技術」,馬渕 豊 氏(宇都宮大学大学院工学研究科)が「Pin / Disc試験及びAEを用いた薄膜の密着性評価法」のテーマで講演し,DLC膜の評価法の提案や試験方法のISO化などについて発表した。

 講演,総会終了後には理化学研究所内の光量子工学研究センター 中性子工学施設の見学会が行われ,開発が進む小型加速器などを見学した。

ナノテック 平塚氏による講演

ナノテック 平塚氏による講演

見学で訪れた中性子工学施設

見学で訪れた中性子工学施設

 また,「第12回岩木賞トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)」の業績募集開始が発表された。岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績を上げられた故 岩木 正哉 博士(理化学研究所 元主任研究員,トライボコーティング技術研究会前会長)の偉業を称え,その遺志を継ぐ技術者・研究者の成果や業績を表彰するもの。同賞には,大賞,優秀賞,特別賞,奨励賞,事業賞,国際賞,功績賞があり,研究の成果や業績,経済的・社会的な貢献度などを基準に審査される。募集締め切りは2019年8月31日(金).2020年2月28日(金)に開催されるシンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」において表彰および表彰者の記念講演が行われる。申し込みや推薦受付など問い合わせは下記まで。

問い合わせ先
 未来生産システム学協会(NSP) 表彰顕彰部門 岩木賞表彰事業部内
 e-mail:award@nsp-t.info
 https://sites.google.com/site/npstwebsite/biao-zhang-xian-zhang  ('19 7/24)

「電動車活用社会推進協議会」が発足

 経済産業省は,電動車の普及とその社会的活用を促進するため,官民・異業種連携の場として,「電動車活用社会推進協議会」を立ち上げた。同協議会は,自動車メーカー,エネルギー企業,電動車活用を積極的に進める企業や地方自治体などが参加し,電動車の効率的・効果的な活用方法・技術の検討や課題の抽出,電動車の車載電池の二次利用の活用,商用車としての有効活用などについて検討を進め,低炭素・分散・強靭な自動車・エネルギー融合社会の構築を目指す。

 2019年7月11日に同協議会設立のキックオフイベントとしてシンポジウムを開催,協議会の会員自治体・企業による取り組みが紹介された。

電動車活用社会推進協議会公式サイト http://www.cev-pc.or.jp/xev_kyougikai/about.html  ('19 7/24)

2019年5月の石油統計速報

統計情報

 経済産業省が発表した2019年5月の石油統計速報によると,アスファルトの販売量は前年同月比15.8%減の14万609t,生産量は同7.3%減の21万5,650t,輸出は同50.8%減の2,950t,輸入は同59.4%減の2,058tだった。潤滑油の販売量は同2.2%増の13万4,198kL,生産量は同19.5%減の17万3,132kL,輸出は同16.5%減の7万4,452kL,輸入は同55.9%増の2万3,130kL。パラフィンの販売量は同17.7%増の3,258t,生産量は同165.9%増の7,162t,輸出は同218.3%増の5,707t,輸入は同78.4%減の47t。LPGの販売量は同5.7%減の92万4,578t,生産量は同8.7%減の32万3,454t,輸出は同16.5%減の1万4,599t,輸入は同39.6%増の97万9,953t。LNGの販売量は同8.9%減の543万7,467t,輸入は同9.0%減の540万5,057tだった。('19 7/24)

2019年の鍛圧機械受注額予想を下方修正

統計情報

 日本鍛圧機械工業会は,鍛圧機械の2019年の受注額予想を前年比14.1%減の3,350億円(当初予想3,660億円)に修正すると発表した。

 機種別では,プレス機械が同20.3%減の1,450億円(同1,710億円),板金機械が同10.8%減の1,100億円(同1,150億円),サービスは同5.5%減の800億円で当初の予想額を維持。プレス系と板金系を合わせた機械合計は同16.4%減の2,550億円(同2,860億円),うち国内は同10.1%減の1,650億円(同1,810億円),輸出は同26.1%減の900億円(同1,050億円)と修正した。('19 7/24)

「第13回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第13回工作機械のトライボロジー研究会

 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2019年6月20日(木),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第13回研究会を開催した。

 本年度1回目となる今回は「転がり機械要素の最新技術動向」と題し,軸受や転がり機械要素部品メーカー4社により工作機械のトレンドや転がり機械要素に求められる要素,技術動向など下記テーマが発表され,活発な意見交換が行われた。

  1. 「工作機械用軸受の最新技術」 植田 敬一 氏(NTN)
  2. 「EHD接触域の潤滑状態モニタリングに関する研究-電気インピーダンス法の開発-」 丸山 泰右 氏(日本精工)
  3. 「工作機械主軸用軸受の最新技術」 本條 隼樹 氏(ジェイテクト)
  4. 「LMガイドの最新技術動向」 青山 将大 氏(THK)

 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。('19 7/17)

日本産業洗浄協議会,「洗浄技術フォーラム2019」を開催

日本産業洗浄協議会ロゴ

 日本産業洗浄協議会(JICC)は,2019年9月4日(水)~6日(金)にパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される「2019洗浄総合展」(主催:日本洗浄技能開発協会,日本産業洗浄協議会,日刊工業新聞社)にて,9月5日(木)に「第23回JICC洗浄技術フォーラム2019~IoT,EV,5Gそしてスマートソサエティー時代の洗浄技術を考える~」を開催する。

 同フォーラムでは,近藤 隆造 氏(シチズンファインデバイス)による招待講演「時計メーカーから総合精密加工メーカーへ」のほか,洗浄剤,洗浄装置メーカー5社による技術発表,また,1Fメインステージで行われる,泉谷 渉 氏(日本電子デバイス産業協会)による特別講演「激動の時代を迎えた電子デバイス産業の未来構図~半導体,電子部品,自動車部品の設備投資を最新リポート~」(特別講演は聴講無料)が行われる。同フォーラムの概要や申し込み,問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2019年9月5日(木) 10:00~17:00
  • 会場:パシフィコ横浜 アネックスホールF203・204会議室
     ※特別講演は1Fメインステージへ移動して聴講
  • 定員:180名
  • 申込締切日:2018年8月28日(水)
  • 聴講料:会員 13,000円/人+税,非会員 17,000円/人+税(カラーテキスト代含む)
     ※テキストのみの申込み:特別価格1冊 7,000円+税
  • 申し込み方法:日本産業洗浄協議会ホームページから聴講申込用紙をダウンロードして必要事項を記入のうえ,E-mailに添付して送付
     ※期日が切迫してから申し込む場合,あらかじめ電話でご確認ください
  • プログラム
    10:00~10:10 開会挨拶 甲斐 博泰 氏(日本産業洗浄協議会 会長,トクヤマMETEL)
    10:10~10:50 【技術発表】「難しいフラックス洗浄に挑む MPC洗浄の有用性」 加納 裕也 氏(ゼストロンジャパン)
    11:00~12:00 【特別講演】「激動の時代を迎えた電子デバイス産業の未来構図 ~半導体,電子部品,自動車部品の設備投資を最新リポート~」 泉谷 渉 氏(日本電子デバイス産業協会 副会長)
     ※1Fメインステージへ移動して聴講
    13:00~13:50 【招待講演】「時計メーカーから総合精密加工メーカーへ」 近藤 隆造 氏(シチズンファインデバイス)
    14:00~14:40 【技術発表】「洗浄専門業における洗浄装置・洗浄事例と品質管理」 本間 尚貴 氏(本間産業)
    14:40~15:20 【技術発表】「水系洗浄機の液汚染度と付着油分の測定」 松村 繁廣 氏(森合精機)
    15:30~16:10 【技術発表】「フッ素系洗浄機3機種『縦型ワンバス式FISTA』『プッシャー搬送式2槽式FISTA』『フッ素系多槽式省溶剤洗浄機』の紹介」 岡村 和彦 氏(クリンビー)
    16:10~16:50 【技術発表】「次世代フッ素系溶剤AMOLEA® AS-300のご紹介」 花田 毅 氏(AGC 化学品カンパニー)

<問い合わせ・申し込み先>
日本産業洗浄協議会 事務局
TEL 03-5777-0791  FAX 03-5777-0675
E-mail sskjicc@jicc.org
http://www.jicc.org/event/forum.html  ('19 7/17)

2019年6月の鍛圧機械受注実績

統計情報

 日本鍛圧機械工業会がまとめた2019年6月の鍛圧機械受注実績は,前年同月比23.7%減の252億9,700万円となり,4ヵ月連続で減少した。

 機種別では,プレス系が同39.2%減の100億1,900万円,板金系が同12.3%減の80億8,100万円,サービスは同3.3%減の71億9,800万円。国内は同18.2%減の124億3,000万円,輸出は同46.0%減の56億6,900万円だった。('19 7/17)

2019年6月の工作機械受注実績および2019年上期累計(速報値)

統計情報

 日本工作機械工業会が発表した2019年6月の工作機械受注実績(速報値)は,前年同月比38.0%減の988億2,900万円だった。うち,内需は同40.3%減の376億300万円,外需は同36.4%減の612億2,600万円。

 また,2019年上期(1~6月)累計の工作機械受注実績(速報値)は,前年比29.3%減の6,818億2,700万円となった。うち,内需は同30.6%減の2,662億1,500万円,外需は同28.4%減の4,156億1,200万円だった。('19 7/17)

「変速機のトライボロジーとシールの合同研究会」開催される

2019年変速機のトライボロジーとシールの合同研究会

 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「変速機のトライボロジー研究会」(主査:村上 靖宏 氏,アフトンケミカル・ジャパン)と「シール研究会」(主査:杉村 丈一 氏,九州大学)は2019年6月18日(火),JTEKT東日本支社(東京都中央区)でそれぞれ第27回,第121回となる研究会を合同で開催した。

合同研究会で挨拶する杉村丈一氏

合同研究会で挨拶する杉村丈一氏

村上靖宏主査

村上靖宏主査

 当日はシール研究会から「静的シールにおける粗面の接触と密封性に関する研究」を桃園 聡 氏(東京工業大学)が,「Eモータドライブシャフトシールの開発動向」をイーグル工業の井上 裕貴 氏,香取 一光 氏が講演した。また変速機のトライボロジー研究会からは「電磁比例弁内のスプールに作用するクーロン摩擦力に起因した不安定振動の解析と安定化させるための設計法」を山藤 勝彦 氏(日産自動車)が,「トロイダルCVT開発秘話(2001年NHK)の裏話」を竹内 徹 氏(竹内PT研究所)が話題提供し,活発な意見交換が行われた。('19 7/10)

国土交通省,2020年SOx規制適合燃料油の混合安定性を確認

 国土交通省は,2020年より全世界的に実施される船舶燃料油中の硫黄分濃度に係る規制(SOx規制)の強化に対応するため,国内石油元売各社が規制適合燃料油として供給を想定している低硫黄(LS)C重油や,現在販売されている高硫黄(HS)C重油などのサンプルの提供を受け,混合安定性試験を実施した。

 混合安定性試験は,2019年3月に国土交通省,資源エネルギー庁,日本内航海運組合総連合会,石油元売事業者の連携事業として,日本海事検定協会が実施した。燃料油のサンプルは,出光興産,コスモ石油,JXTGエネルギー,昭和シェル石油,富士石油が提供した。すべてのサンプルについて単体での安定性を確認した上で,規制開始時の補給を想定したHSC:LSC=2:8と,他社間のLSC重油同士の混合を想定したLSC:LSC=5:5のすべての組み合わせでASTMのスポットテストを行った。その結果,単体安定性,混合安定性試験のいずれも,安定性は確保できていることを確認した。

 また2019年6月27日から1週間,実船の燃料を規制適合油へ切替えて運航するトライアル事業の第一弾を実施した。トライアルでは,燃料配給船(バンカー船)及び同船から規制適合油の補油を受けた4隻の内航船(499~749Gtの鋼材運搬船・セメント運搬船)が,通常と同様,事前のタンククリーニングは行わず,少量のHSC重油が残るタンク内に規制適合油を注ぎ足す形で補油して外洋・瀬戸内海を含む航路で運航を行った。その結果,改造を行うことなく,規制適合油への円滑な切替,正常な運航が可能であることが確認された。('19 7/10)

2019年5月の建設機械出荷金額統計

統計情報

 日本建設機械工業会がまとめた2019年5月の建設機械出荷金額統計(補給部品を含む総額)は,前年同月比1.8%増の2,049億円で,8ヵ月連続の増加となった。うち,内需は同6.2%増の700億円で8ヵ月連続の増加,外需は同0.4%減の1,349億円で8ヵ月ぶりの減少となった。内需について機種別に見ると,トラクタが同5.1%増の70億円,油圧ショベルが同14.5%増の197億円,ミニショベルが同2.3%増の60億円,建設用クレーンが同3.5%増の123億円,コンクリート機械が同41.2%増の37億円,その他建設機械が同11.5%増の53億円,補給部品が4.1%増の96億円と増加した。外需について機種別に見ると,油圧ショベルが同5.6%増の596億円,ミニショベルが同9.1%増の194億円,建設用クレーンが同15.0%増の69億円,コンクリート機械が同58.8%増の1億円と増加した。地域別に見ると,中国,欧州,北米,CISその他東欧の4地域が増加した。('19 7/10)