石油・化学業界」カテゴリーアーカイブ

出光興産,アクセンチュアと燃料輸送管理プラットフォームを構築,運用開始

出光興産,アクセンチュアと燃料輸送管理プラットフォームを構築,運用開始

出光興産は,アクセンチュアと協力して,燃料輸送の業務変革に向けた輸送管理プラットフォームを新たに構築し,運用を開始した。

同プラットフォームは,燃料油の陸上輸送に関して,出光興産,運送会社,全国約6,400カ所のSSなどにまたがる受注から荷卸しまでのあらゆるデータを,クラウド上でリアルタイムに一元管理,分析ができる。蓄積されるデータには,配車計画や関係者との連携状況,SSへの配送状況,荷積・荷卸実績のほか,タンクローリー約900台に搭載されたタブレット端末からリアルタイムに収集される車両の位置情報,作業状況などが含まれる。

これにより,出光興産は,輸送状況の可視化や,受注・配送業務のデジタル化だけでなく,データに基づいた最適な配車計画の策定など,これまで難しかったリアルタイムなデータに基づく輸送計画の精緻化,および輸送オペレーションの効率化を図ることが可能になった。さらに,配送経路の最適化は,二酸化炭素の排出削減にもつながることも期待される。

出光興産は,今後もアクセンチュアと協力し,同プラットフォームの強化や拡張を進めていく予定。('21 4/21)

キグナス石油,2020年キグナス全国優秀SS表彰の受賞SSを発表

キグナス石油は,2021年3月18日にオンライン開催された「全国キックオフ」において,2020年キグナス全国優秀SS表彰の受賞SSを発表した。全国優秀SS表彰は,「キグナスセールスプロモーションガイド2020」の実践により,客数とカーケア収益の拡大によるキグナス戦略指数・安定指数の改善,ならびに効率的運営による高収益SSづくりに積極的に取り組み,SS競争力強化の成果をあげたSSの名誉を称えて表彰するものである。本来であれば,表彰式を開催する予定だったが,コロナ禍ということもあり,今年はオンライン開催の「全国キックオフ」において,総合優秀賞,各部門賞,チャレンジ奨励賞を獲得した全国優秀SSを動画で紹介した。

<総合優秀賞>

  • 北星産業 セルフ北星FIVE金沢
  • 中央石油 セルフ金井
  • 北星産業 セルフ北星FIVE小松
  • 中央石油 セルフ愛甲
  • キグナス石油販売 セルフ市川大野

<部門賞>

  • MOF部門
    • 三京石油販売 セルフ竹ノ塚
    • アタック・ウィン セルフ高砂
    • 江戸川石油 宇喜田サービスステーション
  • カーケア収益部門
    • 中央石油 洗足池サービスステーション
    • 中央石油 用賀サービスステーション
    • パイオニア石油 セルフ天山
  • オイル部門
    • 中央石油 セルフ相模原
    • 朝日ガスエナジー セルフオアシスミルクロード宿野
    • 中央石油 セルフ弥生台
  • 洗車部門
    • キグナス石油販売 セルフ東海荒尾
    • 永井石油 セルフ朝日町
  • スマカラ部門
    • キグナス石油販売 セルフ大和田
  • カード部門
    • キグナス石油販売 セルフ明姫二見
    • キグナス石油販売 セルフ綾瀬
    • 中央石油 セルフ綱島
  • タイヤ部門
    • 北星産業 セルフ入江
    • 北星産業 セルフ園町

<チャレンジ奨励賞>

  • 東日本支店 宇田川サービススティション セルフ宇田川
  • 中部支店 山源商店 GATEIN一色大橋サービスステーション
  • 西日本支店 淀川砿油 セルフR163門真  ('21 4/21)

ENEOS,2020年度「なでしこ銘柄」に選定される

ENEOSホールディングス・ENEOSは,経済産業省より「女性活躍推進」に優れた企業として2020年度「なでしこ銘柄」に選定されたことを発表した。

「なでしこ銘柄」は,2012年度から,経済産業省と東京証券取引所が共同で実施している選定制度。「女性活躍推進」に優れた上場企業を,「中長期の企業価値向上」を重視する魅力ある銘柄として選定し,企業の女性活躍への取り組みに対する投資家の注目を高めることで,各社の取り組みの加速化を図ることが目的とされている。

同社グループは,2040年のありたい姿として,「アジアを代表するエネルギー・素材企業」「事業構造の変革による価値創造」「低炭素・循環型社会への貢献」を掲げており,ダイバーシティ&インクルージョンの推進を,このありたい姿を実現するための重要な経営戦略の一つと位置づけている。その一環である「女性活躍推進」において,行動計画を策定し取り組んでおり,同社としては2014年(当時はJXホールディングス)以来6年ぶりの選定となった。('21 4/21)

日本メカケミカル,ボンデ処理が不要となる冷間鍛造加工油を発売

日本メカケミカルは,冷間鍛造で前処理のボンデ処理が不要になる加工油「メカスマートフォージ700」を発売した。ボンデ処理は,加工前に材料の表面にリン酸塩被膜処理を行い,潤滑皮膜を生成させて,焼き付きやさびを防ぐ処理。同製品はボンデ処理の工程が削減できるため,コスト面の改善を見込める。ステンレスの絞り加工や板材のプレス加工潤滑剤としても使用できる。油剤なので,冷間鍛造加工後の洗浄・仕上げ工程の作業性向上に寄与する。('21 4/21)

ランクセスの高性能プラスチック,新型の自動車用プラスチック製オイルパンに採用

デュレタン(R)(Durethan(R))BKV35H2.0(ポリアミド6)を用いたオイルパン-ランクセス

ドイツの特殊化学品メーカー,ランクセスは,同社の高性能プラスチック「デュレタン®(Durethan®) BKV35H2.0」(ポリアミド6)が,独 IBSフィルトラン社の開発した新型の自動車用プラスチック製トランスミッションオイルパンに採用されたと発表した。

ポリアミド類は,トランスミッションオイルパンの製造において,軽量構造,コスト削減につながる機能統合,デザインの自由度など,多くの利点を有しており,特にポリアミド66は,近年,大型射出成形部品の量産に広く使用されている。また,ポリアミド66よりも安価なポリアミド6も同様の目的に適しており,実用化が進んでいる。今回,IBSフィルトラン社はポリアミド6の耐油性と耐熱性を広範囲に調査。様々なトランスミッションオイルを用いて実施された150°Cでの耐久性テストでは,経年変化において同等のポリアミド66と違いがなく,耐衝撃性と破断伸度はポリアミド66よりも若干優れていることが示された。

ポリアミド66は,アジポニトリル(主原料)の不足のために時折価格が高騰し,場合によっては十分な量が入手できない場合があるため,ポリアミド6はその代替品として期待されており,今回「デュレタン(Durethan)BKV35H2.0」ポリアミド6コンパウンドで作られたトランスミッションオイルパンは,最新式のオートマチックトランスミッションの一部として様々な自動車メーカーの車両に導入が進められている。('21 4/21)

出光興産,「特約販売店全国オンラインミーティング2021」が開催される

出光興産は,2021年3月16日(火)に全国の特約販売店を対象に「特約販売店全国オンラインミーティング2021」を開催した。今年度は昨年度に続き,新型コロナウイルスの感染拡大防止のため,全国約40ヵ所にて同時に分散開催された。

木藤 俊一 社長は,冒頭の挨拶で,「全国の特約販売店の皆さまにおかれましては,新型コロナウイルスが猛威を振るうなか,SSや営業の第一線において,感染対策を講じながら,石油製品の販売並びに各種販売施策の取り組みにご尽力頂き,厚く御礼申し上げます」と,販売店に感謝の意を表した。

次に,カーボンニュートラル社会の実現に触れ,「カーボンニュートラルを目指していく社会的な機運が高まる中,私はこの流れを当社グループが一段と存在感を発揮し成長していくための好機と捉えています。その実現には,CO2の排出を減らす,または回収し利活用する技術が必要です。石油製品を取り扱うプロである当社には,CO2について多くの知見と活用できるインフラがあります。今後も,既に実施している製油所・事業所での燃料使用量の削減や再生可能エネルギーの取り組みを更に加速させて参ります」と述べた上で,車の電動化について,「電動化によりお客様の来店頻度は確かに減りますが,消耗品やメンテナンス,洗車といったサービスのニーズは残ります。さらに当社は4月に株式会社出光タジマEVを設立し,超小型EVなどのモビリティ開発やサービス開発に取り組みます。サブスクリプション,シェアリング,電力販売を組み合わせたサービスや,地域の分散型電源やリサイクルを組み合わせたビジネスモデルを展開することで,一台の車が廃車になるまで長期のサービスを提供可能です。同時に,地域の交通網の一翼と地域エネルギーの仲介者の役割を担うことできるのではないかと考えています」と述べ,カーボンニュートラル社会においても同社が中心的な役割を担うことが出来ると伝えた。

最後に,4月から始まる新SSブランド「apollostation」について,「『地域の人々の暮らしと移動を支えるライフパートナー』をコンセプトとしており,従来の給油やカーケアサービスの提供にとどまらない,新たなモビリティサービスや生活関連のライフサービスを提供します。またデジタル技術を活用したリテール施策や,特約販売店の皆さまとのコミュニケーション変革も積極的に推進してまいります」と述べた。('21 4/14)

キグナス石油,「2021年度全国キックオフ」が開催される

若澤雅博社長-キグナス石油 2021年度全国キックオフ

キグナス石油は,2021年度セールスプロモーション「変化を力に,店舗を前に。NEW GARAGE TOGHETHER」を推進していくため,全国の特約店経営者及び経営幹部を対象とした「2021年度全国キックオフ」を2021年3月18日にオンラインで開催した。

全国キックオフは,若澤 雅博 社長の挨拶に始まり,2020年キグナス全国優秀SS表彰の受賞SSを動画で発表。また,「2021セールスプロモーションの概要」,「2021セールスプロモーションの具体的施策展開」の説明を行い,2021年度の取り組みを参加者と共有した。

その後,講演会として初代横浜DeNAベイスターズ社長で現在,プロバスケットボールB3リーグ・さいたまブロンコス取締役を務める池田 純 氏を招き,「地域密着経営について」と題した内容で,オンライン講演会を行った。DeNAベイスターズが地域住民に選ばれるためにどのような取り組みを行ったかを具体的事例を交えて話し,多くの参加者が視聴。また,講演終了後には,事前に参加者から募った質問に同氏が答えるなど充実した内容となった。('21 4/14)

豊田通商,船舶向け燃料受発注を一元管理するクラウドサービスを提供開始

豊田通商,船舶向け燃料受発注を一元管理するクラウドサービスを提供開始

豊田通商は,2021年6月より内航船社,燃料サプライヤー,燃料配給船社向けに,ブロックチェーン技術を活用し,船舶向け燃料や潤滑油の受発注を一元管理する業界初のクラウドサービス「BunkerNote(バンカーノート)」の提供を開始する。同サービスの導入により,燃料発注から納品確認,請求書発行,受領までをオンラインで処理し,関係者間でリアルタイムに進捗を共有することができ,これまで必要だった書類の送付や保管,情報の整合性確認,手入力による転記などの作業が不要となる。また,燃料受発注に関わる取引情報はブロックチェーンに記録することで,データの原本性を担保している。

同社は,外航船へのサービス展開や,船舶燃料の受発注管理を核とした付随サービスの開発・提供にも取り組んでいくとしている。('21 4/14)

コスモ石油マーケティング,リテールサポートプログラムを策定

コスモ石油マーケティングは,同社のサービスステーションであるコスモステーションの更なる発展に向けたリテールサポートプログラムとして,「Oil & New for COSMO STATION 2021」を策定した。2021年度は,コロナ禍による環境変化と,エネルギーを取り巻く環境変化を踏まえ,(1)エネルギーをきっかけとした顧客との繋がり強化,(2)デジタルを活用したビジネスモデルの高度化,(3)顧客のESG(環境(Environment),社会(Social),ガバナンス( Governance))志向高まりへの対応・サポート,の3つの販売方針に基づき施策を展開する。アクションプランとして,(1)モビリティプログラム,(2)ユーティリティプログラム,(3)ブランディング活動,(4)CSR活動,を行うとしている。('21 4/7)

コスモ石油販売 環境・エネルギー本部が総合エネルギーと事業を統合,社名変更

コスモ石油マーケティングは,グループ会社である総合エネルギーとコスモ石油販売 環境・エネルギー本部が,2021年7月1日付で事業を統合し,社名を「コスモエネルギーソリューションズ株式会社」に変更すると発表した。統合により,事業規模・収益力,成長性,内部統制・ガバナンスのバランスが取れ,顧客の多様なニーズに応えられるオールマイティなエネルギー商社として地域社会・得意先に貢献するとしている。なお,コスモ石油販売は直営リテール販売事業に特化していていく。('21 3/31)

東レ,高流動性と高導電性を両立した極薄グラフェン分散液を開発

東レ,高流動性と高導電性を両立した極薄グラフェン分散液を開発

東レは,高濃度でありながら流動性に優れた極薄グラフェン分散液を開発したと発表した。

グラフェンは,炭素からなるナノサイズの極薄シート状の二次元材料で,均一に配列しやすい性質を持ち,優れた導電性・熱伝導性・バリア性を有する次世代機能性材料。薄いほど塗布した時の被覆性や他材料との混合性が良くなり,特長をより強く発揮するが,薄いほど凝集しやすく,高濃度にすると粘土状になり流動性が悪化するため,希釈して低濃度溶液で用いる必要があり,本来の特長を発揮しにくい課題があった。

同社はグラフェン同士の相互作用による凝集を抑えるため,独自の高分子材料を添加して粘度を自在に制御する分散技術を開発し,高濃度の極薄グラフェン分散液の流動性を高めることに成功した。同製品は,高濃度でも流動性が良好であることから取扱性に優れ,希釈することなく塗布できるので高い導電性などの優れた特長を発揮しやすい。また,分散性が高く攪拌しやすいことから他材料と混合が容易。電池材料,配線材料,塗料など幅広い用途への展開が可能である。('21 3/17)

ENEOS,Webカーメンテナンス予約システム「Dr. Driveエネアポ予約」を開始

ENEOS,Webカーメンテナンス予約システム「Dr. Driveエネアポ予約」を開始

ENEOSは,Webサイトから簡単に車検,手洗い洗車およびカーコーティングを予約できるENEOS Webカーメンテナンス予約システム「Dr. Driveエネアポ予約」をDr. Drive店舗を中心に全国のサービスステーション(SS)において開始した。

車の平均使用年数の長期化を背景としてカーメンテナンス販売の機会が増大する一方,SSにおいては構造的な人手不足が課題となっている。その対応として,同社は,従来店頭または電話にて行っていたカーメンテナンスの予約をWeb上で24時間受付できるサイトを開設した。サイト上でSSごとの予約状況をひと目で確認,都合の良い日時を予約することができ,日程変更・キャンセルもWebサイトにて行うことができる。

今後,オイル・タイヤ交換の予約といった取扱商品の拡大,車種ごとの適合商品・作業時間の表示といったより利便性の高いサービスについて,2021年度下期の導入を目指す。

Dr. Driveエネアポ予約:https://eneos-ss.com/search/yoyaku/rwd/top.php  ('21 3/10)