自動車ほか輸送機器業界」カテゴリーアーカイブ

自動車用品小売業協会,2019年度上期活動報告会・懇親会開催される

自動車用品小売業協会,2019年度上期活動報告会・懇親会開催される

自動車用品小売業協会(APARA,会長:小林 喜夫巳 氏,オートバックスセブン)は2019年10月25日(金),経団連会館(東京都千代田区)で2019年度の上期活動報告会を開催し,約300人が参加した。

春と秋の全国交通安全運動と連動したタイヤの安全点検キャンペーンの取り組みや,日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC)が開催する「オートパーツの日」への参画,「洗車の日」の啓蒙活動などについて報告された。

活動報告終了後,眞柳 秀人 氏(経済産業省 製造産業局 自動車課)による「自動車産業を巡る状況と電動化政策の方向性」と題された記念講演が行われた。講演では,「CASE(ツナガル化(Connectivity),自動運転社会(Autonomous),車の利用シフト(Shared & Service),車の動力源の電動化(Electric))」の潮流が世界の自動車産業の構造を大きく変革するという見通しや,そうした潮流に国としてどう対応していくかなどが語られた。

自動車用品小売業協会,2019年度上期活動報告会・懇親会1

記念講演の様子

経団連ホールに場所を移して行われた懇親会で小林 会長は,台風により被害を受けた方へのお見舞いを述べた後,「あおり運転がメディアに取り上げられた影響でドライブレコーダーの売り上げが堅調に推移するなど,上期はまずまずの調子で折り返し点を迎えられた。下期は消費増税による消費の落ち込みが予想されるなど,見通しは明るいとはいえないが,ラグビーの日本代表のようにONE TEAMで乗り切ろう」と挨拶した。

また,同会場にて「洗車の日2019売場コンテスト」の表彰式が行われ,総合1位のオートバックス北六甲店,2位のイエローハット亀岡店,3位のジェームス小牧南店に表彰状と目録が授与された。('19 11/27)

自動車用品小売業協会,2019年度上期活動報告会・懇親会2

懇親会で挨拶する小林会長

第7回「FBCバンコク2020 ものづくり商談会」をタイ・バンコクで開催

第7回「FBCバンコク2020 ものづくり商談会」をタイ・バンコクで開催

Informa Markets,NC Network,Factory Network Asia (Thailand)は,日本の有力銀行と地方自治体を共催に迎え,「FBCバンコク2020 ものづくり商談会」をタイ・バンコクで2020年5月13日(水)~16日(土)の4日間にわたり共同で開催致する。

同イベントは,日タイ製造業のビジネス拡大と交流を目的としており,製造企業及び関連企業が材料,部品の現地調達や,自社製品の販路拡大のために,調達・販売品を展示し,タイローカル企業や在タイ日系企業と商談する業界特化型のイベント。バンコクでは今回が7回目の開催となる。

また,昨年からの大きな変更点として,2020年はINTERMACH,MTA 2020とSUBCON THAILANDの併催イベントとして開催され,新たなバイヤーやタイローカル企業との商談の機会が期待されている。

特に,併催イベントであるSUBCON THAILANDでは約200社のタイローカル企業が出展予定であり事前のマッチングも可能。自社製品がタイ企業に関心を持ってもらえそうかを試したり,現地調達率を高めるための商談のみならず,現地パートナー企業候補の模索も可能となる。概要は以下の通り。

  • 名称:FBCバンコク2020 ものづくり商談会
  • 日時:2020年5月13日(水)~16日(土) 10:00~18:00
    全日程,出展企業同士,来場企業との事前予約商談+来場者とのフリー商談
  • 場所:BITEC Hall 100 ※SUBCON THAILAND 2020の併催イベントとして開催(INTERMACH & MTA 2020)
  • 主催:Informa Markets / NC Network Co., Ltd. / Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.
  • 出展申込期間:2020年2月14日(金)まで
  • 出展対象
    • 製造業:タイでの部品調達,販路拡大を目的とする製造業企業(B to Bで部品・製品を製造・加工している企業)
      金属製品,自動車・鉄道・船舶製品,鉄鋼業,非鉄金属,一般機械器具,電気機械器具,情報通信機械器具,電子部品・デバイス,精密機械器具,繊維・繊維製品,化学工業,プラスチック・ゴム製品,石油・石炭製品など
    • ソリューション企業:製造業企業にサービス,製品を提供する非製造業企業
      商社,IT(ソフト開発),人材,物流など
  • 公式サイト:https://fbcbkk.factorynetasia.com/
  • 問い合わせ先:Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.
    TEL:+66-(0)2-254-1801-2
    E-mail:thai_fbc@factorynetasia.com  (’19 11/27)

「2019年度JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」を実施

「2019年度JR東日本管内のBRTにおけるバス自動運転の技術実証」を実施

東日本旅客鉄道(以下:JR東日本)は,主催するモビリティ変革コンソーシアムにおいて「2019年度JR東日本管内のBRT(バス高速輸送システム)におけるバス自動運転の技術実証」を実施する。同技術実証は,JR東日本管内の気仙沼線BRTにおいて,BRT専用道で大型自動運転バス(日野ブルーリボンシティ)を使用し,実用化を目指す上での自動運転に関する各種技術の検証を行うことを目的としている。JR東日本,先進モビリティ,愛知製鋼,SBドライブ,京セラ,京セラコミュニケーションシステム,ジェイテクト,ソフトバンク,日本信号,日本電気(NEC)の10社が,車線維持制御実験,速度制御実験,トンネル内走行実験,障害物検知実験,交互通行実験,車内モニタリング実験などを役割ごとに担当し,2018年度と比較して,より実運用に近い形で行う。実験場所は気仙沼線BRT柳津駅~陸前横山駅間の4.8km,実証実験期間は2019年11月25日(月)~2020年2月14日(金)の予定。('19 11/20)

NAPAC,第3期総会開催,ASEA,JAWA両事業部の活動・予算計画を承認

2019年第3期総会記念懇親会で挨拶する高瀬嶺生新会長

 日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会(NAPAC,会長:高瀬 嶺生 氏)は,2019年10月24日(木),都内で第3期総会を開催した。

 役員改選では全理事と監事の重任が承認され,舘 信秀 会長の退任に伴い,新会長には高瀬 嶺生 氏が,また長瀬 努 理事が新副会長に就任,中嶋 敬一郎 副会長と深澤 広司 専務理事の重任がそれぞれ承認された。第2期の事業報告/決算報告および,第3期の事業/予算計画は,全会一致で承認された.

 総会記念懇親会で高瀬 会長は,「NAPACの優位性を今以上に打ち出しユーザーや販売店に安心安全を提供していくためより確かな品質の製品を提供したい。そのためには製品基準への取り組みを,より多くの会員に今以上にご理解頂き,ユーザーや販売店に『NAPAC会員の製品なら安心安全』と思って頂きたい。製品にはその証であるASEA基準証,JAWA品質認定証を今以上に熱意を持って掲げて頂く必要がある。またスーパー耐久レース富士24時間レースへのスポンサードを通じてNAPACをPRしていく。NAPACが誰でもわかる団体にしたい。“ONE NAPAC”“チームNAPAC”を積極的に推進して行きたい」と抱負を述べた。('19 11/13)

出光興産,次世代モビリティ,MaaSの共同開発に向けてタジマモーターコーポレーションと提携

出光興産,次世代モビリティ,MaaSの共同開発に向けてタジマモーターコーポレーションと提携

 出光興産(トレードネーム:出光昭和シェル)は,次世代自動車の設計・製造および販売事業を展開するタジマモーターコーポレーション(以下,タジマモーター)と,次世代モビリティおよび新しいMaaSビジネスモデルの共同開発に関するMOU(覚書)を2019年10月1日付で締結した。

 環境問題への関心の高まりや自動車に対するニーズの変化を背景に,近年はCASE(Connected(コネクテッド),Autonomous(自動運転),Shared&Services(シェアリング),Electric(電動化))やMaaS(Mobility as a Service)といったモビリティに関する技術革新や企業の取り組みが加速している。出光は,2019年8月から岐阜県の飛騨市・高山市で,タジマモーターが設計・開発した超小型EVを活用するMaaS事業の実証を開始した。出光は,次世代モビリティおよびMaaSに関する取り組みをさらに加速させるため,タジマモーターと次世代モビリティおよびMaaSビジネスモデルの共同開発に関するMOUを締結。超小型EV,グリーンスローモビリティ,FCV,電動車椅子などの次世代モビリティに関して,(1)次世代モビリティ本体,新素材,部品,充電設備などの開発,(2)SSネットワークを活用した次世代モビリティの販売網・整備体制の構築,(3)次世代モビリティ・MaaSに関連する新しいビジネスモデルの開発,について検討する。

 両社は,東京ビッグサイトで開催中の東京モーターショー2019にブースを出展,EVによる次世代モビリティ事業を紹介している。10月23日(水)のプレスデーで,出光の木藤 俊一 社長は,「全国に6,500ヵ所のSSを展開しているが,SS全体はこの20年で半減した。昨今の多発する自然災害を鑑みても,これ以上地域のライフラインとしてのSSを減らすわけにはいかない。SSの付加価値を高めるための取り組みとして,超小型EVの導入を検討した。タジマモーターコーポレーション様の力をお借りして,現在,飛騨の高山地区でテストを開始しており,色々な課題を整理しながら順調に進んでいる。この展開エリアを増やして,事業を加速していきたい。長年地域の皆様に愛用されてきたSSネットワークを活用して,さらに日本のエネルギーセキュリティ,地域のライフラインに貢献するという意味で,超小型EVのコンセプトは非常に合致すると考えている。地域のお客様の高齢化,ラストワンマイルの問題を解決していく方向にいければと思っている」と述べた。('19 10/30)

出光興産,次世代モビリティ,MaaSの共同開発に向けてタジマモーターコーポレーションと提携

写真右から,タジマモーターコーポレーション 田嶋伸博 会長,出光興産 木藤俊一 社長,工業デザイナー 奥山清行 氏

タジマモーター 新型超小型モビリティ E-RUNNER ULP1

タジマモーター 新型超小型モビリティ E-RUNNER ULP1

「東京モーターショー2019」,10/24から開催

「東京モーターショー2019」,10/24から開催

 2019年10月24日(木)~11月4日(月)までの12日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)及びお台場周辺エリアで第46回東京モーターショー2019[The 46th Tokyo Motor Show 2019](主催:日本自動車工業会)が開催される。23日(水)のプレスデーでは,24日(木)からの開催に先がけて報道陣に公開された。

 トヨタ,日産,SUBARU,マツダ,ホンダなどがEVをはじめとした次世代コンセプトカーを一堂に展示する。

 また,今回は"OPEN FUTURE"のテーマで,東京ビッグサイトだけでなく,お台場周辺エリアまで会場を拡張し,「クルマ・バイク本来の楽しさ」と「未来のモビリティ社会」を体感できるようなモビリティテーマパークとして過去最大規模の面積で開催される。

 DRIVE PARK(無料エリア)では,最新の四輪・二輪車両の試乗体験やステージイベント・デモランなどを実施するほか,国内初となる国際航空連盟(FAI)公認のドローンレースが開催される。

 OPEN ROAD(無料エリア)では,青海と有明を結ぶ全長1.5kmにわたるモーターショーのシンボルロード「OPEN ROAD」で最新の小型モビリティに試乗したり,普段見ることのできない陸・海・空の様々なモビリティを見ることができる。

 MEGA WEB会場で開催される「FUTURE EXPO」では,空飛ぶクルマ(NEC)の展示など,先進のテクノロジーやサービスの展示や試乗など100以上の展示が行われる。

SUBARU 新型レヴォーグを発表

SUBARU 新型レヴォーグを発表

NEC 空飛ぶクルマ

NEC 空飛ぶクルマ

<第46回東京モーターショー2019[The 46th Tokyo Motor Show 2019] 開催概要>

  • 開催日時
    • オフィシャルデー(開会式等招待者):10月24日(木) 11時30分~18時00分
    • 特別招待日(障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日):10月24日(木) 14時00分~18時00分
    • プレビューデー※:10月25日(金) 9時00分~14時00分
       ※同日25日(金)14時00分~20時00分の一般公開時間内の入場も可能。
    • 一般公開日(月~土曜日):
       10月25日(金) 14時00分~20時00分
       10月26日(土),28日(月)~11月2日(土) 10時00分~20時00分
    • 一般公開日(日曜日,祝日):10月27日(日),11月3日(日),4日(月・祝) 10時00分~18時00分
  • 入場料
    • 障がい者手帳をお持ちの方の特別見学日:無料(事前登録制)
    • プレビューデー:3,800円(枚数限定/小学生以下無料:保護者同伴)
    • 一般公開日:一般 2,000円(前売1,800円,日曜・祝日除く16:00以降(当日会場売)1,000円)
       高校生以下無料。障がい者手帳をお持ちの方(要手帳提示),本人及び付添者1名(車いす利用者の場合2名まで)無料
  • 会場:東京ビッグサイト青海・西/南展示棟,MEGA WEB,シンボルプロムナード公園,TFTビル横駐車場など
  • 主催:日本自動車工業会(JAMA)   ('19 10/23)

2019年3月末現在の自家用乗用車の普及台数

統計情報

 自動車検査登録情報協会がまとめた2019年3月末現在の自家用乗用車(タクシーなど事業用を除く乗用車。登録車と軽自動車の合計)の世帯当たりの普及台数は,前年から0.006台減の1.052台に減少した。2019年は保有台数で19万台,世帯数で52万世帯増加し,保有台数の伸び率に比べ世帯数の伸び率が大きかった。近年は保有台数の伸び率の鈍化により,世帯当たりの普及台数はやや微減傾向にある

 都道府県別の普及上位は福井が1.736台,富山が1.681台,山形が1.671台,群馬が1.625台,栃木が1.603台と続き,上位12県が1.5台以上となっている。1台に満たないのは,東京が0.432台,大阪が0.645台,神奈川が0.705台,京都が0.820台,兵庫が0.909台,埼玉が0.970台,千葉が0.972台となっている。('19 9/11)

日本建設機械工業会,2019年度,2020年度の建設機械需要予測を発表

統計情報

 日本建設機械工業会は,2019年度および2020年度の建設機械需要予測を発表した。それによると,2019年度の出荷金額予測は,前年度比微増の2兆4,514億円となった。うち,国内が同3%増の9,028億円,輸出が同2%減の1兆5,486億円。

 また,2020年度の出荷金額予測は,同2%減の2兆4,026億円となった。うち,国内が同3%減の8,752億円,輸出が同1%減の1兆5,274億円。('19 9/11)

2019年8月の新車販売台数

統計情報

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年8月の新車販売台数は,前年同月比6.7%増の38万8,600台となった。登録車は同4.0%増の24万2,718台,うち乗用車は同0.8%増の20万1,903台,貨物車は同23.4%増の3万9,527台,バスは同32.6%増の1,288台だった。軽自動車は,同11.5%増の14万5,882台,うち軽乗用車は同13.0%増の11万5,276台,軽貨物車は同6.0%増の3万606台。('19 9/11)

NCネットワーク,第1回「FBCホーチミン2019ものづくり商談会」をベトナム・ホーチミンで開催

NCネットワーク,第1回「FBCホーチミン2019ものづくり商談会」をベトナム・ホーチミンで開催

 国内最大級の製造業向け受発注サイトを運営するNCネットワークと同社グループのFactory Network Asiaは,2019年10月10日(木)~11日(金)の2日間,ベトナム・ホーチミンで第1回「FBCホーチミン2019ものづくり商談会」を開催する。同イベントは在ベトナムの日系・ローカル製造業を中心に,日本,ASEAN,中国など,アジア各国からも多くの企業が集結する業界特化型のマッチングイベント。出展各社が登録する調達・販売案件を基に,WEB上で商談の事前申し込みとマッチングを行うことにより,会期中に計画的,効率的な商談を行うチャンスとなる。ベトナム政府機関と協力し,ベトナムローカル企業も参加する。開催概要は以下のとおり。

  • 名称:FBCホーチミン2019ものづくり商談会 Factory Network Business Expo 2019
  • 日時:2019年10月10日(木)~11日(金) 9:00~17:00
     全日程,出展企業同士,来場企業との事前予約商談+来場者とのフリー商談
  • 場所:Phu Tho Indoor Sports Stadium(219, Ly Thuong Kiet Street, Ward 15,District 11, Ho Chi Minh, Vietnam)
  • 参加費:無料
  • 事前来場登録・商談申し込み:2019年9月27日(金)まで
  • 出展対象
    • 製造業:ベトナムでの部品調達,販路拡大を目的とする製造業企業(B to Bで部品・製品を製造・加工している企業)
       金属製品,自動車・鉄道・船舶製品,鉄鋼業,非鉄金属,一般機械器具,電気機械器具,情報通信機械器具,電子部品・デバイス,精密機械器具,繊維・繊維製品,化学工業,プラスチック・ゴム製品,石油・石炭製品 など
    • ソリューション企業:製造業企業にサービス,製品を提供する非製造業企業
       商社,IT(ソフト開発),人材,物流,工業団地など
  • 主催:Factory Network Asia Group,NC Network Group
  • 公式サイト:https://fbchcm.factorynetasia.com/  ('19 9/4)

2019年5月末の自動車保有車両数

統計情報

 国土交通省が集計した2019年5月末の自動車保有車両数によると,総保有台数は前年同月比0.32%増の8,199万3,605台だった。うち登録車は同0.05%減の4,731万7,959台,軽自動車は同0.81%増の3,297万5,825台,総保有台数に占める軽自動車比率は40.22%。('19 9/4)

2019年上半期(1月~6月)の新車販売台数

統計情報

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が発表した2019年上半期(1月~6月)の新車販売台数は,前年比0.8%増の275万3,420台だった。登録車は同0.2%増の173万5,348台,うち乗用車は同0.4%減の149万6,302台,貨物車は同3.8%増の23万1,681台,バスは同1.6%増の7,365台だった。軽自動車は,同1.8%増の101万8,072台だった。('19 8/21)