電機業界」カテゴリーアーカイブ

オムロン,FA技術の旗艦拠点「オートメーションセンタ TOKYO」をグランドオープン

オムロン,FA技術の旗艦拠点「オートメーションセンタ TOKYO」をグランドオープン

オムロンは,東京・品川に,製造現場の課題を顧客と共に解決するための「オートメーションセンタ TOKYO(ATC-TOKYO)」を2020年1月22日にグランドオープンした。37ヵ所目となるATC-TOKYOは,品川という都心に製造現場を再現し,最新のFA技術でモノづくり現場を革新する,オートメーションセンタの旗艦施設となる。

ATC-TOKYOでは,同社の持つ20万種以上の制御機器を高度にすり合わせた革新的な技術力と革新アプリケーションを使用し,モノづくり現場の課題に合わせた解決策を体感・実証できる。また,モノづくり現場で各種機器の導入に必要となる技術トレーニングを提供する。さらに,協調ロボットやモバイルロボットなど各種ロボットを使ったワーク検証や,装置の持ち込み検証など,顧客の使用環境に合わせた実証実験が可能な「AUTOMATION CENTER TOKYO POC LAB(POC-TOKYO)」を併設した。開発部門も近隣にあることから,都心の品川エリアにおいて,最新鋭のモノづくりを「体感」するだけでなく,「実証」,「技術習得」,「開発」まで,ワンストップでソリューションを顧客と一緒に開発することができる。

同社は,これまでFAのリーディングカンパニーとして画像処理センサーなどの入力機器から,各種コントローラー,サーボモーターなどの出力機器をはじめ安全対策機器,産業用ロボットまで幅広い機器を有し,これらをソフトウェアで組み合わせた独自のオートメーション技術を世界中の製造現場に提供している。こうした技術と機器群をベースに,3つの"i",「integrated(制御進化)」,「intelligent(知能化)」,「interactive(人と機械の新しい協調)」からなる戦略コンセプト"i-Automation!"を掲げ,製造業のモノづくり現場の革新に取り組んでいる。

  • 施設概要
    • オートメーションセンタ TOKYO
       東京都港区港南1-8-23 Shinagawa HEART(品川ハート)3階
    • AUTOMATION CENTER TOKYO POC LAB
       東京都品川区東品川1-4-8 日本通運東品川流通センタービル
  • 主な機能
    • 顧客の課題解決に貢献できるデモ機の体験,技術交流
    • 課題解決のための「アプリケーションの開発」
    • 解決策の実現に向けた実証,共同検証の実施
    • 現場導入のための技術トレーニングの実施
  • 見学方法
     法人を対象とした事前予約制  ('20 2/26)

ATC-TOKYOデモ機エリア-オムロン

ATC-TOKYOデモ機エリア

POC-TOKYO-オムロン

POC-TOKYO

安川電機,産業ネットワーク「MECHATROLINK-4」対応の製品を発売

安川電機,産業ネットワーク「MECHATROLINK-4」対応の製品を発売

安川電機は,従来と比べて伝送効率が4倍の産業ネットワーク「MECHATROLINK-4」に対応したACサーボドライブ「Σ-7シリーズ」の「サーボパック」,マシンコントローラ「MP3000シリーズ」用モーション制御モジュール「SVF-01」,および64点入出力モジュール「MFD2310」の3製品を販売開始した。新製品は,従来のMECHATROLINK-IIIとアプリケーション互換を確保して高機能,高性能,高信頼性,使いやすさを維持しつつ,伝送周期は1/4,取得データサイズは1.6倍,データ量は5倍,接続局数は2.5倍を実現している。生産現場の設備や装置から検出されるビッグデータの種類や量を大幅に向上させることで,故障予知や稼働状態監視などを実現する。('20 1/29)

リオン,2019年「心に残った音」を発表

リオンロゴ

リオンは,2019年「心に残った音」調査を実施し,その結果を発表した。

世の中には様々な「音」が存在し,それは「記憶に残る出来事」と密接に結びつきがあるケースが少なくない。同社は音を科学する企業として,多くの人が1年を象徴する印象深い音を共有していることに着目し,2011年から「心に残った音」について調査を実施しており,今年で9回目となる。

対象とした音は,注意喚起音,自然音,歓声,人工音,機械音,ニュース報道の一部(声),テレビ番組やテレビCMの効果音など。

今年度の新入社員による選考委員会にて,2019年の候補の「音」(10個)を選定後,一般の方1,000人にその10音の中から自身の「心に残った音」をインターネットで投票依頼した。結果は以下のとおり。

第1位:ラグビーワールドカップで日本代表がグループリーグを突破した瞬間の歓声
第2位:台風接近時,テレビやスマホから流れた警報音
第3位:祝賀御列の儀(即位祝賀パレード)での歓声 など

また,候補以外の音では,「ラグビーワールドカップの試合でキックオフ時などに流れる『いよー』という歌舞伎の掛け声」,「台風が来たときの風とそれによって揺れた窓の音」,「タピオカドリンクを飲む際の,容器にストローを刺す音」などの音が挙げられた。('20 1/15)

「HANNOVER MESSE 2020」,独・ハノーバーで2020年4月に開催

ハノーバーメッセ2020プレスカンファレンス

日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は,2019年11月6日,都内で「ハノーバーメッセ2020プレスカンファレンス」を開催し,2020年4月20日(月)~24日(金)の5日間,ドイツメッセが主催しドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される世界最大規模のB to B専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」の開催概要を発表した。

今回のメインテーマは「Industrial Transformation(インダストリアル・トランスフォーメーション)」。Industrie 4.0,FA,IIot,AI(人口知能),5G,スマートロジスティクスなどの最新トレンドとトピックスに光を当てる。世界70ヵ国から6,000社を超える企業が出展し,80ヵ国・20万人を超える来場者が見込まれる。

今回の会場は,Automation,Motion & Drives(自動化,駆動技術:Hall 5~9,11~13),Digital Ecosystems(デジタルエコシステム:Hall 14~17),Energy Solutions(エネルギーソリューション:Hall 11~13,27),Engineered Parts & Solutions(高度な技術部品:Hall 19~20,22~23),Future Hub(未来の新技術:Hall 21,24),Logistics(物流:Hall 2~4)の6つの構成で最新の展示プログラムを紹介する。

パートナーカントリーは東南アジア最大のデジタル経済国を目指すインドネシア。インドネシア共和国大使館 経済部 参事官のリマ・チェンパカ氏は,人工知能,モノのインターネット,企業用ウェアラブル,先進ロボティクス,3Dプリンティングなどに関わる同国の「Making Indonesia 4.0」のロードマップを紹介し,「Industrie 4.0の技術導入とジョイントベンチャーの拡大を通じインドネシア産業近代化の一翼を担う技術をハノーバーメッセ・ホール21のインドネシアパビリオンでお見せしたい」と力強く抱負を述べた。

日本政府が掲げるConnected Industries(コネクティッドインダストリーズ)の関連技術,製品,ソリューションや最新事例を世界に発信するために2020年もジャパンパビリオン(Japan Pavilion For Connected Industries:主催ロボット革命イニシアティブ協議会と日本能率協会)を設置,パビリオンへの参加やサポーター出展を募集していることを紹介した。またジャパンパビリオンに隣接して日本電機工業会,インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブも出展する。

HANNOVER MESSE 2020(ハノーバーメッセ)開催概要

  • 会期:2020 年4月20日(月)~24日(金) 各日9:00~18:00
  • パートナーカントリー:インドネシア
  • 会場:ハノーバー国際見本市会場(Messegelände, 30521 Hannover, Germany)
  • 出展料金:2,852.00ユーロ/9m2
  • 入場料金:
     1日券(One-day admisson):前売り31ユーロ,当日窓口39ユーロ
     通し券(Full-event admisson):前売り70ユーロ,当日窓口84ユーロ
     ※日本円での1日券・通し券は,2020年1/10~4/10まで,ドイツメッセ日本代表部入場券購入ページ(https://school.jma.or.jp/products/detail.php?product_id=150751)にて販売予定(請求書決済)
     ※ユーロでの前売り券の購入は,ハノーバーメッセ公式ホームページ(https://www.hannovermesse.de/en/get-tickets/)まで
     ※宿泊の予約は,ハノーバー観光局ホームページ(https://www.visit-hannover.com/)まで
  • 問い合わせ先:日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
     〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22 日本能率協会ビル
     TEL:03-3434-6447 FAX:03-3434-8076
     E-Mail:DMS@jma.or.jp
     ハノーバーメッセ2020 詳細情報(URL)
     http://www.hannovermesse.co.jp/representauten/hannover.html  ('20 1/8)

小野測器,くいんとと構造設計領域で技術提携契約を締結

小野測器は,計算工学関連解析ソフトウェアの開発・販売や技術コンサルティングなどを行っている,くいんとと構造設計領域における技術提携に関する契約を締結した。両社は,ものづくり業界における設計領域の課題解決を通して,双方の専門性を相互補完する協力関係の構築を目指す。構造設計領域でのソリューション力強化,実験や解析のコンサルティングサービスの提供,実験や解析の受託サービスの提供,新プロダクトの開発を実施する。設計領域でモデル化が難しいとされているアセンブリ製品に対しても,モデルの構築やモデル精度向上を促進する。('19 12/25)

ダイヘン,ロボットのリモートメンテナンスサービスを開始

ダイヘンは,顧客の現場に設置しているロボットを同社サービスセンターにインターネット経由で接続し,遠隔操作によりサービス員が問題解決のサポートを行う「リモートメンテナンスサービス」を2019年12月より開始した。同サービスは,ロボットコントローラ「FD19」に搭載された「IoT機能」により,サービスセンターから現場のロボットを直接操作し,状況の確認や調査が可能。特別な機器は不要で,スマートフォンやLTEルータ経由でサービスセンターと接続できる。FD19を採用している全員がサービスを利用可能で,利用前の契約やサービス料金は不要。FD19は,ウィルス対策ソフトを標準搭載で,インターネット上の通信を暗号化する。管理者が事前に登録した端末からのみクラウドにアクセスが可能。('19 12/18)

「SEMICON Japan 2019」,「次代のコアになる。」をテーマに本日から開催

SEMICON JAPANロゴ

SEMIは,本日2019年12月11日~13日までの3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)の西展示場・南展示場・会議棟において,半導体デバイス製造,自動車やIoT機器などのSMARTアプリケーションなど,エレクトロニクス製造サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2019」を開催する。同展は「次代のコアになる。」をテーマに,695の出展者が最先端の製造技術を展示し,3日間で述べ5万5,000人の来場を見込んでいる。

「SMART Applicationsゾーン」では自動車,工場などで進むスマート化のトレンドやその最新技術を「SMART Transportation」と「SMART Manufacturing」にフォーカスして紹介する。「SMART Transportation」エリアではMaaS,EV,自動運転などの次世代自動車の市場や技術動向を展示し,自動運転パビリオンでオープンソースソフトウェアの自動運転ソフトを搭載した自動車を披露する。「SMART Manufacturing」エリアでは拡張現実・仮想現実(AR / VR)を活用した半導体工場の製造ラインの見える化を体験できる「Smart Factory」を展示する。ミニマルファブシステムの遠隔操作の実演も行う。

SEMICON Japan 2019開催1

浜島雅彦氏(SEMIジャパン代表)

SEMICON Japan 2019開催2

今野宏氏(SEMICON Japan推進委員会 委員長)

SEMIの半導体製造装置市場予測によると,2019年の半導体製造装置(新品)販売額は,過去最高額である644億ドルを記録した前年から10.5%減の576億ドルになると予測されるが,2020年は回復に転じ,2021年は再び過去最高額を更新すると予測している。('19 12/11)

SEMICON Japan 2019開催3

Clark Tseng 氏(Director, Industry Research & Statistics, SEMI)

オムロンとシーメンス,現場データ活用サービスでパートナー契約

オムロンとシーメンス,現場データ活用サービスでパートナー契約

オムロンと独シーメンス(Siemens)の日本法人は2019年11月27日,オムロンの現場データ活用サービス「i-BELT」とシーメンスのクラウドベースのIoT基盤「MindSphere」に関してパートナー協力し,共同で実証実験を開始すると発表した。「i-BELT」から複数拠点の現場データを収集して「MindSphere」と連携し,複数拠点を横断する大量のデータを分析する。この工場間のデータ活用で多様化する製造現場の課題を解決する。

また,オムロンの草津工場と熊本県内にあるグループ会社の工場との間でデータをやりとりし,金属加工機を最適制御する実証実験を行う。海外拠点とのデータ連係などについてもグループ内で試し,2021年度のサービス開始を目指す。

なお,同日から開催されている「IIFS 2019」のオムロンブースでは,人と機械が協調する生産ライン,AIによる品質予兆管理,5Gによる未来の製造現場など製造業が直面する現場の課題を解決するソリューション事例を体感できる展示を行った。('19 12/4)

第7回「FBCバンコク2020 ものづくり商談会」をタイ・バンコクで開催

第7回「FBCバンコク2020 ものづくり商談会」をタイ・バンコクで開催

Informa Markets,NC Network,Factory Network Asia (Thailand)は,日本の有力銀行と地方自治体を共催に迎え,「FBCバンコク2020 ものづくり商談会」をタイ・バンコクで2020年5月13日(水)~16日(土)の4日間にわたり共同で開催致する。

同イベントは,日タイ製造業のビジネス拡大と交流を目的としており,製造企業及び関連企業が材料,部品の現地調達や,自社製品の販路拡大のために,調達・販売品を展示し,タイローカル企業や在タイ日系企業と商談する業界特化型のイベント。バンコクでは今回が7回目の開催となる。

また,昨年からの大きな変更点として,2020年はINTERMACH,MTA 2020とSUBCON THAILANDの併催イベントとして開催され,新たなバイヤーやタイローカル企業との商談の機会が期待されている。

特に,併催イベントであるSUBCON THAILANDでは約200社のタイローカル企業が出展予定であり事前のマッチングも可能。自社製品がタイ企業に関心を持ってもらえそうかを試したり,現地調達率を高めるための商談のみならず,現地パートナー企業候補の模索も可能となる。概要は以下の通り。

  • 名称:FBCバンコク2020 ものづくり商談会
  • 日時:2020年5月13日(水)~16日(土) 10:00~18:00
    全日程,出展企業同士,来場企業との事前予約商談+来場者とのフリー商談
  • 場所:BITEC Hall 100 ※SUBCON THAILAND 2020の併催イベントとして開催(INTERMACH & MTA 2020)
  • 主催:Informa Markets / NC Network Co., Ltd. / Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.
  • 出展申込期間:2020年2月14日(金)まで
  • 出展対象
    • 製造業:タイでの部品調達,販路拡大を目的とする製造業企業(B to Bで部品・製品を製造・加工している企業)
      金属製品,自動車・鉄道・船舶製品,鉄鋼業,非鉄金属,一般機械器具,電気機械器具,情報通信機械器具,電子部品・デバイス,精密機械器具,繊維・繊維製品,化学工業,プラスチック・ゴム製品,石油・石炭製品など
    • ソリューション企業:製造業企業にサービス,製品を提供する非製造業企業
      商社,IT(ソフト開発),人材,物流など
  • 公式サイト:https://fbcbkk.factorynetasia.com/
  • 問い合わせ先:Factory Network Asia (Thailand) Co., Ltd.
    TEL:+66-(0)2-254-1801-2
    E-mail:thai_fbc@factorynetasia.com  (’19 11/27)

新川電機,「新川ソリューションセミナーin滋賀」を11/29に開催

第2回新川ソリューションセミナーin滋賀

 新川電機は,20198年11月29日(金),ひこね市文化プラザ(滋賀県彦根市)で「第2回新川ソリューションセミナーin滋賀」を開催する。

 同セミナーは,「簡単IoT」,「状態監視」,「温度計測」の3つのテーマで,クラウドを利用した予知保全の最新トレンド,IoTの導入事例,回転機械の振動監視のための各種機器選定,センサの取付位置や最適なパラメータ,赤外線カメラによる温度計測の基礎知識,温度計測に必要とされるカメラ性能などを解説する。概要,申し込み方法は以下の通り。

  • 開催日:2019年11月29日(金) 13:30~17:00(受付開始13:00)
  • 会場:ひこね市文化プラザ(滋賀県彦根市)
  • 定員:20名
  • 参加費:無料
  • プログラム
     13:30~13:45 新川電機とは?
     13:45~14:45 簡単IoT ~マルチセンサを活用した事例紹介~
     14:45~15:00 休憩&機器展示コーナー見学
     15:00~16:00 振動監視~その振動監視,正しく測定できていますか?~
     16:00~17:00 赤外線カメラ体験~赤外線カメラの基礎と各社サーモ体験~
  • 詳細・申し込み:https://www.shinkawa.co.jp/magazine/keiji/  ('19 11/20)

SEMI,2019年第3四半期の世界シリコンウェーハ出荷面積を発表

統計情報

 SEMIは,2019年第3四半期(暦年)の世界シリコンウェーハ出荷面積が29億3,200万平方インチとなったと発表した。2019年第2四半期の29億8,300万平方インチと比べて1.7%減少,前年同期比では9.9%の減少となる。シリコンウェーハ出荷面積の減少は,4四半期連続となる。数値は,ウェーハメーカーよりエンドユーザーに出荷された,バージンテストウェーハ,エピタキシャルウェーハを含むポリッシュドウェーハと,ノンポリッシュドウェーハを集計したもの。('19 11/20)

小野測器,実習室・ショールームを活用した 体験型音響・振動セミナーの展開を開始

ショールーム-小野測器

 小野測器は,新横浜駅から徒歩圏内の本社/ソフトウエア開発センター内に新セミナールームを開設し,それに併設した実習室・ショールームを設備した。従来のセミナーをパワーアップし,実際に音響・振動計測が行える体験型セミナーを展開する。

 同実習室は,内装に吸音材を使用して低暗騒音レベルを確保。除振台も設備しており,音響・振動解析装置を使用した実務に直結する計測を体験できる。また,試験体を持ち込み,実際の課題解決のコンサルティングにも活用が可能。高度な音響・振動解析が必要な試験においては,横浜テクニカルセンターに設備する音響振動試験棟(Acoustic Lab.)の無響室,半無響室,残響室を使用した計測をすることが可能。

実習室-小野測器

 同ショールームは,音響・振動解析装置をメインに高機能騒音計やマイクロホン等の音響センサ,加速度検出器等の振動センサを展示。さらに回転・速度計やトルク測定装置を展示し,実際の計測アプリケーションを体験できる展示となっている。また自動車試験装置などは大型モニターによる動画で見ることができる。('19 10/30)