電機業界」カテゴリーアーカイブ

NTTドコモ,ノキア,オムロン,製造現場における5G活用実証実験に合意

NTTドコモ,ノキア,オムロン,製造現場における5G活用実証実験に合意

 NTTドコモ,ノキアグループ,オムロンは,工場などの製造現場における第5世代移動通信方式(5G)を活用した共同実証実験を実施することに合意した。

 製造業では,熟練工不足や多品種少量生産などの課題解決に,IoTによるデータ活用で生産性を向上させる取り組みが進んでおり,無線化による要求は高い。しかし,工場では人やモノが動くことによる環境変化や,機器から発信されるノイズなど,安定した信頼性の高い無線品質を確保するには多くの課題もある。この実証実験を通じて,高速・大容量,低遅延,同時接続といった5Gの有用性と可能性を共同で評価し,製造業が直面する課題の解決と,将来の製造現場で求められる通信技術の発展を目指す。

 ニーズが多様化し製品サイクルが短期化するなか,大容量,低遅延の5Gの特徴を活かし,製造設備を無線ネットワーク化し自動搬送ロボットを組み合わせるレイアウトフリー生産ラインや,製造設備のデータや作業者の動きの映像データなどを収集し,AIで解析するAI / IoTによるリアルタイムコーチングなどのユースケースが考えられている。

 5G活用実証実験において,ドコモは「5G装置を活用した実証実験の実施に関わる技術的知見の提供」,ノキアは「5G基地局を含むプラットフォームの提供,ノキアベル研究所の先端技術や知見の提供」,オムロンは「ファクトリーオートメーション機器および制御技術や製造業における知見,自社工場での実験環境の提供」を行う。('19 9/11)

東京エレクトロンデバイス,生産設備の稼働状態をAIで監視するソフトウェアの販売を開始

クイックAI監視ソフトウェア「CX-W」-東京エレクトロンデバイス

 東京エレクトロンデバイスは,生産設備の稼働状態変化を検知する稼働監視AIの生成・監視を自動で行い,稼働監視運用を支援するクイックAI監視ソフトウェア「CX-W」を開発,販売を開始した。同製品は,製造装置から通常稼働中のデータを取りこみ,その数値分布や相関関係を学習し,装置の種類や特性,製造品などに合わせた装置ごとの監視用AIを現場で自動生成,リアルタイムに稼働を監視し変化をとらえる。学習データを個別に用意する必要がなく,監視用PCにインストールするだけで簡単に監視用AIの生成・監視ができる。監視中に製造装置の稼働状態に変化があった場合は,原因となったデータの種類と変化の度合いを示す警告指数を判定結果としてPC上に表示する。('19 9/11)

「ハノーバーメッセ2020」にジャパンパビリオンを設置決定

 最新の産業技術・製品が一堂に会す世界最大のB to B専門展示会「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)(主催:ドイツメッセ)」が,2020年4月20日(月)~24日(金)にドイツ・ハノーバー国際見本市会場で開催される。日本能率協会(JMA)ドイツメッセ日本代表部とロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)は共同で,日本政府が掲げるConnected Industries (コネクティッドインダストリーズ)とその関連技術,製品,ソリューション,最新事例を世界に発信する場として,「Japan Pavilion For Connected Industries(ジャパン パビリオン フォー コネクティッド インダストリーズ)」を同展に設置すると決定した。

 同パビリオンの設置場所は,ハノーバーメッセの人気エリアである「Digital Factory」から2020年より名称変更される「Digital Ecosystem」になる予定。また,日本電機工業会,Industrial Value Chain Initiative(インダストリアル バリューチェーン イニシアティブ)と展示エリアを隣接,一体化させ150m2規模になる予定となっている。パビリオンの参加者とサポーターの募集を開始した。概要は以下の通り。

  • HANNOVER MESSE 2020概要
    • 会期:2020年4月20日(月)~24日(金) 9:00~18:00
    • 会場:ハノーバー国際見本市会場
    • 主催:ドイツメッセ
  • ジャパンパビリオン概要
    • 主催:ロボット革命イニシアティブ協議会(RRI),日本能率協会(JMA)
    • 後援・協力:関連官庁・団体等に申請予定
    • 参加規模:150m2(予定)
       ※日本電機工業会,Industrial Value Chain Initiativeの展示エリアの合計
    • 参加号館:HANNOVER MESSE 2020Digital Ecosystems(ホール14,15,16,17のいずれかを予定)
    • 参加対象:Connected Industriesや製造業向けのIT,IoTに関連した日本国内外における事例(ユースケースなどの紹介)・技術・サービス・商品
       ※日本企業および同海外現地法人のみ
  • 問い合わせ先:日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
    〒105-8522 東京都港区芝公園3-1-22
     TEL:03-3434-6447  E-Mail:DMS@jma.or.jp
     https://www.jma.or.jp/dms/  ('19 9/4)

NCネットワーク,第1回「FBCホーチミン2019ものづくり商談会」をベトナム・ホーチミンで開催

NCネットワーク,第1回「FBCホーチミン2019ものづくり商談会」をベトナム・ホーチミンで開催

 国内最大級の製造業向け受発注サイトを運営するNCネットワークと同社グループのFactory Network Asiaは,2019年10月10日(木)~11日(金)の2日間,ベトナム・ホーチミンで第1回「FBCホーチミン2019ものづくり商談会」を開催する。同イベントは在ベトナムの日系・ローカル製造業を中心に,日本,ASEAN,中国など,アジア各国からも多くの企業が集結する業界特化型のマッチングイベント。出展各社が登録する調達・販売案件を基に,WEB上で商談の事前申し込みとマッチングを行うことにより,会期中に計画的,効率的な商談を行うチャンスとなる。ベトナム政府機関と協力し,ベトナムローカル企業も参加する。開催概要は以下のとおり。

  • 名称:FBCホーチミン2019ものづくり商談会 Factory Network Business Expo 2019
  • 日時:2019年10月10日(木)~11日(金) 9:00~17:00
     全日程,出展企業同士,来場企業との事前予約商談+来場者とのフリー商談
  • 場所:Phu Tho Indoor Sports Stadium(219, Ly Thuong Kiet Street, Ward 15,District 11, Ho Chi Minh, Vietnam)
  • 参加費:無料
  • 事前来場登録・商談申し込み:2019年9月27日(金)まで
  • 出展対象
    • 製造業:ベトナムでの部品調達,販路拡大を目的とする製造業企業(B to Bで部品・製品を製造・加工している企業)
       金属製品,自動車・鉄道・船舶製品,鉄鋼業,非鉄金属,一般機械器具,電気機械器具,情報通信機械器具,電子部品・デバイス,精密機械器具,繊維・繊維製品,化学工業,プラスチック・ゴム製品,石油・石炭製品 など
    • ソリューション企業:製造業企業にサービス,製品を提供する非製造業企業
       商社,IT(ソフト開発),人材,物流,工業団地など
  • 主催:Factory Network Asia Group,NC Network Group
  • 公式サイト:https://fbchcm.factorynetasia.com/  ('19 9/4)

IMV,振動ピックアップの新製品「VP-8021A」を発表

振動ピックアップ「VP-8021A」-IMV

 IMVは,振動ピックアップ(振動センサ)の新製品「VP-8021A」を発表した。

 同製品は,IoT対応の超小型振動ピックアップ(センサ)で,MEMSでも10kHzの測定が可能。コンパクト設計により製品価格を抑えている。工場設備,発電所,動力源,回転機構といった機械振動領域や,建物,乗り物,人体,地震といった環境振動領域で,IoT(もののインターネット)やAI(人工知能)を活用した多点振動観測や監視を活用したい企業からの導入を目指す。

 同社は,2019年7月24日(水)から開催される「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2019」に出展し,同製品を用いた振動測定デモンストレーションを国内初公開する。('19 7/24)

キャプテンインダストリーズ,低価格の工作機械用照明を新発売

バルトマン社製工作機械用照明「MACH LED Plus 40」-キャプテンインダストリーズ

 キャプテンインダストリーズは,産業機械用など各種照明機器の製造メーカーであるドイツ・バルトマン社製の,工作機械用平面装着型照明の低価格モデル「MACH LED Plus 40(リーンモデル)」を2019年7月10日(水)より新発売する。

 同製品は,工作機械の内部という狭く高ストレスな場所にも設置できるコンパクトな筐体設計で,重要性能はそのままに低価格を実現した。機械やシステムに後付けすることも可能で,ユーザーの設置場所や照明条件などにあわせて柔軟な配置と調整ができる。蛍光灯と同じように広範囲に照射する設計のため,既存の蛍光灯器と同じ位置に取り付けても照射範囲は変わらず,また照明機器の長さは同等なので従来の蛍光灯器と互換性がある。構造体は防水防塵性IP67の安全ガラス,厚さ4mmのアルミニウム製ハウジングで構成されていて,切粉や油,さまざまなクーラントに対して化学的耐性があり,機械的な衝撃,振動,および熱に耐性がある。('19 7/3)

イグス,3次元動作用イーサネットケーブル「CFROBOT8.PLUS」を開発

イーサネットケーブル「CFROBOT8.PLUS」-イグス

 イグスは,厳しい条件下で稼働する産業用ロボットのスピーディーなコミュニケーションを確保するため,最大捻回角度±360度のチェーンフレックス イーサネットケーブル「CFROBOT8.PLUS」を開発した。

 製造業では,2020年には世界中で300万台を超える産業用ロボットが稼働すると見込まれ,それに伴い,ロボット同士やロボット軸,制御系統,上位システム間の確実なコミュニケーションに対する要求も高まっている。同社では,将来的には産業用イーサネットケーブルが優勢になる可能性が高いことを踏まえ,高負荷の3次元動作に対応し,ロボット部品間の確実なデータ伝送を担うイーサネットケーブルの開発に至った。最大捻回角度±360度で耐久性に優れる新しいケーブルは,市場で欠けていた領域をカバーできる。

 同製品は広さ2,750m2の同社試験施設において,3次元動作用ケーブル保護管のトライフレックスR内で1,500万サイクル以上の捻回テストが実施されており,イーサネット通信の電気特性が問題なく機能することが確認されている。耐用年数を評価する試験は現在も継続中で,最終結果が出るまでには,あと数年かかる予定としている。('19 6/26)

ドイツメッセ,新しいデジタル技術展示会を2020年3月にドイツのハノーバーで開催

 日本能率協会ドイツメッセ日本代表部は,ドイツメッセ社が2020年3月17日(火)~19日(木)の3日間,ハノーバー国際見本市会場(ドイツ・ハノーバー)で新しいデジタル技術展示会「TWENTY2X」を開催すると発表した。同展示会のテーマは,IT技術と中小企業のビジネスプロセスのデジタル化で,展示会とともにカンファレンスも行われる。主にドイツ,オーストリア,スイスの中小企業およびスタートアップのCEOとITに関連する意思決定者,ITエキスパート,アドバイザーを来場対象とする。

 同展示会は,ビジネスマネジメント(データ管理,ビッグデータ,人工知能,ビジネスソフト,クラウドなど),セキュリティソリューションズ(ITインフラ,脅威管理,GDPR(EU一般データ保護規則),ブロックチェーンなど),ニューテック(最先端技術の重要アプリケーションと開発),スケール11(スタートアップ向け展示),ニューワーク(職場のシステム,マネージメント)の5つのメイン展示エリアで構成される。現在,出展者を募集している。

  • 問い合わせ先:日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部
    〒100-0003 東京都港区芝公園3-1-22
    TEL 03-3434-6447  FAX 03-3434-8076
    E-Mail DMS@jma.or.jp
    URL http://www.jma.or.jp/dms/  ('19 6/19)

日鉄エンジニアリングとチャレナジー,風力発電機に関する技術検討を共同で実施

垂直軸型マグナス式風力発電機 日鉄エンジニアリングとチャレナジーは,チャレナジーが開発する次世代風力発電機「垂直軸型マグナス式風力発電機」(マグナス風車)に関する技術検討を共同で実施する旨の契約を締結した。マグナス風車開発をチャレナジーが担当し,設計・調達・施工などのエンジニアリングを日鉄エンジが担当することで,商業化に向けたコストダウン等に取り組む。

 マグナス風車は,従来のプロペラ式と異なりプロペラの代わりに円筒翼を用いることで,台風などの強風下でも風向・風速に左右されず安定的に発電できる。離島地域の安定的な電力供給を目的に,日本国内やフィリピンなど東南アジアの島嶼部への普及を狙いとしている。('19 6/12)

オムロン,「状態監視機器新シリーズ」として温度状態監視機器 「K6PM-TH」を発売

温度状態監視機器「K6PM-TH」-オムロン オムロンは,製造現場の異常状態を人に代わって監視する「状態監視機器」の新シリーズとして,温度状態監視機器「K6PM-TH」を2019年6月3日から順次発売すると発表した。

 同製品は,制御盤や配電盤などの盤内にある機器の温度をIoTにより常時遠隔監視することができる。異常発熱を予測する独自の「到達予測アルゴリズム」や,外気温度の影響を受ける場所でも周囲温度の変化をキャンセルし対象機器の温度上昇のみを捉える「差温検出アルゴリズム」で,早期に異常傾向を把握できる。また,広視野角(90°×90°)のコンパクトな非接触温度センサーで狭い盤内でも少ないセンサー数で全面の温度状態を測定することができる。常時遠隔から監視可能なため,人が点検のために巡回する必要がなく,異常発生時のみの現場対応となり,設備や装置の異常停止リスクの低減と省人化の両立が可能となった。('18 6/12)

「ハノーバーメッセ2019」開催される

 2019年4月1日(月)~5日(金)の5日間,ドイツ・ハノーバー国際見本市会場で,最新の産業技術・製品が一堂に会する世界最大のB to B専門展示会「ハノーバーメッセ2019」が開催された。メインテーマは「Integrated Industry-Industrial Intelligence(インテグレイテッド・インダストリー-産業インテリジェンス)」で,製造現場やエネルギー産業におけるオートメーションやロボティクスなど,効率化や製造工程の自動化,予知保全,5Gの産業活用といった最先端の技術が全27ホールで紹介された。

 プラスチックモーションカンパニーのイグスでは,初日にドイツ・メルケル首相がブースを訪れ(写真1),同社が2年後の商品化を目指す家庭用協働ロボットの試作機を視察した。このロボットは樹脂製のギヤやベアリングを使用することで軽量化や低コスト化とともに,メンテナンスフリーを実現するもの。

イグスブースを訪問するメルケル首相(中央)とイグス・ブラーゼCEO(左)

写真1 イグスブースを訪問するメルケル首相(中央)とイグス・ブラーゼCEO(左)

 同社のブースでは,少量多品種生産となる介護用自動車のステアリングやギヤ部品などを耐摩耗性を備えた樹脂で製造する3Dプリンタによる部品製造サービス(写真2)や,ユーザーがインターネットで好みの部品を選択し低価格のロボットがネットショッピングで注文できる「RBTX.com」などを発表した。

3Dプリンタによる部品製造サービス

写真2 3Dプリンタによる部品製造サービス

 今回目玉の一つである「5G Arena」では,世界に先駆けて5G(第5世代移動通信システム)」を使用したロボットや画像処理など製造業での活用に関連した実演(写真3)が公開された。またホールでは自動化された工場を再現し自動運転されるラインにタイヤや部品を無人の電気自動車が自動給電しながら搬送し,締め付け作業をする人間とロボットが協働作業をするといった工程(写真4,5,6)が見られた。

5G通信を利用したロボット

写真3 5G通信を利用したロボット

ホールに再現された工場

写真4 ホールに再現された工場

タイヤ自動搬送ロボット

写真5 タイヤ自動搬送ロボット

協働する人とロボット

写真6 協働する人とロボット

 昨年に続き,日本能率協会(JMA)とロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)が共同でジャパンパビリオンを設置し,I Smart Technologies,アビームコンサルティング,Edgecrossコンソーシアム,京都機械工具,情報通信研究機構,日本電機工業会とともに日本のコネクテッド・インダストリー技術やソリューションなどIoT関連技術やサービスを海外にアピールした(写真7)。

ジャパンパビリオン

写真7 ジャパンパビリオン

 また,昨年までジャパンパビリオンで出展していた鋳金加工業のジャストは,ハノーバーメッセ出展をきっかけに海外との商談を得たことから,海外受注を目指す全国鍍金工業組合連合会の会員企業に呼びかけ,会員企業8社で出展,日本の高い鋳金技術をPRした(写真8)。潤滑油やグリースの給油・給脂装置やろ過装置,試験機,コーティング関連各社の出展も多く見られ,グリース給脂機器のリューベは現地法人が中心となり今回初出展となった。

全国鍍金工業組合連合会ブース

写真8 全国鍍金工業組合連合会ブース

 ハノーバーメッセ2019の出展社数は6,500社・団体,来場者数は21万5,000人,日本企業の出展は82社・団体と昨年の79社を上回る出展数となった。

 2020年は4月20日~24日の開催を予定している。('19 5/15)

出光興産,AI・IoT技術を活用した産業保安システムの実証実験に参加

 出光興産は,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の2017年-2018年度事業である「IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業」の実証実験に参加した。実証実験は,同社北海道製油所を現場として,ビッグデータ解析による配管腐食の早期検知や,より高精度な腐食評価の実現などを目的に実施された。実証実験の幹事会社であるアクセンチュアをはじめ,関係機関が配管における腐食の進行度合いをデータ主導型で解析,評価する仕組みを構築した。具体的にはアクセンチュアが出光の腐食評価基準に従い,配管画像・動画をピクセル単位で評価するモデルをAI技術のひとつである「Deep Learning技術」を用いて構築し,システム上で実装した。

 解析モデルは裸配管・保温材配管を対象に配管画像を学習して構築し,同社定義の基準で80%以上の高い解析精度を出しており,実務レベルの有用性を確認した。このモデルにより配管腐食の早期検知,点検員による腐食評価のバラつきの均一化による設備信頼性の向上の可能性や,若手エンジニアの経験を補足する効果が示された。また,現場にてモバイルで配管画像撮影・アップロード・解析結果の確認が実施でき,実務での有効性を確認した。('19 5/15)