アポロリテイリング」タグアーカイブ

アポロリテイリング、自動車整備ポータルサイト「Car-Care-Pro.net」を開設

Car-Care-Pro.netロゴ 出光興産の子会社であるアポロリテイリングは、SSやその他整備事業者向けに自動車整備の情報ポータルサイト「Car-Care-Pro.net」を開設した。複雑化し負担が増える自動車整備の現場をサポートする。
 同サイトでは,国産車約500車種・700モデルの情報を掲載しており、エンジンオイル・ミッションオイル・バッテリー・エアコンフィルタの交換作業手順と適合商品を確認できる。パソコンのほかにタブレットやスマートフォンからも検索が可能。掲載情報は定期的に更新され、新車に関しても発売から6ヵ月以内に情報が掲載される。(’19 2/13)

出光興産とイエローハットのジョイント店舗「アポロハット」が200店舗突破

出光興産とイエローハットのジョイント店舗「アポロハット」が200店舗突破 出光興産とイエローハットが展開するジョイント店舗「アポロハット」が200店舗を突破した。
 両社は2012年に業務・資本提携をスタートし,出光興産100%子会社のアポロリテイリングを通じて,ユーザーにリーズナブルな価格でカー用品を提供できるように共同仕入れを実施し,イエローハットが持つ卸売の機能・ノウハウの活用により出光SSへの商品直送体制を構築した。また,最寄りの出光SSで気軽にカー用品を購入できるように,2013年よりジョイント店舗「アポロハット」を展開してきた。
 同店は,既存の出光SS施設を活用し,売れ筋のカー用品を展示・販売することを志向しており,イエローハットの取り扱い商品から各地域に適した商品を厳選し,豊富なラインナップと,カーショップ並みの価格を実現している。(’17 4/26)

出光興産,「2016年度CCSコンテスト全国大会」開催される

2016年度CCSコンテスト全国大会-出光興産 出光興産は,2016年10月19日(木),アポロリテイリング中央訓練所 研修センター(千葉県市原市)で「2016年度CCS(カーケアサービス)コンテスト全国大会」を開催した。
 同社では,「お客様に支持されるクルマの町医者」のコンセプトのもと,「接客サービスの向上」や「技術力・提案力の向上」を通じ,ユーザーとより強固な信頼関係を築くことを目指し,CCS活動に取り組んでいる。
 当日は全国の地区大会で選抜された20名が参加,接客やオイル・タイヤ・バッテリーなど車両点検とその結果によるアドバイスなど,日頃から磨かれた技術を披露した。
 最優秀賞には,原田 拓郎 氏(出光リテール販売 東北カンパニー セルフ仙台バイパスSS),山内 翼 氏(丸福産業 セルフしばはらSS),米村 大樹 氏(金沢石油 サンライズ感田SS)の3名が選ばれ,副賞として2017年沖縄カスタムカー展示会研修旅行が贈られた。(’16 11/2)

出光興産,「CCS(カーケアサービス)コンテスト全国大会」が開催される

2015年CCS(カーケアサービス)コンテスト全国大会-出光興産 出光興産は,2015年10月7日(水)にアポロリテイリング中央訓練所(千葉県市原市)で「CCS(カーケアサービス)コンテスト全国大会」を開催した。
 出光グループでは「お客様接点の充実」を図るため,「接客サービスの向上」や「技術力・提案力の向上」を通じ,お客様とより強固な信頼関係を築くために1964年からカーケアサービス活動に取り組んでいる。現在は出光の全3,700SS中,1,100SSがCCSに取り組んでおり“愛車の町医者”として地域で信頼される店作りを目指している。
 当日は全国の地区から選ばれた20名が参加,接客やオイル・タイヤ・バッテリーなど車両点検とその結果によるアドバイスなど,日頃から磨かれた技術を披露した。
 最優秀賞には工藤 和宏 氏(秋田県,丸伊商店 仁井田SS),坪田 理奈 氏(宮城県,出光リテール販売 東北カンパニー セルフ住吉台SS),高橋 誠 氏(埼玉県,サンワ パラーダ浦和SS)が選ばれ,副賞としてマカオGP観戦研修旅行が贈られた。(’15 10/21)

出光興産,カーケアサービスコンテスト全国大会が開催される

カーケアサービスコンテスト全国大会-出光興産 出光興産とアポロリテイリングは,2014年2月6日にアポロリテイリング中央訓練所研修センター(千葉県市原市)にてカーケアサービス(CCS)の全国大会を開催した。
 出光グループでは2005年度から「お客様接点の充実」のコンセプトのもと,「接客サービスの向上」や「技術力・提案力の向上」,「押し売り感の払拭」を通じ,顧客とより強固な信頼関係を築くカーケアサービス活動に取り組んでいる。
 今回は地区大会で選抜された17名がSSで行っている接客の成果を披露した。実習審査最優秀賞には,丸福産業(セルフしばはらSS)の京矢 雄大 氏,アポロ興産(ハーテック国見SS)の高橋 浩二 氏,丸伊商店(仁井田SS)の泉 靖之 氏が選ばれ,アポロリテイリングの田中 則男 社長から表彰状と副賞のマカオへの研修旅行が贈られた。(’14 2/26)

アポロハット全国1号店が豊橋市にオープン

 出光興産とアポロリテイリング,カー用品販売のイエローハットのコラボレーションによる「アポロハット」の全国1号店が,愛知海運産業の直営ユースフル豊橋SS(愛知県豊橋市)でオープンした。アポロハットは,出光興産とイエローハットとの業務・資本提携に基づき,イエローハットの販売ノウハウ,推奨商品の品揃えなどを全国の出光系列SSで実践するジョイント店舗である。実験店舗は既にあったが,本格的な店舗は今回が初めてで,2013年度中に全国で100店舗の展開を目指している。(’13 5/29)

出光興産,「CCS(カーケアサービス)プログラム」導入拡大を推進

 出光興産とアポロリテイリングが,系列SS向けに展開している「CCS(カーケアサービス)プログラム」実施店が2012
年10月に816ヵ所に達した。2006年にスタートしたCCSは,クルマの点検結果を記したカルテをもとにメンテナンススケジュールを管理していくプログラムであり,2011年度からは無料点検サービスの勧めに的を絞って店頭活動を徹底する「CCSベーシック」も導入した。無料点検の呼びかけを出光SSの特徴として根付かせ,2015年度には実働ベースで1,500ヵ所以上に広げる方針。点検から顧客のニーズに合わせた提案を行い,カーケアの新規客を獲得する活動としてSSの安定経営につなげる。(’12 10/31)

カーケアサービスコンテストで初の全国大会が開催される―出光興産,アポロリテイリング

「CCS(カーケアサービス)コンテスト」全国大会-出光興産,アポロリテイリング 出光興産とアポロリテイリングは,2012年10月3日に千葉県市原市にあるアポロリテイリング 中央訓練所研修センターにてCCS(カーケアサービス)コンテストの全国大会を開催した。出光グループでは2005年度から「お客様接点の充実」を図るため,「接客サービスの向上」や「技術力・提案力の向上」,「押し売り感の払拭」を通じ,お客様とより強固な信頼関係を築くカーケアサービス活動に取り組んでいる。今回のような全国大会は始めてで,地区大会で選抜された14名が日頃のSSでしている笑顔での声掛けなど接客や軽やかな作業でのピット点検などを披露した。最優秀賞には,金沢石油(感田SS)の杉原 亮夫 氏,丸伊商店(フレンドリー広面SS)の佐藤 将太 氏,アポロ興産(島原SS)の稲田 喜久 氏が選ばれ,アポロリテイリングの田中 社長から表彰状と副賞のマカオグランプリ観戦付研修旅行が贈られた。(’12 10/17)

出光興産とイエローハット,業務・資本提携の契約を締結

 出光興産とイエローハットは,業務・資本提携に関する契約を締結したと発表した。業務提携の内容は,商品の共同仕入れおよび出光サービスステーションへの新たな商流の構築,新商材・サービスの開発,自動車用品卸売事業の拡大,相互顧客に対する便益供与,人材教育システムの有効活用などであり,両社間の提携関係をより強固なものとするために出光興産はイエローハット株の124万8,100株(出資比率5%)を17億2,200万円で中原商事と個人株主2名から譲渡を受ける予定である。両社は今後,出光興産の子会社アポロリテイリングを通じて,消費者によりリーズナブルな価格での商品提供ができるよう,共同仕入の実施によるスケールメリットの追求によりコスト削減を図る一方で,イエローハットの持つ卸売の機能・ノウハウを活用し,出光系列4000店舗のサービスステーションを対象に直送体制の構築を進めていく。これにより,両社における年間取扱取引高は,当初3年をめどに約100億円を目指すとしている。(’12 4/11)

アポロリテイリングと出光テクノファイン,「ヘッドライトリフレッシュサービス」を展開

 出光興産の子会社であるアポロリテイリングは,出光テクノファインと共同で,独自の高機能コート剤を用いたコーティング施工により,経時変化で変色・劣化した乗用車のヘッドライトに透明感のある輝きを復活させる新たなサービス,「ヘッドライトリフレッシュサービス」を2012年3月1日より出光SSにて順次展開していく。近年,変色したヘッドライトレンズを研磨し,表面にコーティングを施すサービスが提供されるようになったが,施工後の乾燥に長時間を要することや,施工後にくすみ・変色が再発しやすいなどの課題があった。出光テクノファインは,出光興産先進技術研究所が開発した技術を用い,これらの課題を解消した高機能コート剤を開発した。同コート剤は,速乾性に優れるため短時間で完全な乾燥状態になるほか,UVカット機能により,施工後に再変色するリスクが低く,またキズに強いといった特長を有している。アポロリテイリングは,同コート剤をヘッドライトレンズ用コート剤に活用し,研磨・コーティング等を行う施工サービスを新たなメニューとして揃え,洗車や車検販売に取り組む出光SSを中心に,順次展開する。(’12 3/7)

アポロリテイリング,「DURAN Mu:TECH ECO」を新発売

出光興産の子会社であるアポロリテイリングは,出光プライベートブランドタイヤ「DURAN Mu:TECH」を改良し,低燃費性能を向上させた新商品として「DURAN Mu:TECH ECO」を全国の出光サービスステーションにて発売を始めた。同社は,横浜ゴムと共同で経済走行と環境保護に貢献することを目的に,日本自動車タイヤ協会 策定の業界自主基準「ラベリング制度」の基準をクリアする低燃費タイヤの開発を行ってきた。同タイヤの特長としては,トレッドゴム(タイヤの表面のゴム部 分)に新コンパウンドを採用し,「ころがり抵抗」を15%低減して燃費の良化を実現,またトレッドパターン(タイヤ溝のデザイン)を変えることなく,従来 の「ウェット制動性能」および「静粛性」を保持するなどがある。これらの素材と性能の改良により同製品は,ラベリング制度の等級において「ころがり抵抗性 能=A」,「ウェットグリップ性能=d」を取得し,業界基準の「低燃費タイヤ」として認定された。(’11 9/14)

アポロリテイリング,自動車用高性能バッテリー「ZAXIA」を6月から発売

自動車用高性能バッテリー「ZAXIA」-アポロリテイリング 出光興産子会社のアポロリテイリングは,パナソニックストレージバッテリーと共同開発した新自動車用高性能PB(プライベートブランド)バッテリー「ZAXIA(ザクシア)」を2011年6月20日から出光系列SSで発売する。同製品は,従来の同社PBバッテリー「Super DieHard(メイン機種)」と比べ,バッテリー寿命が30%,充電回復性能が45%,充電容量が12%それぞれ向上。バッテリーの劣化状態,放電異常などを検知する「ライブモニター」を標準搭載しており,国内最長(2011年1月時点)となる「4年間」または「10万km」を保証(ライブモニター装着が条件)している。(’11 3/2)