エンジン潤滑研究会」タグアーカイブ

「変速機のトライボロジー研究会」と「エンジン潤滑研究会」,合同でオンライン研究会が開催される

「変速機のトライボロジー研究会」と「エンジン潤滑研究会」の合同オンライン研究会

2021年3月12日(金),日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)「変速機のトライボロジー研究会(主査:村木 一雄 氏,日産自動車)」と「エンジン潤滑研究会(主査:三原 雄司 氏,東京都市大学)」を合同で,Web会議システム(Zoom)を使用したオンライン方式で開催した。

当日は,両研究会主査による開催挨拶の後,3件の話題提供が行われた。三原 雄司 氏は「エンジンの産学連携研究及び新設された“ZEMコンソ”の紹介」と題し,2019年度からAICE(自動車用内燃機関技術研究組合)関連の産学連携研究の具体例や魅力と共に新しく設立されたZEMコンソ(ゼロエミッションモビリティ)について紹介した。

三原先生-「変速機のトライボロジー研究会」と「エンジン潤滑研究会」の合同オンライン研究会

三原先生

次に黒田 耕治 氏(TRAMI運営委員長・本田技術研究所)は,「TRAMI(自動車用動力伝達技術研究組合)における産学連携活動の紹介」と題し,駆動・電動技術の産学連携の基礎研究や産学人材育成を通して日本の産業力の底上げと持続的な科学技術の発展に貢献することを目的に設立されたTRAMIの活動内容を紹介した。

黒田氏-「変速機のトライボロジー研究会」と「エンジン潤滑研究会」の合同オンライン研究会

黒田氏

最後に村上 靖宏 氏(技術オフィス・村上)は,「自動車用エンジン油と駆動系油剤への要求特性―低粘度化と省燃費性能の視点から―」と題し,エンジン油と駆動系油剤の要求特性や共通性や相違性を整理した上で,低粘度化による省燃費性能向上効果を検証し,車両の電動化を見据えた両者統合の是非についても議論した。('21 4/7)

村上氏-「変速機のトライボロジー研究会」と「エンジン潤滑研究会」の合同オンライン研究会

村上氏

「サテライトフォーラム:将来の自動車の潤滑を考える」開催される

サテライトフォーラム:将来の自動車の潤滑を考える 日本トライボロジー学会研究会の添加剤技術研究会(主査:益子 正文 氏,東京工業大学),自動車のトライボロジー研究会(主査:三田 修三 氏,豊田中央研究所),エンジン潤滑研究会(主査:三原 雄司 氏,東京都市大学),変速機のトライボロジー研究会(主査:村上 靖宏 氏,アフトンケミカル・ジャパン)は,2013年10月22日(火),アクロス福岡(福岡市中央区)で「トライボロジー会議 2013秋 福岡 併催 サテライトフォーラム:将来の自動車の潤滑を考える」を開催,約100名が参加した。
 自動車の省燃費や潤滑油における低粘度化が求められる昨今,自動車の省燃費技術やエンジン油・駆動系潤滑油の規格や技術動向など先端技術を発表した。また発表者とともに元売や添加剤メーカーなどエンジン油開発の第一任者が登壇し,今後の次世代自動車や潤滑油低粘度化の動向予測などパネラーの個人的な見解を含めた意見交換を行うなど趣向を凝らしたパネル討論が行われ,会場は盛況となった。講演内容は以下の通り。

1.「自動車産業の動向と環境技術」 古賀 裕一郎 氏(みずほ銀行)
2.「Skyactivエンジンの省燃費トライボロジー技術」 栗栖 徹 氏(マツダ)
3.「駆動系の省燃費技術」 村上 靖宏 氏(変速機のトライボロジー研究会)
4.「エンジンオイル低粘度化について」 丸山 雅司 氏(本田技術研究所)
5.「エンジン油の規格動向:ILSAC GF-6規格の進捗」 佐川 琢円 氏(日産自動車)
6.「駆動系油剤の規格および技術動向」 成田 恵一 氏(出光興産)  (’13 12/4)

トライボロジー会議,サテライトフォーラムの講演内容が決定

 2013年10月22日(火)にアクロス福岡(福岡市中央区)で開催される,「トライボロジー会議 2013秋 福岡」の併催企画であるサテライトフォーラム「将来の自動車の潤滑を考える」の講演内容が決定した。主催は,日本トライボロジー学会の第2種研究会「添加剤技術研究会」と第3種研究会の「自動車のトライボロジー研究会」,「エンジン潤滑研究会」,「変速機のトライボロジー研究会」である。開催概要と講演内容,申し込み先は以下の通り。講演の終了後は技術交流会が予定されている。

●日時:2013年10月22日(火) 10:00~17:00
●会場:アクロス福岡 7階大会議室(福岡市中央区)
●定員:150名程度
●参加費:
 ○主催研究会員およびトライボロジー会議 2013 秋 福岡 参加者登録者:無料(事前登録参加証が必要)
 ○会員でトライボロジー会議事前登録のない方:3,000円
 ○非会員:
  入会希望者 11,000円(2013年度年会費,入会費を含む)
  入会を希望されない方 10,000円
 ○学生会員:無料
 ○非会員学生:
  トライボロジー会議事前登録者 無料(事前登録参加証が必要)
  入会希望者 4,000円(2013年度年会費を含む)
  入会希望をされない方 3,000円
●講演内容:
 1.「自動車産業の動向と環境技術」 古賀 裕一郎 氏(みずほ銀行)
 2.「自動車の省燃費技術」
  2-1.「エンジンの省燃費技術」 エンジン潤滑研究会
  2-2.「駆動系の省燃費技術」 変速機のトライボロジー研究会
 3.「エンジン省燃費技術としてのエンジンオイル低粘度化について」 丸山 雅司 氏(本田技術研究所)
 4.「エンジン油の規格動向:ILSAC GF-6規格の進捗」 佐川 琢円 氏(日産自動車)
 5.「駆動系油剤の規格および技術動向」 成田 恵一 氏(出光興産)
 6.「パネル討論:登壇者とともに」 全員,招待パネリスト
●申し込み・問い合わせ:日本トライボロジー学会事務局
 TEL 03-3434-1926  jast@tribology.jp
 http://www.tribology.jp/conference/misc/fso4p10000001in9.html (’13 9/11)

トライボロジー会議,“サテライトフォーラム:将来の自動車の潤滑を考える”を併催予定

 日本トライボロジー学会の第2種研究会「添加剤技術研究会」と第3種研究会の「自動車のトライボロジー研究会」,「エンジン潤滑研究会」,「変速機のトライボロジー研究会」は2013年10月22日(火)に,「トライボロジー会議 2013秋 福岡」の併催企画としてサテライトフォーラム“将来の自動車の潤滑を考える”をアクロス福岡(福岡市中央区)で開催する。
 同シンポジウムでは「今後の自動車市場および燃費規制動向」,「エンジンの省燃費技術」,「エンジン油の規格動向:ILSAC GF-6規格の進捗」,「駆動系の省燃費技術動向」,「駆動系油剤の規格動向」の各講演と登壇者によるパネル討論が予定されている。開催概要は以下の通り。

○日時:2013年10月22日(火) 10:00~17:00
○会場:アクロス福岡(福岡市中央区) トライボロジー会議秋と同会場,7階 大会議室
○定員:150名程度
○参加費:
 1.主催研究会(「添加剤技術研究会」,「自動車のトライボロジー研究会」,「エンジン潤滑研究会」,「変速機のトライボロジー研究会」)の会員および「トライボロジー会議 2013秋 福岡」参加登録者:無料
  (参加登録の方は,事前登録参加証をご持参ください)
 2.技術交流会(フォーラム後に登壇者を囲んで技術交流会(有料)も計画している)
○問い合わせ先:日本トライボロジー学会 jast@tribology.jp 
  詳細はトライボロジー学会ホームページ http://www.tribology.jp/へ掲載の予定  (’13 8/21)