コーティング」タグアーカイブ

トライボコーティング技術研究会,特別シンポジウムと岩木賞贈呈式が開催される

 トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2019年2月22日(金)に理化学研究所和光研究所 鈴木梅太郎記念ホール(埼玉県和光市)で,第21回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―コンフォーマル,高機能成膜・薄膜技術の最前線,マイクロ流体技術の医療応用―」を開催し,第11回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と,受賞者の記念講演を行った。
 岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績を上げられた故 岩木 正哉 博士(理化学研究所元主任研究員,トライボコーティング技術研究会前会長)の偉業をたたえ,当該技術分野およびその関連分野において日々努力・研鑽する個人,法人,団体の業績を表彰するもの。第11回岩木賞を受賞したのは以下の3件・10名で,賞状,盾が授与された。

  • 岩木賞優秀賞・事業賞
    「脱真空回転霧化式二流体スプレー法を用いた三次元スタック構造半導体デバイスへのコンフォーマル成膜技術」
     清家 善之 氏(愛知工業大学)/宮地 計二 氏,小林 義典 氏(旭サナック)/黒河 周平 氏(九州大学)/土肥 俊郎氏(Doi Laboratory)
  • 岩木賞特別賞
    「コールドスプレー法の基礎研究と適用事例の開発」
     榊 和彦 氏(信州大学)
  • 岩木賞奨励賞
    「高機能成膜を実現させるアーク抑制型HiPIMS電源の開発」 
     黒岩 雅英 氏,岡野 忠之 氏(東京電子)/中谷 達行 氏,福江 絋幸 氏(岡山理科大学)

 優秀賞・事業賞を受賞した研究は,「三次元スタック構造の半導体デバイスにおける新しい回転霧化式二流体スプレーによる成膜」という独創的かつ高度な技術と合わせ,実用化に成功している点も高く評価され,岩木賞史上初となる複数の賞の同時受賞となった。
 特別賞は,1980年代にロシアで開発された比較的新しい分野において新たな発展の可能性がみえたことが,奨励賞は,電源開発をスタートに成膜分野にまで波及・発展させた点がそれぞれ高く評価された。
 この日は岩木賞受賞記念講演のほか,会員講演として「PVD用薄膜材料およびEifeler社PVD装置最新動向」「塩素含有DLC膜の摩擦摩耗特性に関する研究」「マイクロ流体チップを用いたがんマーカー物質の検出」の3講演も行われた。(’19 3/6)

第21回トライボコーティングの現状と将来

「高機能トライボ表面プロセス部会,第11回例会」開催される

高機能トライボ表面プロセス部会,第11回例会 表面技術協会の高機能トライボ表面プロセス部会(代表幹事:梅原 徳次 氏,名古屋大学)は,2018年11月6日(火),岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜県岐阜市)にて第11回例会を開催した。
 同部会は自動車の低燃費化・高性能化において,高機能トライボ表面の寄与がますます大きくなっていることから,自動車関連やコーティングなどの産業界,大学や研究機関などが参加し,分野横断的な議論を通して低摩擦(高摩擦),耐摩耗性などに優れた高機能トライボ表面のためのプロセス革新に向けた検討を行う場として2014年に設立している。
 第11回例会となる今回は,フラウンホーファーIWS(ドイツ)よりta-C膜のレーザーアーク蒸着技術を開発したグループからVolker Weihnacht 氏,Stefan Makowski 氏がトライボロジー会議2018秋 伊勢に参加することから来日し講演を行った。
 講演テーマは次の通り。

  • 「Deposition and industrial application of superhard carbon coatings (ta-C)」 Dr. Volker Weihnacht
  • 「Properties and quality control of ta-C coatings」 Stefan Makowski 氏
  • 問い合わせ先:「高機能トライボ表面プロセス部会」事務局
     E-mail tribo.process@gmail.com
     Fax 058-293-2511  (’18 11/28)

新明和工業,ダイヤモンドコーティング装置を開発

新明和工業,ダイヤモンドコーティング装置を開発 新明和工業は,難削材の切削工具などの耐摩耗性向上のためにコーティングを施す,ダイヤモンドコーティング装置を開発した。同装置は,2018年11月1日から東京ビッグサイトで開催される第29回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2018)にてパネル展示し,2019年4月から販売を開始する。
 ダイヤモンドコーティングは,難削材であるCFRP(炭素繊維複合材),グラファイト,アルミニウム合金,超硬合金向けの切削工具,特殊なメカニカルシールや超硬金型に適用されている。
 新製品は,「熱フィラメントCVD方式」を採用し,これまで同社が真空事業で培った技術力を生かした独自設計と,「被コーティング材」と「用途」それぞれに合った”コーティングレシピ”を完成させ,耐摩耗性と密着性の高い最適なダイヤモンドコーティングを実現した。また,2015年から販売しているイオンエッチング装置(別売)が,超硬素材上のほぼ全てのコーティングを超硬素材にダメージを与えることなく除去できることから,今回開発したダイヤモンドコーティング装置がラインアップに加わることで,コーティングを「つける」「はがす」といった,超硬工具の再生に必要な表面処理技術について,一貫した提供が可能となった。(’18 11/7)

トライボコーティング技術研究会,シンポジウムと岩木賞贈呈式が開催される

 トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)は,2018年2月23日(金)に板橋区立文化会館(東京都板橋区)で,第20回シンポジウム「トライボコーティングの現状と将来―紫色発光半導体技術,コーティング膜の測定評価技術,産学連携による新技術―」を開催し,第10回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)の贈呈式と,受賞者の記念講演を行った。
 岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績を上げられた故 岩木 正哉 博士(理化学研究所元主任研究員,トライボコーティング技術研究会前会長)の偉業をたたえ,当該技術分野およびその関連分野において日々努力・研鑽する個人,法人,団体の業績を表彰している。第10回岩木賞は以下の3件が受賞し,記念講演が行なわれた。

  • 岩木賞優秀賞:岡本 宗大 氏(大塚電子)
     記念講演「反射分光干渉法を用いた三次元形状体へのコーティング厚みの非破壊測定」
  • 岩木賞事業賞:グウェン ボロレ 氏(アントンパール・ジャパン)
     記念講演「PVDコーティング膜の品質管理法の確立と普及」
  • 岩木賞国際賞:中村 修二 氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
     記念講演「紫色LEDを使った太陽光に近い白色LED―起業と実業化の流れ,次世代の光への挑戦―」

 優秀賞は,大塚電子が独自開発した顕微反射分光膜厚計OPTMにより,光を用いて非破壊・非接触で形状のある実サンプルの各点の膜厚を高精度かつ高速に測定できる技術が評価された。
 薄膜やPVD(物理蒸着)コーティングはより広い用途に対応するため様々な手法が開発され,その手法によりコーティング特性が異なることから,これぞれの特性を評価方法も様々である。事業賞は,過去数十年に渡り,コーティングの品質管理要件を満たす機械的特性測定技術へのグウェン ボロレ 氏およびアントンパール社の貢献が評価された。
 青色LEDでノーベル物理学賞を受賞した中村 修二 氏が起業したベンチャー企業Soraa社が事業化に成功したGaN-On-GaNタイプの紫色LEDは,人工光では自然光のスペクトルに最も近いことから「ブルーライト症候群」の抑制につながると言われている。今後,国際的な普及が期待されていることなどから国際賞の受賞となった。
 また,今回は,「動き始めた町工場と大学・ベンチャー連携」というテーマで開催された第2回「いたばしベンチャーフォーラム」との合同開催となった。パネルディスカッションでは,青色LEDの開発でノーベル賞を受賞した中村 修二 教授を含め5名が登壇し,「ミライを変えるモノづくりベンチャーの始め方」というテーマで,日本が誇る町工場の技術力で技術課題を解決するそれぞれの取り組みや想い,今後のモノづくりのミライについてディスカッションした。(’18 2/28)

第20回トライボコーティングの現状と将来-トライボコーティング技術研究会

ニプロ・慶應義塾大学,DLC成膜技術の開発に成功

 ニプロは,慶應義塾大学 理工学部・鈴木 哲也 教授との共同開発により,ガラス表面へのダイヤモンドライクカーボン(DLC)の成膜技術を開発した。DLCとは,人体に多く含まれ,生体組織から異物として認識されにくいという性質をもつ炭素の同素体で,高撥水性,低摩擦性,高生体適合性,抗血栓性といった特性がある。鈴木研究室では以前より,プラスチックや金属などさまざまな材料の表面にDLCを成膜する技術を開発しており,医療機器であるステントや人工心臓等でDLCを活用する研究を進めている。今回,同社と鈴木研究室は,これらの技術を活用してガラス表面にDLCを成膜することに成功した。
 DLCを成膜したガラス表面は,ガラス本来の性質とは異なり,DLC特有の低摩擦性および高い撥水性を示すことが確認できた。同社は,これらの成膜技術を応用し,医薬用ガラス包装容器(バイアル,シリンジ,カートリッジ等)の内面にDLCを成膜することで,複雑な分子構造を持つバイオ医薬品等への影響を抑制し,低リスクで画期的な医薬用ガラス包装容器の商品企画開発を目指す。(’18 1/24)

ニプロ・慶應義塾大学,DLC成膜技術の開発に成功

「トライボコーティングと高機能トライボ表面部会」の合同研究会が開催される

トライボコーティング技術研究会と高機能トライボ表面プロセス部会の合同研究会 トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)と高機能トライボ表面プロセス部会(代表幹事:梅原 徳次 氏,名古屋大学)は,2017年12月1日(金),東京都立産業技術研究センター(東京都江東区)にて合同での研究会を開催した。
 トライボコーティング技術研究会は,1994年に当時の東京都立産業技術研究所の熱処理研究室に様々な技術相談に集まっていた中小企業を中心に発足。理化学研究所と東京都立産業技術研究センターを中心に,トライボコーティング技術とファブリケーション(ものづくり)技術との協業化を視野に活動している。一方,高機能トライボ表面プロセス部会は,自動車の低燃費化・高性能化において,高機能トライボ表面の寄与がますます大きくなっていることから,自動車関連やコーティングなどの産業界,大学や研究機関などが参加し,分野横断的な議論を通して低摩擦(高摩擦),耐摩耗性などに優れた高機能トライボ表面のためのプロセス革新に向けた検討を行う場として2014年に設立している。
 合同での開催となった今回は,トライボコーティング研究会会長の大森 整 氏,高機能トライボ表面プロセス部会庶務幹事の上坂 裕之 氏(岐阜大学)の挨拶の後,大電力パルススパッタリング(HiPIMS)技術」をキーワードに3件の講演と東京都立産業技術研究センターの施設を見学,HiPIMS成膜システムを用いたプラズマ計測のデモンストレーションなどが行われた。当日の講演プログラムは以下の通り。

  1. 「大電力パルスマグネトロンスパッタを用いたナノクラスター超原子の生成技術」 角山 寛規 氏(慶応義塾大学)
  2. 「PBIIおよびHiPIMSによるDLC膜の作製」 中尾 節男 氏(産業技術総合研究所中部センター)
  3. 「HiPIMS with 2 µm/hour Deposition Rate -The Trends in Coatings for Premium Cutting Tools-」 Alexander Marxer 氏(Cemecon K.K.)

 なお,トライボコーティング技術研究会は2018年2月23日(金)に板橋区立文化会館小ホール(東京都板橋区)にて,第2回いたばしベンチャーフォーラムと合同で理研シンポジウム第20回「トライボコーティングの現状と将来」を開催,岩木賞国際賞・事業賞受賞の中村 修二 氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)による「紫色LEDを使った太陽光に近い白色LED―起業と実用化の流れ,次世代の光への挑戦―」など岩木賞受賞記念講演を行う予定であることを発表した。(’17 12/20)

トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会開催される

2017年トライボコーティング・ドライコーティング合同技術研究会 トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)とドライコーティング研究会(事務局:近畿高エネルギー加工技術研究所)は,2017年10月18日(水)に板橋区立文化会館(東京都板橋区)で合同研究会を開催した。
 今回のシンポジウムの基調講演は,ノーベル物理学賞を受賞された中村 修二 氏を招き,「人体に優しい,紫色LEDを使った,太陽光に近い白色LEDの応用と将来の光源」というテーマで講演を行った。白色LEDを夜の照明に使用すると健康障害を起こすことがあると指摘されている。人類や植物に最も優しい光が太陽光であり,その太陽光に一番近い白色LEDの応用と将来について最新の研究内容の説明があった。基調講演に続き,マイクロセッション,オンデマンドセッションでは,以下のテーマの最新の研究開発や実用事例の紹介などの講演を行った。

  • 基調講演
    • 「人体に優しい,紫色LEDを使った,太陽光に近い白色LEDの応用と将来の光源」 中村 修二 氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  • 第一部:マイクロセッション
    • 「微細加工関連の最新研究動向」 大森 整 氏(理化学研究所)
    • 「イオンショットテクノロジー:光学材料のナノ精度研削とステンレス系金型材のダイレクトカットへの応用」 加藤 照子 氏(理化学研究所)
  • 第二部:オンデマンドセッション
    • 「微細構造を用いた光学フィルムによる光機能制御」 林部 和弥 氏(デクセリアルズ)
    • 「最新ホットスタンプ・アルミ成形金型向けDLC系薄膜について」 福井 茂雄 氏(日本エリコンバルザース)  (’17 11/8)

「機能性コーティングの最適設計技術研究会」開催される

2017年度第10期 第1回機能性コーティングの最適設計技術研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である機能性コーティングの最適設計技術研究会(主査:上坂 裕之 氏,岐阜大学)は,2017年10月13日(金),神奈川県立産業技術総合研究所(神奈川県海老名市)にて2017年度第10期 第1回(通算第13回)となる研究会を開催した。
 同研究会は,CNx,DLC等の硬質炭素系皮膜や二硫化モリブデン等の固体潤滑皮膜を実用化する上で重要な,コーティングの最適設計技術の向上を目指し,幅広い分野の研究者,技術者による話題提供や討論を行っている。
 今年度第1回となる今回は,主査の上坂 裕之 氏(岐阜大学)の挨拶の後,前主査である元 神奈川県立産業技術研究所(現 Kano Consulting Office)の加納 眞 氏による「DLC潤滑下の超潤滑現象と摩耗;Scientific Reportsの概略とSRV試験でのDLC摩耗に及ぼすストロークの影響」,東京大学の野坂 正隆 氏による「DLC膜におけるFriction Fade Out(FFO)現象の新展開」の2件の話題提供と神奈川県立産業技術研究所の研究概要やトライボロジー関連装置,成膜や分析装置などの見学を行った。(’17 11/1)

「高機能トライボ表面プロセス部会,第7回例会」開催される

高機能トライボ表面プロセス部会,第7回例会 表面技術協会の高機能トライボ表面プロセス部会(代表幹事:梅原 徳次 氏,名古屋大学)は,2017年9月27日(水),岐阜大学サテライトキャンパス(岐阜県岐阜市)にて第7回例会を開催した。
 同部会は自動車の低燃費化・高性能化において,高機能トライボ表面の寄与がますます大きくなっていることから,自動車関連やコーティングなどの産業界,大学や研究機関などが参加し,分野横断的な議論を通して低摩擦(高摩擦),耐摩耗性などに優れた高機能トライボ表面のためのプロセス革新に向けた検討を行う場として2014年に設立している。
 第7回例会となる今回は,庶務幹事の上坂 裕之 氏(岐阜大学)の挨拶の後,「塑性加工・金型」をキーワードに3つの講演が行われ,高機能トライボ表面やプロセス革新に向けた議論が行われた。
 また,今回初めての取り組みとして会員企業の技術紹介として片桐エンジニアリングによるプラズマ技術の紹介が行われた。当日のプログラムは以下の通り。

  1. 「塑性加工における高機能トライボ表面の役割」 王 志剛 氏(岐阜大学)
  2. 「塑性加工のための先進表面技術:ナノ構造化DLCコーティングと低温プラズマ窒化」 相澤 龍彦 氏(芝浦工業大学)
  3. 「皮膜組成が及ぼす摺動特性への影響」 庄司 辰也 氏(日立金属)
  4. 「片桐エンジニアリング社のプラズマ技術紹介」 山川 晃司 氏(片桐エンジニアリング)
  • 問い合わせ:「高機能トライボ表面プロセス部会」事務局
     E-mail tribo.process@gmail.com
     FAX 058-293-2511  (’17 10/18)

トライボコーティング技術研究会,2017年度第1回研究会および総会開催される

 トライボコーティング技術研究会は,2017年5月26日(金),理化学研究所 和光本所で2017年度「第1回研究会」および総会を開催した。総会では2016年度の活動報告および2017年度の活動計画などを審議し,了承された。
 第1回研究会では,鈴木 大 氏(富士ダイス,写真1)による「新たな生産プロセスへの取り組みと新材料の開発動向」,綾目 吉彦 氏(IHI Ionbond Japan,写真2)による「IHI IonbondのPVDコーティングサービス」が講演された。また,講演,総会後に情報基盤センター「スーパーコンピュータHOKUSAIとShoubu」、および戒埼宇宙物理研究室「Satsuki(皐月)」の見学会が行われ,Madein in Japanのスーパーコンピュータを見学した。スーパーコンピュータ「Shoubu(菖蒲)」はスパコンの省エネランキングGreen500で3期連続の世界第1位を獲得している。
 また,「第10回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)」の業績募集開始が発表された。
 岩木賞は,表面改質,トライボコーティング分野で多大な業績を上げられた故 岩木 正哉 博士(理化学研究所元主任研究員,トライボコーティング技術研究会前会長)の偉業を称え,その遺志を継ぐ技術者・研究者の業績を表彰するもの。同賞には,大賞・優秀賞・特別賞・奨励賞・事業賞・国際賞があり,今年度は,さらに功績賞が新設された。募集締切は2017年8月31日。2018年2月23日(金)に開催されるシンポジウム「トライボコーティングの現状と将来」において表彰および表彰課題の記念講演を行う。申し込みや推薦受付など問い合わせは以下より。

問い合わせ先
 未来生産システム学協会(NPS) 表彰顕彰部門 岩木賞表彰事業部内
 E-mail award@nps-t.info
 https://sites.google.com/site/npstwebsite/biao-zhang-xian-zhang  (’17 6/14)

トライボコーティング技術研究会,2017年度第1回研究会および総会開催される

ヘンケルジャパン,表面処理技術「ECC」の量産ラインを開設

ヘンケルジャパン,表面処理技術「ECC」の量産ラインを開設 ヘンケルジャパン ジェネラルインダストリー事業本部は,ツカモトと提携し,2017年2月に軽金属表面処理技術「エレクトロセラミックコーティング(ECC:Electro Ceramic Coatings)の量産ラインをツカモト本社構内(愛知県)に開設し,本格的な事業展開を開始した。
 ECCは,ヘンケルが特許を有するプラズマ電解析出法で,軽金属に耐食性・耐摩耗性・塗膜密着性などの機能性を付与するコーティング技術。アルミ,アルミ合金,チタン,チタン合金素材の筐体やパーツなどを対象とし,特に厳しい環境にさらされる船舶や自動車などの駆動系部品,建築関連資材,精密機械部品などに適用される。
 ヘンケルは,2013年に横浜アジア・パシフィック技術センターにECC処理のパイロット施設を開設しており,最先端の設備と経験豊かな技術チームによって,総合的なエンジニアリングソリューションを提供してきた。これまで,同パイロット施設での試作を経た後は顧客側で自社ラインを用意していたが,今回のラインの開設により,試作加工から量産まで同社による一連のプロセスが実現した。(’17 3/15)

第19回トライボコーティングシンポジウムと岩木賞贈呈式,開催される

 トライボコーティング技術研究会(会長:大森 整 氏,理化学研究所)と理化学研究所大森素形材工学研究室は2017年2月24日(金),理化学研究所(埼玉県和光市)で第19回「トライボコーティングの現状と将来 ―微粒子,レーザー,放電加工による高付加価値表面の創成―」のシンポジウムを開催,第9回岩木トライボコーティングネットワークアワード(岩木賞)授賞式の後に受賞者による記念講演3件と会員講演3件が行われ,企業,大学・研究機関などから85名が参加した。
 岩木賞贈呈式後の記念講演では,優秀賞を受賞した不二WPCの熊谷 正夫 氏が「微粒子投射処理とDLCなどの硬質薄膜形成技術の複合化」を,特別賞を受賞した東北大学大学院の水谷 正義 氏が「レーザ照射を用いたバイオインプラントの骨親和インターフェース創成」,同じく特別賞を受賞した大阪府立産業技術総合研究所の南 久 氏が「放電加工によるチタン材の着色仕上げ」のテーマで講演した。
 会員講演では,日本電子工業の大沼 一平 氏が「DLCコーティング技術と事例紹介」,首都大学東京大学院の清水 徹英 氏が「HiPIMSパルス周波数のリアルタイム制御による反応性プロセス安定化技術の開発」,理化学研究所 強相関量子伝導研究チームの川村 稔 氏が「トポロジカル絶縁体薄膜の量子伝導特性」のテーマでそれぞれ講演した。
 岩木賞は,同研究会と未来生産システム学協会(NPS)などからなる審査委員会が,表面改質,トライボコーティング分野で著しい業績を上げた個人,法人,団体を表彰するもので,多くの功績を残しトライボコーティング研究会を発足された,故 岩木 正哉 博士(理化学研究所 元主任研究員)の偉業を讃え,2008年度に創設された。
 また,トライボコーティング技術研究会は,1994年に当時の東京都立産業技術研究所の熱処理研究室に様々な技術相談に集まっていた中小企業を中心に発足。現在では理化学研究所と東京都立産業技術研究センターを中心に,トライボコーティング技術とファブリケーション(ものづくり)技術との協業化を視野に入れた年5回の研究会活動を行っている。

問い合わせ先:理化学研究所 大森素形材工学研究室 内 トライボコーティング技術研究会事務局
https://www.sites.google.com/site/tribocoating/inquiry  (’17 3/1)

第19回トライボコーティングの現状と将来-トライボコーティング技術研究会