セミナー・研修会など」タグアーカイブ

日本ケミカルズ販売,「環境革命・新世代絶縁油」セミナーを2/28に東京で開催

日本ケミカルズ販売・MIDELロゴ

2020年2月20日追記

「環境革命・新世代絶縁油セミナー」開催延期のお知らせ

2020年2月28日(金)開催予定でした「環境革命・新世代絶縁油セミナー」につきまして,昨今における日本国内での新型コロナウィルス感染拡大の影響,また皆様の健康を考慮いたしました結果,やむなく開催を自粛させていただくこととなりました。

すでにお申し込みいただきました皆様には,多大なご迷惑をおかけしますことを心より深くお詫び申し上げます。

なお,同セミナーにつきましては,時期を改めて開催を予定しております。開催時期が決定いたしました際には,改めてご案内いたしますので,何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 問い合わせ先
     日本ケミカルズ販売 営業部 小杉・奥山
     TEL:03-3719-0366
     E-mail:kosugi@ncstokyo.co.jp

「環境革命・新世代絶縁油セミナー」開催延期のお知らせ PDFはこちら


日本ケミカルズ販売は,2020年2月28日(金),明治記念館 鳳凰の間(東京都港区)で,「防災と環境に調和した変圧器への導入に向けて」をテーマに「環境革命・新世代絶縁油」セミナーを開催する。

絶縁油は,液状の絶縁体材料の一つで,変圧器をはじめとする多くの電力機器の絶縁材料として用いられている。絶縁耐力が大きい,粘度が低い,引火点が高い,凝固点が低い,機器を侵食しない,電気的,化学的に安定していることなどの特性が求められている。かつてはPCB(ポリ塩化ビフェニル)が用いられたが,発がん性等の有毒性が指摘され近年は使用されることはなく,防災と環境の両方の要件を満たす環境対応型絶縁油が注目されている。

日本ケミカルズ販売は2019年に英国M & I Materials LTDと代理店契約を結んでいる。M & I Materials LTDは,エステル系電気絶縁油を専門に製造販売している歴史と経験豊富なサプライヤーで,MIDELは同社の絶縁油ブランド名称。MIDELのエステル系電気絶縁油は,難燃性合成エステル,植物系天然エステル(菜種・大豆)の3種類があり,用途や適性,諸条件から選択できるメリットがある。また,トランスの標準的な構造素材や部品に影響がなく,流体を処理する機器やその取扱いにも影響せず,優れた電気絶縁性,化学的安定性によって,熱的特性が改善されることが明らかになっている。

同セミナーでは,MIDELエステル系絶縁油の紹介など以下のプログラムで実施する。

  • 主催:M&I Materials LTD,日本ケミカルズ販売
  • 日時:2020年2月28日(金) 13:30~17:00(13:00受付開始),MIDEL親睦Party 18:00~20:00
  • 会場:明治記念館 鳳凰の間(東京都港区元赤坂2-2-23)
  • プログラム
    • 講演1「次世代絶縁油:MIDELエステル系絶縁油の特長について」……M & I Materials LTD
    • 講演2「新型環境調和型変圧器ULTransの実績」……北芝電機
    • 特別講演3「太陽経済の提言」……山﨑 養世 氏(くにうみアセットマネジメント)
    • 講演4「アジア市場でのエステル油の現状と実績」or「IEC IEEE 等の最新動向について」……M & I Materials LTD
    • 講演5 「エステル系絶縁油のガス分析」……ユカインダストリーズ
    • Panel Session
  • 問い合わせ先
     日本ケミカルズ販売 営業部 小杉・奥山
     TEL:03-3719-0366
     E-mail:okuyama@ncstokyo.co.jp  ('20 2/12)

2019年度「第25回全国技術研修会」を開催―全国工作油剤工業組合

2019年度全国技術研修会-全国工作油剤工業組合

全国工作油剤工業組合(全工油)は,2019年11月14日(木)~15日(金)の2日間,KKRホテル名古屋(名古屋市中区)で,2019年度「第25回全国技術研修会」を開催,工作油剤の若手技術者や賛助会員の原材料メーカーや商社など72名が参加した。

同研修会は,「中小企業活路開拓調査・実現化事業―連合会(全国組合)等研修事業」の一環として,若手,組合員技術者及び賛助会員を対象に毎年開催している。

今回の同研修会では,「金属工作油剤関連の基礎知識習得と自動車業界の動向について」をメインテーマに講演が行われ,2日目の講演聴講後には松本 勝 氏(MORESCO)の司会進行で参加者によるグループ討議や発表に対する意見交換会を実施した。EVを中心に自動車産業の動向や加工技術,ベースオイルや金属加工油開発の最新動向や経験談などの2日間にわたる講演内容について,参加者各々が感じた感想やこの経験を今後社内でどのように生かすかなどについて意見を出し合い情報を共有した。

同研修会の講演内容は以下のとおり。

  • 1日目
    • 「原油・基油動向について」 菅原 常年 氏(JXTGエネルギー)
    • 「切削加工の高精度化・高能率化・自動化について」 社本 英二 氏(名古屋大学)
    • 「中国EV業界の最新事情について」 大野 大介 氏(東海日中貿易センター)
  • 2日目
    • 「世界自動車生産市場の展望について」 西本 真敏 氏(IHS Markit)
    • 「金属加工油の科学と技術について」 横田 秀雄 氏(MFリサーチ)  ('20 1/15)

JFEアドバンテック,「振動法による設備診断技術セミナー」を12/16に埼玉で無料開催

JFEアドバンテックは2019年12月16日(月),With youさいたま(埼玉県男女共同参画推進センター,さいたま市中央区)で無料セミナー「振動法による設備診断技術セミナー」を開催する。

同セミナーは,予備知識不要で,設備診断が初めての方にも習得が可能な内容となっている。また,回転モデル機を使用しての測定実演も充実しており,設備のメンテナンス手法や実際の事例を知ることができる。無料で配布されるテキストは,セミナー後にも有効活用が可能。定員は36名。同セミナーの申し込み等,問い合わせ先は以下のとおり。

新川電機,「新川ソリューションセミナーin滋賀」を11/29に開催

第2回新川ソリューションセミナーin滋賀

 新川電機は,20198年11月29日(金),ひこね市文化プラザ(滋賀県彦根市)で「第2回新川ソリューションセミナーin滋賀」を開催する。

 同セミナーは,「簡単IoT」,「状態監視」,「温度計測」の3つのテーマで,クラウドを利用した予知保全の最新トレンド,IoTの導入事例,回転機械の振動監視のための各種機器選定,センサの取付位置や最適なパラメータ,赤外線カメラによる温度計測の基礎知識,温度計測に必要とされるカメラ性能などを解説する。概要,申し込み方法は以下の通り。

  • 開催日:2019年11月29日(金) 13:30~17:00(受付開始13:00)
  • 会場:ひこね市文化プラザ(滋賀県彦根市)
  • 定員:20名
  • 参加費:無料
  • プログラム
     13:30~13:45 新川電機とは?
     13:45~14:45 簡単IoT ~マルチセンサを活用した事例紹介~
     14:45~15:00 休憩&機器展示コーナー見学
     15:00~16:00 振動監視~その振動監視,正しく測定できていますか?~
     16:00~17:00 赤外線カメラ体験~赤外線カメラの基礎と各社サーモ体験~
  • 詳細・申し込み:https://www.shinkawa.co.jp/magazine/keiji/  ('19 11/20)

「実務に役立つトライボロジーセミナー」が開催される―ブルカージャパン

2019年「実務に役立つトライボロジーセミナー」が開催される―ブルカージャパン

 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部は,潤滑油のトライボロジーから問題解決に向けたトライボロジーの基礎知識と評価手法を紹介する「実務に役立つトライボロジーセミナー」を2019年10月17日(木)東京で開催した。

 特別講演で,東北大学 未来科学技術共同研究センターの栗原 和枝 教授が「境界潤滑における潤滑油の新しい描像」と題し講演した。最近の研究で境界潤滑領域において潤滑油が存在しその実効粘度が数桁上昇する場合があることを見出した。従来基材が接触していると考えられていた境界潤滑領域において,固体的な潤滑油が存在するという潤滑油の新しい設計指針に繋がる現象など,分子レベルで分かってきた潤滑油の新しい描写について紹介した。

 2件目の特別講演では,JAPAN TESTING LABORATORIES 本社 分析センターの谷田 芳夫 氏が「実機におけるトライボロジー~問題解決に向けた基礎試験機の適用~」と題しこれまで自身が勤めた自動車会社や現在の分析センターで経験して来たトライボロジー現象とそのメカニズムや試験の適用など豊富な経験談を紹介した。

 またブルカージャパンの技術スタッフからは,「トライボロジーにおける一般的知識とトライボロジー評価機の概要」,「ナノインデンテーション技術の紹介」と題し,摩擦摩耗試験機やナノインデンテーションの製品や評価事例などが紹介された。

 また2019年111月7日には大阪で「高分子材料のトライボロジーから問題解決にむけたトライボロジーの基礎知識と評価手法の紹介」と題した同様のテーマでのセミナーを開催した。('19 11/13)

潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を11/19名古屋で開催―JIPM

潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を11/19名古屋で開催―JIPM

 日本プラントメンテナンス協会(JIPM)は,2019年11月19日(火)に名古屋大同生命ビル(名古屋市中村区)で,潤滑管理に関するセミナー「潤滑管理 基本コース」を開催する。

 同セミナーは,潤滑管理・設備保全の実務担当者を対象に,潤滑管理の正しい知識,原理・原則や特性を知り,実務に応用する力を身につけること,自職場の日常管理業務に活かすことを目標にした基本編。潤滑管理を実践するために必要なことを基礎から学ぶことができ,理論だけでなく実例を基にした内容ですぐに現場で活用できる実践的な内容となっている。同セミナーの概要やプログラム,申し込み等の問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2019年11月19日(火) 9:30~17:00
  • 場所:名古屋大同生命ビル2階 会議室(名古屋市中村区)
  • 定員:最大25名(空き若干名)
  • メイン受講対象:<職種>保全部門 <経験年数イメージ>3~10年目
  • 講師:RMFジャパン 久藤 樹 氏(元 出光興産 TMMS担当マネージャー)
  • 参加料:
     <一般>38,500円/1名(税込)
     <日本プラントメンテナンス協会 会員(正会員,事業所会員)/日本能率協会 法人会員>29,700円/1名(税込)
     ※参加料には,テキスト(資料)代,昼食代が含まれる
  • プログラム
    1. 保全と潤滑管理
      (1)生産停止ロスを低減する潤滑管理
    2. 潤滑の3要素(潤滑選定の基本)
      (1)摩擦を減らす潤滑油
      (2)潤滑剤の種類と選定方法
      (3)潤滑油は劣化したら使用出来ないのか
      (4)潤滑の劣化と分析結果の見方
    3. 潤滑システム・油圧システムと潤滑の選定,油種統一
      (1)工作機械,油圧,歯車の潤滑油の選定
      (2)省エネ作動油によるCO2削減とは
      (3)モータ軸受への正しいグリースアップとは
      (4)使用油種を削減する油種統一の方法
    4. 潤滑油の正しい使い方
      (1)潤滑管理の進め方
      (2)目で見る管理による潤滑点検
      (3)現場での潤滑診断と油漏れ診断について
      (4)故障原因を事前に除去するプロアクティブ保全
    5. 潤滑トラブルの事例紹介
  • 問合せ先:日本プラントメンテナンス協会 中部事務所
     TEL 052-561-5634
     E-mail jipmchuubu@jipm.or.jp
  • 申し込みについての問合せ先:(株)アイ・イーシー 通信教育・セミナー受付センター
     TEL 048-470-3710
     E-mail seminar@iecj.com
     URL https://www.jipm.or.jp/offer/2019.html  ('19 11/6)

日本ケミカルズ販売,自動車用潤滑油のセミナーを開催

 日本ケミカルズ販売は,2019年11月28日(木)ザ ランドマークスクエアトーキョー(東京都港区)で,潤滑油技術セミナー「自動車用潤滑油の低粘度化と合成油技術動向」を開催する。

 自動車の高性能化や省資源,環境負荷低減のため潤滑油の性能向上の要求は一段と増している。エンジンオイルやギヤーオイルなどの低粘度化の要望は強く,温度変化による粘度変化を小さくすることが望まれる。

 温度による粘度変化を小さくするために潤滑油に粘度指数向上剤VII(Viscosity Index Improver)が添加されることが多いが,PAOは鉱油に近い組成でありながら,不純物である硫黄分を含まず,温度が変化しても粘度を保ち続けるという特長がある。優れた粘度特性を持つPAOであるが,異性化があり,容積が大きいという性質もある。同セミナーでは新たに開発した低粘度を目指したメタロセン触媒を用いPAOの性能の改善を行ったmPAOを紹介し,VIIとmPAOの低粘度エンジンオイルによる寿命延長効果や弾性流体潤滑(EHL)条件下における油膜の挙動などを比較し,説明する。

 当日はセミナー終了後に懇親会を予定している。セミナーの概要は以下の通り。

  • 日時:2019年11月28日(木) 13:30~17:00(13:00受付開始),懇親会17:30~19:30
  • 会場:ザ ランドマークスクエアトーキョー 30F LOTUS(東京都港区高輪3-13-3 シナガワグース内。JR・京急線品川駅高輪口より徒歩1分)
  • プログラム
    1. 化学合成油の特性と自動車・工業用潤滑油の高性能化への応用
       濱地 達也 氏(エクソンモービル・ジャパン)
    2. アジア市場における自動車エンジンオイルの動向およびガソリン・ディーゼルエンジン油の最新規格
       山本 卓也 氏,松本 駿亮 氏(インフィニアムジャパン)
    3. 特別講演:メタロセン触媒を用いたポリαオレフィン合成油における剪断劣化を受けたEHL条件下の油膜の観察
       里永 憲昭 氏(崇城大学)
    4. 石炭からの新合成基油CTLとは?
       奥田 直史 氏(日本ケミカルズ販売)
  • 問い合わせ:日本ケミカルズ販売 営業部
     TEL 03-3719-0366  FAX 03-3791-1752  ('19 10/23)

ブルカージャパン,高分子材料のトライボロジーから問題解決に向けたトライボロジーセミナーを大阪で開催

トライボロジーセミナー(2019年11月7日,大阪)-ブルカージャパン

 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部は,高分子材料のトライボロジーから問題解決に向けたトライボロジーの基礎知識と評価手法を紹介するトライボロジーセミナーを2019年11月7日(木)にアットビジネスセンターPREMIUM新大阪(大阪市淀川区)で開催する。

 同セミナーは,トライボロジー技術に広い知見を持つ講師を招き,軽量かつ自己潤滑性を有す次世代トライボマテリアルの研究成果や、問題解決に向けた基礎試験機の活用方法などが紹介される。また同社で取り扱っているトライボロジー評価機やナノインデンテーション技術が紹介される。セミナー概要,申し込み方法は以下の通り。

  • 開催日時:2019年11月7日(木) 13:00~17:00(12:45受付開始)
  • 開催場所:アットビジネスセンターPREMIUM新大阪(大阪市淀川区)
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 申し込み:https://mbns.bruker.com/acton/media/9063/tmt1107
  • HP:https://www.bruker-nano.jp/seminar
  • プログラム:
    • 【特別講演1】「ソフト&レジリエント・トライボロジー」 辻井 敬亘 氏(京都大学 化学研究所)
    • 「トライボロジーにおける一般的知識とトライボロジー評価機の概要」 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
    • 【特別講演2】「実機におけるトライボロジー~問題解決に向けた基礎試験機の適用~」 谷田 芳夫 氏(JAPAN TESTING LABORATORIES)
    • 「ナノインデンテーション技術の紹介」 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部  ('19 10/16)

太陽石油,潤滑油販売の「第2回集合研修」が開催される

SOLATO オイルプログラム第2回集合研修-太陽石油

 太陽石油は,系列SS向けの潤滑油販売プログラム「SOLATO オイルプログラム」の一環として,2019年9月に全国6会場で「第2回集合研修」を開催した。同研修は,「第1回集合研修」の際に要望の多かった「駆動系オイル」をメインテーマとして,97名が参加した。座学研修だけでなく実技研修も実施し,基礎知識から交換作業の方法までを体系的に学ぶ研修となった。('19 10/9)

出光興産,「2019年全国SRM会」が開催される

 出光興産(トレードネーム:出光昭和シェル)は,2019年9月12日~13日にTKPガーデンシティー品川(東京都港区)で,統合新社として初となる「全国SRM会」を開催,「『クルマで行こう』を創り出す~ビジョン実現に向けて,デジタルでつなぎ,人で魅せる~」をテーマに,全国の販売店・特約店から約400名が一堂に会した。

 今回は,2018年SRM1級認定者の発表と,2018年度からシェル系SSで展開中のShell CONNECTを中心に,デジタル活用による顧客接点強化,および人財力強化研修を実施した。

 SRM資格制度は,「昭和シェルロイヤルマネージャー資格制度」として,時代にマッチしたSS運営能力,変化に打ち克つ経営能力の向上を目指して1979年に発足した。現在のSRM資格認定者は,1級~3級までの総勢約10,000名。全国SRM会は,SRM資格制度を支える重要な研修会と位置づけられている。('19 10/2)

日本ルーブリゾールとスタンダード石油大阪発売所,合同の「切削油・塑性加工油添加剤セミナー」が開催される

切削油・塑性加工油添加剤セミナー-日本ルーブリゾール,スタンダード石油大阪発売所

 日本ルーブリゾールとスタンダード石油大阪発売所は,2019年7月29日(月)~30日(火)の2日間,日本ルーブリゾール 衣浦事業所(愛知県知多郡)で「切削油・塑性加工油添加剤セミナー」を合同で開催し,金属加工油メーカーなど18名が参加した。

 同セミナーでは,Johnson Andrew 氏,Thomas Wolak 氏(Lubrizol Corporation),富松 幸亮 氏(日本ルーブリゾール プロダクトマネージャー)が講師として,切削油・塑性加工油添加剤の種類と性能や,部品の軽量化に伴うアルミ合金の比率上昇により,マグネシウムの溶出が原因となる硬水対策に寄与するLubrizol社の添加剤「PIBSA乳化剤」について紹介した。「PIBSA乳化剤」は,Naスルホネートやノニオン系乳化剤の代替として,海外ではメジャーで広く使用されている。また,日本ルーブリゾール衣浦事業所のラボツアーも行われた。('19 9/18)

ブルカージャパン,潤滑油のトライボロジーから問題解決に向けたトライボロジーセミナーを東京で開催

トライボロジーセミナー(2019年10月17日,東京)-ブルカージャパン

 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部は,潤滑油のトライボロジーから問題解決に向けたトライボロジーの基礎知識と評価手法を紹介するトライボロジーセミナーを2019年10月17日(木)にベルサール八重洲(東京都中央区)で開催する。

 同セミナーは,トライボロジー技術に広い知見を持つ講師を招き,新たな設計指針に繋がる低粘度油における境界潤滑の研究成果や,問題解決に向けた基礎試験機の活用方法などが紹介される。また同社で取り扱っているトライボロジー評価機やナノインデンテーション技術も紹介される。セミナー概要,申し込み方法は以下の通り。

  • 開催日時:2019年10月17日(木) 13:00~17:00(12:45受付開始)
  • 開催場所:ベルサール八重洲Room6(東京都中央区)
  • 参加費:無料(事前登録制)
  • 申し込み方法:https://mbns.bruker.com/acton/media/9063/tmt1017
  • HP:https://www.bruker-nano.jp/seminar
  • プログラム:
    • 【特別講演1】「境界潤滑における潤滑油の新しい描像」(仮) 栗原 和枝 氏(東北大学 未来科学技術共同研究センター)
    • 「トライボロジーにおける一般的知識とトライボロジー評価機の概要」 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部
    • 【特別講演2】「実機におけるトライボロジー~問題解決に向けた基礎試験機の適用~」 谷田 芳夫 氏(JAPAN TESTING LABORATORIES)
    • 「ナノインデンテーション技術の紹介」 ブルカージャパン ナノ表面計測事業部  ('19 9/18)