テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」タグアーカイブ

「テクスチャリング表面のトライボロジーと境界潤滑の合同研究会」開催される

第27回テクスチャリング表面のトライボロジーと第16回境界潤滑研究会の合同研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学)と「境界潤滑研究会」(主査:青木 才子 氏,東京工業大学)は2019年3月22日(金),東京工業大学大岡山キャンパス(東京都大田区)でそれぞれ第27回,第16回となる研究会を合同で開催した。
 今回は,東工大青木研究室の潤滑剤や添加剤の評価試験など研究室の見学の後,東京工業大学の桃園 聡 氏が「エラストマー接触部の形状・表面性状について」,デンソーの福島 由倫 氏が「重水素トレーサ法を用いたTOF-SIMS分析」,日産自動車の南部 俊和 氏が「マイクロテクスチャによる摩擦制御」,東京理科大学の佐々木 信也 氏が「表面テクスチャリングによるトライボロジー特性向上~テクスチャ形状の最適化と創製プロセスにおける問題点」と題し,表面性状の特性や分析,摩擦制御のための手法など話題提供が行われ活発な意見交換が行われた。
 両研究会は同じく表面形状を研究していることから今後も会員相互の交流などを深めていきたいという。(’19 4/10)

2018年度第1回「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

テクスチャリング表面のトライボロジー研究会(2018年度第1回) 日本トライボロジー学会会員提案研究会(旧第3種研究会)の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学教授)は第25回(2018年度第1回)研究会を2018年7月24日(火),東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)で開催した。
 同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開拓などを研究する場として2009年に発足している。
 当日は,Prof. Robert W. Carpick (University of Pennsylvania)から「Nanoscale tribology」,東京都市大学の伊東 明美 氏 から「エンジンにおけるテクスチャリング表面の活用と課題」,東京理科大学の伊藤 翔太 氏から「表面テクスチャリングによる摩擦異方性の発現」の3件の話題提供が行われた。
 なお,3件の話題提供に先立ち,東京理科大学の佐々木研究室およびトライボロジーセンターで金属3Dプリンターやトライボロジー関連の評価・分析装置などの見学を行った。(’18 8/8)

「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

テクスチャリング表面のトライボロジー研究会(2015年度第1回) 日本トライボロジー学会第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学教授)は2015年度第1回研究会を2015年11月10日(火),東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)で開催した。なお,今回は「機能性コーティングの最適設計技術研究会」(主査:梅原 徳次 氏,名古屋大学教授)との合同研究会となった。
 同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開拓などを研究する場として2009年に発足している。
 当日は梅原 氏,佐々木 氏の挨拶の後,加納 眞 氏(神奈川県産業技術センター)による,「ディンプルを有するDLCコーティングアルミニウムピストンの摩擦・摩耗特性」,中瀬 拓也 氏(KYB)による「プラズマ電解酸化処理によるアルミニウム合金の耐摩耗性向上」,徳田 祐樹 氏(東京都立産業技術研究センター)による「無潤滑環境におけるa-C:H膜の低摩擦化に及ぼす表面テクスチャリングの効果」,杉山 寛 氏(東京理科大学 修士1年)による「3Dプリンタを利用したバイオミメティックス摺動表面創製に関する研究」の話題提供が行われた。
 その後,会場の東京理科大学葛飾キャンパスに金属3Dプリンターやトライボロジー関連の評価・分析装置などを導入し,高度なモノづくりの技術力を持つ中小企業の支援をする「トライボロジーセンター」が2015年4月に設立されたことから,同センターや佐々木研究室の見学を行った。(’15 11/18)

「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

佐々木研究室見学-テクスチャリング表面のトライボロジー研究会(2014年度第1回) 日本トライボロジー学会第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学教授)は2014年度第1回研究会を2014年8月7日(木),東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)で開催した。
 同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開拓などを研究する場として2009年に発足している。
 当日は,東京理科大学でトライボロジーの研究をしている佐々木研究室,吉本研究室の見学のほか,H.E.F Durferrit Japanの山本 健二 氏から「自動車部品におけるマイクロテクスチャDLCの適用」,産業技術総合研究所の三宅 晃司 氏から「分子を利用した表面パターニングと機能付与」,東京理科大学の長崎 博志 氏から「FFT解析による新規GPSパラメータの摺動特性との相関について」の3件の話題提供が行われた。
 なお,会場の東京理科大学葛飾キャンパスは,2015年4月に金属3Dプリンターやトライボロジー関連の評価・分析装置などを導入し,高度なモノづくりの技術力を持つ中小企業の支援をする「トライボロジーセンター」を設立。2015年9月16日~20日にはInternational Tribology Conference,Tokyo 2015(ITC 2015 Tokyo)の会場となる。(’14 8/20)

「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

テクスチャリング表面のトライボロジー研究会(2013年度第4回) 日本トライボロジー学会第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学教授)は2013年度第4回研究会を2014年3月18日(火),大同メタル工業 犬山事業所(愛知県犬山市)で開催した。
 同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開発などを研究する場として2009年9月に発足している。
 当日は大同メタル工業のすべり軸受の製造や試験設備などの工場見学の後,同社の中村 豪男 氏,稲見 茂 氏から「エンジン用すべり軸受技術」,「すべり軸受へのDLC適用の研究」と題し製品への適用や,リプス・ワークスの井ノ原 忠彦 氏から「レーザーマイクロテクスチャーとその効果」,エルフォテックの神田 真治 氏から「微粒子噴射による精密加工」といった加工技術など,4件の話題提供が行われた。(’14 4/2)

「International Tribology Forum Tokyo 2013」が開催される

International Tribology Forum Tokyo 2013 日本トライボロジー学会は,2013年10月4日(金),東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)で「International Tribology Forum Tokyo 2013」を開催した。
 今回のフォーラムは,英国インペリアルカレッジのスパイクス 教授,スイスETHのスペンサー 教授らが来日される機会に合わせ,トライボロジー学会第2種研究会の「添加剤技術研究会(主査:益子 正文 氏,東京工業大学)」,第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会(主査:佐々木 信也 氏,東京理科大学)」と「境界潤滑研究会(主査:中野 健 氏,横浜国立大学)」の3研究会が企画し,開催の運びとなった。
 当日は3研究会の会員を中心に100名を超える来場者となり,国際的に活躍するトライボロジスト4氏による講演と,彼らを囲んだアカデミックな雰囲気の中での懇談会が行われた。
 当日の講演は以下のとおり。

○“Polymer Brushes, Brush-Gels, and Tribology” Prof. Nicholas Spencer(ETH Zurich, Switzerland)
○“Lubrication with Polysaccharides” Dr. Rowena Crockett(EMPA, Switzerland)
○“Acoustic Levitation-A Novel Alternative to Traditional Lubrication of Contacting Surfaces” Prof. Tadeusz Stolarski(Brunel University, UK)
○“Friction Modifier Additives” Prof. Hugh Spikes(Imperial College, UK)

 なお,東京理科大学葛飾キャンパスでは,2015年9月16日~20日に日本トライボロジー学会が主催する国際トライボロジー会議「ITC Tokyo 2015」が開催される。  (’13 12/4)

第5回「境界潤滑研究会」開催される

第5回「境界潤滑研究会」 2013年3月29日(金)に横浜国立大学 環境情報1号棟(横浜市保土ヶ谷区)で日本トライボロジー学会の第3種研究会「第5回境界潤滑研究会(主査:中野 健 氏 横浜国立大学)」が開催された。
 同研究会は,境界潤滑に関わる研究者,技術者が一堂に会し,それぞれの立場から見る境界潤滑像を持ち寄って,自由に討論できる場を提供することを目的としている。今回は同じく日本トライボロジー学会の第3種研究会である「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」との合同研究会として開催され,質疑応答では参加者との活発な討議が行われた。講演内容は以下の通り。

1.「境界潤滑性能向上のための表面テクスチャリング」 東京理科大学 佐々木 信也 氏
2.「添加剤吸着層の形成プロセスとナノテクスチャリングの効果に関する話題提供」 同志社大学 平山 朋子 氏
3.「吸着膜の摩擦低減効果に及ぼす表面粗さの影響」 東京工業大学 青木 才子 氏
4.「マイクロ・ナノテクスチャリングを用いたナノ界面の制御」 東北大学 足立 幸志 氏 (’13 4/10)

「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

第12回(2012年度第2回)テクスチャリング表面のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏 東京理科大学教授)は第12回(2012年度第2回)研究会を2012年10月30日(火),宇宙航空研究開発機構 筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で開催した。
 同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開発などを研究する場として2009年9月に発足した。
 当日は筑波宇宙センターの概要説明と見学(写真)の後,宇宙航空研究開発機構の野木 高 氏,塩見 裕 氏から「トライボロジーにおける表面粗さ」,「アンギュラ玉軸受への表面周期構造適用の検討と光干渉法によるテクスチャ効果の評価」の2件の話題提供が行われた。(’12 11/28)

「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

第4回テクスチャリング表面のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也 氏 東京理科大学教授)は,第4回研究会を2011年3月10日(木),飯田橋理窓会館(東京都新宿区)で開催した。同研究会は摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響を研究し,産業界における用途開発などを研究する場として2009年9月に発足した。当日はトヨタ自動車 不破 良雄 氏(写真)から「自動車用摺動部品材料のトライボロジー」,本田技術研究所 石塚 和久 氏から「二次元フーリエ変換を用いたテクスチャリング表面の評価」の2つの講演が行われ,自動車部品の技術開発の変遷や評価指針などについて詳しく紹介された。また,東京理科大学助教 坪井 涼 氏から「トライボロジー分野におけるCFDの現状と今後の展開」の話題提供が行われた。(’11 3/23)

「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」開催される

 日本トライボロジー学会第3種研究会の「テクスチャリング表面のトライボロジー研究会」(主査:佐々木 信也,東京理科大学)は,第3回研究会を2010年3月5日(金),東北大学工学部で開催した。同研究会は,摺動面などに微細加工などを施し,テクスチャを付けることでトライボロジー特性を向上させるなど,表面特性に及ぼす影響などを研究し,産業界における用途開発などを研究する場として2009年9月に発足。大学,研究機関,企業の研究者など52名が参加しており,今回が3回目の開催となった。当日は主査の佐々木 氏から,テクスチャリングの実態についてのアンケートの実施など今後の進め方についての説明の後,足立 幸志 氏(東北大学)から「なじみ・境界潤滑の視点から見た表面テクスチャの効果」,平山 朋子 氏(同志社大学)による「流体潤滑理論に基づくテクスチャの効果」の講演の後,東北大学工学部足立研究室の見学が行われた。今後,同研究会は名古屋,東京,仙台などで年3回をめどに開催される予定。(’10 3/24)

テクスチャリング表面のトライボロジー研究会,開催される