半導体前工程装置の世界市場予測-統計」タグアーカイブ

SEMI,半導体前工程装置の世界市場予測を発表

 SEMIは,第1四半期版World Fab Forecastレポートに基づき,半導体前工程装置の世界市場予測を発表した。それによると,2019年は14%減の530億ドルとなるものの,2020年は急速に回復し27%増の670億ドルに達し,過去最高金額を更新すると予測している。
メモリー分野の装置投資額は,過去2年間にわたり,全装置市場の約55%を年間で占めていたが,2019年に45%減少し,その後2020年に55%上昇することが予測される。2018年後半からの投資額減少傾向は2019年前半まで続くと予測され,2019年後半に回復はするものの,2019年を通じては,2018年の最高記録に対して30%減となることが明らかになっている。
また過去2年間,ファウンドリ分野の装置投資額が投資額全体に占める割合は,25%~30%の範囲だったが,2019年と2020年の年間シェアも,安定してほぼ30%を維持すると予測される。(’19 3/20)