工作機械のトライボロジー研究会」タグアーカイブ

「第13回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第13回工作機械のトライボロジー研究会

 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2019年6月20日(木),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第13回研究会を開催した。

 本年度1回目となる今回は「転がり機械要素の最新技術動向」と題し,軸受や転がり機械要素部品メーカー4社により工作機械のトレンドや転がり機械要素に求められる要素,技術動向など下記テーマが発表され,活発な意見交換が行われた。

  1. 「工作機械用軸受の最新技術」 植田 敬一 氏(NTN)
  2. 「EHD接触域の潤滑状態モニタリングに関する研究-電気インピーダンス法の開発-」 丸山 泰右 氏(日本精工)
  3. 「工作機械主軸用軸受の最新技術」 本條 隼樹 氏(ジェイテクト)
  4. 「LMガイドの最新技術動向」 青山 将大 氏(THK)

 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。('19 7/17)

「第12回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第12回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2019年1月24日(木),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第12回研究会を開催した。
同研究会は,工作機械にかかわるトライボロジーの課題を幅広く取り上げ,各分野の技術交流と自己研鑽を目的として2015年1月より活動を開始。会員数は90名で,工作機械や各種機械要素,潤滑剤,加工法,加工油剤,工具等に関連する研究者や技術者が多数参加している。
 今年度最後の開催となる今回は,「JIMTOF2018における工作機械の最新技術」のテーマで,工作機械メーカー各社から以下の4件が発表された。

  • 「DMG森精機JIMTOF2018における最新技術」 佐々木 麻倫子 氏(DMG森精機)
  • 「ハイブリッド複合加工機と活用事例」 浅野 孝平 氏(ヤマザキマザック)
  • 「IoT,AI,自動化が支えるスマートなものづくりについて」 安藤 知治 氏(オークマ)
  • 「TAKAMAZの工作機械の自動化への取り組み」 金子 義幸 氏(高松機械工業)  (’19 1/30)

「第11回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第11回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2018年10月16日(火),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第11回研究会を開催した。
 「工作機械とトライボロジーに関する大学における最新研究」というテーマで,大学から以下の4件の発表があった。

  • 「切削と摩擦を利用したダイヤモンドとサファイアの加工」 中本 剛 氏(千葉大学)
  • 「熱変形抑制エアスピンドルと微細加工への機能付加」 吉岡 勇人 氏(東京工業大学)
  • 「自動車部品の摩擦低減に関する表面改質技術」 宇佐美 初彦 氏(名城大学)
  • 「工作機械のIoT化・インテリジェント化に向けたAEセンシング研究」 長谷 亜蘭 氏(埼玉工業大学)

 各種工業製品を作り出す上で工作機械は基盤的な役割を担っている。特に,主軸や案内面,各種加工作業,省エネルギー等では,トライボロジーが重要な役割を果たしている。
 同研究会は,参加する会員の課題や成果の討論を通して,工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与すると共に,日本の工作機械の技術が今後も世界のトップクラスを維持していく一助とするために2015年1月に設立された。(’18 10/24)

「第10回工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第10回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)である「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2018年6月22日(金),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第10回研究会を開催した。
 本年度1回目となる今回は野口 主査の挨拶の後,「切削加工のトライボロジー」と題し切削工具メーカー4社による下記研究テーマが発表され,活発な意見交換が行われた。

  1. 「工具摩耗に及ぼす凝着物特性の影響」 小関 秀峰 氏(日立金属)
  2. 「切削工具用セラミックス薄膜とトライボロジー」 福井 治世 氏(住友重工ハードメタル)
  3. 「コーティング特性による加工への影響と,刃型と切削熱の関係」 今泉 悦史 氏(オーエスジー)
  4. 「高硬度鋼におけるCBN工具の摩耗形態に関する研究」 矢野 雅大 氏(三菱マテリアル)

 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。(’18 7/4)

「工作機械のトライボロジー研究会」第9回研究会開催される

第9回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2018年1月16日(火),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第9回研究会を開催した。
 「大学・公的研究機関における最新研究」というテーマで,以下の3件の発表があった。

  1. 「平行平板の流体潤滑特性に及ぼす表面テクスチャリングの影響」 是永 敦 氏(産業技術総合研究所)
  2. 「リニア軸受のキャリッジドリフトおよびスティッキング」 太田 浩之 氏(長岡技術科学大学)
  3. 「精密加工機用 高速流体潤滑スピンドル」 宮武 正明 氏(東京理科大学)

 また,日本トライボロジー学会の会長である名古屋工業大学の中村 隆 氏から「小動物手足の吸着・離脱メカニズムと応用可能性」というテーマで特別講演が行われた。
 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。(’18 2/7)

「工作機械のトライボロジー研究会」第8回研究会開催される

第8回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の会員提案研究会(旧第3種研究会)「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2017年10月25日(水),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第8回研究会を開催した。
 「油剤メーカ各社の最新技術動向」というテーマで,以下の油剤メーカの4社から潤滑油の工作機械への要求特性などについて,最新の技術動向の発表があった。

  1. 「高剛性油による応答性改善」 井上 翔太 氏(出光興産)
  2. 「潤滑油の工作機械への貢献」 辻本 鉄平 氏(JXTGエネルギー)
  3. 「すべり案内面潤滑油の摺動特性に悪影響を及ぼす要因について」 近藤 正章 氏(コスモ石油ルブリカンツ)
  4. 「摺動面に使用される種々の化合物組成と,その摩擦挙動」 稲橋 信幸 氏(アフトンケミカル・ジャパン)

 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。(’17 11/8)

「工作機械のトライボロジー研究会」第7回研究会開催される

第7回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の第3種研究会「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2017年5月31日(水),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第7回研究会を開催した。
 「転がり軸受の最新技術動向」というテーマで,以下の4件の発表があった。

1.「工作機械主軸用軸受高速化・高剛性化への取り組み」 植田 敬一 氏(NTN)
2.「最新の工作機械主軸用軸受」 田中 俊彦 氏(ジェイテクト)
3.「玉軸受けにおけるグリース挙動のX線観察および多相流解析の妥当性確認」 野田 隆史 氏(日本精工)
4.「私が研究してきた回転精度測定」 野口 昭治 氏(東京理科大学)

 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回,研究会を開催している。(’17 6/21)

「工作機械のトライボロジー研究会」第6回研究会開催される

第6回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の第3種研究会「工作機械のトライボロジー研究会(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2017年1月18日(水),東京理科大学(神楽坂)森戸記念館(東京都新宿区)で第6回研究会を開催した。
 当日は「工作機械関連の最新技術」と題し,昨年開催されたJIMTOF2016に出展された工作機械各社の最新技術について,相良 誠 氏(東芝機械)による「閉回路型静圧軸受の開発と工作機械への応用」,石原 洋成 氏(オークマ)による「レーザ加工技術を融合した次世代型超複合加工機」,村木 俊之 氏(ヤマザキマザック)による「iスマートファクトリー」,入野 成弘 氏(DMG森精機)による「DMG森精機JIMTOF2016最新技術・製品の紹介」など4つの話題提供を行った。
 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回の開催を予定しており,本年度は会員数が81名となっている。(’17 2/8)

「工作機械のトライボロジー研究会」第5回研究会開催される

未来わくわく館(2016年第5回工作機械のトライボロジー研究会) 日本トライボロジー学会の第3種研究会「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,2016年8月31日(水),東京理科大学葛飾キャンパス(東京都葛飾区)で第5回研究会を開催した。
 当日は佐々木 信也 氏(東京理科大学)による「マルチスケール・表面テクスチャによるトライボロジー特性の改善」,牛島 邦晴 氏(東京理科大学)による「SLM技術を用いて作成したマイクロラティス構造の機械的特性とその評価」の話題提供と東京理科大学葛飾キャンパスに2015年4月に開設された中小企業の技術支援などを目的とする「トライボロジーセンター」の金属造形用3Dプリンターや分析・評価機器,佐々木研究室,宮武研究室などトライボロジーの研究現場や科学教育センター「未来わくわく館」を見学した。
 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回の開催を予定している。(’16 9/21)

「工作機械のトライボロジー研究会」開催される

第2回工作機械のトライボロジー研究会 日本トライボロジー学会の第3種研究会「工作機械のトライボロジー研究会」(主査:野口 昭治 氏,東京理科大学)は,東京理科大学森戸記念館(東京都新宿区)で2015年度第1回となる第2回研究会を開催した。
 当日は「JIMTOF 2014における各社最新技術」と題し,則久 孝志 氏(オークマ)による「機電情知の融合が生み出す工作機械新技術」,大西 賢治 氏(大阪機工)による「新横形マシニングセンタ『MCH5000R』の紹介」,入野 成彦 氏(DMG森精機)による「最新技術・製品のご紹介」,島津 利卓 氏(中村留精密工業)による「複合工作機械における最新技術」,村木 俊之 氏(ヤマザキマザック)による「MAZATROL smooth X」,大谷 尚 氏(ジェイテクト)による「スカイビング加工による歯車部品製作の革新」など,2014年開催の「JIMTOF 2014」に工作機械メーカー各社が出展した際の技術講演などを中心に6つの話題提供を行った。
 同研究会は,工作機械や各種機械要素(転がり軸受,流体軸受,リニアガイド等),潤滑剤,加工法,加工油,工具等に関係する研究者や技術者が一堂に会し,トライボロジー研究や技術の課題と成果を持ち寄り討論することで工作機械のトライボロジーに係わる研究と技術の発展に寄与することを目的に2015年1月にスタート,年3~4回の開催を予定している。(’15 7/8)