日本オートケミカル工業会」タグアーカイブ

日本オートケミカル工業会,2019年度通常総会・特別講演会・懇親会が開催される

日本オートケミカル工業会,2019年度通常総会・特別講演会・懇親会 日本オートケミカル工業会(JACA)は,2019年5月15日,都内で「2019年度(令和元年)通常総会」及び「講演会」「懇親会」を開催した。

 総会では,2018年度事業報告と収支決算,2019年度事業計画及び収支予算,役員改選などの議案について審議され,原案どおり承認された。任期満了により理事と監事が改選され,新理事長に武蔵ホルトの渕田 昌嗣 社長が就任した。

 講演会では,「『つながる車の未来』~豊かに安心して暮らせるモビリティ社会を目指して~」と題して今井 武 氏(自動車技術会フェロー/筑波大学非常勤講師)が,モビリティの変化や「CASE」や「MaaS」といったコネクテッド,自動運転,カーシェアリング,電動化,ライドシェア,オンライン配車サービスと人間らしさといった自動車の変革期に考えなくてはならないことのポイントを解説した。

 懇親会では,渕田 新理事長が冒頭の挨拶で,「次世代自動車とケミカルがどのように今後関わっていくのか非常に興味があるところで工業会の皆さんと勉強を続けていきたい。洗車をすれば車が奇麗になり事故が減るとも言われている。安全や安心を広めるためにもAAAL(オートアフターマーケット活性化連合)やJAAMA(全国自動車用品工業会)と共に洗車の日を盛り上げていきたい」と抱負を述べた。('19 6/5)

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,「合同新年賀詞交歓会」開催される

 全国自動車用品工業会と日本オートケミカル工業会は,2019年1月17日(木),ホテルグランドヒル市ヶ谷(東京都新宿区)で合同新年賀詞交歓会を開催した。
 主催団体を代表して全国自動車用品工業会の西脇 保彦 理事長は冒頭の挨拶で,「毎年,この賀詞交歓会に先立って自動車工業会4団体の交歓会が開かれていて,そこで話されたことをお伝えしてきました。今年は行政の方から,自動車産業が日本の基幹産業であることやその発展のために,いま一度,品質の保証とその組織づくりを,との言葉がありました。自動車産業は改革や電気自動車などの新たな技術にトライして,世界に向けて日本のサービスとクオリティを発信しています。」と,自動車業界の現状や周囲の期待について述べた。さらに,「新年を迎え,インターネットの発達は目を見張るものがあるが、言葉によるコミュニケーションが不足しているのではないかとの反省もあります。今年は,社員との意思疎通,顧客とのコミュニケーション,さらに,クオリティや納期などから信頼関係をより強化していきたい。」と2019年の抱負を述べた。
 続いて,経済産業省製造産業局自動車課 高橋 一幸 課長代理,同素材産業課 町田 宏之課長代理,国土交通省自動車局整備課 田辺 剛敏 課長代理が祝辞を述べ,オートアフターマーケット活性化連合(AAAL)の住野 公一 代表による乾杯の発声で歓談へ。しばしの和やかな雰囲気の後は,日本オートケミカル工業会の渡邊 真也 理事長による中締め。「えい,えい,おー」の力強い勝ち鬨とともに閉会した。(’19 1/23)

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,2019年合同新年賀詞交歓会

日本オートケミカル工業会,2018年度通常総会・特別講演会・懇親会が開催される

日本オートケミカル工業会,2018年度通常総会・特別講演会・懇親会 日本オートケミカル工業会(会長:渡邊 真也 氏,エチレンケミカル)は2018年5月17日,都内で「2018年度通常総会」及び「記念講演会」「懇親会」を開催し,約80人が参加した。
 総会では,2017年度活動報告や収支報告,2018年度の活動方針と予算,役員変更などの議案について審議され,原案どおり承認された。
 記念講演会では,モータージャーナリストの菰田 潔 氏が「電気自動車と自動運転はどこまで普及するか?」をテーマに講演し,HV(ハイブリッド),PHEV(プラグインハイブリッドエレクトリックビークル),EV(電気自動車),FCV(燃料電池自動車)や自動運転の現状や可能性について解説した。
 懇親会では,渡邊 会長(写真)が冒頭に挨拶し,交代する新旧の専務理事を紹介。専務理事は滝澤 政明 氏が退任し,野村 拓史 氏が新たに就任した。(’18 6/13)

「4月28日は洗車の日」イベントが開催される

2018年「4月28日は洗車の日」イベント オートアフターマーケット活性化連合(AAAL)は,2018年4月21日~22日にスーパーオートバックスかしわ沼南店(千葉県柏市)で「2018年洗車の日」キャンペーンを開催した。洗車の日は4月28日で,カー用品店などオートアフターマーケットに関わるメーカーや小売店などが加盟する団体のAAALが,自動車保有台数の減少や若者の車離れなどに対して,洗車をきっかけにクルマに触れる機会を増やすことを目的に2008年から開始し今年10年目となるもの。4月28日はヨイツヤのゴロ合わせで,「洗車を行い,愛車を良い艶をもったクルマにしよう」という願いが込められている。
 当日は入口のエントランスで洗車に関連するクリーナーやワックス,コーティング剤などのメーカー11社がブースを出展し,商品の実演やデモと共にプロが商品の使い方や疑問に答えた。またゲームや抽選会など趣向をこらし家族連れなどの来店者と楽しい時間を過ごした。
日本オートケミカル工業会(JACA)の渕田 昌嗣 理事(AAAL洗車の日委員会委員長)は,「カー用品業界が製販一体となって盛り上がり協力することで10回を迎えることが出来た。今後も継続して行きたい」。全国自動車用品工業会(JAAMA)の西脇 保彦 理事長は「洗車の日を通して日本中のクルマが綺麗になるという文化になると良い。今年10年目を迎えたが更に20年に向けて活動することが大切」。AAALの住野 公一 代表は,「これまで洗車の日はクルマを洗う日と考える人が多かった。洗車の日はクルマに手を入れる日でオイルも綺麗にし,傷を治すといった日にして行きたい」と抱負を語った。
 10年経って業界の盛り上がりを感じており,これまでカー用品店を中心にキャンペーンをしてきたが今後はホームセンターやガソリンスタンドなどへ広げて行きたいという。(’18 5/16)

日本オートケミカル工業会・全国自動車用品工業会,「合同新年賀詞交歓会」開催される

日本オートケミカル工業会・全国自動車用品工業会,2018年合同新年賀詞交歓会 日本オートケミカル工業会と全国自動車用品工業会は,2018年1月17日(水)にホテルグランドヒル市ヶ谷(東京都新宿区)で「合同新年賀詞交歓会」を開催した。
 冒頭の挨拶で日本オートケミカル工業会の渡邊 真也 理事長(エチレンケミカル代表取締役社長,写真)は,「我々2団体では4月28日をよいつやの日として洗車の日と定めており4月と5月は洗車月間としている。先週は幕張メッセで開催された東京オートサロンにオートケミカル工業会を始め関連団体で出展し,洗車ブックやサンプルを配布するなど洗車の日のPRをしたが大変な盛況だった。今後も8月2日のパーツの日など自動車関連団体と共に業界を盛り上げていきたい。」と抱負を述べた。(’18 1/31)

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,「合同新年賀詞交歓会」開催される

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,2017年合同新年賀詞交歓会 全国自動車用品工業会と日本オートケミカル工業会は,2017年1月12日(木)に東京グランドホテル(東京都港区)で「2017年合同新年賀詞交歓会」を開催した。
 冒頭の挨拶で全国自動車用品工業会の西脇 保彦 理事長(ボンフォーム代表取締役社長,写真)は,「ネット通販などモノの買い方が変わり商品が売れない状況が続いているが,工業会では洗車の日を設けることでモチベーションを高めている。各社においては生産性を高めてお客様にきちっとした説明をし,納得のいく対価が得られるようにして行きたい」と抱負を述べた。(’17 1/25)

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,「合同新年賀詞交歓会」開催される

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,2015年合同新年賀詞交歓会 全国自動車用品工業会と日本オートケミカル工業会は2015年1月16日(金)に第一ホテル東京(東京都港区)で「2015年合同新年賀詞交歓会」を開催した。
 冒頭の挨拶で全国自動車用品工業会の西脇 保彦 理事長(ボンフォーム代表取締役社長)は「昨年は2・3月のスタートの出足は良かったものの,その後は消費税率の引き上げなど個人消費の低迷が尾を引いた。このような個人消費の動向はまだ続くものと思われる。企業の合併や整理などが進んでいく中で,我々は自動車産業として消費者に安心して買って貰える商品を供給出来るように,店とメーカーが一緒に考えて行く年になると思う」と挨拶した。(’15 1/21)

日本オートケミカル工業会・全国自動車用品工業会,合同新年賀詞交歓会が開催される

日本オートケミカル工業会・全国自動車用品工業会,2014年合同新年賀詞交歓会 日本オートケミカル工業会と全国自動車用品工業会は,2014年1月17日(金)に東京グランドホテル(東京都港区)で,「2014年(平成26年)合同新年賀詞交歓会」を開催した。
 冒頭の挨拶で日本オートケミカル工業会の棚橋 公三 理事長(エステーオート代表取締役社長,写真)は,「全体的な景況としては脱デフレ,円安基調となり,全体的に好調の兆しとなっている。今年は消費税増税を控え,先行きは不透明だが,景気の良い流れは変わらないのではないか。景気の良さが我々のようなアフターマーケットへ波及し,注目されることを期待している」と述べた。
 また,2013年12月の事務所移転の報告と2014年の課題としてHPの改良,製造物責任法(PL法)などへの迅速な対応,スピーディーな情報提供,会員企業への社員教育など会員向けサービス強化を挙げ,「事務局との距離を縮めたい」と締めくくった。
 最後は全国自動車用品工業会の西脇 保彦 理事長(ボンフォーム代表取締役)の中締めにより,盛会のうちに終了した。(’14 1/29)

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,「平成25年 合同新年賀詞交歓会」が開催される

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,2013年合同新年賀詞交歓会 全国自動車用品工業会と日本オートケミカル工業会は,2013年1月18日(金)に東京グランドホテル(東京都港区)で,「平成25年 合同新年賀詞交歓会」を開催した。冒頭の挨拶で全国自動車用品工業会の西脇 保彦 理事長は,「安倍新政権による強い日本経済を取り戻す政策が進められている。特にものづくりニッポンの中心にあるのは自動車産業であり,この基幹産業が元気になることが経済再生に重要である。更に,新車をすぐに買い替える時代は終わり,価格競争だけではなく自動車関連サービスの位置づけはさらに重要になる。」と日本経済再生における自動車関連産業の重要性を述べた。また,中締めでは日本オートケミカル工業会の渡辺 泰 理事長も挨拶を行い,会場では終始和やかな雰囲気での歓談が取り交わされた。(’13 1/23)

日本オートケミカル工業会・全国自動車用品工業会,合同新年賀詞交歓会が開催される

 日本オートケミカル工業会と全国自動車用品工業会は,2012年1月20日(金)に東京グランドホテル(東京都港区)で,2012年合同賀詞交歓会を開催した。冒頭の挨拶で,日本オートケミカル工業会の松原 徳政 理事長は「今年に入っても激しい円高,ヨーロッパの財政金融危機など,先の見通しが読めない苦しい状況が続いていくと予想されるが,工業会としては,化学物質規制への対応とアフターマーケット市場の活性化を中心に取り組んでいきたい」と述べた。(’12 1/25)
日本オートケミカル工業会・全国自動車用品工業会,2012年合同新年賀詞交歓会

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,合同新年賀詞交歓会が開催される

全国自動車用品工業会・日本オートケミカル工業会,2011年合同新年賀詞交歓会 全国自動車用品工業会と日本オートケミカル工業会は,2011年1月20日(木)に東京グランドホテル(東京都港区)で2011年新年合同賀詞交歓会を開催した。冒頭の挨拶で,全国自動車用品工業会の津屋 和夫 理事長は「自動車用品市場の歴史の中で最も大きな構造的変化に直面している今,このような現状の打開に向けて皆様で力を合わせてMade in Japanブランドの訴求など様々な施策を実行していきたい」と述べた。(’11 1/26)

全国自動車用品工業会とオートケミカル工業会の合同賀詞交歓会が開催される

全国自動車用品工業会とオートケミカル工業会,2009年合同賀詞交歓会 全国自動車用品工業会と日本オートケミカル工業会合同での新年賀詞交歓会が2009年1月15日,虎ノ門パストラル(東京都港区)で開催された。当日は来賓を含め110名が出席した。全自用工の津屋 和夫 理事長(特殊電装(株)代表取締役社長)による冒頭の挨拶の後,来賓の挨拶が行われ,終始和やかな雰囲気で自動車部品とケミカル品という異業種間での情報や意見交換が行われた。(’09 1/21)