日本ロボット工業会」タグアーカイブ

2019年7~9月期の産業用ロボット出荷実績

統計情報

 日本ロボット工業会が発表した2019年7~9月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比10.6%減の4万6,161台で,5四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同5.5%減の1,759億円で,3四4半期連続のマイナス。国内出荷台数は同1.5%減の1万1,328台で,2四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同12.7%増の541億円で,4四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同10.8%減の2,785台,出荷額は同2.8%増の145億円,自動車産業向けの出荷台数が同4.2%増の4,147台,出荷額は同14.2%増の183億円だった。輸出台数は同13.2%減の3万4,833台で,5四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同11.8%減の1,218億円で,5四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同14.6%減の3,075台,輸出額は同12.3%減の504億円,溶接用が同13.3%減の7,412台,輸出額は同24.5%減の164億円だった。('19 8/7)

2019年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

統計情報

 日本ロボット工業会が発表した2019年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比25.1%減の4万2,519台で,4四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同16.1%減の1,578億円で,2四4半期連続のマイナス。国内出荷台数は同2.6%減の9,810台で,9四半期ぶりのマイナスとなった。出荷額は同2.1%増の443億円で,3四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同21.3%減の2,361台,出荷額は同16.7%減の120億円,自動車産業向けの出荷台数が同29.0%増の4,004台,出荷額は同29.8%増の168億円だった。輸出台数は同30.0%減の3万2,709台で,4四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同21.5%減の1,136億円で,4四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同20.4%減の3,096台,輸出額は同17.0%減の501億円,溶接用が同37.8%減の6,150台,輸出額は同45.7%減の136億円だった。('19 8/7)

2019年1~3月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2019年1~3月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比24.2%減の4万3,089台で,3四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同11.3%減の1,676億円で,2四4半期ぶりのマイナス。国内出荷台数は同2.2%増の1万3,233台で,8四半期連続のプラスとなった。出荷額は同4.3%増の582億円で,2四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同8.2%増の3,600台,出荷額は同0.5%増の164億円,自動車産業向けの出荷台数が同3.0%減の4,829台,出荷額は同1.3%増の205億円だった。輸出台数は同31.9%減の2万9,856台で,3四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同17.9%減の1,094億円で,3四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同17.1%減の2,388台,輸出額は同10.7%減の421億円,溶接用が同29.5%減の6,802台,輸出額は同25.6%減の180億円だった。('19 5/15)

2018年10~12月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2018年10~12月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員32社分のみ)は,前年同期比5.2%減の4万9,970台で,2四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同1.0%増の1,813億円で,2四4半期ぶりのプラス。国内出荷台数は同18.1%増の1万2,318台,出荷額は同8.5%増の506億円,うち電気機械産業向けの出荷台数が同3.1%増の3,229台,出荷額は同3.6%減の155億円,自動車産業向けの出荷台数が同21.0%増の4,207台,出荷額は同20.8%増の163億円だった。輸出台数は同10.9%減の3万7,652台で,2四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同1.7%減の1,308億円で,2四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同7.9%増の3,130台,輸出額は同12.6%増の502億円,溶接用が同24.1%減の8,332台,輸出額は同19.9%減の220億円だった。(’19 2/6)

2018年7~9月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2018年7~9月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員32社分のみ)は,前年同期比8.2%減の5万1,619台で,21四半期ぶりのマイナスとなった。出荷額は同5.0%減の1,861億円で,9四半期ぶりのマイナス。国内出荷台数は同9.6%増の1万1,506台,出荷額は同0.7%減の480億円,うち電気機械産業向けの出荷台数が同8.7%増の3,122台,出荷額は同8.8%減の141億円,自動車産業向けの出荷台数が同2.3%増の3,980台,出荷額は同1.2%減の160億円だった。輸出台数は同12.3%減の4万113台で,21四半期ぶりのマイナスとなった。輸出額は同6.5%減の1,381億円で,8四半期ぶりのマイナス。うち電子部品実装用が同4.3%減の3,599台,輸出額は同1.0%減の575億円,溶接用が同21.3%減の8,552台,輸出額は同18.6%減の217億円だった。(’18 11/14)

2017年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2017年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員33社分のみ)は,前年同期比51.1%増の5万5,140台で,過去最高となった。出荷額は同33.2%増の1,765億4,500万円。国内出荷台数は同12.9%増の8,613台,うち自動車産業向けが同2.2%減の2,636台,電気機械産業向けが同26.4%増の2,810台だった。輸出台数は同61.3%増の4万6,527台で,過去最高となった。うち溶接用が同23.0%増の1万388台,電子部品実装用が同50.9%増の3,354台だった。(’17 8/9)

2016年の産業用ロボット生産額

 日本ロボット工業会がまとめた2016年(1~12月)の産業用ロボット生産額(会員・非会員企業の合計値)は,前年比3.3%増の7,033億8,700万円で,9年ぶりに7,000億円台に達した。国内での需要増に加え,米国での景気拡大と製造業回帰,中国の高い自動化投資意欲,欧米におけるインダストリー4.0などIoTを通じた産業用ロボットへの関心の高まりなどがあったが,円高による為替状況が影響し微増に留まった。(’17 6/7)

2017年1~3月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2017年1~3月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員33社分のみ)は,前年同期比26.7%増の4万6,952台だった。出荷額は同16.2%増の1,605億2,400万円。国内出荷台数は同0.4%減の1万289台,うち自動車産業向けが同10.8%減の3,698台,電気機械産業向けが同18.4%増の2,897台だった。輸出台数は同37.2%増の3万6,663台。うち溶接用が同11.3%増の8,966台,電子部品実装用が同27.1%増の2,363台だった。(’17 5/17)

日本ロボット工業会,ロボット導入を促すwebサイト「ロボット活用ナビ」を開設

 日本ロボット工業会は,ロボットの導入を促すためのwebサイト「ロボット活用ナビ」を開設した。ロボットを取り扱うエンジニアリング企業のロボットシステムインテグレータ(SIer)を,日本全国の「対応地域」・「得意分野」・「実施業務内容」から簡単に探すことができる。「得意分野」は,ものづくり,3品産業(食品,化粧品,医薬品),サービス,農林水産,インフラ/災害対応/建設,介護/医療,その他から選択でき,「実施業務内容」は,調査,設計,製作,工事,教育・訓練,保守点検,その他から選ぶことができる。登録しているSIer企業は約100社で,現在,登録を募集している。
 また,同サイトでは,経済産業省の補助金事業「ロボット導入実証事業」の内容を紹介しているほか,ロボットを導入した企業の事例を掲載している。案件によっては,インタビューや動画も閲覧できる。同サイトは以下のURLより。
http://www.robo-navi.com/  (’16 12/14)

日本ロボット工業会,ロボット導入を促すwebサイト「ロボット活用ナビ」を開設

2015年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2015年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員32社分のみ)は,前年同期比6.9%増の3万5,927台だった。出荷額は同13.1%増の1,349億円。国内出荷台数は同14.9%増の7,354台,うち自動車産業向けが同18.1%減の2,128台,電子・電気機械産業向けが同61.7%増の2,802台だった。輸出台数は同5.0%増の2万8,573台。うち溶接用が同2.9%増の9,285台,電子部品実装用が同5.3%増の2,513台だった。(’15 8/19)

2015年1月~3月期の産業用ロボット出荷台数実績

 日本ロボット工業会が発表した2015年1月~3月期の産業用ロボット出荷実績(会員分のみ)は,前年同期比13.4%増の33,946台だった。総出荷額では同11.8%増の1,302億円。生産は同14.0%増の34,601台,受注は同21.2%増の35,769台だった。また国内出荷は同13.6%増の8,800台,うち自動車向けが同21.7%増の3,078台,電子・電気機械向けが同33.2%増の2,737台。輸出は同13.3%増の2万5,146台,うち溶接用が同3.2%増の8,277台,電子部品実装用が同12.9%増の1,973台だった。(’15 5/13)

2014年7月~9月期の産業用ロボット出荷台数実績

 日本ロボット工業会が発表した2014年7月~9月期の産業用ロボット出荷実績(会員分のみ)は,前年同期比24.9%増の33,499台だった。金額では同26.0%増の1,335億円。生産は同25.1%増の33,342台,受注は同17.6%増の33,140台だった。また国内出荷は同19.7%増の7,612台,うち電子・電気機械向けが同4.8%増の1,933台,自動車向けが同36.4%増の2,834台。輸出は同26.5%増の2万5,887台,うち溶接用が同20.9%増の8,719台,電子部品実装用が同39.5%増の2,707台だった。(’14 11/19)