日本自動車工業会」タグアーカイブ

石油連盟と日本自動車工業会,ガソリンエンジンオイルの新品質規格「GLV-1」を設定

GLV-1の種類表示

GLV-1の種類表示 石油連盟と日本自動車工業会は,低粘度省燃費のガソリンエンジンオイルの品質規格「GLV-1」を新たに設定する。同規格は粘度分類規格(SAE J300)0W-8,0W-12を対象とし,低粘度で省燃費性に優れ,かつ摩耗防止性,高温酸化安定性,低温スラッジ防止性等はILSAC GF-5 / API SN規格と同等以上の性能を有する規格として,自動車技術会(自技会)より「JASO M 364:2019 自動車用ガソリン機関潤滑油」として発行された。

 同規格制定にともない,JASOエンジン油規格普及促進協議会は,同規格の運用マニュアル「自動車用ガソリン機関潤滑油規格(JASO M 364:2019)の運用マニュアル」を制定した。エンジンオイル販売元は協議会に届け出ることによって,性能分類表示に関する自己認証制度を利用できるようになり,オイル缶等に「GLV-1」の種類表示をすることができる。運用マニュアル本文は,潤滑油協会のホームページ(http://www.jalos.or.jp)に掲載する。同規格に適合するエンジンオイルは,2019年10月からの市場導入を予定している。('19 6/26)

2017年度の自動車国内需要見通し

 日本自動車工業会は,2017年度の自動車国内需要見通しを発表した。2017年度の4輪車の総需要は,前年度比0.8%減の500万300台と見込んでいる。うち登録車が同1.8%減の325万8,300台,軽4輪車が同1.3%増の174万2,000台。乗用車は同0.8%減の417万8,000台,うち普通・小型4輪乗用車は同2.1%減の281万6,000台,軽4輪乗用車は同2.1%増の136万2,000台と予想している。また,トラックは同0.9%減の80万6,000台,バスは同6.5%増の1万6,300台と見込んでいる。(’17 3/29)

東京モーターショー2017,ショーテーマとテーマロゴが決定

 2017年10月27日(金)~11月5日(日)に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第45回東京モーターショー2017」(主催:日本自動車工業会)のショーテーマとテーマロゴ(写真)が決定した。
 ショーテーマは,「世界を、ここから動かそう。 BEYOND THE MOTOR」。同テーマは,開催年ごとにクルマの価値や楽しさを拡張しながら,業界の垣根を越えて世界最先端のナレッジが集まり,新たなイノベーションやビジネスを生み出せるようなイベントを目指すという思いが込められたもの。
 テーマロゴは,ショーテーマを表すものとして,TOKYO MOTOR SHOWの頭文字である「TMS」をデザイン化したロゴタイプとの組み合わせにより構成。これまでの自動車産業の枠を越えて様々なアイデアやテクノロジーを取り入れた,新しいモビリティの価値を拡張していこうというビジョンを表現したものとなっている。
 東京モーターショー2017では,同テーマを具体的に表現するため,これからのモビリティ社会に関わる幅広い企業に参加してもらい,よりテーマ性を重視したプログラムを実施する。また,現在注目度の高いヴァーチャルリアリティ(VR)等の最新技術によって体験を拡張する「参加体験プログラム」や,業界の垣根を越えて次世代モビリティ社会のキーマンが集う「カンファレンスプログラム」等の検討を進めている。(’17 1/18)

東京モーターショーテーマロゴ

「第45回東京モーターショー2017」2017年10月に東京ビッグサイトで開催

 日本自動車工業会は,「第45回東京モーターショー2017」を2017年10月27日(金)~11月5日(日)までの10日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催することを発表した。
 今回も前回に引き続き,乗用車,商用車,二輪車,カロッツェリア,車体,部品・機械器具関連製品,自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催。前回好評だった人数限定の「プレビューデー」を一般公開に先駆けて実施するなど,来場者にとって魅力あるショーを目指す。出展募集は2016年10月3日(月)から開始し,募集締切は2017年1月13日(金)を予定している。開催概要など詳細は以下の公式ホームページより。
「第45回東京モーターショー2017」公式ホームページ:http://www.tokyo-motorshow.com/  (’16 9/28)

2015年度の自動車生産・輸出実績

 日本自動車工業会がまとめた2015年度の自動車生産・輸出実績によると,4輪車の国内生産台数は前年度比4.2%減の918万7,505台で,2年連続で前年度を下回った。
 乗用車は同3.9%減の777万3,128台で,うち普通車が同4.1%増の480万3,694台,小型4輪車が同7.4%減の153万8,911台,軽4輪車が同21.1%減の143万523台だった。トラックは同6.2%減の127万9,309台,バスは同2.5%減の13万5,068台だった。2輪車の生産台数は,同6.6%減の53万7,988台で,2年連続で前年度を下回った。
 また,4輪車の輸出台数は同2.0%増の458万2,525台で3年ぶりの増加,2輪車の輸出台数は同8.5%減の42万2,239台で,2年ぶりの減少となった。(’16 5/18)

2015年12月および2015年の自動車国内生産実績

 日本自動車工業会が発表した2015年12月の自動車国内生産実績によると,四輪車の国内生産台数は前年同月比2.3%減の74万9,693台となり,2ヵ月ぶりに前年同月を下回った。車種別では,乗用車が同1.3%減の64万1,058台,トラックが同8.4%減の9万8,214台,バスが同1.1%減の1万421台だった。
 また,2015年(1月~12月)の四輪車の国内生産台数は,前年同期比5.1%減の927万8,238台となり,2期ぶりに前年同期を下回った。車種別では,乗用車が同5.4%減の783万722台,トラックが同3.5%減の130万9,666台,バスが同1.4%減の13万7,850台だった。(’16 2/24)

「第44回東京モーターショー2015」開催される

第44回東京モーターショー2015 2015年10月29日(木)~11月8日(日)までの11日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「第44回東京モーターショー2015」(主催:日本自動車工業会)が開催された。
 今回は,「きっと、あなたのココロが走り出す。」(“Your heart will race.”)のテーマのもと,世界11ヵ国から合計160社が出展し,来場者数は累計で812,500人だった。
 今回で3回目となる主催者テーマ事業の“SMART MOBILITY CITY 2015”では,「もっと自由に・・・クルマが変わる、くらしが変わる、社会が変わる。」をテーマに,次世代のクルマやくらしや社会がリアルに体験できる,未来の街をイメージした駅や研究所などの展示スペースが並んだ。また,“SMART MOBILITY CITY 2015”の国際シンポジウムでは,池 史彦 自工会会長(本田技研工業 代表取締役会長)より,自工会としての「自動運転ビジョン」が発表された。
 毎回好評の「プロの運転による乗用車同乗体験試乗会」「二輪試乗会」「東京モーターショーシンポジウム」「自動車ジャーナリストと巡る東京モーターショー」など来場者参加体験型の企画もこれまで以上に充実した内容となった。
 なお,次回の「第45回東京モーターショー」は,2017年秋に東京ビッグサイトで開催される予定。(’15 11/25)

2015年8月自動車生産・輸出実績

 日本自動車工業会がまとめた2015年8月の自動車生産・輸出実績によると,4輪車の国内生産台数は前年同月比4.7%減の60万4,974台で,14ヵ月連続のマイナスとなった。
 乗用車は同4.6%減の50万9,505台で,うち普通車が同0.2%増の31万1,069台,小型4輪車が同0.9%の増の10万9,593台,軽4輪車が同22.8%減の8万8,843台だった。トラックは同5.4%減の8万6,225台で4ヵ月連続マイナス。バスは同5.2%減の9,244台だった。2輪車の生産台数は同3.9%減の36,598台で,10ヵ月連続のマイナスとなった。
 また,4輪車の輸出台数は同0.1%減の32万2,494台で3ヵ月ぶりにマイナス,2輪車の輸出台数は同2.4%減の2万9,117台で3ヵ月連続のマイナスとなった。(’15 10/14)

2015年6月の自動車生産・輸出実績

 日本自動車工業会がまとめた2015年6月の自動車生産・輸出実績によると,4輪車の国内生産台数は前年同月比5.3%減の81万1,864台で,12ヵ月連続のマイナスとなった。乗用車は同6.1%減の68万3,472台,うち普通車が同5.4%増の42万5,901台,小型4輪車が同15.2%減の13万2,849台,軽4輪車が同25.2%減の12万4,722台だった。トラックは同1.8%減の11万5,485台,バスは同5.8%増の1万2,907台だった。2輪車の生産台数は同21.6%減の34,973台で,8ヵ月連続のマイナスとなった。
 また,4輪車の輸出台数は同3.3%増の40万3,730台。2輪車の輸出台数は同18.3%減の2万5,354台だった。(’15 8/19)

2015年5月の自動車生産・輸出実績

 日本自動車工業会がまとめた2015年5月の自動車生産・輸出実績によると,4輪車の国内生産台数は前年同月比16.6%減の64万5,427台で,11ヵ月連続のマイナスとなった。乗用車は同17.7%減の53万9,173台,うち普通車が同8.0%減の33万3,173台,小型4輪車が同26.5%減の10万2,716台,軽4輪車が同32.5%減の10万3,284台。トラックは同12.3%減の9万5,446台,バスは同5.3%増の1万808台だった。4輪車の輸出台数は,同10.0%減少した。2輪車の生産台数は同21.9%減の3万1,958台で,7ヵ月連続のマイナス,輸出台数は同0.6%増だった。(’15 7/15)

2015年度の自動車国内需要見通し

 日本自動車工業会は,2015年度の自動車国内需要見通しを発表した。2015年度の4輪車の総需要は,前年度比5.4%減の499万1,900台と見込んでいる。うち登録車が同0.4%減の309万1,900台,軽4輪車が同12.4%減の190万台。登録車のうち,普通・小型4輪乗用車は前年並みの270万台,軽4輪乗用車は同14.8%減の150万台と予想している。また,トラックは同2.9%減の78万1,000台,バスは同0.9%減の1万900台と見込んでいる。(’15 4/15)

2015年1月の自動車国内生産実績

 日本自動車工業会がまとめた2015年1月の自動車国内生産実績によると,4輪車の国内生産台数は前年同月比9.7%減の77万7,656台だった。乗用車は同11.0%減の65万6,943台,うち普通車が同9.8%減の36万6,725台,小型4輪車が同13.4%減の13万7,974台,軽4輪車が同11.6%減の15万2,244台だった。トラックは同0.2%減の11万120台,うち普通車が同5.0%増の4万9,621台,小型4輪車が同1.6%減の2万6,856台,軽4輪車が同5.9%減の3万3,643台。バスは同15.6%減の1万593台だった。4輪車の輸出台数は,同4.6%増の34万1,872台。また,2輪車の生産台数は同13.1%減の4万9,675台,輸出は同5.3%減の3万9,968台だった。(’15 3/18)