機械システムの状態監視と診断に関する研究会」タグアーカイブ

「機械状態監視と診断技術に関する講習会」9月に東京で開催―機械システムの状態監視と診断に関する研究会

 機械システムの状態監視と診断に関する研究会(代表:井上 剛志 教授,名古屋大学)は,2019年9月18日(水),大田区産業プラザ PiO(東京都大田区)にて講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(入門・初級者向け)」を開催する。

 同講習会では,機械の状態監視と診断に関する技術的な概要から,振動,熱画像等の代表的な監視診断技術を取り上げ,とくに入門者・初級者までを対象に,その基礎と応用の初歩,関連するISO規格まで分かりやすく解説する。同講習会の概要やプログラム,問い合わせ先は以下のとおり。

講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格(入門・初級者向け)」

  • 日時:2019年9月18日(水) 9:30~16:30
  • 会場:大田区産業プラザ PiO 3F 特別会議室(東京都大田区)
  • 主催:機械システムの状態監視と診断に関する研究会
  • 定員:60名(先着順,定員に達し次第締切)
  • 聴講料:一般 18,000円,学生 9,000円 ※教材1冊分の代金含む
  • プログラム:
    <午前:概要と振動診断技術>
     9:30~10:15 「I.機械システムの状態監視と診断に関するISO規格概論と機械状態監視診断技術者(振動)資格認証制度」
      講師:榊田 均 氏(元 東芝)
     10:25~11:10 「II.大型高速回転機械の状態監視と振動診断―基礎と応用例―」
      講師:瀧本 孝治 氏(新川電機)
     11:20~12:05 「III.軸受の状態監視技術 風力発電装置の事例」
      講師:高橋 亨 氏(NTN)
    <午後:機械の内部を診る診断技術>
     13:00~13:45 「IV.機械の循環器系(潤滑油)の診断で日常の健康管理を 潤滑剤分析」
     講師:四阿 佳昭 氏(日鉄物流)
     13:55~14:40 「V.機械の異常は熱にも現れる 熱で診る状態監視技術 サーモグラフィ」
      講師:山越 孝太郎 氏(サーモグラファー)
     14:50~15:35 「VI.加速度センサで見えない状態を見る監視技術(IoTの切り札)AE」
      講師:西本 重人 氏(日本フィジカルアコースティクス)
     15:45~16:30 「VII.電流で診る電動機と回転機械の状態監視と診断」
     講師:劉 信芳 氏(高田工業所)
  • 申込方法
    1. Webから申し込む場合(推奨)
      下記URLより申し込む.申し込み完了後,申込内容がメールにて返信
       https://forms.gle/8K9Gn1f2dEpQpTAo7
    2. メールにて申し込む場合(Web申し込みができない場合)
      メールタイトルを「機械の状態監視と診断技術講習会 申し込み」とし,下記の事項について,inoue.tsuyoshi[at]nagoya-u.jp 宛てに送付([at]を@に変えてください)

      • メールアドレス
      • 氏名(フリガナ)
      • 会社/団体/学校名
      • 部・課名/学部・学科名
      • 所属先の住所・郵便番号
      • 所属先の電話番号
      • 請求書送付の要否(上記住所と異なる送付先を希望の場合は,送付先も記載)
  • 支払方法
    銀行振込にて2019年9月9日(月)まで
    振込口座:三井住友銀行 本山支店(店番号 484)普通預金口座 6918807
    名義人:機械システムの状態監視と診断に関する研究会 代表 井上 剛志
     キカイシステムノジョウタイカンシトシンダンニカンスルケンキュウカイ ダイヒヨウ イノウエ ツヨシ
  • 問い合わせ先
    名古屋大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻
    井上 剛志
     〒464-8603 名古屋市千種区不老町
     TEL・FAX 052-789-3122
     E-mail:inoue.tsuyoshi[at]nagoya-u.jp ([at]を@に変えてください)  ('19 6/26)

機械システムの状態監視と診断に関する研究会,機械状態監視と診断技術に関する講習会を開催

 機械システムの状態監視と診断に関する研究会(代表:井上 教授,名古屋大学)は,2018年9月26日(水),大田区産業プラザ(東京都大田区)にて講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」を開催する。同講習会では,機械の状態監視と診断に関する技術的な概要から,振動,熱画像等の代表的な監視診断技術を取り上げ,基礎から応用,ISO規格まで分かりやすく解説する。同講習会の概要やプログラム,問い合わせ先は以下のとおり。

講習会「グローバル技術者必須!! 機械の状態監視と診断技術 基礎・実践ノウハウと応用例・規格」

  • 日時:2018年9月26日(水) 9:30~16:30
  • 会場:大田区産業プラザ(PiO) 6F D会議室
     〒144-0035  東京都大田区南蒲田1-20-20
  • 主催:機械システムの状態監視と診断に関する研究会(名古屋大学)
  • 定員:60名(先着順,定員に達し次第締切)
  • 聴講料:一般 ¥18,000,学生 ¥9,000 ※教材1冊分の代金含む
  • プログラム:
    <午前:概要と振動診断技術>
     9:00~10:30 「機械システムの状態監視と診断に関するISO規格概論と状態監視診断技術者(振動)資格認証制度」
      講師:榊田 均 氏(元 東芝)
     10:40~11:30 「大型高速回転機械の状態監視と振動診断―基礎と応用例―」
      講師:瀧本 孝治 氏(新川電機)
     11:40~12:30 「軸受の状態監視技術 風力発電装置の事例」
      講師:高橋 亨 氏(NTN)
    <午後:機械の内部を診る診断技術>
     13:40~14:30 「機械の循環器系(潤滑油)の診察で日常の健康管理を 潤滑剤分析」
      講師:四阿 佳昭 氏(日鉄住金物流)
     14:40~15:30 「機械の異常は熱にも現れる 熱で診る状態監視技術 サーモグラフィ」
      講師:山越 孝太郎 氏(サーモグラファー)
     15:40~16:30 「日本発!加速度センサで見えない状態を見る監視技術(IoTの切り札) AE」
      講師:西本 重人 氏(日本フィジカルアコースティクス)
  • 申込方法
    1. Webから申し込む場合(推奨)
       https://goo.gl/forms/6fkJt5VXEy6txh9h2
    2. Webから申し込めない場合:メールで申し込み
      メールタイトルは「機械の状態監視と診断技術講習会 申し込み」
      下記事項を inoue[at]nuem.nagoya-u.ac.jp まで([at]を@に変えてください)

      • メールアドレス
      • 氏名(フリガナ)
      • 会社/団体/学校名
      • 部・課名/学部学科名
      • 住所
      • 電話番号
      • 請求書送付の要否(上記住所と異なる送付先を希望の場合,送付先も記載)

     
    上記1,2のいずれの場合でも後日メールにて届く聴講券を印刷し,当日に持参

  • 支払方法
    銀行振込にて2018年9月17日(月)まで
    振込口座:三井住友銀行 本山支店(番号484) 普通預金口座 6918807
    名義人:機械システムの状態監視と診断に関する研究会 代表 井上 剛志
     キカイシステムノジョウタイカンシトシンダンニカンスルケンキュウカイ ダイヒョウ イノウエ ツヨシ
  • 問い合わせ先
    名古屋大学 大学院工学研究科 機械システム工学専攻 井上 剛志
     TEL 052-789 -3122
     E-mail:inoue[at]nuem.nagoya-u.ac.jp までお送りください([at]を@に変えてください)  (’18 7/11)