産業用ロボット出荷実績-統計」タグアーカイブ

2019年7~9月期の産業用ロボット出荷実績

統計情報

 日本ロボット工業会が発表した2019年7~9月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比10.6%減の4万6,161台で,5四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同5.5%減の1,759億円で,3四4半期連続のマイナス。国内出荷台数は同1.5%減の1万1,328台で,2四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同12.7%増の541億円で,4四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同10.8%減の2,785台,出荷額は同2.8%増の145億円,自動車産業向けの出荷台数が同4.2%増の4,147台,出荷額は同14.2%増の183億円だった。輸出台数は同13.2%減の3万4,833台で,5四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同11.8%減の1,218億円で,5四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同14.6%減の3,075台,輸出額は同12.3%減の504億円,溶接用が同13.3%減の7,412台,輸出額は同24.5%減の164億円だった。('19 8/7)

2019年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

統計情報

 日本ロボット工業会が発表した2019年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比25.1%減の4万2,519台で,4四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同16.1%減の1,578億円で,2四4半期連続のマイナス。国内出荷台数は同2.6%減の9,810台で,9四半期ぶりのマイナスとなった。出荷額は同2.1%増の443億円で,3四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同21.3%減の2,361台,出荷額は同16.7%減の120億円,自動車産業向けの出荷台数が同29.0%増の4,004台,出荷額は同29.8%増の168億円だった。輸出台数は同30.0%減の3万2,709台で,4四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同21.5%減の1,136億円で,4四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同20.4%減の3,096台,輸出額は同17.0%減の501億円,溶接用が同37.8%減の6,150台,輸出額は同45.7%減の136億円だった。('19 8/7)

2019年1~3月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2019年1~3月期の産業用ロボット出荷実績(会員ベース)は,前年同期比24.2%減の4万3,089台で,3四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同11.3%減の1,676億円で,2四4半期ぶりのマイナス。国内出荷台数は同2.2%増の1万3,233台で,8四半期連続のプラスとなった。出荷額は同4.3%増の582億円で,2四半期連続のプラス。うち電気機械産業向けの出荷台数が同8.2%増の3,600台,出荷額は同0.5%増の164億円,自動車産業向けの出荷台数が同3.0%減の4,829台,出荷額は同1.3%増の205億円だった。輸出台数は同31.9%減の2万9,856台で,3四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同17.9%減の1,094億円で,3四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同17.1%減の2,388台,輸出額は同10.7%減の421億円,溶接用が同29.5%減の6,802台,輸出額は同25.6%減の180億円だった。('19 5/15)

2018年10~12月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2018年10~12月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員32社分のみ)は,前年同期比5.2%減の4万9,970台で,2四半期連続のマイナスとなった。出荷額は同1.0%増の1,813億円で,2四4半期ぶりのプラス。国内出荷台数は同18.1%増の1万2,318台,出荷額は同8.5%増の506億円,うち電気機械産業向けの出荷台数が同3.1%増の3,229台,出荷額は同3.6%減の155億円,自動車産業向けの出荷台数が同21.0%増の4,207台,出荷額は同20.8%増の163億円だった。輸出台数は同10.9%減の3万7,652台で,2四半期連続のマイナスとなった。輸出額は同1.7%減の1,308億円で,2四半期連続のマイナス。うち電子部品実装用が同7.9%増の3,130台,輸出額は同12.6%増の502億円,溶接用が同24.1%減の8,332台,輸出額は同19.9%減の220億円だった。(’19 2/6)

2018年7~9月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2018年7~9月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員32社分のみ)は,前年同期比8.2%減の5万1,619台で,21四半期ぶりのマイナスとなった。出荷額は同5.0%減の1,861億円で,9四半期ぶりのマイナス。国内出荷台数は同9.6%増の1万1,506台,出荷額は同0.7%減の480億円,うち電気機械産業向けの出荷台数が同8.7%増の3,122台,出荷額は同8.8%減の141億円,自動車産業向けの出荷台数が同2.3%増の3,980台,出荷額は同1.2%減の160億円だった。輸出台数は同12.3%減の4万113台で,21四半期ぶりのマイナスとなった。輸出額は同6.5%減の1,381億円で,8四半期ぶりのマイナス。うち電子部品実装用が同4.3%減の3,599台,輸出額は同1.0%減の575億円,溶接用が同21.3%減の8,552台,輸出額は同18.6%減の217億円だった。(’18 11/14)

2017年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2017年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員33社分のみ)は,前年同期比51.1%増の5万5,140台で,過去最高となった。出荷額は同33.2%増の1,765億4,500万円。国内出荷台数は同12.9%増の8,613台,うち自動車産業向けが同2.2%減の2,636台,電気機械産業向けが同26.4%増の2,810台だった。輸出台数は同61.3%増の4万6,527台で,過去最高となった。うち溶接用が同23.0%増の1万388台,電子部品実装用が同50.9%増の3,354台だった。(’17 8/9)

2017年1~3月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2017年1~3月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員33社分のみ)は,前年同期比26.7%増の4万6,952台だった。出荷額は同16.2%増の1,605億2,400万円。国内出荷台数は同0.4%減の1万289台,うち自動車産業向けが同10.8%減の3,698台,電気機械産業向けが同18.4%増の2,897台だった。輸出台数は同37.2%増の3万6,663台。うち溶接用が同11.3%増の8,966台,電子部品実装用が同27.1%増の2,363台だった。(’17 5/17)

2015年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2015年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(日本ロボット工業会会員32社分のみ)は,前年同期比6.9%増の3万5,927台だった。出荷額は同13.1%増の1,349億円。国内出荷台数は同14.9%増の7,354台,うち自動車産業向けが同18.1%減の2,128台,電子・電気機械産業向けが同61.7%増の2,802台だった。輸出台数は同5.0%増の2万8,573台。うち溶接用が同2.9%増の9,285台,電子部品実装用が同5.3%増の2,513台だった。(’15 8/19)

2015年1月~3月期の産業用ロボット出荷台数実績

 日本ロボット工業会が発表した2015年1月~3月期の産業用ロボット出荷実績(会員分のみ)は,前年同期比13.4%増の33,946台だった。総出荷額では同11.8%増の1,302億円。生産は同14.0%増の34,601台,受注は同21.2%増の35,769台だった。また国内出荷は同13.6%増の8,800台,うち自動車向けが同21.7%増の3,078台,電子・電気機械向けが同33.2%増の2,737台。輸出は同13.3%増の2万5,146台,うち溶接用が同3.2%増の8,277台,電子部品実装用が同12.9%増の1,973台だった。(’15 5/13)

2014年7月~9月期の産業用ロボット出荷台数実績

 日本ロボット工業会が発表した2014年7月~9月期の産業用ロボット出荷実績(会員分のみ)は,前年同期比24.9%増の33,499台だった。金額では同26.0%増の1,335億円。生産は同25.1%増の33,342台,受注は同17.6%増の33,140台だった。また国内出荷は同19.7%増の7,612台,うち電子・電気機械向けが同4.8%増の1,933台,自動車向けが同36.4%増の2,834台。輸出は同26.5%増の2万5,887台,うち溶接用が同20.9%増の8,719台,電子部品実装用が同39.5%増の2,707台だった。(’14 11/19)

2014年4~6月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2014年4~6月期の産業用ロボット出荷実績(会員分のみ)は,前年同期比40.9%増の3万3,616台だった。金額は同18.7%増の1,192億円。生産は同38.4%増の3万3,388台,受注は同28.9%増の3万5,882台だった。また国内は同36.2%増の6,401台,うち自動車産業向けが同51.5%増の2,599台,電子・電気機械産業向けが同19.2%増の1,733台,海外は同42.1%増の27,215台,うち溶接用が同41.8%増の9,025台,電子部品実装用が同0.3%増の2,386台だった。(’14 8/20)

2014年1~3月期の産業用ロボット出荷実績

 日本ロボット工業会が発表した2014年1~3月期の産業用ロボット出荷実績(会員分のみ)は,前年同期比34.0%増の3万216台だった。金額では同19.0%増の1,164億円。生産は同43.5%増の3万627台,受注は同25.3%増の2万9,759台だった。また国内は同27.0%増の8,016台,うち自動車産業向けが同16.1%増の2,530台,電子・電気機械産業向けが同26.2%増の2,327台,海外は同36.8%増の22,200台,うち溶接用が同33.6%増の8,023台,電子部品実装用が同19.5%増の1,749台だった。(’14 5/14)