石油連盟」タグアーカイブ

2019年度潤滑油需要見通し

統計情報

 石油連盟は,2019年度の潤滑油需要見通しを発表した。それによると,潤滑油全体の需要は前年度比1.4%減の156万5,000kLと見込んでいる。用途別では,自動車用はガソリン車向けおよびディーゼル車向けについて政府による自動車税関係の減税措置があるものの,人口減などの構造的要因等を背景に同0.3%減の59.0万kLの見込み。舶用は,新造船竣工量の回復が見込めず,内航船舶輸送量については建設関連貨物は底堅いものの,通期では微減を見込んでおり,同2.3%減の8万4,000kLと予想している。2020年に強化されるIMO(国際海事機関)の舶用燃料油中硫黄分濃度規制の影響は,既存船での代替燃料使用や排ガス洗浄装置導入によって対応可能であるため限定的とみている。工業用は,個人消費の伸び悩みや,中国を中心とした新興国経済の減速などの影響により,同2.1%減の89万2,000kLと見込んでいる。('19 9/4)

石油連盟と日本自動車工業会,ガソリンエンジンオイルの新品質規格「GLV-1」を設定

GLV-1の種類表示

GLV-1の種類表示 石油連盟と日本自動車工業会は,低粘度省燃費のガソリンエンジンオイルの品質規格「GLV-1」を新たに設定する。同規格は粘度分類規格(SAE J300)0W-8,0W-12を対象とし,低粘度で省燃費性に優れ,かつ摩耗防止性,高温酸化安定性,低温スラッジ防止性等はILSAC GF-5 / API SN規格と同等以上の性能を有する規格として,自動車技術会(自技会)より「JASO M 364:2019 自動車用ガソリン機関潤滑油」として発行された。

 同規格制定にともない,JASOエンジン油規格普及促進協議会は,同規格の運用マニュアル「自動車用ガソリン機関潤滑油規格(JASO M 364:2019)の運用マニュアル」を制定した。エンジンオイル販売元は協議会に届け出ることによって,性能分類表示に関する自己認証制度を利用できるようになり,オイル缶等に「GLV-1」の種類表示をすることができる。運用マニュアル本文は,潤滑油協会のホームページ(http://www.jalos.or.jp)に掲載する。同規格に適合するエンジンオイルは,2019年10月からの市場導入を予定している。('19 6/26)

2018年度潤滑油需要見通し

 石油連盟は,2018年度の潤滑油需要見通しを発表した。それによると,潤滑油全体の需要は前年度比0.7%増の144万1,000kLと見込んでいる。用途別では,自動車用はガソリン車向けはほぼ横ばい,ディーゼル車向けは微増が見込まれることから,同0.2%増の54万5,000kLの見込み。舶用は,新造船竣工量はほぼ横ばいと見込まれるが,石油製品および建設関連貨物の荷動き悪化などによる内航船舶輸送量の減少を見込んで,同2.6%減の7万4,000kLと予想している。工業用は,生産活動が引き続き好調であると見込まれることから,同1.4%増の82万2,000kLと見込んでいる。(’18 8/22)

石油連盟,「今日の石油産業2017」を発行

 石油連盟は,内外の石油事情及び石油産業の課題とその対応などについて正しく理解してもらうため,最新データをもとに「今日の石油産業2017」を取りまとめ,2017年9月に発行した。
 同誌は,これまで毎年4月に発行していたが,今年編集方針を改め,掲載資料・統計については直近年度末までの実績・情勢を反映させるため,9月の発刊となった。
 解説文についても読みやすさを考慮し,直近の動向を中心に簡潔にまとめるべく全面的に改訂され,章立ても再編されている。また本文中に掲載しきれなかった図表等は,巻末にデータ集としてまとめられている。同誌の詳細は以下の通り。

「今日の石油産業2017」
 A4サイズ カラー 46ページ ¥216(税込)
 2017年9月発行
 http://www.paj.gr.jp/about/publications/

PDF版および掲載図表データ
 http://www.paj.gr.jp/statis/data/ よりダウンロード可能  (’17 11/1)

今日の石油産業2017-石油連盟

2017年度潤滑油需要見通し

 石油連盟は,2017年度の潤滑油需要見通しを発表した。それによると,潤滑油全体の需要は前年度比0.4%増の141万9,000kLと見込んでいる。用途別では,自動車用はガソリンエンジン車を中心とした輸出が,北米・中国向けなどで伸びが鈍化することが予想されるものの,自動車の国内需要については比較的好調であると見込まれることから,同0.2%増の54.0万kLの見込み。舶用は,国内貨物輸送量がほぼ前年並みと考えられる中,人手不足を背景とした造船竣工量の減少を受け,同7.7%減の7万2,000kLの見込み。工業用は,生産活動が引き続き好調であると見込まれることから,同1.3%増の80万7,000kLと見込んでいる。(’17 8/23)

石油連盟,2016年度「地球・夢・未来 石油の作文コンクール」表彰式が開催される

 石油連盟は,2017年1月7日(土),経団連会館(東京都千代田区)で2016年度「地球・夢・未来 石油の作文コンクール」の表彰式を行った。
 同連盟では,文部科学省・全国小学校社会科研究協議会後援,全国石油商業組合連合会協力のもと,次代を担う子供たちに石油の大切さを知ってもらうとともに,教育現場の先生方にも石油および石油産業について正しく理解もらうことを目的として,「石油の作文コンクール」を毎年開催している。
 小学校上級生を対象に,「調べてみよう石油の活躍」のテーマにて募集。海外13ヵ国・地域を含めた,計217校から3,083作品の応募があり,厳正な審査の結果,最優秀作品賞(文部科学大臣賞 石油連盟会長賞)に輝いた若原 弘典 君(岐阜大学教育学部附属小学校 6年)の「石油と共に 新たな時代へ」のほか,個人賞20人,学校賞11校を選出した。個人賞・学校賞の入賞作品一覧は以下のURLより。
http://www.paj.gr.jp/life/kids/2016/list.html  (’17 1/18)

2016年度潤滑油需要見通し

 石油連盟は,2016年度の潤滑油需要見通しを発表した。同発表によると,潤滑油全体では,前年度比0.6%減の145万1,000kLとなる見込み。用途別では,自動車用が消費税増税延期による駆込需要の可能性消失,軽自動車燃費データ問題等,自動車の国内需要に影響を与える要因が見られる一方,ガソリンエンジン車を中心とした北米・中国向けの輸出が引き続き市場を牽引するものと予想されることから,ほぼ前年度並みの56万6,000kLの見込み。舶用は,国内貨物輸送量がほぼ前年並みと考えられる中,造船竣工量も頭打ちの状況から,同1.2%減の8万4,000kLの見込み。工業用は,消費税増税延期により駆込需要が見込めないこと等から,工業生産活動としては微増に留まる予想で,工業部門における合理化も踏まえ,同0.9%減の80万1,000kLの見込み。(’16 8/24)

石油連盟,「今日の石油産業2016」を発行

今日の石油産業2016-石油連盟 石油連盟は,内外の石油事情及び石油産業の課題とその対応などについて正しく理解してもらうため,最新データをもとに「今日の石油産業2016」を取りまとめ,2016年4月1日(金)に発行した。
 現在,石油産業は,国際的には原油価格の低迷,国内的には企業再編の動きという大きな変革に直面している。国内の石油需要が構造的に年々減少する中,2015年7月には経済産業省から長期エネルギー需給見通しが示され,一次エネルギーにおける石油の割合は現状より10%以上もシェアを落とす見通しとなった。しかしそれでも全体の30%を占め,引き続き石油がエネルギー供給の根幹を担っている。
 また,東日本大震災を教訓とした「エネルギー基本計画(2014年4月)」においても,石油は災害時にはエネルギー供給の「最後の砦」と位置付けられ,供給網の一層の強靭化が求められており,石油業界では石油の安定供給という責務を全うするため,事業の体質強化を図るとともに,総合エネルギー産業化を目指している。
 同誌は,そうした石油産業を取り巻く最新の状況や業界の取組みについて解説すると同時に,今後のエネルギー供給のあり方を検討する参考となる情報として作成された。同連盟は,同誌を4万部印刷し,石油連盟加盟会社,官公庁,マスコミ関係者,有識者,関係団体等に配布している。また,同誌のPDF版および掲載図表データが同連盟webサイト(http://www.paj.gr.jp/about/publications/)よりダウンロードできる。(’16 4/6)

石油連盟,2015年度潤滑油需要見通しを発表

 石油連盟は,2015年度潤滑油需要見通しを発表した。それによると,潤滑油全体の需要は前年度比1.1%減の150万5,000kLと見込んでいる。用途別では,自動車用は同0.3%減の58万4,000kL,舶用は同1.1%減の9万kL,工業用(絶縁用を含む)は同1.4%減の83万2,000kLと見込んでいる。(’15 8/19)

「もっと知りたい!!石油のQ&A」発行―石油連盟

「もっと知りたい!!石油のQ&A」-石油連盟 石油連盟は,2009年以来6年ぶりに「もっと知りたい!!石油のQ&A」を改訂・発行した。同書は,石油に関する基礎的な用語の解説から,石油需給の変化と対応,石油サプライチェーンの強化,地球温暖化対策や今後の緊急時への取り組み,国内製品価格の決定方式などを,わかりやすくQ&A形式でまとめた冊子。東日本大震災以降の対策やエネルギー政策など最新情報が盛り込まれている。なお,同書のPDFデータが石油連盟のウェブサイト(http://www.paj.gr.jp/about/publications/)からダウンロードできる。

「もっと知りたい!!石油のQ&A」
 A4判 77ページ 価格216円(税込)
 2015年3月発行
石油連盟
 http://www.paj.gr.jp/about/publications/  (’15 5/27)

石油連盟,2014年度潤滑油需要見通しを発表

 石油連盟は,2014年度潤滑油需要見通しを発表した。それによると,潤滑油全体の需要は前年度比0.5%増の153万9,000kLと見込んでいる。用途別では,自動車用は同1.7%減の56万3,000kL,舶用は前年度並みの9万3,000kL,工業用(絶縁用を含む)は同2.2%増の88万3,000kLと予想している。(’14 7/23)

石油連盟,「調べてみよう石油の活躍」(社会科児童用テキスト)を発行

「調べてみよう石油の活躍」2014年度版-石油連盟 石油連盟は,社会科児童用テキスト「調べてみよう石油の活躍」2014年度版を発行した。同誌は小学校高学年の児童を対象とし毎年発行しているが,2014年度版は文部科学省の新学習指導要領を踏まえ,更に学習効果を高めるため全般的に改訂した。内容面では「暮らしの中の石油の役割とサプライチェーンの重要性」を強調している。形式面では,各ページを発問形式で構成し,図表の見直しや,より解りやすい文章への修正を行った。また一部の高度な内容については,コラムに参考情報として書き分け,一般消費者への基礎的な解説本としても役立つものとなっている。同誌は石油連盟のウェブサイトにも掲載されており,無料ダウンロードも可能。
http://www.paj.gr.jp/about/publications/  (’14 7/16)