ASTEC実行委員会」タグアーカイブ

「ASTEC 2020 第15回先端表面技術展・会議」開催される

ASTEC 2020ロゴ

2020年1月29日(水)~1月31日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「ASTEC 2020 第15回先端表面技術展・会議」(主催:ASTEC実行委員会)が開催され,3日間合計で47,692名(同時開催展含む)が来場した。

今回で15回目の開催となる同展では,テーマを「~Surface to Everything~ 先端技術で“診る”,“測る”,“創り出す”機能性表面・界面の専門展」にリニューアル。各種表面分析・計測装置を中心に,最新のコーティング技術や装置,サービスが一堂に展示された(写真1)。

展示会の様子1-ASTEC 2020

展示会の様子2-ASTEC 2020

展示会の様子3-ASTEC 2020

写真1

また,トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,オープンイノベーションを支える開発支援環境の構築やトライボロジーの新たなビジネスモデル等について討議するパネルディスカッション(写真2),トライボロジー特性を評価・計測する最新の技術・製品を集めたパネル展示「産学連携トライボロジーコーナー」(写真3),最先端の表面処理テクノロジーや研究動向を紹介する「表面技術会議」など多数の企画,講演が催された。

写真2 パネルディスカッション-ASTEC 2020

写真2

写真3 トライボロジーコーナー-ASTEC 2020

写真3

次回「ASTEC 2021」は2021年1月27日(水)~29日(金)の3日間,東京ビッグサイト東4ホール・会議棟で開催される予定。次回の出展申し込み等の問い合わせは以下より。

  • 問い合わせ先
     ASTEC実行委員会事務局(JTBコミュニケーションデザイン内)
     〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング
     TEL:03-5657-0850  FAX:03-5657-0645
     E-mail:astec@jtbcom.co.jp
     公式サイト https://www.astecexpo.jp/  ('20 2/26)

「ASTEC 2020 第15回先端表面技術展・会議」1/29~東京ビッグサイトで開催

ASTEC 2020ロゴ

2020年1月29日(水)~1月31日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「ASTEC 2020 第15回先端表面技術展・会議」(主催:ASTEC実行委員会)が開催される。

同展では,トライボロジー特性を評価・分析する最先端の装置や表面処理加工技術・装置が一堂に展示。トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,オープンイノベーションの現状や課題,国際標準化への取り組み,トライボロジーの新たなビジネスモデル等について討議するパネルディスカッションや,最先端の表面処理テクノロジーや研究動向を紹介する「第15回表面技術会議」,「産学連携」をテーマにした企画展示,出展者によるプレゼンテーションなどが多数催される。

<パネルディスカッション「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」>
同企画では,トライボロジーに関する先端企業や研究機関の専門家が,東京理科大学の佐々木 教授のモデレータのもと,トライボロジー分野におけるオープンイノベーションや国際標準化への取り組み,トライボロジーの新たなビジネスモデル等についてディスカッションする。参加費は無料でセミナー登録も不要(展示会入場時に来場登録が必要)。

  • 日時:2020年1月31日(金)10:30~12:15
  • 会場:ASTEC / SURTECHセミナー会場(南3ホール展示会場内)
  • 企画主催:潤滑通信社
  • 企画協力:ASTEC実行委員会

【モデレータ】
佐々木 信也 氏(東京理科大学 工学部 機械工学科 教授)

【テーマ1:オープンイノベーションを支える開発支援環境の構築】(10:30~11:15)
ディスカッションテーマ(予定)

  • オープンイノベーションを支える評価試験の品質向上と効率化
  • 高度化する要求に対応するラボの必要性
  • 共創と競争のための評価試験 など

パネリスト企業:エリオニクス,協和界面科学,新東科学,東陽テクニカ,ナノテック

【テーマ2トライボロジーの新たなビジネスモデル】(11:25~12:15)
ディスカッションテーマ(予定)

  • ソフトマターへ
  • トライボロジー 機能性から快適性へ
  • グローバルマーケットへの展開と課題 など

パネリスト企業:アントンパール・ジャパン,三洋貿易,島貿易,トリニティ―ラボ,レスカ

<第15回表面技術会議>
1月29日(水)に「次世代自動車・航空宇宙を支える最新の表界面ソリューション」,30日(木)に「先端材料のための表面構造分析,評価・計測技術の最前線」のテーマで開催される。

  • 日時:2020年1月29日(水),30日(木) 10:45~13:00
  • 会場:ASTEC / SURTECHセミナー会場(南3ホール展示会場内)
  • 参加費:無料 ※ただし,希望者のみテキスト代3,000円/テーマ
  • プログラム:
     1月29日(水)【テーマ1】次世代自動車技術・航空宇宙を支える最新の表界面ソリューション
     10:45~11:30 「全固体電池の界面制御と,その研究を加速するためのAI / Robot活用」
      一杉 太郎 氏(東京工業大学 物質理工学院)
     11:30~12:15 「先端材料の表面・界面構造を明らかにする最新の電子顕微鏡技術」
      橋本 哲 氏(JFEテクノリサーチ)
     12:15~13:00 「航空宇宙分野における機能性分子センサー技術の開発と応用」
       浅井 圭介 氏(東北大学)
    https://unifiedsearch.jcdbizmatch.jp/nanotech2020/jp/sem/astec_surtech/seminar_details/RIxT48GqKAY

     1月30日(木)【テーマ2】先端材料のための表面構造分析,評価・計測技術の最前線
     10:45~11:30 「先進DPC STEM法による材料局所電磁場解析」
      柴田 直哉 氏(東京大学大学院工学系研究科)
     11:30~12:15 「新しい走査型プローブ顕微鏡(SPM測定)技術『ESM』によるリチウムイオン電池の評価」
      石井 孝治 氏(オックスフォード・インストゥルメンツ)
     12:15~13:00 「TOF-SIMSと共焦点ラマンを搭載したプラズマFIB-SEMによるマルチモーダル解析」
      鈴木 直久 氏(東陽テクニカ)
    https://unifiedsearch.jcdbizmatch.jp/nanotech2020/jp/sem/astec_surtech/seminar_details/g5FuhJzXoOI

<産学連携トライボロジーコーナー(小間番号:3S-P15)>
トライボロジー特性の評価・計測に関連する企業10社が,最先端の製品・技術をパネル展示で紹介する。同コーナーの出展企業は以下のとおり。

  • 出展企業
    アントンパール・ジャパン/エリオニクス/協和界面科学/三洋貿易/島貿易/新東科学/東陽テクニカ/トリニティーラボ/ナノテック/レスカ
  • ASTEC 2020開催概要
    • 名称:ASTEC 2020 第15回先端表面技術展・会議
    • 会期:2020年1月29日(水)~1月31日(金) 10:00~17:00
    • 会場:東京ビッグサイト南3ホール
    • 入場料:3,000円
      ※Webサイトでの事前登録者,招待状持参者は入場無料。以下のURLより事前登録できます
       https://jcd-event.smktg.jp/public/application/add/415?lang=ja
    • 主催:ASTEC実行委員会
  • 問い合わせ先:ASTEC展示会事務局
     TEL:03-5657-0850  FAX:03-5657-0645
     ASTEC 2020公式サイト https://www.astecexpo.jp  ('20 1/22)

「ASTEC 2019」開催される

 2019年1月30日(水)~2月1日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「ASTEC 2019 第14回先端表面技術展・会議~見る・積む・削る ナノレベルからの表面処理~」(主催:ASTEC実行委員会)が開催され,3日間で43,622名(同時開催展含む)が来場した。
 同展では,トライボロジー特性を評価・分析する最先端の装置や表面処理加工技術・装置を一堂に展示(写真1)。産学連携トライボロジーコーナー(写真2)では,トライボロジー特性の評価・計測に関連する10社企業がパネル展示し,来場者の関心を集めた。
 最先端の表面処理テクノロジーや研究動向を紹介する「第14回表面技術会議」では,1月30日(水)にテーマ1「次世代自動車技術~ナノ計測・EV・全固体電池~」,31日(木)にテーマ2「ライフサイエンス・ソフトマテリアルのための先端イメージング技術」の2日間にわたり開催。白井 智也 氏(本田技術研究所),佐々木 信也 氏(東京理科大学)による「自動車用動力伝達技術研究組合(TRAMI)活動概要のご紹介」をはじめ,6つの講演が行われた。
 2月1日(金)は,トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,パネルディスカッション「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」が開催され,オープンイノベーションの現状や課題,国際標準化への取り組み,トライボロジーにおける新たなビジネスモデル等について討議した(写真3)。(’19 2/27)

「ASTEC 2019」開催される

「ASTEC 2019 第14回先端表面技術展」本日より開幕

ASTEC 2019 第14回先端表面技術展・会議 「ASTEC 2019 第14回先端表面技術展・会議~見る・積む・削る ナノレベルからの表面処理~」(主催:ASTEC実行委員会)が,本日2019年1月30日(水)より東京ビッグサイト(東京都江東区)にて開幕した。
 同展では,トライボロジー特性を評価・分析する最先端の装置や表面処理加工技術・装置が一堂に展示。トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,オープンイノベーションの現状や課題,国際標準化への取り組み等について討議するパネルディスカッションや,最先端の表面処理テクノロジーや研究動向を紹介する「第14回表面技術会議」,「産学連携」をテーマにした企画展示,出展者によるプレゼンテーションなどが多数催される。
 2月1日(金)には,パネルディスカッション「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」を開催する。トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,佐々木 信也 氏(東京理科大学)のモデレータのもと,トライボロジー分野におけるオープンイノベーションの現状や課題,国際標準化への取り組み,トライボロジーの新たなビジネスモデルの構築等について討議する。参加費は無料でセミナー登録も不要(Webでの事前来場登録で入場料も無料)。
 同展の開催概要,来場者登録は以下のURLより。
https://www.astecexpo.jp/  (’19 1/30)

「ASTEC 2019 第14回先端表面技術展」1/30~東京ビッグサイトで開催

ASTEC 2019ロゴ 2019年1月30日(水)~2月1日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「ASTEC 2019 第14回先端表面技術展・会議~見る・積む・削る ナノレベルからの表面処理~」(主催:ASTEC実行委員会)が開催される。
 同展では,トライボロジー特性を評価・分析する最先端の装置や表面処理加工技術・装置が一堂に展示。トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,オープンイノベーションの現状や課題,国際標準化への取り組み等について討議するパネルディスカッションや,最先端の表面処理テクノロジーや研究動向を紹介する「第14回表面技術会議」,「産学連携」をテーマにした企画展示,出展者によるプレゼンテーションなどが多数催される。

<パネルディスカッション「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」>
 同企画では,トライボロジーに関連する先端企業の専門家が集まり,佐々木 信也 氏(東京理科大学)のモデレータのもと,トライボロジー分野におけるオープンイノベーションの現状や課題,国際標準化への取り組み,トライボロジーの新たなビジネスモデルの構築等について討議する。参加費は無料でセミナー登録も不要(展示会入場時に来場登録が必要)。

  • 日時:2019年2月1日(金)10:30~12:15
  • 会場:ASTEC / SURTECHセミナー会場(東4ホール展示会場内)
  • 企画主催:潤滑通信社
  • 企画協力:ASTEC 実行委員会

【モデレータ】
佐々木 信也 氏(東京理科大学 工学部 機械工学科 教授)
【テーマ1:オープンイノベーションと標準化】(10:30~11:15)
パネリスト企業:アントンパール・ジャパン,エリオニクス,東陽テクニカ,ナノテック,レスカ,産業技術総合研究所
【テーマ2:トライボロジーの新たなビジネスモデル】(11:30~12:15)
パネリスト企業:協和界面科学,三洋貿易,新東科学,島貿易,トリニティーラボ

<第14回表面技術会議>
 1月30日(水)に「次世代自動車技術~ナノ計測・EV・全固体電池~」,31日(木)に「ライフサイエンス・ソフトマテリアルのための先端イメージング技術」のテーマで,2日間にわたり開催される。

  • 日時:2019年1月30日(水),31日(木)10:45~13:00
  • 会場:ASTEC/SURTECHセミナー会場(東4ホール展示会場内)
  • 参加費:3,000円(税込)/1テーマ(予稿集代含む) ※参加費は当日,会場にて現金で支払い
  • プログラム:
     1月30日(水)【テーマ1】次世代自動車技術~ナノ計測・EV・全固体電池~
     10:45~11:30 「自動車用動力伝達技術研究組合(TRAMI)活動概要のご紹介」
      白井 智也 氏(本田技術研究所),佐々木 信也 氏(東京理科大学)
     11:30~12:15 「オペランド表界面ナノ計測技術の開発とエネルギーデバイスへの応用」
      藤田 大介 氏(物質・材料機構(NIMS))
     12:15~13:00 「グラフェンスーパーキャパシター」
      唐 捷 氏(物質・材料研究機構(NIMS))

     1月31日(木)【テーマ2】ライフサイエンス・ソフトマテリアルのための先端イメージング技術
     10:45~11:30 「決定的なAFM-IR技術 PiFM(光誘起力顕微鏡)で実現,真のナノスケール赤外分光技術の紹介」
      小野寺 毅師 氏(日本レーザー)
     11:30~12:15 「表面分析技術の医学・生物学応用~TOF-SIMSを用いた細胞内脂質分子分布の超解像度観察~」
      瀬藤 光利 氏(国際マスイメージングセンター/浜松医科大学)
     12:15~13:00 「X線位相画像技術」
      百生 敦 氏(東北大学多元物質科学研究所/科学技術振興機構)

  • 第14回表面技術会議の聴講申込みや詳細は以下URLより
    http://nanotech2019.jcdbizmatch.jp/jp/Presentation/Info/Exhibitor?param=iHAXYczTgHs

<産学連携トライボロジーコーナー>
 1月30日(水)~2月1日(金)の3日間,表面・界面技術に欠かせない「トライボロジー」の最新動向や先端技術をパネル展示する。同コーナーの出展企業は以下のとおり。

アントンパール・ジャパン/エリオニクス/協和界面科学/三洋貿易/島貿易/新東科学/東陽テクニカ/トリニティーラボ/ナノテック/レスカ

  • ASTEC2019開催概要
    • 名称:ASTEC2019 第14回先端表面技術展・会議
    • 会期:2019年1月30日(水)~2月1日(金)
    • 時間:10:00~17:00
    • 会場:東京ビッグサイト東4ホール/会議棟
    • 入場料:3,000円(税込)
      ※Webサイトでの事前登録者,招待状持参者は入場無料。以下のURLより事前登録できます
       https://jcd-event.smktg.jp/public/application/add/403?lang=ja
    • 主催:ASTEC実行委員会

    <同時開催展>
    SURTECH2019 表面技術要素展/nano tech 2019 国際ナノテクノロジー総合展・技術会議/InterAqua 2019 第10回 国際水ソリューション総合展/Convertech Japan 2019/新機能性材料展 2019/3次元表面加飾技術展 2019/JFlex2019/先進印刷技術展2019/ENEX2019/Smart Energy Japan 2019/電力・ガス新ビジネスEXPO 2019/TCT Japan 2019

  • 問い合わせ先:ASTEC実行委員会事務局
     TEL:03-5657-0757  FAX:03-5657-0645
     ASTEC2019公式サイト https://www.astecexpo.jp  (’19 1/23)

ASTEC 2018でパネルディスカッション「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」を開催

ASTEC 2018ロゴ 2018年2月14日(水)~16日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,「ASTEC 2018 第13回先端表面技術展・会議」(主催:ASTEC実行委員会)が開催されます。
 会期中の2月15日(木)の15時~16時45分,トライボロジーに関連する素材・評価技術に係る先端企業の専門家に集まっていただき,東京理科大学の佐々木 信也 教授のモデレータのもと,トライボロジー分野におけるオープンイノベーションの取り組みについて討議してもらいます。

  • テーマ:「トライボロジーにおけるオープンイノベーションの課題と将来」
  • 日時:2018年2月15日(木) 15:00~16:45
  • 会場:東京ビッグサイト ASTEC / SURTECセミナー会場(東4ホール会場内)
  • 登録不要,無料
  • モデレータ:佐々木 信也 氏(東京理科大学 工学部第一部 機械工学科 教授)
  • パネリスト企業:アントンパール・ジャパン/協和界面科学/三洋貿易/新東科学/東陽テクニカ/東レ・ダウコーニング/パーカー熱処理工業/ブルカ―ジャパン/産業技術総合研究所
  • 企画主催:潤滑通信社
  • 企画協力:ASTEC実行委員会

 機械製品の耐久性や信頼性,そして機械システムのエネルギー効率には,表面のトライボロジー特性が大きく関与し,モノづくりにおけるトライボロジー技術の重要性はますます高まっています。一方で,幅広い製品に対し,物理,化学,材料,機械などの学際領域を扱うトライボロジーは,大学のみのならず企業においてもその技術的な位置づけが難しく,トライボロジーを担う専門集団を形成することが困難な状況に陥っています。今や,トライボロジー全般を総合的に取り扱うことは1企業内では不可能である現状を鑑みれば,共通基盤的な部分については産業界や大学が協同して研究開発してレベルアップを図り,その上に各社が独自の戦略に則り効率的かつスピーディーな研究開発を推進することが強く望まれます。そのため,産学および産産の異分野・異業種が融合しイノベーションを引き起こす共創や連携の仕組み作りが重要になっています。このパネルディスカッションでは,素材・固体潤滑,表面処理,試験機など異分野・異業種のパネリストに,トライボロジーにおけるオープンイノベーションの現状の課題や今後の取り組みなどについて多様な角度から討議してもらいます。

ご案内のPDFはこちらからダウンロードできます。
https://www.juntsu.co.jp/wpinteg/download/98627/  (’18 1/17)

「Nano tech 2017 / ASTEC 2017 / SURTECH 2017」など開催される

 2017年2月15日(水)~17日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,ナノテクノロジー・表面改質関連の展示会「nano tech 2017 第16回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(主催:nano tech実行委員会),「ASTEC 2017 第12回先端表面技術展・会議」(主催:ASTEC実行委員会),「SURTECH 2017 表面技術要素展」(主催:表面技術協会,日本鍍金材料協同組合,JTBコミュニケーションデザイン)などが開催され,同時開催展含め3日間合計で53,106人が来場した。
 「nano tech 2017」の特別シンポジウムでは,15日(水)に「最先端医療・生命科学を加速するライフ・ナノテクノロジー」「グラフェン スペシャル」,16日(木)に「AI / IoT」「セルロースナノファイバーの実用化最前線」,17日(金)に「マテリアルズ・インフォマティクス」のテーマで多数の講演が行われた。
 「ASTEC 2017」では,DLCやコーティング,摩擦摩耗試験,膜厚測定や硬さ試験などの表面処理・計測機器に関する最新技術・製品が一堂に展示。15日(水)に会場内セミナー会場で「第12回表面技術会議」が行われ,「テーマ1:医療,生体,バイオの表面技術」で,中谷 達行 氏(岡山理科大学)が「医療分野におけるDLCコーティングの先端技術」のテーマにて,冠動脈DLCステントの開発,DLC歯科インプラントの開発,DLC人工血管の開発,医療用HiPIMS-DLCの開発について講演した。
 なお,次回は2018年2月14日(水)~16日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東1~6ホール,会議棟)で開催される予定。(’17 3/1)

Nano tech 2017 / ASTEC 2017 / SURTECH 2017

「Nano tech 2016 / ASTEC2016 / SURTECH2016」などが開催される

Nano tech 2016 / ASTEC2016 / SURTECH2016 2016年1月27日(水)~29日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,ナノテクノロジー・表面改質関連の展示会「nano tech 2016 第15回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(主催:nano tech実行委員会),「ASTEC2016 第11回先端表面技術展・会議」(主催:ASTEC実行委員会),「SURTECH2016 表面技術要素展」(主催:表面技術協会,日本鍍金材料協同組合,ICSコンベンションデザイン)や,エネルギー関連の展示会「ENEX2016 第40回地球環境とエネルギーの調和展(Energy and Environment Exhibition)」など10展が同時開催され,48,514名が来場した。
 カンファレンスやセミナーも充実したプログラムが実施され,nano tech 2016では「Nanotech Agenda 2020」「グラフェンスペシャル 次世代カーボン素材の最新状況」「進化を超える極微量物質の超迅速多項目センシングシステム」「ものづくりを変える,バイオミメティクス」などの講演に,多数の来場者がセミナー会場を訪れた。
 展示会場ではナノ材料,加工・評価・計測等のナノテク技術や,DLCやセラミックなどのコーティング,評価・試験機器などの最新技術が紹介された。(’16 2/17)

「nano tech 2016 / ASTEC2016 / SURTECH2016」など10展が1/27から同時開催

nano tech 2016ロゴ 2016年1月27日(水)~29日(金)の3日間,東京ビッグサイト(東京都江東区)で,ナノテクノロジー・表面改質関連の展示会「nano tech 2016 第15回国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」(主催:nano tech実行委員会),「ASTEC2016 第11回先端表面技術展・会議」(主催:ASTEC実行委員会),「SURTECH2016 表面技術要素展」(主催:表面技術協会,日本鍍金材料協同組合,ICSコンベンションデザイン)や,エネルギー関連の展示会「ENEX2016 第40回地球環境とエネルギーの調和展(Energy and Environment Exhibition)」など10展が同時開催される。
 「nano tech 2016」ゾーンでは,ロボット産業発展のためのビジネスプラットフォームとして「Robotics 2016」が初開催されるほか,東4ホール会場内ASTEC/SURTECHセミナー会場では「第11回表面技術会議」が開催され,「医療等様々な分野に応用される表面・界面技術」「表面技術により飛躍するプリンテッドエレクトロニクス」のテーマのもと,各種講演が開催される。同展の詳細は以下のURLより。
http://www.nanotechexpo.jp/main/index.html  (’16 1/13)