BPジャパン」タグアーカイブ

ONYX InSight社とBPジャパン,ギアボックス予知保全に関するシンポジウムが開催される

 回転機械の状態監視技術や予知保全とコンサルティングを手掛けるONYX InSight(オニックス・インサイト)社とBPジャパンの両社は2019年5月24日(金),都内でギアボックス予知保全に関するシンポジウム「ONYX InSight テクニカルシンポジウム」を昨年に続き共同開催し,風力設備や工場の需要家など約40人が参加した。

会場風景

写真1 会場風景

 冒頭の挨拶でBPジャパン代表取締役社長のチャールズ ポッスルズ 氏は,「BPは石油やガスというイメージが強いが,特に米国では風力にも力を入れている。風力発電ではメンテナンスの時間を短くして稼働時間を長くすることが非常に重要であり,その目的を達成するために,2017年に回転機械の技術を有するローマックスと技術提携し,オニックスインサイトをジョイントベンチャー企業として設立した。今日のシンポジウムでは風力分野におけるメンテナンスの時間を短縮し稼働時間を延長するためのテクノロジーをオニックスとカストロールから紹介します。」とローマックス社とジョイントベンチャーでオニックスインサイトを設立した経緯やシンポジウムの意義を説明した。

チャールズ ポッスルズ氏

写真2 チャールズ ポッスルズ氏

 またオニックスインサイト社アジア・パシフィック統括責任者のオ・セ・ウン 氏は,「予知保全の技術としてIoTを駆使したモニタリング技術,クラウド上での分析サービス,現場で使うモバイル基盤で作られた専門ソフトウエアなどを使い,エンジニアリングサービスを提供しています。現在予知保全として5000基以上の風車を管理しています。今日のシンポジウムでは最新の回転機械の状態監視システムなど技術動向を紹介します」と事業内容を紹介した。

オ・セ・ウン氏

写真3 オ・セ・ウン氏

 講演では,オニックスが「転がり軸受の設計方針と現実の故障のケース」,「状態基準保全」,「予知保全のためのマシンラーニング」により,実際の故障,グリースフラッシングや状態基準保全を活用した運営管理費の削減効果や,ビッグデータに基づくマシンラーニングによる故障検出について事例を踏まえて紹介した。

 またBPジャパンは「軸受の潤滑」,「潤滑剤技術と最新のグリース」により,軸受の潤滑の基礎と,潤滑剤の技術と風力発電用グリースによる軸受の損傷防止について事例を踏まえて紹介した。

 さらに「ドローンによるブレード検査と人工知能によるブレード欠陥検出の自動化」を,韓国でマシンラーニングを基盤にブレード点検のソリューションを提供するNearthlab社のYoungsuk Chung 氏が外部講師として発表し,受講者からは活発な質問や意見が出された。('19 6/19)

ONYX InSight社,テクニカルシンポジウムを5月に東京で開催

ONYX InSight社(旧社名:Romax Insight) は,2019年5月24日(金),グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)でテクニカルシンポジウムを開催する。
同社は,回転機械に注力した革新的な予知保全と高度なコンサルティングによる信頼性の高いエンジニアリングソリューションを提供している。世界30ヵ国以上の国で事業展開を行い,特に風力発電市場では長年にわたって5,000基以上の風力タービンで実績を有する。
同シンポジウムは昨年に引き続いての開催で,今回は,世界的な潤滑剤メーカーであるカストロールとともに,最新技術に基づく,軸受の理論と潤滑,コンディションベースメンテナンス(CBM,状態基準保全),マシンラーニングによるデータ分析,軸受の潤滑技術に関して紹介する。同シンポジウムの概要や申し込み・問い合わせ先は以下のとおり。

  • 日時:2019年5月24日(金) 10:00~17:00(受付9:30~)
  • 場所:グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)
  • 主題:「軸受とデータ分析」
  • 内容:
    • 軸受の理論と潤滑
    • コンディションベースメンテナンス(CBM,状態基準保全)
    • マシンラーニングによるデータ分析
    • 軸受の潤滑技術
  • 定員:先着50名
  • 費用:無料 ※事前登録制。当日は昼食,お茶を用意
  • 申し込み・問い合わせ先
    BPジャパン カストロールインダストリアル事業本部(ONYX InSight社提携パートナー)
    担当:針生(ハリウ)
    TEL:03-5719-7200
    E-mail:industrial_japan@se1.bp.com  (’19 3/27)

ギアボックス予知保全サービスの最新技術動向に関するセミナーが開催される―オニックス・インサイト,BPジャパン

加藤雅生氏-ギアボックス テクニカルセミナー 英国を拠点に予知保全とコンサルティングを手掛けるオニックス・インサイト社とBPジャパンの両社は2018年5月18日,都内で「ギアボックス テクニカルセミナー」を共同開催し,設備や工場の需要家など約50人が参加した。
現在,オニックス社は世界30ヵ国で風力発電機5000基以上の予知保全メンテナンスサービスを提供し注目されている。
同社は今回のセミナー開催を通して,風力発電プラントで予知保全サービス導入が進む欧米での先進事例を紹介し,日本での予知保全サービスへの関心を高め,同市場の活性化を図りたい考え。そのため,各講師はギアボックス設計,故障トラブル,予知保全など第一線で活躍するスペシャリストが担当した。各講演後には,活発な質疑応答が繰り広げられ、各講演に対する関心の高さをうかがわせた。

●シナジー効果が大きい理想的な組み合わせ
BPジャパン カストロール工業用潤滑油事業本部長(執行役員)・加藤 雅生 氏は,EV(電気自動車)化が進む自動車業界の動向を踏まえ,「明日から全てのクルマが電気自動車になったら,潤滑油の7割の需要がなくなると言われている」と述べ,EV化が及ぼす影響の深刻さを浮き彫りにした。
将来的に潤滑油業界が直面する厳しい局面に対して,「今後は潤滑油製品のみではなく,(付加価値のある)サービスをグローバルで提供していきたい」(加藤 本部長)と,予知保全などの高付加価値サービスの事業展開に意欲を示した。実際,オニックス社の予知保全サービスと,BP社の潤滑油製品との組み合わせは理想的とも言え,「シナジーは非常に大きい」(加藤 本部長)と,両社によるジョイントベンチャーに期待を膨らませた。

●セミナー終了後,セミナーの狙いや今後の展開についてオ・セ・ウン 氏は次のように語った。

オ・セ・ウン氏-ギアボックス テクニカルセミナー 当社は本社が英国で,日本を含めたアジア・パシフィックの拠点は韓国になります。韓国から日本及び東南アジアを対象に活動しています。日本でセミナーを開催するのは初めてになります。こうした「風力発電プラント」や「予知保全」についてのセミナーは,すでに,米国と韓国では,それぞれ4回ほど開催しています。今後は,これまでの開催内容を踏まえて,一般産業も対象に含めて開催していきたいと考えています。
弊社のメンテナンスプログラムを導入して頂くことで,ダウンタイムコストの削減が実現出来ます。ダウンタイムコストの削減は,工場全体の効率的な稼働につながりますから,お客様のご関心は極めて高く,当社はそこにフォーカスしています。
日本には3年前から進出し,現在数社と契約を結んでいます。日本は,メンテナンスへの意識も高く,そのコスト(対価)に対しても十分な理解があります。必要不可欠な費用としての考えが基本的にあるのだと思います。
一方で,欧米の風力発電先進国と比較すると,日本はメンテナンス従事者数が多い印象があります。その費用対効果については議論すべきだと思います。欧米で導入されているデータ解析による予知保全の生産性は高いと認識しています。この分野は,日本ではこれからの段階ですから,今後十分に浸透する可能性を秘めていると思っています。
当社はデータ解析のみを得意とするわけではありません。デザイン・設計からシステムの運営・データ解析まで,それぞれの分野に精通したスペシャリストを擁し,モニタリングを含めたトータルなサービスの提供ができるのが強みです。オニックス社とBP社が持つ世界的ナレッジを活用して,日本のお客様に貢献していくのが,当社の目標です。(’18 7/4)

「BPマリンテクニカルフォーラム2018」開催される

 BPジャパンは2018年5月25日(金),都内で「BPマリンテクニカルフォーラム2018」を開催した。当日は船主,船舶管理会社,造船所,船級協会,学識経験者,商社等約140人が参加した。
同社では同フォーラムを2008年より2年毎に開催しており,燃料油や燃焼,そして潤滑油や潤滑に関わる問題点とその解決方法,さらには将来の燃料油や潤滑油に対する意見交換の場として最近では東京と共に船主の多い愛媛県今治市でも開催している。
国際海事機関(IMO)による海洋汚染防止条約(通称「MARPOL条約」)が2020年1月より発効されると燃料のSOx排出規制がかかることから,海運業界と共に石油業界に与える影響は大きい。発効まで2年を切り,燃料や潤滑油に対するBPの見方や考え方,スクラバ搭載や低硫黄燃料使用時の注意点などを紹介した。
当日の講演内容は次の通り。

講演1.「船舶燃料について 2020年,その先」 ラジーフ・クマール 氏(BP IST)
講演2.「船舶エンジン用潤滑油に関して 2020年への備え」 ジェフ・キンバー 氏(BPマリン・エナジー 潤滑油)
講演3.「2020年からのSOx排出規制に対する主機対応」 森田 孝宏 氏(三井E&Sマシナリー)  (’18 6/20)

BPマリンテクニカルフォーラム2018-BPジャパン

「カストロールインダストリアル全国代理店会」開催される―BPジャパン

2018カストロールインダストリアル全国代理店会 BPジャパンは,2018年2月2日(金)に目黒雅叙園(東京都目黒区)で「カストロールインダストリアル全国代理店会」を開催,工業用潤滑油や切削油などを販売する全国の代理店約50社が参加した。
冒頭に加藤 雅生 氏(カストロールインダストリアル事業本部長)は,2018年にカストロールブランドの工業用潤滑油新製品として11製品を2月13日以降順次発売することを発表した。
今回新製品として市場投入するのは,殺菌剤を一切含まない環境対応水溶性金属加工油剤やクーラントとして再利用可能なリサイクルクリーナー等7製品とEV(電気自動車)や風力,ロボット産業向けのグリースや合成ギアオイルなど高性能潤滑油4製品。
まず,金属加工油剤では,殺菌剤を一切含まない,環境適合性に優れ,アルミ合金から難削材までのあらゆる加工材質や加工用途に適合する水溶性切削油の「ハイソルSL 37 XBB」,低粘度,低臭,塩素フリータイプで難削材の重切削加工に適している不水溶性切削油の「バリオカットB9」の2製品を2月13日より発売開始。
また,新たな水溶性クリーナーは使用後に水溶性切削油の希釈液としてクーラントへ補給可能で,廃棄物削減とコストダウンを実現,クーラントに用いられる長寿命化テクノロジーを水溶性クリーナーに導入するという全く新しい発想の新製品として「リサイクル対応クリーナー」を3月から発売する。
4月以降も「量産加工ライン向け水溶性切削油剤」や「環境対応シンセティッククーラント」,「重切削加工用不水溶性切削油剤」,「鉄系部品中間洗浄用クリーナー」を発売する。
高性能潤滑剤では,風力発電のメインベアリング用グリース「トライボール GR SW 460-1」を3月に発売。その後も産業用合成ギアオイル「オプチギアシンセティック PD ES」や「自動車用グリース」,ロボット減速機用の「産業用オイル・グリース」を発売する。
当日は,これら新製品の事例紹介や支援プログラムのほかに,代理店を代表しローヤル油機,兼松ペトロによる成功事例の紹介,優秀代理店の発表などが行われた。(’18 3/7)

カストロールインダストリアル全国代理店会開催される―BPジャパン

カストロールインダストリアル全国代理店会(2017年) BPジャパンは,2017年1月27日(金)に目黒雅叙園(東京都目黒区)で「カストロールインダストリアル全国代理店会」を開催,工業用潤滑油や切削油などを販売する全国の代理店約50社が参加した。
BP社の工業用潤滑油部門であるカストロールインダストリアル事業部では,高性能潤滑油や金属加工油剤のスペシャリストの育成として,代理店契約をしている各販売代理店の営業担当者を対象に年6回程度の技術研修会やオンラインによる研修プログラム「カストロールインダストリアルエナジャイザー」などを展開しているが,今回は2017年のキックオフとして「今年の工業用潤滑油部門の事業方針」,殺菌剤を含まない切削油剤や高性能潤滑油の新製品の紹介と共に代理店による製品導入事例などを行った。
冒頭に加藤 雅生 カストロールインダストリアル事業本部長が,「代理店の皆さんにはHSSE『健康,セキュリティ,安全,環境』をモットーに,ブランドによる差別化やバリュー販売の徹底をして頂きたい」と述べた。また2017年販売方針として,世界的に成長が見込まれる航空機産業では日本の部品メーカーが航空機機体やエンジン部品等チタンやアルミなどの金属加工や製造を担っていることから,現在航空機メーカーからのOEM承認等を得ている殺菌剤とボロンを含まない切削油剤「XBBシリーズ」の拡販,長寿命や生産性を向上を実現する高性能潤滑油「トライボロールGR HS 1.5:グリース」,「ビスコーゲンKLK25:チェーンオイル」,「オプチギヤ1100:ギヤオイル」の強化を図るため,代理店支援プログラムやデジタルツールを活用することなどを述べた。
2月下旬からは航空機産業で使用するアルミニウムやチタン合金の切削に適したホウ素,ホルムアルデヒド放出型殺菌剤を含有しない高性能切削油新製品の「カストロールハイソルSL45XBB」の販売を開始する。(’17 2/15)

BPジャパン,ホウ素・ホルムアルデヒド放出型殺菌剤を含まない切削油剤を発売

 BPジャパンは,2016年5月11日(水),ホウ素・ホルムアルデヒド放出型殺菌剤を含まない切削油剤「Castrol Alusol SL 51XBB」を発売したと発表した。
同製品は,一定のpHレベル(pH9~9.5)を維持し,従来の切削油剤と比較して長期にわたり安定性を保つため,高価な添加剤や殺菌剤の必要性が減り,費用のかかる計画外のクーラント交換を防ぐ。また,ホウ素やホルムアルデヒド放出型殺菌剤を含有せず,作業現場での殺菌剤・防カビ剤を使用せずに従来の切削油剤と同等またはそれ以上の寿命を実現する。従来のアルミニウム加工用切削油剤と比べて,最大33%の酸性物質の中和性能を有し,最高の加工精度を維持しながら油剤使用量を最大30%減少することができる。(’16 5/18)

BPジャパン,植物油ベースの金属加工油で「バイオマスマーク」を取得

カストロールパフォーマンスバイオNCシリーズ-BPジャパン BPジャパンは,植物油ベースの金属加工油で業界では初となる「バイオマスマーク」を取得した。
バイオマスマークは,生物由来の資源を利用した環境配慮型商品の普及を目的として2006年8月より日本有機資源協会(http://www.jora.jp/)が運用している。植物由来の原料を製品化した製品は,燃やしても大気中の二酸化炭素(CO2)を増加させず,地球温暖化の防止に貢献するとして,現在は日用品や物流・包装用品をはじめ様々な分野に広がりを見せている。
バイオマスの使用割合によって10段階のバイオマス度に分かれ,同社がバイオマスマークを取得した「カストロールパフォーマンスバイオNCシリーズ(プラス,ライト,ウルトラライト,スーパーライト)」では,プラスに90(植物油含有量91%),ライトに70(同78%),ウルトラライトに50(同55%),スーパーライトに20(同21%)が付与され,鉱物油系油剤から同製品に切り替えた場合の1ドラム(200L及び208L)当たりのCO2削減効果は,それぞれ0.49t,0.43t,0.29t,0.12t。
同製品の今後の展開について,同社は「多くのユーザーに本製品のCO2削減効果を認知していただき,拡販していきたい。」としている。(’14 11/26)

BPジャパン,「BP統計発表会」が開催される

2013年BP統計発表会-BPジャパン BPジャパンは「BP統計発表会」を2013年7月5日(金)に帝国ホテル(東京都千代田区)にて開催した。BP統計発表会は世界各国の政府や調査機関等が発表したエネルギーに関する統計に基づき,毎年世界各国のエネルギー動向を解説する発表会として,欧州・北米をはじめ各国で開催されている。当日は需要家やエネルギー業界,金融業界の関係者など,約300名が聴講した。
今回,エネルギー統計を発表したBP p.l.c.のグループ・チーフ・エコノミストであるクリストフ・ルール 氏は,2012年を「米国の石油生産における単年増加量が過去最高を記録するとともに,世界のエネルギー・システムには地球規模の急速な変化に適応できる柔軟性があるという新たな証拠が示された年」であると位置付けた。
また,世界のエネルギー消費の伸びが,2011年の2.4%から,2012年には1.8%に低下したことや,経済協力開発機構(OECD)に非加盟の新興国では中国とインドの2ヵ国だけで需要増の90%近くを占めたことなどが示された。今回の講演内容は以下の通り。

1.「開会のご挨拶 2030年までのエネルギー動向の概要」 
BPジャパン 代表取締役社長 チャールズ・ポッスルズ 氏
2.「最新統計資料からみるエネルギー需給動向」
BP p.l.c. グループ・チーフ・エコノミスト クリストフ・ルール 氏  (’13 7/24)

インダストリアル事業本部,事務所を移転―BPジャパン

 BPジャパンのインダストリアル事業本部(工業用潤滑油事業本部)は,2007年9月18日(火)より事務所を現在の目黒区青葉台から品川区大崎に移転する。移転後の連絡先は以下のとおり。

〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-2 ゲートシティ大崎 イーストタワー20F
TEL 03-5719-7200 FAX 03-5435-2273(営業部門代表)
TEL 03-5719-7220 FAX 03-5435-2274(受注専用)  (’07 8/22)