EMGルブリカンツ」タグアーカイブ

EMGルブリカンツ,API SP,ILSAC GF-6適合品を発売

Mobil 1-EMGルブリカンツ

EMGルブリカンツは,最新のエンジンオイル規格API SP,ILSAC GF-6に適合するMobil 1(TM)(モービル1),Mobil Super(TM)(モービル スーパー)シリーズを2020年7月1日より発売する。

Mobil 1(TM)は,省燃費性能をより向上かつ継続し,エンジン保護性能(LSPI)対策,チェーン摩耗やバルブ摩耗対策が強化される最新規格であるAPI SP,ILSAC GF-6を満たしつつ,世界中の自動車メーカーの基準に合格し,通常時はもちろん極限状況下においてもエンジン摩耗に対数優れた保護性能を提供する。同規格適合品を発売するにあたり,各製品の特長,推奨車種が一目でわかるパッケージデザインへと変更した。

Mobil Super(TM)シリーズは,合成油,部分合成油,鉱物油など顧客のニーズに合わせた製品を取りそろえたエンジンオイルシリーズ。独自の開発によりAPI SP,ILSAC GF-6を満たす処方を確立した。シリーズとしての一体感を演出するパッケージデザインへとリニューアルした。('20 4/15)

東燃ゼネラル石油,潤滑油事業会社「EMGルブリカンツ」設立を発表

 東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),潤滑油事業の新会社「EMGルブリカンツ合同会社」を設立したと発表した。営業開始日は,2017年4月1日の予定。
 新会社は,東燃ゼネラル石油の子会社であるEMGマーケティングの100%出資で設立。東燃ゼネラル石油とEMGマーケティングが合併する2017年1月1日以降は東燃ゼネラル石油の100%子会社,東燃ゼネラル石油とJXホールディングス(JXHD)が経営統合する2017年4月1日以降は統合新会社「JXTGホールディングス」傘下のエネルギー事業会社「JXTGエネルギー」の100%子会社となる。新会社の社長には,本田 貴浩 氏(現 東燃ゼネラル石油 執行役員 兼 EMGマーケティング 執行役員潤滑油本部長)が就任する。JXTGエネルギー代表取締役副社長に就任する廣瀬 隆史 氏が管掌し,同社の潤滑油カンパニーとは別組織となる。
 東燃ゼネラル石油とJXHDの経営統合後,当面の間は両社が使用する潤滑油ブランドは継続使用し,経営統合後に将来の事業展開について検討する。エクソンモービルとは2017年4月1日以降の国内における潤滑油ビジネスのあり方について協議中だが,日本での「モービル」ブランド製品の取り扱いは今後も継続していく方針。(’16 12/28)