JXHD」タグアーカイブ

東燃ゼネラル石油,潤滑油事業会社「EMGルブリカンツ」設立を発表

 東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),潤滑油事業の新会社「EMGルブリカンツ合同会社」を設立したと発表した。営業開始日は,2017年4月1日の予定。
新会社は,東燃ゼネラル石油の子会社であるEMGマーケティングの100%出資で設立。東燃ゼネラル石油とEMGマーケティングが合併する2017年1月1日以降は東燃ゼネラル石油の100%子会社,東燃ゼネラル石油とJXホールディングス(JXHD)が経営統合する2017年4月1日以降は統合新会社「JXTGホールディングス」傘下のエネルギー事業会社「JXTGエネルギー」の100%子会社となる。新会社の社長には,本田 貴浩 氏(現 東燃ゼネラル石油 執行役員 兼 EMGマーケティング 執行役員潤滑油本部長)が就任する。JXTGエネルギー代表取締役副社長に就任する廣瀬 隆史 氏が管掌し,同社の潤滑油カンパニーとは別組織となる。
東燃ゼネラル石油とJXHDの経営統合後,当面の間は両社が使用する潤滑油ブランドは継続使用し,経営統合後に将来の事業展開について検討する。エクソンモービルとは2017年4月1日以降の国内における潤滑油ビジネスのあり方について協議中だが,日本での「モービル」ブランド製品の取り扱いは今後も継続していく方針。(’16 12/28)

JXHDと東燃ゼネラル石油,臨時株主総会で経営統合を承認

 JXホールディングス(JXHD)と東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),東京都内で臨時株主総会を開き,議案とした両社の経営統合案を承認した。
経営統合の日程については,2017 年1月1日付で東燃ゼネラル石油がEMGマーケティングを吸収合併,同年3月29日付で東燃ゼネラル石油の上場を廃止し,同年4月1日付で統合新会社「JXTGホールディングス」が発足する。(’16 12/28)

公正取引委員会,出光の昭和シェル株取得とJXHD・東燃ゼネの統合を承認

 公正取引委員会は,出光興産による昭和シェル石油の株式取得およびJXホールディングス(JXHD)と東燃ゼネラル石油の経営統合を承認した。
同委員会は,2016年12月19日(月),出光興産による昭和シェル石油の株式取得およびJXHDによる東燃ゼネラル石油の株式取得について,出光興産およびJXHDからそれぞれ独占禁止法の規定に基づく計画届出書の提出を受け,審査を行ってきたところ,当事会社が同委員会に申し出た問題解消措置を講じることを前提とすれば,一定の取引分野における競争を実質的に制限することとはならないと判断したことから,出光興産およびJXHDに対し,排除措置命令を行わない旨の通知を行った。
出光興産は同通知を受けて同日,英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルの子会社から昭和シェル石油の株式117,761,200株(31.3%議決権比率)を取得。当初は125,261,200株(議決権比率33.3%)を取得する予定だったが,2%程度引き下げた。JXHDと東燃ゼネラル石油は,臨時株主総会での承認を経て2017年4月に統合新会社「JXTGホールディングス」の発足を予定している。(’16 12/21)