JXTGエネルギー」タグアーカイブ

JXTGエネルギーとENEOSトレーディング,全国オイル販売優秀SS認定式が開催される

2018年度トータルオイルプログラム全国オイル販売優秀SS認定式

 JXTGエネルギーとENEOSトレーディングは2019年7月31日(水),2018年度「トータルオイルプログラム全国オイル販売優秀SS認定式」を開催した。

 当日は,2018年度から新たにスタートした「トータルオイルプログラム」に参加したSSの中で,「SSオイル1KL/月認定」48SS,「ENEOS SUSTINA・Mobil1(TM)300L/月認定」47SS,「FO比(燃料油販売量に対するオイル販売量の比率)0.5%認定」27SSに対し,認定証の授与を行った。認定式の後には,全国で唯一認定三冠を達成したENEOSジェネレーションズ 馬事公苑SSの生田 遼 マネージャーが成功事例を発表した。('19 8/21)

JXTGエネルギー,「2018年度全国優秀SS感謝式」が開催される

2018年度全国優秀SS感謝式-JXTGエネルギー

 JXTGエネルギーは2019年7月30日(火),燃料油やカーメンテ商品の販売,顧客サービスなどで優秀な実績をあげたSSマネージャーを招待し,「2018年度全国優秀SS感謝式」を開催した。「ENEOS」へのSSブランド統一完了後初めての開催となる今回は,595の特約店・販売店から815名が出席し,過去最大規模となった。('19 8/7)

JXTGエネルギー,大阪製油所の精製機能を停止,アスファルト発電の事業所に再構築

 JXTGエネルギーは,中国石油国際事業有限公司(PetroChina International Co.,Ltd.)傘下の日本法人である中国石油国際事業日本(PetroChina International Japan Co.,Ltd.)との合弁会社,大阪国際石油精製が運営する大阪製油所を取得したうえで,2020年10月をめどに精製機能を停止し,アスファルト発電設備を運営する事業所として再構築することを決定した。国内石油製品の構造的な需要減退やアジアを中心とした国際競争の激化など,石油業界を取り巻く厳しい環境を踏まえ,製油所・製造所の最適生産・供給体制について検討を重ねた結果,同製油所の精製機能停止が必要との結論に至ったという。('19 7/31)

JXTGエネルギー,「2018年度全国潤滑油優秀特約店・セールス表彰式」開催される

2018年度全国潤滑油優秀特約店・セールス表彰式-JXTGエネルギー

 JXTGエネルギーは,2019年6月11日(火)に都内ホテルにて,「2018年度全国潤滑油優秀特約店・セールス表彰式」を開催した。当日は,潤滑油販売で優秀な成績を挙げた特約店の代表者およびセールス,合計56名を招待し,表彰盾を贈呈した。

 優秀特約店の部では,前年の潤滑油販売量を基に4クラスに分けられ,外販潤滑油および環境配慮型商品の増販量をクラスごとに競う「総合部門」,自動車用,工業用,船舶用,グリースそれぞれの販売量を競う「商品別部門」および各支店選定の「エリア最優秀重点特約店部門」の3部門にて,全国36店が表彰された。優秀セールスの部では,実車・実機テストの実施件数や顧客への納入件数等を競い,20名が表彰された。

 また,2019年度に新たにルブマイスターに認定された特約店セールス23名の認定式を併せて行い,認定盾が贈呈された。ルブマイスター認定制度は,特約店セールスの販売力強化支援を目的に2009年度より導入。潤滑油販売に必要な最高水準の知識・ノウハウに関する認定試験を年1回実施し,合格者をルブマイスターとして認定している。現在までの認定者数は全国で合計180名となる。

 また,表彰式・認定式終了後,特別講演会として,シドニー五輪競泳銅メダリストでスポーツコメンテーターの田中 雅美 氏を招き,「競技人生でつかんだもの」のテーマで,モチベーションの維持や目標の持ち方などについて自らの体験をもとに講演を行った。

 2019年度ルブマイスター認定者は以下のとおり(敬称略)。

堀口 雅之(岩崎産業),鈴木 達也(遠州日石),佐々木 仁(カメイ),吉田 佑士(カメイ),佐藤 孝太郎(喜多村石油),阿部 正仁(栗林石油),加藤 建作(光南工業),宮永 昴典(ジョブラン・ミヤナガ),増田 裕太郎(鈴与商事),加藤 基恵(谷口石油),谷口 充(谷口石油),山本 慎也(谷口石油),三橋 亮仁(千葉日石),佐々木 享(東真産業),尾角 祟(トキワ),吉住 将紀(浪田石油),佐藤 俊輔(ナラサキ産業),小野 道広(日米礦油),北本 敦詞(日米礦油),太田 真生(日新商事),筧 光則(山文商事),石田 和也(横田石油),大谷 智宣(ENEOSサンエナジー)  ('19 7/3)

JXTGエネルギー,日本車いすバスケットボール連盟へ協賛

 JXTGエネルギーは,2018年度に引き続き,日本車いすバスケットボール連盟(以下JWBF)へ協賛し,JWBFの活動をサポートすると発表した。同社は2006年度から継続して協賛しており,今年で14年目となる。
 車いすバスケットボールは,一般のバスケットボールとほぼ同じルールで行われ,車いすならではのスピード感のある動きと激しいぶつかり合いが醍醐味の,注目度が高い障がい者スポーツ。車いすバスケットボールでは国内最大の大会である,天皇杯第47回日本車いすバスケットボール選手権大会が,2019年5月10日(金)~12日(日)にかけて,武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開催される。同大会には,同社社員の西村 元樹 選手が「パラ神奈川スポーツクラブ」から出場するとともに,その他の社員も「応援観戦サポーター」や「大会ボランティア」として大会を盛り上げる。
 このほか,各地の大会開催日程や情報は,JWBFのホームページに掲載されている。
JWBF HP :https://www.jwbf.gr.jp/  (’19 5/8)

JXTGエネルギー,東京工業大学・LG JapanLabと機能材事業の共同研究講座を設置

 JXTGエネルギーは,LG JapanLab(以下LG)と東京工業大学(以下東工大)と共同で,「LG×JXTGエネルギー スマートマテリアル&デバイス共同研究講座」を東京工業大学科学技術創成研究院未来産業技術研究所内に,2019年4月1日に設置し,4月16日に発足式を行った。
 同講座では,省エネルギーや高齢化の課題を解決し,豊かで快適な生活を支える高機能材・デバイス機器の開発に向け,JXTGの機能材分野の技術力,東工大の世界トップクラスの研究力,高いグローバル競争力を有するデバイス・セットメーカーであるLGの開発力を融合させる。産学の枠・国境を越えて,この3者が基礎研究段階から一体となり取り組むことにより,短期間で研究成果の社会実装を目指す。(’19 4/24)

JXTGエネルギー,東京工業大学・LG JapanLabと機能材事業の共同研究講座を設置

JXTGエネルギー,台湾最大の洋上風力発電事業へ参画

JXTGエネルギー,台湾最大の洋上風力発電事業へ参画 JXTGエネルギーは,台湾で洋上風力発電所の建設・運営を行う允能(ゆんねん)ウインドパワー社の権益6.75%を取得し,台湾における発電事業および洋上風力発電事業に初めて参画することを発表した。
 今回のスキームは,JXTGエネルギー,双日,中国電力/中電工,および四国電力が共同で参画したスターウインド・オフショア社が,允能ウインドパワー社の持株会社である雲林(ゆんりん)ホールディングス社の株式を,ドイツの大手再生可能エネルギー開発事業者wpdグループから27%(同社持分6.75%)を取得するもの。
 允能ウインドパワー社は,2021年12月までに,台湾の雲林県沖合で640MW(64万kW)の洋上風力発電所を建設し,台湾における再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)に基づき,台湾電力へ20年にわたり電力を販売する。
 台湾は2025年までに5.5GW(550万kW)の洋上風力発電の導入を目指しており,本件の開発エリアでもある西海岸一帯を風力発電の開発エリアと定め,積極的に導入を後押ししている。(’19 4/17)

JXTGエネルギー,「千葉幕張水素ステーション」を開所

 JXTGエネルギーは,2018年3月12日に「千葉幕張水素ステーション」(千葉市美浜区)を開所した。
 同日開催された式典では,関東経済産業局資源エネルギー環境部長の福島 氏,千葉県商工労働部長の吉田 氏,千葉市環境局長の米満 氏,日本水素ステーションネットワーク社長の菅原 氏による,テープカットおよび充填セレモニーが行われた。
 JXTGは,次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」の採択を受けて,四大都市圏を中心に商用水素ステーションの整備を進めており,41ヵ所目となる同ステーションは,初となる「都市ガス改質方式」が採用された。
 また,東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会では,交通手段として燃料電池自動車(FCV)の活躍が見込まれており,競技会場から近距離にある同ステーションには,多くのFCVが訪れることが期待されている。(’19 3/20)

JXTGエネルギー,「千葉幕張水素ステーション」を開所

JXTGエネルギー,AIを活用した問い合わせ対応を開始

 JXTGエネルギーは,ホームページの機能を拡充し,AI(人工知能)が顧客の問い合わせに24時間365日回答するチャットボットサービスを2019年2月1日より開始した。
 チャットボットサービスは,チャット(対話)とロボットの造語で,テキストや音声を通じて,会話を自動的に行うプログラム。AIが顧客とチャット形式で対話しながら,問い合わせに答える。ホームページの「お問い合わせ」,「よくあるご質問」,「カードに関するお問い合わせ」ページのエネゴリくんをクリックすると「チャットサポート」の画面が表示され,質問を入力すると,AIが回答する。カード紛失など緊急を要する問い合わせに対しても,24時間365日即座に回答することが可能となる。
https://www.noe.jxtg-group.co.jp/contact/  (’19 2/13)

JXTGエネルギー,2月1日より家庭向け都市ガス「ENEOS都市ガス」始動

 JXTGエネルギーは,東京ガスの供給エリア(一部地域を除く)を対象に,家庭向け都市ガス「ENEOS都市ガス」の申込受付を2019年2月1日より開始すると発表した。
 同サービスは,2016年4月より開始した「ENEOSでんき」同様,利用者にわかりやすい料金プランで,「標準プラン(TK)」と「床暖プラン(TK)」の2種類がある。またENEOSカード・シナジーカードで支払うとガス料金が割引になるなどのカード特典も用意されている。(’19 1/30)

JXTGエネルギー,スクリーン用透明フィルムの飛散防止機能付きフロントタイプを販売開始

KALEIDO SCREEN-JXTGエネルギー JXTGエネルギーは,飛散防止機能を新たに付加したスクリーン用透明フィルム「KALEIDO SCREEN(R)(カレイドスクリーン)」のフロントタイプの販売を開始した。
 カレイドスクリーンは,ガラス面などに貼り合わせることにより,スクリーンとして活用することが可能になるスクリーン用透明フィルム。新製品はスクリーン前面に映像を投射するタイプで,高い透明性や映像の鮮明さに加え,飛散防止機能を新たに付加した。JIS規格を満たており,地震などの災害時にガラスが割れた場合でも破片の飛散・落下を防止し,二次災害を軽減させる効果も期待できる。(’18 12/26)

JXTGエネルギー,SSへのコインランドリー併設の試験運用を開始

 JXTGエネルギーは,2018年12月7日(金)よりENEOSのサービスステーション(SS)でコインランドリー併設事業の試験運用を開始した。1号店として埼玉県春日部市の春日部サービスステーションにOKULABが提供するコインランドリー「BALUKO LAUNDRY PLACE」を設置した。BALUKOは,従来のコインランドリーとは異なるスタイリッシュな内装と利用しやすい店舗づくりにより,多くの女性客の支持を獲得している。SSスタッフがコインランドリーを管理することで,常にスタッフがいる安心と清潔な店舗の提供が可能となる。また春日部店は,店舗の前面に駐車することも可能で,布団や毛布を洗う場合にも,車から店舗へ移動しやすいようになっている。
 JXTGは,試験運用を通じて顧客のニーズを把握するとともに,SSにおける展開の可能性を検証する。(’18 12/19)