JXTGホールディングス」タグアーカイブ

JXTG,2020年6月に「ENEOS」に社名変更

ENEOSロゴ

JXTGホールディングス(代表取締役社長:杉森 務 氏)は2019年11月28日(木),同社グループの運営を,JXTGエネルギー(代表取締役社長:大田 勝幸 氏)を中心に据えた体制に変更し,併せて両社の商号について,JXTGホールディングスを「ENEOSホールディングス」に,JXTGエネルギーを「ENEOS」に変更することを発表した。2020年6月に開催予定の定時株主総会日付で変更する。

両社は,それぞれ法人格は残すものの,役員を極力兼任させ,意思決定機関を集約し,実質的に一つの事業持株会社として運営する方針。サービスステーションや「ENEOSでんき」等を通じて全国的に広く認知されている「ENEOS」の知名度を生かして事業を推進したい考え。

なお,JX石油開発(代表取締役社長:細井 裕嗣 氏)とJX金属(代表取締役社長:村山 誠一 氏)は,商号変更しない。('19 12/4)

JXTGホールディングス,「JXTG児童文化賞」「JXTG音楽賞」表彰式が開催される

2019年JXTG児童文化賞・音楽賞表彰式

JXTGホールディングスは,2019年11月15日(金),パレスホテル東京(東京都千代田区)で,「第54回JXTG児童文化賞」ならびに「第49回JXTG音楽賞」の表彰式を開催した。

同賞は,「一時の流行に惑わされることのない選考を通して,わが国の児童文化,音楽文化の発展,向上に尽くしてこられ,今後それぞれの分野の将来を担われる方々をたたえ励ます」という精神のもと創設され,およそ半世紀にわたり日本の文化や芸能の発展に貢献した個人や団体を顕彰してきた。音楽賞邦楽部門では,これまでに23名の受賞者が同賞受賞後に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されている。

2019年は,児童文化賞が児童文学作家の那須 正幹 氏,音楽賞が邦楽部門で能楽 観世流シテ方の観世 清和 氏,洋楽部門本賞で指揮者の尾高 忠明 氏,洋楽部門奨励賞でオーボエ奏者の吉井 瑞穂 氏がそれぞれ受賞した。表彰式では,受賞者にトロフィーと副賞賞金200万円が贈られた。(’19 11/27)

JXTGホールディングス,「JXTGグループアクセラレーター2019」で協働する6社を決定

JXTGホールディングス,「JXTGグループアクセラレーター2019」で協働する6社を決定

 JXTGホールディングスは,「JXTGグループアクセラレーター2019」で事業共創に向け協働する6社を決定したと発表した。JXTGグループでは,ベンチャー企業をはじめとした外部との連携による新規事業創出を促進することを目的に,2018年度よりアクセラレータープログラムを実施している。2回目となる今回は,「地球の未来を創るイノベーション」をキーワードとして,炭素・循環型社会,街づくり,モビリティ,その他領域の4つの領域に関するビジネスプランをベンチャー企業から募集した。

 採択された6社は,2020年3月までの約4ヵ月間の事業共創期間中,JXTGグループ社員や起業支援の専門家と共同で事業化を目指し,その成果を2020年3月19日(木)の「成果発表会(Demo Day)」にて発表する予定。

優秀賞受賞企業・ビジネスプラン

  • MI-6:AIによる材料開発に関する調査・研究・コンサルティングおよび研究開発部門向けSaaS(研究開発支援ツール)
  • DATAFLUCT:データの収集・統合・分析・予測モデル開発およびサービス開発・事業開発(Data as a Service)
  • Luup:電動マイクロモビリティのシェアリングサービスの展開
  • エクセリーベ:マインドフルネス対話型AIによるメンタルトレーニングサービス
  • Mountain Gorilla:中小製造業のIoT化サービス,プラントへのSaaS導入
  • Drive Japan:訪日外国人向けレンタカー旅行ドライブルートプランナー  ('19 11/13)

JXTGホールディングス,「JXTGグループアクセラレーター2018」で協働する6社を決定

 JXTGホールディングスは,「JXTGグループアクセラレーター2018」で事業共創に向け協働する6社を決定したと発表した。「JXTGグループアクセラレーター2018」は,「地球の未来を創るイノベーション」をキーワードに,JXTGグループの中核となるエネルギー,石油開発,金属事業における調達,研究開発,製造技術,物流および販売等のバリューチェーンを活用するビジネスプランをベンチャー企業から募集し,事業化を目指すプログラム。
 採択された6社は,2019年4月までの約4ヵ月間の事業共創期間中,JXTGグループ社員や起業支援の専門家と共同で事業化を目指し,その成果を2019年4月24日(水)の「成果発表会(Demo Day)」にて発表する予定。採択企業とビジネスプランの概要は以下のとおり。

  • 優秀賞
    • ノバルス:乾電池型IoTデバイスを用いた新サービスの提供
    • Momo:廉価で簡便に活用できるIoTプラットフォームの提供
    • QunaSys:量子コンピュータを使った素材開発ツールの提供
    • チャレナジー:台風下でも発電可能な風力発電機を開発。離島などへ安心・安全な電力を供給
    • クスノキ石灰:工場の排出するCO2を原料とした環境に優しいセラミックス素材の提供
    • アグリツリー:営農型太陽光発電の展開
  • アライアンス賞(プログラムに参加せずに共同で事業創造を検討するプラン)
    • OpenSky:小型航空機シェアリングビジネスの展開  (’18 12/19)

JXTGホールディングス,「JXTGグループアクセラレーター2018」で協働する6社を決定

JXTGホールディングス,ベンチャー企業との新規事業創造を目指すプログラムをスタート

JXTGグループアクセラレーター2018 JXTGホールディングスは,2018年7月12日より,事業創造支援を専門に手掛けるゼロワンブースターと共同で,ベンチャー企業と共に新規事業創造を目指すプログラム「JXTGグループアクセラレーター2018」を開始した。
 同プログラムは,「地球の未来を創るイノベーション」をキーワードに,JXTGグループの中核となるエネルギー,石油開発,金属事業における調達,研究開発,製造技術,物流および販売等のバリューチェーンを活用する事業アイデアをベンチャー企業から募集し,事業化を目指すもの。書類審査,面接選考およびビジネスプランコンテストにより選抜されたベンチャー企業と同グループが連携し,共同で事業化を目指す。事業化にあたっては,ベンチャー企業との協業や資本提携も視野に入れ検討を進めるとしている。
 同プログラムの詳細は以下の専用サイトより。
http://jxtg2018.01booster.com/  (’18 7/18)

JXTGHD会長に内田 氏,社長に杉森 氏就任を発表

 JXTGホールディングス(以下,JXTGHD),JXTGエネルギー,JX石油開発は,2018年4月24日(火),JXTGHDおよび中核事業会社の会長・社長人事等について以下のように内定したことを発表した。
 JXTGHD代表取締役会長に内田 幸雄 氏(現 JXTGHD代表取締役社長 社長執行役員),同代表取締役社長 社長執行役員に杉森 務 氏(現 JXTGエネルギー 代表取締役社長 社長執行役員)が就任し,木村 康 氏(現 代表取締役会長)は取締役を退任,相談役に就く。
 JXTGエネルギー 代表取締役社長 社長執行役員には,大田 勝幸 氏(現 JXTGHD取締役 常務執行役員)が就任する。JX石油開発 代表取締役社長 社長執行役員には細井 裕嗣 氏(現 JX石油開発 取締役 副社長執行役員)が就任し,三宅 俊作 氏(現 JX石油開発 代表取締役社長 社長執行役員)は取締役を退任,顧問に就く。
 上記人事については,同年6月下旬に開催予定の各社の株主総会および取締役会にてそれぞれ正式決定する予定。(’18 4/25)

JXTGグループ,全国社会福祉協議会へ寄付

 JXTGホールディングスは,2017年12月15日(金)に開催された「第48回JXTG童話賞授賞式」において,全国社会福祉協議会へ4,500万円の寄付を行った。
 同グループは,同童話賞にて佳作以上を受賞した作品を童話集「童話の花束」として発行し,系列サービスステーションを運営する特約店,LPガス特約店,またグループ各社の役員および従業員へ向けて,チャリティー販売を行っている。
 同寄付は,こうしたチャリティー販売の売上金を積み立てた「JXTG童話基金」から拠出され,同協議会が運営する「JXTG奨学助成制度」の運営資金として活用されている。
 「JXTG奨学助成制度」は,全国の児童福祉施設などで暮らす子供たちが,大学や専門学校などに進学する際の入学支度金を支援する制度であり,2016年度は,496名の子供たちへの助成を決定し,給付を実施している。
 なお,「童話の花束(その48)」は授賞式同日に発行され,これを記念してプレゼント企画が実施される。

  1. プレゼント内容:第48回JXTG童話賞作品集「童話の花束(その48)」(1人3冊まで)
  2. 申込方法:住所・氏名・希望冊数を明記し,郵送料分の切手を同封して,下記へ申し込み
     宛先:〒100-8692 日本郵便(株)銀座郵便局私書箱610号「JXTG童話賞プレゼント係」
     送料:1冊:215円,2冊:300円,3冊:350円
  3. 応募期間:2017年12月20日~2018年2月28日(当日消印有効)  (’18 1/10)

JXTGグループ,全国社会福祉協議会へ寄付

JXTGホールディングス,「JXTG児童文化賞・音楽賞」贈賞式が開催される

 JXTGホールディングスは,2017年9月28日(木),ホテルオークラ東京(東京都港区)で,「第52回 JXTG児童文化賞」ならびに「第47回JXTG音楽賞」の贈賞式を開催した。
 同賞は,昨年まで「東燃ゼネラル児童文化賞(1966年創設)」および「東燃ゼネラル音楽賞(1971年創設)」として行ってきた活動を,2017年4月のJXグループと東燃ゼネラルグループの経営統合を機に名称変更したもの。それぞれの賞は「一時の流行に惑わされることのない選考を通して,わが国の児童文化,音楽文化の発展,向上に尽くしてこられ,今後それぞれの分野の将来を担われる方々をたたえ励ます」という精神のもと,創設された。
 2017年の受賞者は,児童文化賞が漫画家の萩尾 望都 氏,音楽賞が邦楽部門で文楽義太夫節太夫の豊竹 呂太夫 氏,洋楽部門本賞で弦楽四重奏のモルゴーア・クァルテット,洋楽部門奨励賞でソプラノ歌手の中村 恵理 氏。贈賞式では,受賞者にトロフィーと副賞賞金200万円が贈られた。(’17 10/4)

2017年JXTG児童文化賞・音楽賞贈賞式

JXTGホールディングス,「JXTG児童文化賞・音楽賞」の受賞者を発表

 JXTGホールディングスは2017年8月16日(水),「第52回JXTG児童文化賞」および「第47回JXTG音楽賞」の受賞者を発表した。
 同賞は,2016年までは「東燃ゼネラル児童文化賞」(1966年創設),「東燃ゼネラル音楽賞」(1971年創設)として行ってきた活動を2017年4月のJXグループと東燃ゼネラルグループの経営統合を機に名称変更したもの。「一時の流行に惑わされることのない選考を通して,わが国の児童文化,音楽文化の発展,向上に尽くしてこられ,今後それぞれの分野の将来を担われる方々をたたえ励ます」という精神のもと創設された。
 「第52回JXTG児童文化賞」は,漫画家の萩尾 望都 氏,「第47回JXTG音楽賞」は,邦楽部門では文楽義太夫節太夫の豊竹 呂太夫 氏,洋楽部門 本賞では弦楽四重奏のモルゴーア・クァルテット,洋楽部門 奨励賞ではソプラノ歌手の中村 恵理 氏がそれぞれ受賞した。
 同賞の受賞者には,2017年9月28日(木)にホテルオークラ東京(東京都港区)で開催される贈賞式にて,それぞれトロフィーと副賞賞金200万円が贈呈される。(’16 8/30)

JXTGブランドマークが決定

JXTGブランドマーク JXホールディングス,JXエネルギーおよび東燃ゼネラル石油は,2017年4月1日よりJXTGホールディングスおよびJXTGエネルギーとして発足し,ブランドマークが発表された。
 ブランドマークは,国際的な競争力を有するアジア有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループとして,持続可能で活力ある経済・社会の発展に貢献することを目指す姿勢を,「JXTGグループ理念」に謳われる「地球の力」を象徴するアースグリーンの矢印で表現,「高い倫理観」「知性」「誠実さ」を表すインテリジェンスグレーを組み合わせている。(’17 4/12)

東燃ゼネラル石油,潤滑油事業会社「EMGルブリカンツ」設立を発表

 東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),潤滑油事業の新会社「EMGルブリカンツ合同会社」を設立したと発表した。営業開始日は,2017年4月1日の予定。
 新会社は,東燃ゼネラル石油の子会社であるEMGマーケティングの100%出資で設立。東燃ゼネラル石油とEMGマーケティングが合併する2017年1月1日以降は東燃ゼネラル石油の100%子会社,東燃ゼネラル石油とJXホールディングス(JXHD)が経営統合する2017年4月1日以降は統合新会社「JXTGホールディングス」傘下のエネルギー事業会社「JXTGエネルギー」の100%子会社となる。新会社の社長には,本田 貴浩 氏(現 東燃ゼネラル石油 執行役員 兼 EMGマーケティング 執行役員潤滑油本部長)が就任する。JXTGエネルギー代表取締役副社長に就任する廣瀬 隆史 氏が管掌し,同社の潤滑油カンパニーとは別組織となる。
 東燃ゼネラル石油とJXHDの経営統合後,当面の間は両社が使用する潤滑油ブランドは継続使用し,経営統合後に将来の事業展開について検討する。エクソンモービルとは2017年4月1日以降の国内における潤滑油ビジネスのあり方について協議中だが,日本での「モービル」ブランド製品の取り扱いは今後も継続していく方針。(’16 12/28)

JXHDと東燃ゼネラル石油,臨時株主総会で経営統合を承認

 JXホールディングス(JXHD)と東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),東京都内で臨時株主総会を開き,議案とした両社の経営統合案を承認した。
 経営統合の日程については,2017 年1月1日付で東燃ゼネラル石油がEMGマーケティングを吸収合併,同年3月29日付で東燃ゼネラル石油の上場を廃止し,同年4月1日付で統合新会社「JXTGホールディングス」が発足する。(’16 12/28)