JXTGホールディングス」タグアーカイブ

JXTGホールディングス,「JXTGグループアクセラレーター2018」で協働する6社を決定

 JXTGホールディングスは,「JXTGグループアクセラレーター2018」で事業共創に向け協働する6社を決定したと発表した。「JXTGグループアクセラレーター2018」は,「地球の未来を創るイノベーション」をキーワードに,JXTGグループの中核となるエネルギー,石油開発,金属事業における調達,研究開発,製造技術,物流および販売等のバリューチェーンを活用するビジネスプランをベンチャー企業から募集し,事業化を目指すプログラム。
採択された6社は,2019年4月までの約4ヵ月間の事業共創期間中,JXTGグループ社員や起業支援の専門家と共同で事業化を目指し,その成果を2019年4月24日(水)の「成果発表会(Demo Day)」にて発表する予定。採択企業とビジネスプランの概要は以下のとおり。

  • 優秀賞
    • ノバルス:乾電池型IoTデバイスを用いた新サービスの提供
    • Momo:廉価で簡便に活用できるIoTプラットフォームの提供
    • QunaSys:量子コンピュータを使った素材開発ツールの提供
    • チャレナジー:台風下でも発電可能な風力発電機を開発。離島などへ安心・安全な電力を供給
    • クスノキ石灰:工場の排出するCO2を原料とした環境に優しいセラミックス素材の提供
    • アグリツリー:営農型太陽光発電の展開
  • アライアンス賞(プログラムに参加せずに共同で事業創造を検討するプラン)
    • OpenSky:小型航空機シェアリングビジネスの展開  (’18 12/19)

JXTGホールディングス,「JXTGグループアクセラレーター2018」で協働する6社を決定

JXTGホールディングス,ベンチャー企業との新規事業創造を目指すプログラムをスタート

JXTGグループアクセラレーター2018 JXTGホールディングスは,2018年7月12日より,事業創造支援を専門に手掛けるゼロワンブースターと共同で,ベンチャー企業と共に新規事業創造を目指すプログラム「JXTGグループアクセラレーター2018」を開始した。
同プログラムは,「地球の未来を創るイノベーション」をキーワードに,JXTGグループの中核となるエネルギー,石油開発,金属事業における調達,研究開発,製造技術,物流および販売等のバリューチェーンを活用する事業アイデアをベンチャー企業から募集し,事業化を目指すもの。書類審査,面接選考およびビジネスプランコンテストにより選抜されたベンチャー企業と同グループが連携し,共同で事業化を目指す。事業化にあたっては,ベンチャー企業との協業や資本提携も視野に入れ検討を進めるとしている。
同プログラムの詳細は以下の専用サイトより。
http://jxtg2018.01booster.com/ (’18 7/18)

JXTGHD会長に内田 氏,社長に杉森 氏就任を発表

 JXTGホールディングス(以下,JXTGHD),JXTGエネルギー,JX石油開発は,2018年4月24日(火),JXTGHDおよび中核事業会社の会長・社長人事等について以下のように内定したことを発表した。
JXTGHD代表取締役会長に内田 幸雄 氏(現 JXTGHD代表取締役社長 社長執行役員),同代表取締役社長 社長執行役員に杉森 務 氏(現 JXTGエネルギー 代表取締役社長 社長執行役員)が就任し,木村 康 氏(現 代表取締役会長)は取締役を退任,相談役に就く。
JXTGエネルギー 代表取締役社長 社長執行役員には,大田 勝幸 氏(現 JXTGHD取締役 常務執行役員)が就任する。JX石油開発 代表取締役社長 社長執行役員には細井 裕嗣 氏(現 JX石油開発 取締役 副社長執行役員)が就任し,三宅 俊作 氏(現 JX石油開発 代表取締役社長 社長執行役員)は取締役を退任,顧問に就く。
上記人事については,同年6月下旬に開催予定の各社の株主総会および取締役会にてそれぞれ正式決定する予定。(’18 4/25)

JXTGグループ,全国社会福祉協議会へ寄付

 JXTGホールディングスは,2017年12月15日(金)に開催された「第48回JXTG童話賞授賞式」において,全国社会福祉協議会へ4,500万円の寄付を行った。
同グループは,同童話賞にて佳作以上を受賞した作品を童話集「童話の花束」として発行し,系列サービスステーションを運営する特約店,LPガス特約店,またグループ各社の役員および従業員へ向けて,チャリティー販売を行っている。
同寄付は,こうしたチャリティー販売の売上金を積み立てた「JXTG童話基金」から拠出され,同協議会が運営する「JXTG奨学助成制度」の運営資金として活用されている。
「JXTG奨学助成制度」は,全国の児童福祉施設などで暮らす子供たちが,大学や専門学校などに進学する際の入学支度金を支援する制度であり,2016年度は,496名の子供たちへの助成を決定し,給付を実施している。
なお,「童話の花束(その48)」は授賞式同日に発行され,これを記念してプレゼント企画が実施される。

  1. プレゼント内容:第48回JXTG童話賞作品集「童話の花束(その48)」(1人3冊まで)
  2. 申込方法:住所・氏名・希望冊数を明記し,郵送料分の切手を同封して,下記へ申し込み
    宛先:〒100-8692 日本郵便(株)銀座郵便局私書箱610号「JXTG童話賞プレゼント係」
    送料:1冊:215円,2冊:300円,3冊:350円
  3. 応募期間:2017年12月20日~2018年2月28日(当日消印有効)  (’18 1/10)

JXTGグループ,全国社会福祉協議会へ寄付

JXTGホールディングス,「JXTG児童文化賞・音楽賞」贈賞式が開催される

 JXTGホールディングスは,2017年9月28日(木),ホテルオークラ東京(東京都港区)で,「第52回 JXTG児童文化賞」ならびに「第47回JXTG音楽賞」の贈賞式を開催した。
同賞は,昨年まで「東燃ゼネラル児童文化賞(1966年創設)」および「東燃ゼネラル音楽賞(1971年創設)」として行ってきた活動を,2017年4月のJXグループと東燃ゼネラルグループの経営統合を機に名称変更したもの。それぞれの賞は「一時の流行に惑わされることのない選考を通して,わが国の児童文化,音楽文化の発展,向上に尽くしてこられ,今後それぞれの分野の将来を担われる方々をたたえ励ます」という精神のもと,創設された。
2017年の受賞者は,児童文化賞が漫画家の萩尾 望都 氏,音楽賞が邦楽部門で文楽義太夫節太夫の豊竹 呂太夫 氏,洋楽部門本賞で弦楽四重奏のモルゴーア・クァルテット,洋楽部門奨励賞でソプラノ歌手の中村 恵理 氏。贈賞式では,受賞者にトロフィーと副賞賞金200万円が贈られた。(’17 10/4)

2017年JXTG児童文化賞・音楽賞贈賞式

JXTGホールディングス,「JXTG児童文化賞・音楽賞」の受賞者を発表

 JXTGホールディングスは2017年8月16日(水),「第52回JXTG児童文化賞」および「第47回JXTG音楽賞」の受賞者を発表した。
同賞は,2016年までは「東燃ゼネラル児童文化賞」(1966年創設),「東燃ゼネラル音楽賞」(1971年創設)として行ってきた活動を2017年4月のJXグループと東燃ゼネラルグループの経営統合を機に名称変更したもの。「一時の流行に惑わされることのない選考を通して,わが国の児童文化,音楽文化の発展,向上に尽くしてこられ,今後それぞれの分野の将来を担われる方々をたたえ励ます」という精神のもと創設された。
「第52回JXTG児童文化賞」は,漫画家の萩尾 望都 氏,「第47回JXTG音楽賞」は,邦楽部門では文楽義太夫節太夫の豊竹 呂太夫 氏,洋楽部門 本賞では弦楽四重奏のモルゴーア・クァルテット,洋楽部門 奨励賞ではソプラノ歌手の中村 恵理 氏がそれぞれ受賞した。
同賞の受賞者には,2017年9月28日(木)にホテルオークラ東京(東京都港区)で開催される贈賞式にて,それぞれトロフィーと副賞賞金200万円が贈呈される。(’16 8/30)

JXTGブランドマークが決定

JXTGブランドマーク JXホールディングス,JXエネルギーおよび東燃ゼネラル石油は,2017年4月1日よりJXTGホールディングスおよびJXTGエネルギーとして発足し,ブランドマークが発表された。
ブランドマークは,国際的な競争力を有するアジア有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループとして,持続可能で活力ある経済・社会の発展に貢献することを目指す姿勢を,「JXTGグループ理念」に謳われる「地球の力」を象徴するアースグリーンの矢印で表現,「高い倫理観」「知性」「誠実さ」を表すインテリジェンスグレーを組み合わせている。(’17 4/12)

東燃ゼネラル石油,潤滑油事業会社「EMGルブリカンツ」設立を発表

 東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),潤滑油事業の新会社「EMGルブリカンツ合同会社」を設立したと発表した。営業開始日は,2017年4月1日の予定。
新会社は,東燃ゼネラル石油の子会社であるEMGマーケティングの100%出資で設立。東燃ゼネラル石油とEMGマーケティングが合併する2017年1月1日以降は東燃ゼネラル石油の100%子会社,東燃ゼネラル石油とJXホールディングス(JXHD)が経営統合する2017年4月1日以降は統合新会社「JXTGホールディングス」傘下のエネルギー事業会社「JXTGエネルギー」の100%子会社となる。新会社の社長には,本田 貴浩 氏(現 東燃ゼネラル石油 執行役員 兼 EMGマーケティング 執行役員潤滑油本部長)が就任する。JXTGエネルギー代表取締役副社長に就任する廣瀬 隆史 氏が管掌し,同社の潤滑油カンパニーとは別組織となる。
東燃ゼネラル石油とJXHDの経営統合後,当面の間は両社が使用する潤滑油ブランドは継続使用し,経営統合後に将来の事業展開について検討する。エクソンモービルとは2017年4月1日以降の国内における潤滑油ビジネスのあり方について協議中だが,日本での「モービル」ブランド製品の取り扱いは今後も継続していく方針。(’16 12/28)

JXHDと東燃ゼネラル石油,臨時株主総会で経営統合を承認

 JXホールディングス(JXHD)と東燃ゼネラル石油は2016年12月21日(水),東京都内で臨時株主総会を開き,議案とした両社の経営統合案を承認した。
経営統合の日程については,2017 年1月1日付で東燃ゼネラル石油がEMGマーケティングを吸収合併,同年3月29日付で東燃ゼネラル石油の上場を廃止し,同年4月1日付で統合新会社「JXTGホールディングス」が発足する。(’16 12/28)

JXホールディングスと東燃ゼネラル石油が経営統合へ最終合意

JXホールディングスと東燃ゼネラル石油が経営統合へ最終合意 JXホールディングス(以下JXHD)と東燃ゼネラル石油(以下TG)は2016年8月31日(水),両社エネルギー事業を2017年4月の経営統合に向けて最終合意したことを発表した。統合新会社は「JXTGホールディングス(JXTG Holdings, Inc.)」とし,TGの普通株式1株に対し,JXHDの2.55株を割り当てる株式交換方式を採用,公取委の合併審査を受けたうえで2016年12月21日(水)の臨時株主総会で統合の承認を求める。
JXTGHDは,代表取締役会長に木村 康 氏(JXHD代表取締役会長),代表取締役社長に内田 幸雄 氏(JXHD代表取締役社長),代表取締役副社長に武藤 潤 氏(TG代表取締役社長)が就任する。本社は現在のJXHD(東京都千代田区)本社に置き,資本金1,000億円,決算期は3月31日。統合後の改革推進業務には変革推進委員会を設置し,武藤 氏が委員長に就任する。
エネルギー事業会社のJXエネルギーがTGを吸収合併し,「JXTGエネルギー」となる。JXTGエネルギーの代表取締役社長には杉森 務 氏(JXエネルギー代表取締役社長),代表取締役副社長には廣瀬 隆史 氏(TG代表取締役副社長・EMGマーケティング社長)が就任,資本金は1,394億3,700万円),決算期は3月31日とする。また,TGは2017年1月1日にEMGマーケティングを吸収合併する。
新会社の連結売上高を単純合計すると11兆円を超え,国内ガソリン販売シェアが5割を超す規模となるが,石油の国内需要が減少,グローバルな事業環境変化による国際的な競争が激化する中,需要に見合う生産体制の構築では1社でやれることには限界があることから,両社グループの経営資源を結集,企業価値を最大化し,国際的な競争力を有する,アジア有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループとして発展を目指すもの。
統合シナジーでは,2015年12月に「5年以内に1事業年度当たり連結ベースで1,000億円以上」としていた収益改善目標は「3年以内に1,000億円以上」と変更し,供給・物流・販売部門280億円(原油調達オペレーション最適化,陸海上配送効率化など),製造部門400億円(ベストプラクティス活用による活用による省エネ促進・補修費削減など,川崎地区の一体運営による約100億円の収益改善など),購買部門150億円(工具資材,触媒などの購買コスト削減など),その他170億円(統合基幹業務システム導入による業務改善,その他効率化・合理化など)をあげている。
統合エネルギー会社では本部制,カンパニー制を導入,次世代の柱となる海外事業,電気・ガス・新エネルギー事業,潤滑油・機能化学品事業の育成・拡大を目指す。(’16 9/7)