InfReC H9000(Thermo HAWK) | ハイエンド赤外線サーモグラフィシステム | 日本アビオニクス

InfReC H9000(Thermo HAWK) | ハイエンド赤外線サーモグラフィシステム | 日本アビオニクス

ハイエンド赤外線サーモグラフィシステム

InfReC H9000(Thermo HAWK)(インフレックH9000(サーモホーク))は,国内市場向けに最適化された性能・機能を搭載した特別仕様モデルとして独InfraTec社が開発した,高性能な冷却型サーモカメラのハイエンドモデル

日本アビオニクス(株)

東京都品川区西五反田8-1-5
TEL 03-5436-1371

特長

  1. 最も高性能な赤外線検出素子の1つである「InSb(インジウムアンチモン)センサ」を搭載。640×512画素の高解像度と温度分解能0.025℃の高感度でハイ・コントラストかつ高精細な熱画像を取得できる
  2. フルフレーム(640×512画素)で200Hz,オプションで355Hzの高速撮影が可能。さらに,ウィンドウイングモードにより最速5000Hz(640×2ライン)の超高速撮影が可能
  3. 6種類のオプションレンズをラインナップし,目的に合わせて最適なレンズが選べる
  4. 1200℃までの高温レンジを標準搭載,オプションで2000℃までレンジ拡張が可能
  5. 特殊計測用フィルタ(オプション)を用意,その他,様々なカスタマイズにも対応

最終更新日:2017年11月8日