UV-1850 | 紫外可視分光光度計 | 島津製作所

UV-1850 | 紫外可視分光光度計 | 島津製作所

紫外可視分光光度計

UV-1850は,試料を透過あるいは反射した紫外光・可視光を検出することで試料中の物質の同定や定量を行う装置

(株)島津製作所

京都府京都市中京区西ノ京桑原町1
TEL 075-823-1110

用途

大学や官庁,製薬,化学,食品など幅広い分野での研究開発や品質管理

特長

  1. 「UV-1800」の後継機で,特定の波長の光を取り出すための主要部品に同社製の低迷光回析格子「ローレライ」を採用し,分解能1nmを実現しながら一部の紫外域における迷光性能を約2倍に,測光繰り返し精度を3~5倍に向上
  2. 制御用ソフトウェア「UV Probe」は,米国食品医薬品局(FDA)の電子記録・電子署名に関する規則「FDA 21 CFRPart 11」に準拠
  3. 同社ネットワークシステムへ「UV Probe」を接続でき,同社製の各種クロマトグラフやフーリエ変換赤外分光光度計などの分析装置と一括したデータ・ユーザー管理を行うことができる

UV-1850(紫外可視分光光度計)の資料請求

icon-file-textお問合せ内容 チェックしてください

お問合せ内容 チェックしてください
営業に会いたい見積もりが欲しいカタログが欲しい
その他のお問合せ入力
連絡先を入力してください
お名前※必須
メールアドレス ※必須
電話番号
貴社名※必須
所属部署
郵便番号郵便番号を入力すると途中まで住所が自動入力されます
都道府県
住所1 市区町村番地
住所2 建物名など
その他ご要望

資料請求かごに入れて一括資料請求

icon-paperclip資料請求かごに入れて一括請求

こちらもどうぞ