>書籍案内 > 月刊「潤滑経済」 > 月刊「潤滑経済」目次 1997年

月刊「潤滑経済」目次 1997年

2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1998年
1997年                  

1997年1月号(No.369) 特集:エンジン油の動向
特別企画:供給メーカー各社の新年の抱負と展望
1997年2月号(No.370) 特集:簡易診断機器を上手に使う活用術
特別企画:潤滑油添加剤市場の動向
1997年3月号(No.371) 特集:時代が求める切削油剤~開発動向と今後の展望~
1997年4月号(No.372) 特集:潤滑管理は日常管理が決め手~簡易診断機器の使用方法と効果~
1997年5月号(No.373) 特集:環境保護と作業現場での取り組み
1997年6月号(No.374) 特集:固体潤滑剤と複合材料
1997年7月号(No.375) 特集 I :液体とシール素材の相対関係
特集 II :環境問題を背景にした洗浄技術最新動向 その1
1997年8月号(No.377) 特集:環境問題を背景にした洗浄技術最新動向 その2
1997年9月号(No.378) 特集:各種設備機械のメンテナンスと潤滑管理
1997年10月号(No.379) 特集:合成潤滑油を上手に使いこなそう!
    ~種類別合成潤滑油の特性と使用事例
1997年11月号(No.380) 特集:これで万全!輸入潤滑油ガイド
1997年12月号(No.381) 特集:環境保全と廃油の再資源化,潤滑油の浄化

※No.376は臨時増刊号「会社・商品情報 1997年版」のため,別売となります。

1997年1月号(No.369) 消費税,送料込み 1,396円

特別企画:供給メーカー各社の新年の抱負と展望

出光興産,エッソ石油,協同油脂,コスモ石油,ジャパンエナジー,昭和シェル石油,ゼネラル石油,日本石油,日本ポール,フォーゲルジャパン,富士興産,モービル石油,ワールドケミカル

特集:エンジン油の動向

エンジン油国際規格の認証システム
  ・・・日本ルーブリゾール株式会社 吉原 富雄

新規格「SJ」・「GF-2」について
  ・・・エクソンケミカルカンパニー 三好 泰介

欧州エンジン油規格“ACEA”について
  ・・・オロナイトジャパン株式会社 板倉 小緒嗣

PRのページ:エンジン油

ジャパンエナジー,昭和シェル石油,ガルフオイルジャパン,フィナ・ジャパン,テクノイル・ジャポン

解説

油潤滑からグリース潤滑への移行
  ・・・協同油脂株式会社 遠藤 敏明

世界各国における潤滑油の需給について
  ・・・吉野 隆

連載:有害大気汚染物質と排出規制 3

先進国の現状―ヨーロッパについて(2)―
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

レポート

潤滑油の試験分析システムについて―三和化成工業株式会社―

Q&A

グリースの構造安定剤について
  ・・・中央油化株式会社 津田 昌美

1997年2月号(No.370) 消費税,送料込み 1,396円

特集:簡易診断機器を上手に使う活用術

振動による回転機械の簡易監視装置
  ・・・リオン株式会社 下村 和広

設備診断器「振動データ管理システム」で成果を上げるためのポイント
  ・・・川鉄アドバンテック株式会社 吉良 耕一

簡易振動診断器(MD-220コンディションチェッカー)
  ・・・サン電子工業株式会社 樽見 清蔵

超音波腐食検査用厚さ計モデル26DL PLUS
  ・・・日本パナメトリクス株式会社 矢本 守

デジタル超音波厚さ計について
  ・・・テスコ株式会社 堀口 恭宣

特別企画

潤滑油添加剤市場の動向

解説

軽油の低硫黄化と潤滑性について
  ・・・出光興産株式会社 勝又 聡

高圧(350kg/cm2以上)に耐える次世代WG(水-グリコール)系高性能作動油(2)
  ・・・ナガセ・ケムスペック株式会社 鳴海 孝雄

連載:有害大気汚染物質と排出規制 4

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 1
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

1997年3月号(No.371) 消費税,送料込み 1,396円

特集:時代が求める切削油剤~開発動向と今後の展望~

切削油剤の現状と環境対策
  ・・・横浜国立大学 新井 実

非塩素系切削油剤の開発動向と今後の展望
  ・・・出光興産株式会社 山中 雅己

窒素フリー油剤の開発動向と今後の展望
  ・・・ユシロ化学工業株式会社 奥川 道彦

低ミスト不水溶性切削油剤の開発動向と今後の展望
  ・・・協同油脂株式会社 米田 慶幸

シンセティックタイプ切削油剤の開発動向と今後の展望
  ・・・大同化学工業株式会社 柴田 英夫

制菌タイプの水溶性切削油剤の開発動向と今後の展望
  ・・・協同油脂株式会社 榊原 正義

しゅう動面潤滑油兼用切削油剤の開発動向と今後の展望
  ・・・ジュラロン株式会社 岡安 義則

生分解性切削・研削油剤の現状と開発動向と今後の展望
  ・・・マコトフックス株式会社 渡邊 常藏

連載:有害大気汚染物質と排出規制 5

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 2
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

Q&A

合成油の混合について
  ・・・新日鐵化学株式会社 清水 啓文

製品と技術

炭化水素系洗浄剤『NSクリーンTM』シリーズ
  ・・・日鉱石油化学株式会社

1997年4月号(No.372) 消費税,送料込み 1,396円

特集:潤滑管理は日常管理が決め手~簡易診断機器の使用方法と効果~

グリース鉄粉濃度による回転機の異常診断
  ・・・新コスモス電機株式会社 野沢 義尚

屈折計による水溶性油剤の濃度測定
  ・・・株式会社アタゴ 浅沼 秀治

水溶性油剤の腐敗度測定
  ・・・三愛石油株式会社 斉藤 博光

潤滑油の清浄度管理
  ・・・日本ポール株式会社 三浦 博隆

油漏れの現状とその対策
  ・・・森村商事株式会社 長谷川 賢

簡易診断器による潤滑油の汚染劣化診断(傾向管理)
  ・・・サン電子工業株式会社 樽見 清蔵

解説

潤滑油基油の発がん性基準指針変更について
  ・・・石油連盟 高原 孝三

塩素系溶剤の使用量削減について(上)
  ・・・株式会社トクヤマ 出尾 隆志

ディーゼルエンジン清浄性評価試験
  ・・・社団法人潤滑油協会 安田 晃一

Q&A

グリースに使うフィラーの役目
  ・・・中央油化株式会社 津田 昌美

セールスエンジニアに聞く

一人で販売するには工夫が必要―(株)ゼネラル石油販売所 山本 龍彦氏―

1997年5月号(No.373) 消費税,送料込み 1,396円

特集:環境保護と作業現場での取り組み

作業環境改善への視点
  ・・・横浜国立大学 新井 実

ミストクーラントの使用による環境保護へのアプローチ
  ・・・株式会社ジェーイー 佐藤 弘嚴

工具メーカから見た金属加工のドライ化への将来性
  ・・・三菱マテリアル株式会社 笈川 茂一

現場汚染を未然に防ぐ
  ・・・ブサーク アンド シャンバン株式会社 清水 博

オイルミストコレクタの効果的な設置方法
  ・・・ダイハツ工業株式会社 武田 正臣

解説

塩素系溶剤の使用量削減について(中)
  ・・・株式会社トクヤマ 出尾 隆志

合成潤滑油のつくり方と特性および分離・分析方法―1
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

有害大気汚染物質と排出規制 6

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 3
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

Q&A

耐摩耗剤と極圧剤との作用の違いについて
  ・・・日本油脂株式会社 難波 美作

水溶性加工油の洗浄方法について
  ・・・旭化成工業株式会社 小林 博司

セールスエンジニアに聞く

特長ある加工油とアドバイスを武器に
 ―日興キャスティ(株) 前田 龍也氏,小林 進次氏―

1997年6月号(No.374) 消費税,送料込み 1,396円

特集:固体潤滑剤と複合材料

複合材料の種類と用途,開発動向
  ・・・法政大学 西村 允

プラスチック系複合材料の実用例と用途開発動向
  ・・・オイレス工業株式会社 中丸 隆

金属系複合材料の実用例と用途開発動向
  ・・・日立粉末冶金株式会社 宮坂 元博,林 幸一郎

複合材料銘柄対照表

荒井製作所,イーグル工業,NTN特殊合金,オイレス工業,大同メタル工業,東芝ケミカル,日本タングステン,日立化成工業,日立粉末冶金

解説

合成潤滑油のつくり方と特性および分離・分析方法-2-
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

塩素系溶剤の使用量削減について(下)
  ・・・株式会社トクヤマ 出尾 隆志

製品と技術

潤滑油中の気泡除去システム『クイックトロン』について
  ・・・株式会社菱潤 神内 武司

クラレの工業用洗浄剤『ファイントップ(R)』
  ・・・株式会社クラレ 神田宏樹

Q&A

油漏れの発見手法について
  ・・・株式会社菱潤 池田 常敏

潤滑油の環分析
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

セールスエンジニアに聞く

潤滑油士は現場で育てられる―富士油業(株) 北原 直也氏―

1997年7月号(No.375) 消費税,送料込み 1,396円

特集 I :液体とシール素材の相対関係

密封液体とシール素材の相対関係
  ・・・玉川大学 似内 昭夫

切削油剤とシール材
  ・・・日本石油株式会社 小松 富士夫,日本石油加工株式会社 岡嶋 稔

ケミカル流体に対するシールの開発動向
  ・・・イーグル工業株式会社 高橋 秀和

エステル基油の化学構造とシール材に及ぼす影響との関係について
  ・・・ユニケマ インターナショナル G.van der Waal, 高橋 一郎

生分解性,難燃性作動油とシール材料
  ・・・ブサーク アンド シャンバン株式会社 清水 博

特集 II :環境問題を背景にした洗浄技術最新動向 その1

新しいフッ素系洗浄剤の開発動向 『HFE-7100,7200』について
  ・・・住友スリーエム株式会社 佐々木 良一

新しいフッ素系洗浄剤の開発動向 『バートレル(R) XF』について
  ・・・三井・デュポン フロロケミカル株式会社 菊地 秀明

臭素系洗浄剤 『ABZOLTMクリーナ』
  ・・・アルベマール・オーバーシーズ・デベロップメント 伊藤 義久

解説

廃油の再資源化についての現状と課題
  ・・・社団法人潤滑油協会 島崎 敏郎

Q&A

潤滑油のゴム膜透析法
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

セールスエンジニアに聞く

オイルは絶対に嘘をつかない―旭日通産(株) 川口 汎氏―

1997年8月号(No.377) 消費税,送料込み 1,396円

特集:環境問題を背景にした洗浄技術最新動向 その2

有機塩素系洗浄剤の適正管理をめぐる状況
  ・・・通商産業省基礎産業局 河本 光明

炭化水素系洗浄剤の効果的な使用方法―『ナフテゾール』を例に挙げて―
  ・・・日本石油化学株式会社 菊田 俊郎

炭化水素系洗浄剤の効果的な使用方法―『アクトレル洗浄剤』を例に挙げて―
  ・・・エクソン化学株式会社 和光 信一,奥村 耕一

水系洗浄剤の効果的な使用方法
  ・・・株式会社ネオス 和田 寛

低消費型洗浄装置の紹介
  ・・・大塚技研工業株式会社 大川 光治郎

環境問題と周辺機器の開発
  ・・・大和化学工業株式会社 土井 潤一

解説

製鉄所における潤滑診断技術の適用事例
  ・・・NKK福山製鉄所 定塚 浩幸

潤滑油類の需給および品質確保に関する調査について
  ・・・社団法人潤滑油協会 石井 一美

連載:有害大気汚染物質と排出規制 7

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 4
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

セールスエンジニアに聞く

お客様のクレーム(要求)を引き出す
 ―(株)清水屋商事 清水 治幸氏,小林 明彦氏,清水 裕治氏―

1997年9月号(No.378) 消費税,送料込み 1,396円

特集:各種設備機械のメンテナンスと潤滑管理

工作機械のメンテナンス
  ・・・大阪機工株式会社 枝根 秀男

工作機械に使われる油剤の管理について
  ・・・出光興産株式会社 松山 雄一

水溶性切削油剤の管理について
  ・・・出光興産株式会社 山中 雅己

建設機械のメンテナンス
  ・・・コマツ 山口 政房,大川 聡

油圧機械に使われる作動油の管理について
  ・・・株式会社ジャパンエナジー 中杉 厚史

圧縮機の運転管理とメンテナンス
  ・・・日立テクノエンジニアリング株式会社 安西 正夫

圧縮機械の潤滑管理
  ・・・新日鐵化学株式会社 長野 克己

連載:有害大気汚染物質と排出規制 8

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 5
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

Q&A

再生用添加剤について
  ・・・富士興産株式会社 吉田 和弘

セールスエンジニアに聞く

複合的な販売ノウハウを生かして―(株)菱潤 池田 常敏氏,手島 晃一氏―

1997年10月号(No.379) 消費税,送料込み 1,396円

特集:合成潤滑油を上手に使いこなそう!~種類別合成潤滑油の特性と使用事例

合成炭化水素系潤滑油の特性とその使用事例
  ・・・新日鐵化学株式会社 長野 克己

エステル系合成潤滑油の特性とその使用事例―冷凍機油―
  ・・・カストロール株式会社 由良 誠久

フッ素系合成潤滑油の特性とその使用事例
  ・・・丸和物産株式会社

シリコーン系合成潤滑油の特性とその使用事例
  ・・・信越化学工業株式会社 青木 寿

解説

油圧回路における油温管理の必要性とオイルクーラーの選定
  ・・・株式会社中村自工 小野 実

水溶性洗浄液簡易診断機『SATTO博士』の開発と活用
  ・・・愛知製鋼株式会社 寒河江 孝志,福永 正治
     トヨタ自動車株式会社 近藤 芳弘,山下 雅博,島田 隆史,辻岡 勝

連載:潤滑剤の基礎入門 1

潤滑剤の化学構造と性状・性能との関連
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

連載:有害大気汚染物質と排出規制 9

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 6
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

Q&A

カメラに使われる潤滑剤
  ・・・オリンパス光学工業株式会社 安藤 博之

潤滑油の放気性について
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

製品と技術

油圧分野における液中微粒子計測器の活用について
  ・・・野崎産業株式会社

1997年11月号(No.380) 消費税,送料込み 1,396円

特集:これで万全!輸入潤滑油ガイド

企業概要・製品一覧表

Agip Petroli S.p.A,アマリー社,ARAL AG,ANDEROL Company,E.I.デュポン社,イー・エムコーポレーション社,ウイン・オイル社,LPS Laboratories,Inc.,エルフ・ルブリフィアン,オイルセンターリサーチ社,OBERON MANUFACTURING Co,PTE.LTD,オメガマニュファクチャリングディビジョン マグナインダストリアルカンパニー,カストロール社,カルテックス・ペトロリアム・コーポレーション,Gulf Oil International,クエーカーステート・コーポレーション,CHEMTOOL INCORPORATED,コーテック社,THE THOMPSON・MINWAX,ザ・ブリティッシュ・ペトロリアム カンパニーp.l.c.,サン・カンパニーInc.,CITGO Petroleum Co.,シンシナティ・ミラクロン・Co,LTD,SENTINEL LUBRICANTS CORP.,ダウ コーニングコーポレーション,トタル社,NAPRO GLOUP,NEO SYNTHETIC OIL CO.,VALVOLINE INTERNATIONAL INC.,パワーアップ社,ハングスターファー社,FUCHS LUBRICANTS(UK)PLC,Blaser Swisslube AG,プレストン社,ペトロカナダプロダクト,ペトロフィナ・グループ,BELRAY COMPANY,INC,ペンゾイル・プロダクツ・カンパニー,ボスティック社,Master Chemical Corporation,MOTUL S.A.,モンロー社,ヤッコ社,ユノカル76(76 Lubricants Company),ルビシル社(ジョン・クレイドン・アンド・パートナーズ・ルビシル・リミテッド),ロイヤルパープル社

連載:有害大気汚染物質と排出規制 10

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 7
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

連載:潤滑剤の基礎入門 2

潤滑剤の化学構造と性状・性能との関連
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

製品と技術

立形逆立ちNC旋盤「CS20」
  ・・・日立精機株式会社

1997年12月号(No.381) 消費税,送料込み 1,396円

特集:環境保全と廃油の再資源化,潤滑油の浄化

廃棄物処理法改正ガイドライン
  ・・・厚生省生活衛生局 竹林 悟史

廃潤滑油の再資源化と再生重油の品質基準化について
  ・・・全国再生砿油連合会 長谷 聖一郎

微生物を利用したクーラント廃液の処理
  ・・・株式会社ネオス 大川 直士,米島 隆

作業環境整備機材の効果的な活用
  ・・・株式会社タイムケミカル 長井 信勝

解説

世界の潤滑油の将来の品質動向
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

連載:有害大気汚染物質と排出規制 11

日本の大気汚染防止法改正に伴うガイドライン 8
  ・・・日本産業洗浄協議会 浦田 昭雄

連載:潤滑剤の基礎入門 3【最終回】

潤滑剤の化学構造と性状・性能との関連
  ・・・石油分析化学研究所 藤田 稔

Q&A

命名法について
  ・・・社団法人潤滑油協会 鈴木 敦