設備診断」カテゴリーアーカイブ

機械状態監視診断技術者(トライボロジー) 訓練機関の紹介 | ジュンツウネット21

機械状態監視診断技術者(トライボロジー) 訓練機関の紹介  ISO18436-4準拠「機械状態監視診断技術者(トライボロジー)」資格認証制度は,トライボロジーに関する基礎理論を理解し,潤滑剤の選定,分析,異常判断,管理を行うことができる技術者の資格と能力の認証を目的としている。

機械状態監視診断技術者(振動) 訓練機関の紹介 | ジュンツウネット21

機械状態監視診断技術者(振動) 訓練機関の紹介  ISO18436-2準拠「機械状態監視診断技術者(振動)」は,ISO18436に基づく資格認証であり,機械状態監視診断技術者に関する認証制度の骨格がISO18436-1として発行され,その一分野として振動診断技術者の認証に関する規定がISO18436-2として発行された。

ISO18436に準拠した機械状態監視診断技術者の現状と必要性 | ジュンツウネット21

ISO18436に準拠した機械状態監視診断技術者の現状と必要性  ISO18436は,機械の状態監視に関わる診断技術者の資格認証を規定している。本報は,ISO18436に準拠した機械状態監視診断技術者の資格認証制度の概要,現状,および当該資格の位置付け,有用性について報告する。

AEを用いたポータブル診断器MK-560による低速回転軸受の状態監視 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

AEを用いたポータブル診断器MK-560による低速回転軸受の状態監視  JFEアドバンテックは,AE法の課題を解決させた診断技術と,それを適用したポータブル低速回転軸受診断器MK-560を製品化した。本稿では,その診断技術の概要とMK-560の特長,機能,仕様などを紹介する。

オンライングリース鉄粉濃度計による設備管理 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

オンライングリース鉄粉濃度計による設備管理 では,JFEアドバンテックの「グリース鉄粉濃度計MK-90」の構成,特長について紹介する。また,合わせて高度な振動解析機能を備えたオンライン設備診断システム「Super CMS-10000」についても紹介する。

工作機械のスピンドル状態監視システムについて | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

工作機械のスピンドル状態監視システムについて では,日本エスケイエフの簡易状態監視システムMCT,及び工作機械向けに開発され,スピンドルの状態を精密に診断することを可能とするマルチログ・オンラインシステムTMUの2つの製品を紹介する。

電力設備劣化診断事例紹介 AE絶縁劣化診断装置 AE-210 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

電力設備劣化診断事例紹介 AE絶縁劣化診断装置 AE-210  JFEアドバンテックのAE-210は,検出したAE波を信号処理することで絶縁劣化を検知する診断装置であり,その主な用途は配電設備の電力ケーブル端末部,開閉器などの絶縁性能の劣化検知である。AE-210を用いて診断を行なった事例について紹介する。

地震時のエレベーター自動診断・自動復旧システムの開発 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

地震時のエレベーター自動診断・自動復旧システムの開発 では,エレベーターの自動診断技術を応用し,地震発生時に管制運転にて運転休止したエレベーターを自動的に診断し,異常がなければ自動的に通常運転に復旧するシステムを紹介する。

化学プラントにおける設備診断の現状と課題 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

化学プラントにおける設備診断の現状と課題 では,化学プラントの回転機械設備の予知保全を実現するために欠かせない振動診断に関する現場での適用状況,また,最近の研究・開発された診断手法と装置システムについて紹介する。

化学プラントにおける回転機設備診断機器の有効な活用法 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

化学プラントにおける回転機設備診断機器の有効な活用法  化学プラントには,塔槽類や反応槽などの静止機械と,ポンプや送風機などの回転機械があり,それぞれの機器や損傷に適した設備診断技術を適用している。振動法は最も現場において受け入れられているパラメーターであり,振動法による状態監視が様々な企業で実施されている。

鉄鋼プラントにおける設備診断の現状と課題 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

鉄鋼プラントにおける設備診断の現状と課題 では,新日本製鐵の設備診断およびそれを支える設備診断技術について紹介する。鉄鋼設備における保全は,多数の工程をいかに効率的に安定して稼働させるかであり,そのために各工程・設備に適した管理手法を選定し,それを支える各種設備診断技術を活用した一貫した保全管理を実行している。

音響診断のメカニズムと特徴,今後の展望 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

音響診断のメカニズムと特徴,今後の展望 機械が発生する騒音(音響情報)は,容易にしかも機械に非接触で測定することが出来,診断システムを構築する際に有用である。従って設備の広域のモニタリングに適している。ここでは,音響診断としてパターン認識及び最適化手法による音源同定法について,特長と解析結果の例,展望などについて述べる。

超音波診断のメカニズムと特徴,今後の展望 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

超音波診断のメカニズムと特徴,今後の展望 では,超音波法の測定原理を述べた後,機械や化学プラントなどでの配管検査や気泡検出技術の例を示すとともに,現在開発段階にある,転がり軸受の超音波異常診断技術につき紹介させていただく。

潤滑油測定のメカニズムと特徴,今後の展望 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

潤滑油測定のメカニズムと特徴,今後の展望  潤滑油測定は,機械設備を良好に保つことだけでなく,機械設備の状態を監視することを目的として行われる。コンディションモニタリングの考え方が導入されるようになると,メンテナンスの高度化にとって必要不可欠な計測技術となる。本稿では,潤滑油の一般的な特性の測定法と潤滑油中の摩耗粉の分析法について解説する。

AE診断法とその特徴,今後の展望 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

AE診断法とその特徴,今後の展望  AE診断法は,機械で発生する前述の特徴を持ったAE波動を検出・計測して機械の状態を評価し,異常を検知する方法である。本稿では著者が行った転がり軸受の疲れ損傷に関する研究を中心にAE診断法の特徴,今後の展望について述べる。

振動診断のメカニズムと特徴,今後の展望 | コンディションモニタリングBOX | ジュンツウネット21

振動診断のメカニズムと特徴,今後の展望  本稿では回転機械設備の振動診断法について概説する。また,著者らが長年設備診断理論と応用技術の研究成果を生かし,独立行政法人科学技術振興機構のプロジェクトとして開発した「次世代知能型設備診断装置システム」も紹介する。

機械状態監視診断技術者(トライボロジー)における訓練の詳細と試験レベル 2015/4

機械状態監視診断技術者(トライボロジー)における訓練の詳細と試験レベル  日本トライボロジー学会では日本機械学会と共同で機械状態監視診断技術者(トライボロジー)の資格認証制度を実施している。機械状態監視診断技術者(トライボロジー)における訓練内容の詳細と出題される試験問題のレベルについて紹介する。